平安神宮で時代祭の本殿祭

華々しい行列ではないけれど…コロナ収束願い「平安の舞」 京都・時代祭の本殿祭|観光|地域のニュース|京都新聞 京都で時代祭、コロナで行列中止 平安神宮で神事、「平安の舞」奉納 - 毎日新聞 時代祭、平安神宮で神事 新型コロナで行列中止 - 読んで見フォト - 産経フォト  京都三大祭りの一つ、時代祭の本殿祭が22日、京都市左京区の平安神宮で行われた。例年なら華々しい行列が都大路を進む日だが、今年は新型コロナウイルスの影響で巡行が中止となったため、崇敬者組織・平安講社の朴木純一理事長や各時代行列の代表者ら約30人が参列して神事のみが行われた。桜と橘の枝を手にした神社の仕女(しじょ)による「平安の舞」を奉納 千歳あめなど袋詰め - 大神神社で七五三準備|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社でこのほど、七五三詣での参拝者に授与する「お下がり」の準備が行われた。  授与品はお守りと千歳あめのほか、駄菓子の詰め合わせやクレヨンなど。みこが「七五三まいり」とプリントされた袋に丁寧に入れていった。12月上旬ごろまでに例年約2000組が訪れます 七五三で「絶対密にならない」神社 参拝者の少なさを逆手に新企画(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース  七五三で晴れ着に身を包んだ子どもが、碁盤の上からぴょんと飛び降りる。そんな古来の儀式を、神戸市長田区の駒林神社が始めた。新型コロナウイルスの感染予防で参拝をためらう家庭もある中、同神社はもともと七五三参りが少ないこ…

続きを読む

佐賀・大江神大神宮で浦安の舞奉納

【動画】流鏑馬、浦安の舞…秋の恵みに感謝 白石、江北の神社で例祭|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 小学生が五穀豊穣祈り「浦安の舞」披露 大江神大神宮【佐賀県江北町】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ 小学生が「浦安の舞」 コロナ鎮静を祈願 1カ月の練習成果披露 大江神大神宮 /佐賀 - 毎日新聞 19日朝、佐賀県江北町の神社で、五穀豊穣を祈願し小学生による「浦安(うらやす)の舞」が奉納されました。 江北町の大江神大神宮で奉納された「浦安の舞」は、五穀豊穣などを祈願して、約80年前から毎年この時期に行われています。今回は、地元江北小学校の4年生4人が参加し、先月から練習を重ねてきた舞を披露しました。例年は浮立なども行われていますが、2020年は新型コロナウイルスの影響でとりやめたほか、舞も例年より短くするなど、規模を縮小して行われました。約20人が見守りました 福岡市の神社できょうから千歳飴など七五三の準備始まる(福岡県)(FBS福岡放送) - Yahoo!ニュース 「七五三」の準備が本格化 “分散化“呼びかけ(RKB毎日放送) - Yahoo!ニュース 福岡市西区の愛宕神社では七五三の祈願に訪れる子どもに渡す千歳飴を巫女たちが袋に詰めていました。 この神社では毎年1500組、およそ5000人の家族が訪れるということです。 ことしは新型コロナの感染防止で密を避けるため、拝殿の座席をおよそ50席から30席に減らしています。巫女さん「例年より早め…

続きを読む

熱海・今宮神社で豊栄の舞奉納

女児10人、可憐に「豊栄の舞」奉納 今宮神社例大祭の掉尾飾る | 熱海ネット新聞 今宮神社例大祭で10月20日、地元の女児10人が本殿前で「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納した。熱海こども園、MOAあたみ幼児学園の園児と第二小1年の児童で今年9月3日から稽古に励んできた。泉明寺みずほ宮司と長女で巫女(みこ)のさくやさんが指導してきた。奉納の直前までマスク代わりに子ども用のマウスシールドを着用 今宮神社例大祭に向け、総ざらい稽古 稚児舞リハーサル 本番「0K」 | 熱海ネット新聞 10月19、20日の今宮神社例大祭で「豊栄(とよさか)の舞」を奉納する稚児10人が17日、初めて稚児衣装に身を包み、神社社務所で本番と同じ時間割りでリハーサルを行った。泉明寺みずほ宮司と長女で巫女(みこ)のさくやさんの指導のもとに9月3日から稽古を始め、この日が7回目。前回の稽古まではまだどこか幼さが残っていたが、本番の稚児衣装をまとうと、すっかり舞姫に変身。終了後は地元メディアにミニ会見し、見守っていた島田善一副総代長や父母から笑みがこぼれた。無事行われてよかったです 浅草 秋の三社祭、静かなスタート 厳かに例大祭式典 コロナ終息も祈願:東京新聞 TOKYO Web  新型コロナウイルスの影響で延期されていた浅草神社(台東区)の三社祭が十七日に始まり、一年間の感謝と祈りをささげる「例大祭式典」が厳かに執り行われた。本来なら式典後に約百基の町神輿(みこし)が繰り出し、一気にお祭りムードとなる…

続きを読む

阿蘇・霜神社で「乙女揚げ」

「火焚き神事」の火、鎮める 阿蘇市・霜神社で「乙女揚げ」 | 熊本日日新聞  熊本県阿蘇市役犬原[やくいんばる]の霜神社で16日、農作物を早霜の害から守る火焚[た]き神事の火を消す「乙女揚げ」があった。  国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の一つ。3地区の輪番で8月19日の「乙女入り」から59日間、火を焚き続けてご神体を温める習わしだが、今年は新型コロナウイルスで中止。各地区の総代らが10月29日まで、節目の神事のみ執り行っている。乙女役の小学3年生(8)「無事に火を消せて安心した」 ニュース | 住吉神社 巫女らが「稲刈り神事」 例年より良いでき 五穀豊穣に感謝 福岡市博多区 (20/10/16 18:00) 【TNC ニュース(福岡)】 実りの秋に感謝を込めて…住吉神社で「稲刈り神事」|KBCニュース 福岡市博多区にある住吉神社では、16日午前10時から境内にある「神田」で「稲刈り神事」が始まりました。 稲が無事に育ったことへの感謝の祈りをした後、早乙女姿をした巫女が「神田」に入って、黄金色に実った稲穂を刈り取りました。 収穫されたのは、6月の「お田植え祭」で植えられた「イセヒカリ」という品種の米です。稲刈りをした巫女さん「台風の影響もあってちゃんと育っているか心配だったのですが、きちんと刈ることができてよかったです」 稲むら火祭り延期で採火式 和歌山・広川、コロナ影響(共同通信) 稲むらの火祭り 採火式、厳かに 来年開催祈る 広川 /和歌…

続きを読む

鈴鹿・椿大神社で秋季例大祭

鈴鹿 みこの祭祀舞華やか 椿大神社で秋季例大祭 三重 - 伊勢新聞 【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)は11日、同神社で秋季例大祭の本宮例大祭を開いた。みこの祭祀舞や氏子神役による奉奏などで豊作に感謝し、平和を祈念するとともに新型コロナの早期終息を願った。 祭祀舞「椿宮」は、ツバキを描いた華やかな舞装束のみこ4人が、紅白の花をつけたツバキの小枝を手に優雅に舞った。全国各地から参集した約150人が静かに見入っていた。猿田彦大神の御神霊を本殿から別宮椿岸神社へ神幸する「神幸祭」も執行 コロナ終息、平穏願い - 石上神宮で「ふるまつり」 渡御祭りは中止/天理|奈良新聞デジタル  「ふるまつり」「田村渡り」の呼称で親しまれている石上神宮(森正光宮司)の例祭が15日、天理市布留町の同神宮で営まれた。今年は新型コロナウイルス感染防止策で行事の一つ「渡御祭」は中止され、祭典のみとなった。  例祭には、氏子総代ら関係者約20人が参列。渡御祭でのお旅所がある天理市田町の稚児、氏子らが持参した、今年初めて収穫した稲穂「荷前(のさき)」と、金色の御幣(ごへい)が神前に供えられた。森宮司は天下泰平と新型コロナの早期終息を願う祝詞を奏上。巫女(みこ)による神楽の奉納も行われた。剣の舞のようです 那智大社の境内整備完了 竣功奉告祭営む:紀伊民報AGARA  和歌山県那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社は8日、創建1700年を記念して2017年から進めていた境内施…

続きを読む

白山比め神社で七五三準備

七五三向け 準備せっせ 白山さんの舞女ら、袋詰め:北陸中日新聞Web 七五三へ準備着々 千歳飴など袋詰め - ホッとニュース | 北國新聞社  白山市三宮町の白山比咩(しらやまひめ)神社で、子どもの健やかな成長を願う七五三詣でが始まっている。神社では、子どもに配る千歳飴(ちとせあめ)などが入った「お下がり」の袋詰め作業に追われている。同神社は新型コロナウイルス禍を受け、密集を避けるために早めの参拝を呼び掛けている。  9日は、白衣に緋袴(ひばかま)の装束に身を包んだ舞女(まいひめ)らが、鶴と亀が描かれた紅白の紙の袋に、千歳飴や七五三のお守りのほか、ミニカーや塗り絵などを丁寧に詰めていた。約1週間かけ、3000袋を用意する。舞女さん(20)は「作業は多いけれど、子どもたちが元気に育つように思いを込めました」と 七五三の千歳飴を袋詰め 福井・佐佳枝廼社:中日新聞Web  七五三シーズンを迎え、福井市大手三の佐佳枝廼社では千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が始まった。十日は、みこらが子どもたちの健やかな成長を願い、紅白の千歳飴を丁寧に袋に収めた。...続きは会員限定 移転50周年 稚児行列で祝う 小松・沖太郎丸神社 みこし披露も:北陸中日新聞Web  小松市沖町の沖太郎丸神社移転五十周年を記念した稚児行列が十日、町内であり、百人の子どもらがきらびやかな平安装束をまとって父母ら家族と練り歩いた。子どもや孫の晴れ姿を見ようと、多くの人が見物に訪れた。  稚児行列は、けがれが…

続きを読む

新居・二宮神社で浦安の舞奉納

しなやかに浦安の舞 新居・二宮神社で祭礼:中日新聞しずおかWeb  湖西市新居町の二宮神社で十一日、秋の例祭があった。新型コロナウイルスの影響で各地の祭礼が省略される中、例年通りの神事を関係者のみの無観客で実施。地元住民による伝統の流鏑馬(やぶさめ)や浦安の舞が奉納された。  同町中之郷の郷北、郷南、三ツ谷、あけぼのの四地区で、今年当番を務める三ツ谷地区から森大夢(ひろむ)さん(21)がくじ引きで流鏑馬の馬乗りに選ばれた。拝殿では、四地区の小学生五人が巫女姿になり、浦安の舞を披露 大地の恵みに感謝“抜穂祭”で園児が稲刈り|DoGAS(ドガス) 静岡市では古くからの神事である「抜穂祭」が行われ、地元の子どもたちが参加して稲刈りをしました。  「抜穂祭」は大地の恵みに感謝する行事で、はじめに縣護国神社の宮司が秋の実りに感謝する祝詞をあげました。続いて、中藁科こども園の園児12人が早乙女姿になり、6月の「お田植え祭」で植えた米「イセヒカリ」を慣れない鎌を使いながら刈り取っていきました。<参加した園児たち>「固い」「とったぞー」 実りの秋に感謝 厚真桜丘・森田さんの田んぼで抜穂祭 | 北海道ニュースリンク  胆振、日高の青年神職会は24日、厚真町桜丘の森田明央さん(53)が所有する水田に設ける「神田」で恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。神事の後、若手の神職ら14人が手作業で鎌を振るい、日胆地区の神社や伊勢神宮に奉納する米の稲刈りをした。  同祭は2005年か…

続きを読む

高松・田村神社「御蚊張撤神事」

新型コロナ まちの話題/巫女装束にマスク 収束願い舞を奉納 田村神社秋季例大祭 | 香川のニュース | 四国新聞社 田んぼの神様に感謝を…田村神社で秋の例大祭【香川・高松市】 | OHK 岡山放送  高松市一宮町の田村神社(池田博文宮司)で8日、「御蚊張撤神事(おかちょうあげのしんじ)」と呼ばれる秋季例大祭が開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今年は神事のみを行い、巫女(みこ)装束を身にまとった地元の女子児童がマスク姿で舞を奉納した。  同神社では春と秋に例大祭を実施。秋の御蚊張撤神事では、春に本殿につり下げた蚊張を外し、巫女舞などを奉納して収穫を祝う。  この日の本殿祭には氏子、総代ら約30人が参列。全員がマスクを着け、一席ずつ間隔を空けて着席した。宮司が祝詞を奏上した後、近くの一宮小学校5、6年の女子児童3人が「浦安の舞」を奉納した。3年連続で巫女を務めた女児(11)は「マスクが邪魔だったけどうまく舞うことができた」と笑顔 長崎くんち例大祭 来年の奉納踊り祈願(長崎新聞) - Yahoo!ニュース  諏訪神社の秋の大祭「長崎くんち」の主要神事の一つ、例大祭が8日、同神社であった。新型コロナウイルスの収束や、来年のくんちが盛大に執り行えるよう祈願した。  例年は100人程度参列しているが、今年は人数を制限し、同神社の役員など約40人が参列した。国の安泰や氏子の平安を祈ってみこが神楽を奉納。参列者らは玉串をささげた。このほか「湯立神事」も めでたき…

続きを読む

和歌山・淡嶋神社で甘酒祭

淡島神社で甘酒祭 五穀豊穣と疫病退散を神さまにお願い:朝日新聞デジタル 五穀豊穣を祈り、新米の甘酒奉納 淡嶋神社で祭り /和歌山 - 毎日新聞  お酒の神さま少彦名命(すくなひこなのみこと)をまつる淡島神社(和歌山市加太)で3日、秋の大祭(甘酒祭)があった。新米でつくったこうじや秋の収穫物を神殿に供えて五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を願った。  古式の神事を終えたあと、神さまに奉納したこうじを巫女(みこ)が甘酒に入れて参拝者にふるまった。今年は新型コロナウイルスの感染を予防するため、持参の水筒やペットボトルに入れて持ち帰ってもらった。前田智子宮司「コロナが長引いているので、いつもの祝詞(のりと)に加えて疫病退散をお願いしました」 ピカチュウのデザイナー、アマビエの絵馬 春日大社に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル ピカチュウ生みの親「癒やしに」 アマビエと白鹿のイラスト奉納 奈良・春日大社 - 毎日新聞 神様に笑顔で“納品” - 春日大社が絵馬制作/「ピカチュウ」考案 にしださんデザイン|奈良新聞デジタル  新型コロナウイルスの早期収束を祈念して、奈良市春日野町の春日大社(花山院弘匡宮司)は「疫病退散絵馬」を制作した。絵馬に用いたイラストは、アニメのポケットモンスターの人気キャラクター「ピカチュウ」を考案したことで知られる、にしだあつこさんがデザインした。  デザイナー、イラストレーターとして活躍するにしださんは「コロナ禍の中で何かできることはないか」…

続きを読む

長崎・諏訪神社で秋の例大祭

「来年こそ開催されますように」 奉納踊り中止も“くんち気分” 神職ら神楽奉納 諏訪神社で神事 長崎市 /長崎 - 毎日新聞  長崎市上西山町の諏訪神社で7日、秋の例大祭(8日)を祝う神事があった。例年なら「長崎くんち」の奉納踊りが始まる日だが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止に。参拝客らからは「来年こそ開催されますように」などの声が聞かれた。【中山敦貴】  毎年大勢の見物客でにぎわい、太鼓や笛などの「シャギリ」の音色が鳴り響く境内はこの日、静寂に包まれた。神事「寿詞(よごと)」は午前8時に始まり、神職らが野菜などを供えておはらいをし、祝詞(のりと)を上げて神楽を奉納した。写真「神事で神楽を奉納する巫女」 コロナ収束、地域平穏願い « ミナミシンシュウ.jp  下條村の親田八幡宮で3日、秋季祭典が行われ、地元親田地区の女子児童4人が浦安の舞を奉納して地域の平穏、発展を願った。  例年は春と秋の祭典で奉納される舞だが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、春は取り止めに。秋についても感染状況を注視して検討を重ね、「舞を奉納することでコロナ禍を振り払い、地域を明るくしたい」と実施を決めた。舞姫の一人(12)は「とても緊張したけど、コロナが収束し地域が元気になるよう願って、最後までしっかりと舞うことができた」と笑顔 浦安の舞「本番が楽しみ」 砺波・比売神社 女子児童 けいこ開始:北陸中日新聞Web 浦安の舞の伝統、コロナ禍でも守る 砺波東部小児童、来月大祭へ稽古…

続きを読む

西宮神社で千歳飴の袋詰め

兵庫県西宮市の西宮神社では、マスク姿のみこたち…:マスク姿で七五三の準備:時事ドットコム 七五三を前に「千歳あめ」袋詰め 西宮神社の七五三参りは12月末まで参拝期間延長 | MBS 関西のニュース 七五三「ちとせあめ」の袋詰め お参り期間は年末まで延長 兵庫・西宮神社(ABC) 兵庫県西宮市の「えべっさん」の総本社・西宮神社にずらり並んだ「ちとせあめ」。子どもの健やかな成長を願って縁起がいい紅白に着色された「ちとせあめ」を、巫女は取り出すときに正面になるように、お守りと一緒に袋に詰めていきます。例年通り5000袋を用意 伊勢・猿田彦神社 七五三「お守り笹」準備 感染防止に分散呼び掛け 三重 - 伊勢新聞 健やかな成長を 七五三参りで授与 猿田彦神社「お守り笹」奉製 三重・伊勢 - 毎日新聞 猿田彦神社で七五三に配る「お守り笹」の奉製作業 三重・伊勢市 | CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】 千歳飴にはお守りとこま犬 健やかな成長願い猿田彦神社で「お守り笹」(三重テレビ放送) - Yahoo!ニュース 【伊勢】三重県伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で、七五三の縁起物「お守り笹」の準備が進んでいる。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、毎年11月に集中する七五三詣での分散化を呼び掛け、例年より1カ月ほど早く準備作業に取り組んでいる。 お守り笹は、和紙製で長さ30センチほど。神社のお守りや千歳飴、張り子のこま犬などを飾り付け、参拝に訪れる子…

続きを読む

伊那・坂下神社で浦安の舞奉納

密集避けて浦安の舞奉納|ニュース|伊那谷ねっと 伊那市の坂下神社で3日、地域の女子児童が浦安の舞を奉納しました。 新型コロナへの感染を防ぐため例年より少ない人数での奉納となりました。 3日と4日の2日間坂下神社の秋の例大祭が行われました。 氏子とともに小学6年生2人と5年生1人の女子児童3人が参列しました。今年は新型コロナウイルスの影響で少人数での舞 優雅な巫女舞を児童が奉納 武豊の武雄神社で観月祭:中日新聞Web  武豊町の武雄神社で三日夜、観月祭があった。町内の市場区神宮社前夜祭も合わせて行われ、お囃子(はやし)や子どもたちによる優雅な巫女(みこ)舞が奉納された。  神事では、最初に岩田孝夫宮司がおはらいをしたり祝詞を奏上したりした後に、いずれも小学三年生の(中略)三人が巫女姿で登場。厳かな雰囲気の中、三人は息の合った巫女舞を披露した。「たくさん練習した成果が出せた。みんなの前で巫女舞ができて楽しかった」 宗像大社で「高宮神奈備祭」ライブ配信も|KBCニュース 宗像大社で行われていた秋季大祭が3日、「高宮神奈備祭」で締めくくられました。今年は、新型コロナウイルスの感染防止対策でライブ配信されました。 宗像大社の境内で「宗像三女神」が降臨する場所と伝えられる「高宮祭場」では、神事が厳かな雰囲気で進められていきました。かがり火がたかれる中、4人の巫女が「悠久の舞」を奉納しました。今年は新型コロナウイルスの影響で祭場での拝観が取りやめ動画↓ 宗像大社秋季…

続きを読む