2016年12月07日

熱田神宮で破魔矢作り

酉年の幸運射止めて 熱田神宮・破魔矢作り:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)
熱田神宮:破魔矢の仕上げ作業 8.9万本を用意 - 毎日新聞
PK2016120702100175_size0.jpg
 名古屋市熱田区の熱田神宮で7日、初詣の縁起物となる破魔矢の仕上げ作業が行われた。

 神宮職員や婦人会員など約100人が境内の文化殿講堂で、お守りと鈴が付いた長さ約60センチの破魔矢に、来年のえと「酉(とり)」にちなみ鳥を描いた絵馬を一つ一つ丁寧に結びつけた。今年は8万9000本を用意する。
いつも崩れないのか心配になります

正月準備:着々と 宮古「浜の福」の「お飾り」/盛岡八幡宮の破魔矢作り /岩手 - 毎日新聞
20161207dd0phj000046000p.jpg
 盛岡八幡宮では5日、みこ4人が来年のえとの「酉(とり)」にちなんで鶏が描かれた絵馬や鈴、短冊を破魔矢にくくりつけていた。

 長さ63センチ(1500円)や73センチ(2000円)など4種類を、約1万本用意する。作業は10月上旬から始まり、今月20日ごろに終わる見込みという。
巫女さん(19)「皆様が健康で、幸せが訪れるようにと思いを込めてます」

破魔矢作り:縁起物付き 青森・善知鳥神社 /青森 - 毎日新聞
20161207dd0phj000043000p.jpg
 新年に向け、青森市安方の善知鳥(うとう)神社で、厄払いや家内安全を願う破魔矢作りが急ピッチで進んでいる。

 破魔矢は4種類あり、来年のえと「酉(とり)」にちなんだトリや、縁起物の金俵、タイが飾り付けられている。

 みこ4人が矢に短冊と鈴、絵馬などを丁寧に取り付け、1日200本のペースで、今月中旬までに約5000本を作るという。
巫女さん(32)「今年は天災が多かった。来年は、えとにちなんで福を『とり』込める年になるよう願っています」
posted by naive at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊野那智大社で縁起物の準備

縁起物:来る年、良い年に 願い込め準備 那智勝浦・熊野那智大社 /和歌山 - 毎日新聞
20161205oog00m010059000p.jpg
 熊野那智大社(那智勝浦町)で、初詣客用の縁起物の準備作業が始まった。今月下旬まで続く。

 来年のえと「酉(とり)」にちなんだニワトリの形の土鈴や、福をかき集める熊手、守護矢など十数種類を用意。同町はマグロはえ縄漁など漁業が盛んなだけに、大漁旗もある。
巫女さん「来る年がいい年であるよう願いをこめて作業をしています」

縁起物作り:迎春準備着々と 桜井・大神神社 /奈良 - 毎日新聞
「福」準備ピーク - 大神神社・縁起物づくり/師走2016 | 総合 | 奈良新聞WEB
08495f4f54feaf629c83a3900314e4d9.jpg
 桜井市三輪の大神神社で、初詣客に授与する来年の干支(えと)「酉(とり)」の縁起物づくりがピークを迎えている。

 作業は神社拝殿横の勅使館で行われ、白衣に緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)が、一刀彫や焼き物の置物を白紙で包んだり、箱に収めたり「福矢」に絵馬の結びつけ作業などに追われた。
福矢は大小2万5000本、干支の置物は合計4種類で合わせて4500体などを用意する予定

初詣に備え 臨時の巫女が衣装合わせ(RKK熊本放送)

初詣の人たちを迎える巫女たちの衣装合わせが熊本市の加藤神社でありました。

熊本地震で被災した熊本城内にある加藤神社では正月に臨時で巫女になる高校生や大学生らおよそ50人が緋袴と白衣をまとい衣装合わせをしました。
きょう衣装の着付けからたたみ方までの手ほどきを受けた臨時の巫女たちは衣装を自宅に持ち帰って練習を重ね正月の本番に備えるということです。
紹介済み。地震の影響で周辺道路に交通規制がかかることから、人出の見通しは立たないとのこと
posted by naive at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

盛岡八幡宮で破魔矢作り

岩手)破魔矢づくりなど盛岡八幡宮で大詰め:朝日新聞デジタル
幸多き新年へ願い込め 盛岡八幡宮で破魔矢作り(岩手日報)
盛岡八幡宮 破魔矢づくり | IBC NEWS
盛岡八幡宮で破魔矢づくり最盛期(テレビ岩手)
AS20161205003618_comm.jpg 161205ibc.png
 盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(藤原隆麿宮司)で正月の縁起物の準備がピークを迎え、みこたちが来年の市民の無病息災を願いながら作業を進めている。

 5日は、みこ4人が邪気を払う破魔矢作りを行った。矢は63センチと73センチで、色違いの計4種類があり「開運招福」「家運隆昌」などと書かれた短冊や、来年のえとのとりが描かれた絵馬を丁寧に結び付けた。
巫女さん「みなさんのご健康とご多幸をお祈りしながら奉製しています」

縁起物作り:「来年も多くの人に幸せを」 岐阜・金神社 /岐阜 - 毎日新聞
20161205dd0phj000062000p.jpg
 岐阜市金町の金神社で、職員ら20人が破魔矢や熊手、お守りなど新年の縁起物2500点を作った。

 みこの山崎きずなさん(20)は「来年がいい年になり、幸せが多くの人に舞い込むように」との思いをこめ、縁起物を作った。金神社の鳥居は昨年11月、神社の名前と同じ金色に塗り替えられた。
権禰宜さん「多くの人が金色の鳥居をくぐって、お参りしてほしい」

破魔矢作り、無病息災の願い込め 浜松の神社|静岡新聞アットエス
IP161206TAN000006000[1].jpg
 浜松市中区の五社神社で6日、新年の家内安全や無病息災を願う正月の縁起物「破魔矢」作りが始まった。
 社務所では朝から、神職や巫女(みこ)が来年の干支(えと)の「酉(とり)」が描かれた絵馬を矢に結び付ける作業に励んだ。破魔矢は矢の長さや絵馬の大きさ、酉の絵柄が異なる3種類を計約7千本用意する。
今月中旬から販売を始める予定
posted by naive at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰府天満宮で臨時巫女に着付け指導

2016歳末点描:臨時巫女、着付け指導 太宰府天満宮で80人 /福岡 - 毎日新聞
20161205dd0phj000082000p.jpg
 正月に臨時に務める巫女(みこ)の白衣と緋袴(ひばかま)の着付け指導などが4日、太宰府市の太宰府天満宮であり、80人が真剣に指導を受けた。

 「参拝者には笑顔で接して」「外国人に見えても、まず日本語で話しかけて」など礼儀作法や注意を受けた後、身長に合わせて白衣などを受け取り、4人の先輩巫女の助けを借りながら着る練習をした。
市内の高校1年生は「清楚(せいそ)で礼儀正しい巫女はあこがれです。年明けの9日まで務めます」と笑顔

京都・石清水八幡宮で御神矢などの迎春準備進む - 産経WEST
wst1612060022-p1.jpg
 石清水八幡宮(京都府八幡市八幡高坊)で、正月用の縁起物などの点検や調整が始まり、巫女(みこ)らが迎春準備に追われている。

 正月用として、同宮が祭る八幡大神の霊力の象徴である「八幡御神矢(ごしんや)」約2万5千本をはじめ、来年の干支(えと)・酉(とり)の土鈴や一刀彫などの縁起物25種約1万点を用意。
準備は20日すぎまで進められるとのこと

佐賀)御神矢づくりが追い込み 鹿島の祐徳稲荷神社:朝日新聞デジタル
AS20161205001565_comm.jpg
 師走に入り、鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で、邪気を払い福を招くといわれている初詣の縁起物「御神矢(ごしんや)」づくりが進んでいる。白衣に緋袴(ひばかま)姿の巫女(みこ)さんや神職らが、本来の仕事の合間に交代で来年のえとのトリが描かれた絵馬や鈴、松竹梅の飾り物を矢に一つひとつ丁寧に取り付けている。

 一番人気が高いという御神矢は2千円〜2500円で計3万本、熊手も2万5千本、お守りやお札は60万枚準備する。正月三が日の参拝客は、例年並みの65万人を予想しているという。
既出です。写真5枚
posted by naive at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

串本・木葉神社「ねんねこ祭り」

和歌山)おひつを頭に行列 子の健康願い、串本で祭り:朝日新聞デジタル
<全文>木葉神社でねんねこ祭り/AGARA 紀伊民報
子どもの健やかな成長願い…「ねんねこ祭り」 (関西テレビ) - Yahoo!ニュース
AS20161204000841_comm.jpg
 和歌山県串本町田原の木葉神社で4日、数百年続くとされる「ねんねこ祭り」があった。早朝から近所の人やアマチュアカメラマンが集まり、頭におひつを載せたご飯持ち巫女(みこ)を先頭にして練る、朝日遥拝行列を見守った。

 県指定無形民俗文化財。五穀豊穣(ほうじょう)を感謝し、子安信仰、子孫繁栄を願う祭り。

 午前7時ごろ、笛太鼓が鳴り響く中、拝殿から約150メートル先の遥拝所まで練る行列がスタートした。井谷正守宮司(62)が鈴を一振りするごとに1歩ずつ、ゆっくりと進んだ。
ご飯持ち巫女は小学2年生。楽しそうなお祭りです

大阪)来年の布施戎の福娘3人が市長を表敬 東大阪市:朝日新聞デジタル
AS20161205003389_comm.jpg
東大阪で「布施戎 福娘コンテスト」 512人が応募、ミス福娘決まる - 東大阪経済新聞
1480914930_b.jpg
 街の駅 クレアホール・ふせ(東大阪市足代北2)で12月3日、「第36回 布施戎(えびす) 2017年度福娘コンテスト」の2次審査と最終審査が行われ、ミス福娘が決定した。

 近鉄・布施駅周辺の17の商店街から成る布施商店街連絡会が主催する年末恒例のコンテスト。今年は18歳〜25歳の未婚女性512人の応募があり、書類審査で70人が選ばれ、面接による1次審査で選ばれた30人が2次審査に進んだ。
ミス福娘は京都女子大の2年生
posted by naive at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西(京都以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

熊本・加藤神社で臨時巫女の衣装合わせ

巫女姿「正月楽しみ」 加藤神社で衣装合わせ−熊本のニュース│ くまにちコム

熊本城内の加藤神社で巫女さんが衣装合わせ News i - TBSの動画ニュースサイト
news2930345_38.jpg
 熊本市中央区本丸の加藤神社で4日、初詣客の応対にあたる臨時の巫女[みこ]の衣装合わせがあり、高校生や大学生らが白衣と緋[ひ]ばかまを身にまとった。

 正月に合わせて募集しており、今年は62人を選んだ。この日は53人が参加し、常勤の巫女から、はかまのひもの結び方などの手ほどきを受けながら、衣装を着付けた。
「被災にあった方々もいて、明るい気持ちで新年を迎える方ばかりじゃないと思いますが、参拝者の方が少しでも明るい気持ちで新年を迎えられるように頑張りたいと思います」(巫女になる高校生)

新年の幸願い 破魔矢作り (Web東奥) - Yahoo!ニュース
20161205-05110857-webtoo-000-view.jpg
 青森市の善知鳥神社で、正月の縁起物である破魔矢作りが進んでいる。巫女(みこ)たちが商売繁盛、無病息災、家内安全などを願いながら、一本一本を丁寧に仕上げている。
 4日、参集殿と呼ばれる建物では厳かな雰囲気の中、袴(はかま)姿の巫女3人が、木製の矢に絵馬、短冊や金俵といった飾り物を手際よく取り付けた。一日に200本以上、今月中旬までに計5千本を作り上げる予定だ。完成した破魔矢は神職のおはらいを受け、元日を待つ。
巫女さん(32)「今年は災害や事件事故など良くないニュースが多かった。来年の干支(えと)は『酉(とり)』。それぞれが福を呼び込み、羽ばたく一年となってほしい」

羽咋・気多大社:みくじ30万枚 宙を舞う 石川 - 毎日新聞
20161204k0000e040160000p.jpg
 石川県羽咋市寺家町の気多大社で3日、新年用のおみくじを交ぜる「みくじ合わせ」があった。巫女(みこ)姿の女子中学生26人が参拝者の幸運を願い、くじ約30万枚を宙に舞い上がらせた。

 50種類あるくじを片寄らせないための神事で、毎年この時期に行われている。

 この日は市立羽咋中1〜3年生26人が白い小袖と緋袴(ひばかま)を身にまとい、拝殿でおはらいを受けた後、くじを囲んで座った。その後、両手でくじを持ち、繰り返し舞い上がらせていた。
初めて巫女役を務めた中学1年生「みんなが『良い年になるように』と願いを込めた。私は勉強の成績を上げ、(部活動の)バレーボール県大会で優勝したい」
posted by naive at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今宮戎神社の福娘お披露目

【動画】福娘代表4人決まる 50人の自己PR審査の末 大阪・今宮戎神社の十日戎 - 産経WEST
福娘50人勢ぞろい 今宮戎「十日戎」へ意気込み - 大阪日日新聞

縁起物、私たちが授けます 今宮戎の福娘50人お披露目:朝日新聞デジタル
AS20161203002456_comm.jpg
 今宮戎(えびす)神社(大阪市浪速区)の来年の福娘の発表会が3日、大阪市内であり、2908人の中から書類審査や面接で選ばれた50人が勢ぞろいした。山吹色の着物と金色の烏帽子(えぼし)姿を披露し、奉仕活動への意気込みを語った。

 福娘は、来年1月9日〜11日の「十日戎」で縁起物の福笹を参拝者に授けたり、道頓堀から同神社までの宝恵駕(ほえかご)の行列に参加する。関西の大学生など40人と、中国や米国などの留学生10人が各行事に参加する。
今回で65回目になるのを記念し、歴代の福娘に着物のデザインを募集
posted by naive at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/福娘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

気多大社で「みくじ合わせ」

新年の幸運高く 気多大社で「みくじ合わせ」 - 石川県のニュース | 北國新聞社
幸せ舞い上がれ 気多大社「みくじ合わせ」 | 石川 | 中部9県 | 中日新聞プラス
H20161204101_1main.jpg
 初詣用のおみくじをかき交ぜる「みくじ合わせ」が3日、羽咋市の気多大社で行われ、巫女(みこ)姿の中学生26人がくじ30万枚を何度も宙に放り上げ、参拝者の幸運を祈った。
毎年恒例。運動部の生徒だったはず

商売繁盛へ結束 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
「福かさね」来る年の幸願い 京都・伏見稲荷で迎春準備 : 京都新聞
20161203-OYTNI50031-L.jpg
 正月に向けて、京都市伏見区の伏見稲荷大社で3日、初詣の参拝者に授与する縁起物「福かさね」をつくる作業が始まった。神楽女(かぐらめ)たち6人が参拝者の福を願いながら、来年の干支(えと)の酉(とり)を描いた絵馬や朱塗りの守矢(まもりや)などを組み合わせた。

 福かさねは、絵馬と守矢のほか、境内で取った同大社のご神木である杉の枝と五穀豊穣(ほうじょう)を意味する稲穂を束ねた縁起物。絵馬の原画は昨年に続き、日本画家の上村淳之さんと由里本出さんが描いた。

 神楽女たちは、絵馬を守矢にくくりつけ、小さく切った杉の枝を手際よく束ねていった。
神楽女さん(19)「参拝者が幸せな1年を過ごせるよう心を込めて作りました」

大きな願いかないそう 日本一の破魔矢と熊手 県護国神社 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
0055257100_0055257101.jpg
 新年を前に、大分市牧の県護国神社(八坂秀史宮司)に3日、日本一の大きさを誇る大破魔矢と大熊手がお目見えした。
 破魔矢は高さ18・8メートル、重さ1・8トン。七福神や米俵が飾られた熊手は高さ12メートル、重さ5・1トン。多くの参拝客が見守る中、大型クレーン車で慎重に立ち上げ、高所作業車に乗った神職が清め払いをした。
いずれも市内の企業が奉納
posted by naive at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

日光二荒山神社で幣束作り始まる

日光二荒山神社:幣束作り始まる 年の瀬の風物詩 /栃木 - 毎日新聞
新年に向け幣束作り開始 日光二荒山神社|下野新聞「SOON」
無病息災願い、幣束づくり 日光 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20161203dd0phj000076000p.jpg
 【日光】今年も残り1カ月。師走に入った1日、山内の日光二荒山神社で八乙女(やおとめ)(みこ)と神職による新年用の幣束(へいそく)作りが始まった。作業は中旬まで続き、22日の「頒布(はんぷ)祭」以降、市民や参拝者に頒布される。

 同神社で長年続く年末の風物詩。幣束は白、青、赤の3色あり、それぞれ神棚・部屋、水場、台所など火を使う場所に家内安全や無病息災を願って供える。
白5千本、青と赤各2500本の計1万本を仕上げます

弥彦神社:新年準備 幸せ願い縁起物 /新潟 - 毎日新聞
20161203dd0phj000048000p.jpg
 師走を迎え、弥彦村弥彦の弥彦神社では、破魔矢やお守りなど正月の縁起物を作る奉製作業がピークを迎えている。同神社のみこらが、来年のえとである「酉(とり)」にちなんだ絵馬を破魔矢に一つ一つ丁寧に取り付けるなどし、新年の訪れに備えている。

 同神社では、毎年9月ごろに作業を開始。みこらが鈴や絵馬を取り付けた破魔矢などは、宮司によるおはらいを受けて福を呼び、参拝客に幸せを運ぶ縁起物になるといい、今年は破魔矢や熊手、お守りなど計約50万個用意するという。
来年の三が日の参拝客は例年通り約20万人を見込んでいます

護国神社で巨大絵馬除幕式 [大分県] - 西日本新聞
201612020001_000.jpg
 大分市の護国神社で1日、2017年のえと「酉(とり)」が描かれた巨大絵馬の除幕式があった=写真。絵馬は縦3メートル、横5メートル。同市の着物店経営、内田孝久さん(65)が毎年、その年のえとにちなんだ絵馬を作製している。今回は羽を広げたおんどりの姿が描かれている。
正面向きとは珍しい
posted by naive at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祐徳稲荷神社で御神矢作りピーク

祐徳稲荷神社、御神矢作りピーク|佐賀新聞LiVE
御神矢作りピーク 祐徳稲荷 [佐賀県] - 西日本新聞
SAG2016120399000028_id1_20161203094531.jpg
 鹿島市の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で、正月用の「御神矢(ごしんや)」作りがピークを迎えている。朱塗りの矢に、巫女(みこ)らが来年のえとの酉(とり)が描かれた絵馬や鈴などを飾り付け、新年の初詣客に備えている。

 御神矢は邪気を払い、福を呼び込む縁起物。矢は長さ60センチ(2千円)と75センチ(2500円)の2種類があり、11月上旬から巫女や神職ら40〜50人が交代で作業し、年内に3万本を作る予定。このほか熊手2万5千体、お守り60万体の準備も進めている。
巫女さん9人が黙々と作業

2016歳末点描:迎春準備が本格化 赤間神宮に鶏の大絵馬 下関 /山口 - 毎日新聞
20161202dd0phj000139000p.jpg
 下関市の赤間神宮に1日、来年の干支(えと)「酉(とり)」にちなんで鶏などを描いた高さ2・5メートル、幅4・2メートルの大絵馬が登場した。境内の水天門横に設置され、参拝客がカメラやスマートフォンで撮影していた。

 赤間神宮では、宮司がデザインする大絵馬が毎年この時期に設置される。鳴き声で夜明けを告げる神の使いの鶏が、初日の出とともに元日の朝を知らせ、同神宮でまつられる安徳天皇が新年の到来を喜ぶ様子が描かれている。
新年から、同じ図柄の絵馬を300〜700円で参拝客に配ります

厄“トリ”払い幸運の新年に 破魔矢作り − 岐阜新聞 Web
201612030915_28551.jpg
 新年に向けて初詣客が買い求める縁起物の破魔矢作りが、岐阜市金町の金神社でピークを迎えている。

 長さが約60センチと90センチの物があり、1500本を作る。2日は、みこや、氏子らでつくる「敬神婦人会」の会員ら約20人が作業した。矢に来年の干支(えと)「酉(とり)」を描いた絵馬や張り子などを丁寧に取り付けていた。
神社職員「来年は良い一年になるようにとの願いを込めて制作しています」
posted by naive at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成29年初詣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする