2016年08月25日

福島・玉川村「南須釜の念仏踊り」

先祖や震災犠牲者慰霊 玉川で南須釜の念仏踊り | 県内ニュース | 福島民報
少女たちの『情緒豊かな舞』奉納 玉川で「南須釜の念仏踊り」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
先祖の霊を供養「南須釜の念仏踊り」 福島|日テレNEWS24
20160815-00010001-minyu-000-view.jpg
 県重要無形民俗文化財「南須釜の念仏踊り」は14日、玉川村の東福寺などで披露された。色鮮やかな衣装と花がさをまとった女児が舞い、先祖や東日本大震災の犠牲者の霊を慰めた。
 南須釜念仏踊保存会員の笛やかね、おはやしに合わせ、地元の小学生14人が扇子などを手に踊った。見物客から大きな拍手が送られた。この後、新盆を迎えた民家5軒を回り、踊りを通じて慰霊した。
地区の女児が毎年4月3日と8月14日に披露しているそう

神舞:神楽の奉納始まる 上関・祝島 /山口 - 毎日新聞
絆を再確認「幸せ」 国見―祝島神舞が閉幕 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
J201608200458_BI_JPG_00.jpg
 国東市国見町の伊美別宮社から周防灘を隔てた山口県上関町の祝島に4年に1度、神楽を奉納に赴く「神(かん)舞(まい)」(大分県選択無形民俗文化財)は20日、一行が乗る船が伊美港に戻り、5日間にわたる大祭を終えた。最終日は祈願神楽の他、祝島の船団がパレードで見送る「出船神事」があり、数百人の観光客が見物した。
この日までに計37番の神楽を奉納

稲刈り古式ゆかしく “早乙女”、児童ら抜穂祭 - 宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS
130625762132197381.jpg
 日南市の鵜戸神宮(本部雅裕宮司)は22日、近くの旧鵜戸小前の御神田(2アール)で抜穂祭を行った。早乙女姿の刈女(かりめ)が3月に植えられたもち米とコシヒカリを古式ゆかしく丁寧に刈り取った。
7月。宮崎は早いですね
posted by naive at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北・北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

神田明神「巫女さん入門講座」

【動画】神田明神、巫女さん入門講座 - 動画 - 産経フォト

 江戸総鎮守として名高い神田明神で18日、「巫女さん入門講座」が行われた。神田明神の「巫女さん入門講座」は初級編と中級編にわかれており、この日行われた中級編には高校生から社会人まで18人の未婚女性が参加した。

 巫女装束に着替え、神田明神の歴史や神道における心の置き方、巫女舞などの講義を受けたほか、神田明神と縁の深い江戸千家宗家蓮華菴川上紹雪氏じきじきの茶道の講義も。講了後は神前で覚えたての巫女舞を奉演した。
豊栄の舞ですね
posted by naive at 19:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

阿蘇・霜神社火焚き神事「乙女入り」

五穀豊穣を祈願、火焚き神事始まる 阿蘇市−熊本のニュース│ くまにちコム
少女が59日間祈りを…阿蘇の火焚き神事|日テレNEWS24
20160819-00000064-nnn-000-thumb.jpg
 阿蘇の早霜から稲などの農作物を守り、五穀豊穣[ほうじょう]を祈願する火焚[ひた]き神事「乙女入り」が19日、阿蘇市役犬原の霜神社(宮川修一宮司)であった。10月16日の「乙女揚げ」までの59日間、火を絶やさずご神体を温める。

 国指定無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の一つ。1年交代で上役犬原、下役犬原、竹原の3地区が神事を執り行い、火を見守る「火焚き乙女」を各地区の少女が担当する。

(中略)

 初日は神社近くの火焚殿で、鮮やかな緋衣[ひごろも]を身に着けた輝子さんが火種に薪をくべてご神体を迎え入れる準備を整えた。その後、神社で神事が執り行われ、ご神体を納めたみこしを氏子らが担いで火焚殿に移した。
「豊作を願って火を見守りたい」

千の灯籠、優雅に舞う 熊本・山鹿、伝統祭り - 読んで見フォト - 産経フォト
山鹿灯籠まつり:「千人灯籠踊り」 暗闇に鮮やか、光の行列 /熊本 - 毎日新聞
華やかに伝統継承 山鹿灯籠まつり [熊本県] - 西日本新聞
201608180002_004.jpg
 紙で作った金色の灯籠を頭に乗せた女性約千人が優雅に舞う伝統の「千人灯籠踊り」が16日夜、熊本県山鹿市の小学校グラウンドであった。太鼓や三味線などが鳴り響く中、夜の闇に金色の光が揺らめいた。

 熊本県は地震の影響で観光客が減少。少女たちの踊りに参加した山鹿市の小学5年は「県外の人に『熊本に来たい』と思ってもらえるよう元気な姿を見せたい」と、額に汗をにじませていた。
写真:山鹿灯籠踊り保存会のメンバーを交えて入場を待つ「少女灯籠踊り」の参加者たち
posted by naive at 10:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

高山・桜山八幡宮で放生会

コイ:生き物の恵みに感謝し放生 高山・桜山八幡宮 /岐阜 - 毎日新聞
20160818dd0phj000044000p.jpg
 高山市桜町の桜山八幡宮で16日夜、コイを池に放す放生会があった。境内では、巫女(みこ)たちが神楽舞を奉納した。

 生き物の恵みに感謝し、コイの稚魚80匹を境内の池に放して五穀豊穣(ほうじょう)などを祈った。巫女たちは「できるだけ丁寧に大きく舞う」ことを心がけ、神楽舞を5曲奉納した。
写真:神楽舞「桜山の舞」を奉納する巫女たち

<伊治城>祭りで再認識 来年築城1250年 | 河北新報オンラインニュース
20160817kho000000202000c.jpg
 大和朝廷が陸奥国経営の拠点とした宮城県栗原市築館の伊治城完成から来年で1250年になるのを受け、節目を祝う「ふれあい祭り」が15日、城跡近くの旧富野小体育館で初めて開かれ、地域に伝わる神楽などが披露された。
 城跡周辺の5行政区の約70人が、ステージで神楽や民謡などを発表。色鮮やかな衣装に身を包んだ稚児が家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る伝統の「鶏舞」もあり、会場を盛り上げた。
城跡が2003年に国史跡に指定されました

わかやま新報 ≫ Blog Archive ≫ 地域で守る伝統  岡崎団七踊り披露
16081802.jpg
県指定の無形文化財「岡崎団七踊り」を踊る納涼おさらい会が14日、和歌山市西の西熊野神社で開かれ、岡崎団七踊り保存会(西谷暢浩会長)や地元小学生らが参加した。

踊りは江戸時代、父親を代官「志賀の団七」に殺された姉妹が団七を倒すあだ討ちの物語をベースに作られた。江戸時代中ごろから受け継がれる伝統の踊りで、昭和34年に県の無形文化財に指定された。

姉妹が鎖鎌となぎなたの練習に励む場面を演じる「さらし踊り」と「なぎなた踊り」、あだ討ちの場面を表現した「団七踊り」の3部からなる。踊り手はやぐらの周りを囲み、緩やかなテンポのはやしに合わせて踊った。
妹役で踊った小学5年生「衣装が暑くて大変だったけど、練習した分うまく踊れたと思う」
posted by naive at 20:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

大和郡山・売太神社「阿礼祭」

阿礼祭:花笠に浴衣姿で舞う 大和郡山・売太神社で奉納 /奈良 - 毎日新聞
浴衣姿で奉納の舞 - 稗田阿礼たたえ/売太神社「阿礼祭」 | 社会 | 奈良新聞WEB
20160817oog00m010052000p.jpg
 古事記編さんに携わった稗田阿礼(ひえだのあれ)を祭る大和郡山市稗田町の売太神社(藤本保文宮司)で16日、「阿礼祭」が営まれ、地元の子どもたちが舞や踊りを奉納した。

 古事記の「語り部」である稗田阿礼をお話の神様として顕彰しようと童話作家の故久留島武彦さんらが昭和5年に始めた。毎年8月16日に行われており、今年で87回目。

 祭典では阿礼の功績をたたえる「稗田の舞」の奉納に続き、浴衣姿に笠をかぶった地元の子ども約50人が「阿礼さま音頭」「阿礼さままつり子供の歌」を輪になって踊った。
 幼稚園年長から踊りの奉納に参加している小学校3年生「暑かったけど、うまく踊れて良かった」

下大浦の升箕社で秋季大祭、猛暑日のなかで神楽奉納(ケンオー・ドットコム)

三条市下田地区・下大浦の集落の鎮守、升箕(ますみ)社で16日、秋季大祭が行われた。三条で最高気温35.3度の猛暑日となる厳しい残暑のなか、伊勢神宮がルーツとされる神楽の奉納も行われた。
(中略)
升箕神社伶人会(佐藤豊会長)の伶人9人が7舞、稚児4人が3舞を奉納した。この神楽は伊勢神宮へ出向いて学んできたと伝わり、それが大崎など近郷の神社にも伝わった。1963年(昭和38)に新潟県無形民俗文化財に指定された三条市内の6社が保存する三条神楽とは系譜が異なるらしい。
貴重そうなのに参拝者が少ないのが残念…

中原体育館周辺、夏祭りに2500人|佐賀新聞LiVE
SAG2016081599000065_id1_20160815101011.jpg
 みやき町簑原の中原体育館周辺でこのほど、地区の夏祭り「風まつり」があった。こどもからお年寄りまで約2500人が来場し、盆踊りや夜空を彩る花火で盛り上がった。

 みやき町への合併を機に、旧中原町地区で開かれていたうちわ選手権の代わりとなる催しを開こうと始め11年目。
浴衣姿の園児たちが輪になって踊りを披露
posted by naive at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西(京都以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

熊野速玉大社「戦没者慰霊祭」

「次世代に命の尊さ語り継ぐ」…熊野速玉大社や粉河寺で戦没者慰霊祭 和歌山 - 産経WEST
wst1608160030-p1.jpg
 和歌山県新宮市新宮の熊野速玉大社では15日、「戦没者慰霊祭」が営まれ、遺族ら約50人が出席した。

 同市では昭和19、20年の空襲で多数の犠牲者が出たほか、同大社には同市の戦没者を追悼する「忠魂碑」が設置されている。慰霊祭では黙祷(もくとう)の後、遺族らが玉串を奉納。巫女(みこ)が平和を祈って神楽「浦安の舞」を披露した。
粉河寺では高校生が鐘をつきました

温泉の恵みに感謝 郡山の磐梯熱海「萩姫まつり」献湯祭 | 県内ニュース | 福島民報
湯の恵みに感謝し半世紀 郡山・磐梯熱海温泉で「萩姫まつり」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
IP160810AC0000503000_0001_COBJ.jpg
 「美人の湯」で知られる郡山市の磐梯熱海温泉の第50回萩姫まつりは9日、同温泉街で開幕した。初日は源泉場でメイン行事の献湯祭が行われ、関係者が半世紀の歩みを振り返り、温泉街の繁栄と湯の恵みに感謝した。10日まで。

 儀式では、ミス萩姫の3人が雅楽・越天楽に合わせて厳かに萩姫の舞を披露。「源泉汲(く)み上げの儀」で、くみ上げた湯に榊(さかき)をつけて参加者に恩恵を振りまく「散湯の儀」、湯を各旅館に分け与える「分湯の儀」を行い、温泉への感謝の思いを表現した。
10日午後7時15分から「萩姫万灯パレード」

鎌倉の夏彩る「ぼんぼり祭」 鶴岡八幡宮 - 読んで見フォト - 産経フォト
sty1608080030-p2.jpg
 鎌倉の夜を彩る夏の風物詩「ぼんぼり祭」が、8月6日から9日まで鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下)で開催されている。鎌倉にゆかりのある著名人らによる書画で作られた約400基のぼんぼりが参道に沿って立てられ、ろうそくの火が灯されると境内が薄明かりに浮かび上がった。
写真は「ぼんぼりに明かりを灯す巫女=6日、鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮(渡辺照明撮影)」
posted by naive at 22:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西(京都以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

草津温泉で「温泉感謝祭」

草津温泉で「温泉感謝祭」、2日間で1万2千人の入り込み(観光経済新聞)
群馬、草津温泉で感謝祭 源泉の湯、合わせる儀式 - 読んで見フォト - 産経フォト
sty1608010025-p1.jpg
 感謝祭は土用の丑の日、丑の刻(午前2時頃)に入浴すると1年中無病息災であるという言い伝えにより、温泉の恵みに感謝する意味で始まった「丑湯祭」が起源。今回で71回目となる。

 1日夕、第71代温泉女神の山口紗希さん(22)が降臨=写真、巫女とともに「源泉お汲み合わせの儀」や「分湯の儀」などを行った。

 翌日、町内の各浴場に献湯。全ての儀式を終えた女神や巫女らが昇天する「女神昇天」の際にはそれまで降っていた雨も上がり、大勢の見物客は眼前で繰り広げられる荘厳な儀式に大きな拍手を送っていた。
観光客が増えているそうです

東京新聞:境内に古典の調べ 安中・咲前神社で「雅楽の夕べ」:群馬(TOKYO Web)
PK2016081202100103_size0.jpg
 安中市鷺宮の咲前神社で、雅楽を披露する「雅楽の夕べ」があり、雅楽演奏とともに舞楽が神楽殿で奉納され、境内に古典の調べが響き渡った。
 神事とともに古式ゆかしい雅楽を市民に楽しんでもらおうと、東京都品川区の雅楽演奏団体「雅楽道友会」、高崎市の高崎雅楽稽古所「楽柊会」を招いて行われた。
「胡飲酒(こんじゅ)」「還城楽(げんじょうらく)」などが演じられました

高岡・射水神社で七夕祭り 短冊に願い込める - 富山のニュース - 都道府県別 - 47NEWS(よんななニュース)
c41d80aa-c575-45ce-9938-ba86522308f0.jpg
 高岡市古城の射水神社(松本正昭宮司)は7日、初の七夕祭りを同神社で行った。天の川や織り糸に見立てた大門素麺(そうめん)と、星にちなんだコンペイトーを供え、参列者が諸芸の上達や縁結びを祈願した。

 式年大祭を昨年行ったのを機に、さらに多くの人に訪れてもらおうと企画。参拝者に7月31日から願い事を書いてもらっており、色とりどりの短冊を飾り付けた七夕飾りが境内を彩っている。

 神事で松本宮司が祝詞を奏上し、巫女が神楽を奉納。参列者らは玉串を捧げて祈願した。
写真は「神事の後、参列者にコンペイトーが配られた=射水神社」
posted by naive at 09:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

新潟・護国神社で最後の満州開拓県民慰霊祭

満州開拓県民へ最後の慰霊祭|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア
0036260400225924.jpg
 開拓のために旧満州(中国東北部)に渡り、現地で亡くなった県人を追悼する県開拓民殉難者慰霊祭が9日、新潟市中央区の護国神社で行われた。1959年から続けてきたが、開拓経験者の高齢化により今回が最後となる。
1万3000人が入植し、およそ5000人が亡くなったとされています

中央道(8月7日)【社会/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版
000403735.jpg
…神社や雅楽など日本の伝統文化を紹介するイベントが7日まで、JR甲府駅北口よっちゃばれ広場で開かれている。
 ▽…県神社庁が設立70周年を記念して開催。初日の6日は会場で雅楽や神楽舞を披露。みこや神職の衣装を着用できるコーナーが人気を集めた=写真。
ドイツからホームステイで訪れている16歳は「和装ができて楽しかったけれど、とても暑い。涼しい衣装があったらいいのに」と苦笑い

五社堂800年、本祭厳かに 男鹿市の赤神神社|秋田魁新報電子版
20160724ak0005_01_l.jpg
 秋田県男鹿市の赤神神社「五社堂」(国重要文化財)の建立800年祭本祭が23日、五社堂境内で行われた。記念神事が執り行われたほか、参拝客が奉納した願い木を積み上げた記念モニュメント「千年杉の塔」が完成し、訪れた大勢の人たちが800年の節目を祝った。
宮司が祝詞を上げた後、剣舞やみこ舞、雅楽を奉納
posted by naive at 21:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

伊勢神宮で「請戸の田植踊」を奉納

原発避難の「田植踊」奉納 復興願い伊勢神宮に - サッと見ニュース - 産経フォト
浪江町の子供たち、「請戸の田植踊」を奉納 | オピニオンの「ビューポイント」
伊勢神宮外宮 福島の伝統芸能奉納 震災避難の踊り手ら(伊勢新聞)
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故により住民が離散した福島県浪江町請戸(うけど)地区の子供たちが8日、伝統の「請戸の田植踊(たうえおどり)」を伊勢神宮に奉納した。故郷に戻れず厳しい生活が続く中、晴れの舞台で熱演する姿に参拝客から大きな拍手が送られた。

 佐々木繁子さん(66)が太鼓のリズムに乗せて民謡を歌うと、その声は奉納舞台が設置された外宮(げくう)の勾玉(まがたま)池に響いた。小学生から大学生までの女性を中心とする17人は田植えや大漁節などの踊りを披露した。

 踊りは半農半漁で豊かだった請戸の祭り「安波祭(あんばさい)」で毎年2月、地域の●(「くさかんむり」に「召」)野(くさの)神社に奉納された。2011年3月11日の津波で神社と400戸以上が流され、154人が犠牲に。その後、原発事故で全員が避難した。
大学1年生(18)「5年間みなで頑張ってきたから、きょうがある。続けて本当に良かった」
posted by naive at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/御田植祭など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

上田・生島足島神社「祇園祭」

東信ジャーナル[Blog版] | ◆生島足島神社「祇園祭」2016を開催! みこしや浦安の舞、上田市指定無形民俗文化財の「下之郷三頭獅子舞」を奉納!
HqvpMKNG.jpg
 上田市下之郷の生島足島神社(武藤美登宮司、依田延嘉氏子総代長)は7月31日、恒例の「祇園祭」を行った。
 みこしや浦安の舞、市指定無形民俗文化財の下之郷三頭獅子舞を奉納し、観光客も見物した。
 子どもみこしは早朝から開始。約100人が2基のみこしを担ぎ、二手に分かれて区内全域を巡った。大人みこしは夕方に出発した。
浦安の舞は小学6年生の3人が舞いました

新潟まつり:最終日 稚児衣装で練り歩く 花火大会も盛大に /新潟 - 毎日新聞
20160808dd0phj000073000p.jpg
 新潟市の夏の風物詩「新潟まつり」(同実行委員会主催)が5〜7日、市中心部を主会場に開かれた。最終日の7日は住吉行列や花火大会が盛大に行われ、市内は多くの人出でにぎわった。

 住吉行列には約400人が参加し、午前10時に同市中央区上大川前通5番町を出発。平安時代をイメージした稚児衣装を身にまとった子どもたちや御座船(ござふね)などが列を作り、同区稲荷町の市立日和山小学校までの約2キロを練り歩いて、沿道で見守った市民の目を楽しませた。
この時期は暑そうですね…

京都)斎宮代の衣装、袖通し「幸せ」 右京・野宮神社:朝日新聞デジタル
AS20160804002100_comm.jpg
 天皇に代わって伊勢神宮に仕えた皇女・斎宮(さいくう)が伊勢神宮へ旅立つ様子を再現する「斎宮行列」のヒロイン・斎宮代に、右京区の足立奈々紀(ななき)さん(18)が選ばれ、4日、同区の野宮(ののみや)神社で衣装合わせがあった。

 足立さんは嵯峨で生まれ育ち、2002年に斎宮代を務めた田附(たづけ)史恵さんから日舞を習っている。自身も幼稚園と小学生のころに計2回、稚児役などで行列に参加したという。衣装に袖を通し、「歴史の中に入れたみたいで幸せ。たくさんの方に日本の伝統を感じてもらいたい」と話した。
10月16日正午、野宮神社を出発
posted by naive at 19:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする