豊前・三毛門神楽講で初の「女子神楽」奉納

メンバーは女性だけ「女子神楽」豊前・春日神社で初奉納:朝日新聞デジタル 全国初「女子神楽」を奉納 息の合った演目披露 豊前の団体|【西日本新聞】  国指定重要無形民俗文化財「豊前神楽」の団体の一つ「三毛門(みけかど)神楽講」(福岡県豊前市)が指導する「三毛門子ども神楽」の女子部11人が21日、同市の春日神社春季祇園祭前夜祭で、舞い手とはやし方ともに女子のみの「女子神楽」を奉納した。女子…

続きを読む

伊那東大社例大祭で浦安の舞奉納

伊那東大社例大祭に合わせて浦安の舞 奉納(伊那谷ねっと) 伊那市の伊那公園にある伊那東大社の例大祭にあわせ、浦安の舞が21日に奉納されました。 宵祭りのこの日は、中央、日影、境、上新田、下新田、上の原の総代や区の役員が見守る中、地元の小学6年生16人が舞を奉納しました。 浦安の舞は、安らかな心で平和を祈る意味があり、昭和15年に全国各地で奉納されたのが始まりとされています。 伊那東大社は…

続きを読む

四日市・足見田神社「すいざわ新茶まつり」

新茶奉納、繁栄願う 四日市の足見田神社 巫女や雅楽隊ら行列 三重 - 伊勢新聞 【四日市】八十八夜(5月2日)を前に、すいざわ新茶まつり実行委員会(矢田宗久会長)は21日、三重県四日市市水沢町の足見田神社で同まつりを開き、新茶を奉納して茶業の繁栄を祈願した。 水沢茶農業協同組合から足見田神社まで約1・5キロを、のぼりを立てた荷台で威勢よく太鼓を演奏しながら走るトラックや、オープンカー…

続きを読む

豊前・春日神社祇園祭前夜祭で女子神楽奉納へ

女子神楽奉納へ稽古に熱 21日、春日神社祇園祭前夜祭で披露 豊前市 [福岡県]|【西日本新聞】  国指定重要無形民俗文化財「豊前神楽」の神楽団体の一つ、三毛門神楽講(豊前市)が指導する「三毛門子ども神楽」。囃子(はやし)方と舞い手をすべて女子が担う「女子神楽」が21日、同市三毛門の春日神社春季祇園祭前夜祭で奉納される。女子だけの神楽は全国初とされ、子どもたちは本番に向け、熱のこもった練習を…

続きを読む

高山・桜山八幡宮で桜の花のハートマーク

桜の花でハート「記念撮影を」 桜山八幡宮 | 岐阜新聞Web  桜の花びらで作ったハートマークが岐阜県高山市桜町の神社「桜山八幡宮」に登場し、観光客が記念撮影を楽しんでいる。晴天が続けば21日ごろまで見られるという。  結婚式のサプライズで作った落ち葉のハートマークが好評だったことから、同神社が昨春始めた。みこが毎朝の掃除で集めた花びらをハート形に整えて作る。巫女さん(20)「子ども…

続きを読む

上田・石舟神社で創建千三百年祝賀祭

長野県 創建1300年の舞 上田の石舟神社で地元小中学生ら奉納|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  上田市真田町長(おさ)の住民が14日、昨年に創建1300年を迎えた地元の石舟神社で祝賀祭を開いた。石舟自治会や神社総代、神楽保存会が神社の例大祭に合わせて企画。15日の本祭り前のこの日は宵祭りと位置付け、神社で舞を奉納したり、地区内で獅子舞を披露したりした。  神社は717(養老…

続きを読む

富山・大法寺で二天会・正甫公法祭

正甫公の遺徳しのぶ 富山・大法寺で二天会・正甫公法祭(北日本新聞) 正甫公の遺徳しのぶ(4月18日)  富山の薬業の祖とされる富山藩2代藩主、前田正甫の313年忌大法要「二天会・正甫公法祭」が18日、富山市梅沢町の大法寺(草野寛行住職)で営まれた。薬業関係者や檀家ら約70人が遺徳をしのび、薬業発展を祈願した。  正甫公は藩の産業振興のため薬業を奨励し、富山売薬の理念「先用後利」を広…

続きを読む

熊野本宮大社で新茶祭

和歌山)熊野本宮大社で新茶祭:朝日新聞デジタル 新茶祭:今年の新芽、どうぞ 茶業発展祈り 田辺・熊野本宮大社 /和歌山 - 毎日新聞 <全文>熊野本宮大社で新茶祭 新芽摘み奉納/AGARA 紀伊民報 自然の恵みに感謝 熊野本宮大社で新茶祭(熊野新聞) 熊野本宮大社で「新茶祭」(関西テレビ) 和歌山県田辺市の熊野本宮大社では、新茶を神殿にそなえ、お茶づくりの発展を祈る「新茶祭」が行…

続きを読む

道後温泉まつり

道後温泉まつり:湯に感謝、神楽厳かに あすまで松山 /愛媛 - 毎日新聞  松山市道後湯之町の国重要文化財「道後温泉本館」周辺で19日、恒例の「道後温泉まつり」(実行委主催)が始まった。21日まで。  まつりの始まりとして「湯祈とう」が本館2階の大広間であり、関係者ら約60人が温泉の恵みに感謝した。湯を奉納するため、みこしや子どもたちの行列が道後商店街を歩いて湯神社へ向かうと、観光客…

続きを読む

熊野本宮大社「渡御祭」

創建2050年 誉れ華やぐ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 華やかな行列「渡御祭」 | 関西のニュース | 関西テレビ放送 カンテレ  創建2050年を迎えた熊野本宮大社(田辺市本宮町)で15日、式年大祭を締めくくる本殿祭と渡御(とぎょ)祭が営まれた。雅楽や舞が奉納され、華やかな行列が練り歩くなど、町全体を包む奉祝ムードは最高潮に達した。(山口景子) (中略…

続きを読む

小山・血方神社で「五行の舞」奉納

「五行の舞」を愛らしく披露 小山の血方神社で地元児童ら|下野新聞「SOON」  【小山】田間の血方(ちかた)神社で14日、春例祭が始まり、地元の女子児童らによる「五行の舞」など市無形民俗文化財の太々神楽が奉納された。15日まで。  「五行の舞」は12座ある太々神楽の一つで五穀豊穣(ほうじょう)などを願う。稚児舞ともいわれ、女児10人が2組に分かれて演じる。通常は小学2、3年生が対象だ…

続きを読む

北海道神宮で「開拓の父」島義勇の顕彰祭

「開拓の父」島義勇を顕彰 札幌の基礎築いた佐賀藩士 - サッと見ニュース - 産経フォト 「開拓の父」佐賀藩出身の開拓判官、島義勇 札幌で顕彰祭 佐賀県の山口祥義知事「地元でも偉業伝えたい」:イザ!  「北海道開拓の父」と呼ばれる佐賀藩出身の開拓判官、島義勇(よしたけ、1822~74年)の顕彰祭が14日、札幌市中央区の北海道神宮で行われ、市民や佐賀県の山口祥義知事や佐賀市の秀島敏行市長ら…

続きを読む