阿蘇・霜神社で火焚き神事「乙女入り」

豊作祈る乙女の炎 阿蘇市で火焚き神事 | 熊本日日新聞 霜害から守る「火焚き神事」|NNNニュース  阿蘇の早霜から農作物を守り、豊作を祈る火焚[た]き神事の「乙女入り」が19日、熊本県阿蘇市役犬原の霜神社であった。10月16日の「乙女揚げ」までの59日間、火をたき続けてご神体を温める。  国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の一つ。3地区が輪番で火を見守る「火焚き乙女」の少女を出す習わしで、今年は上役犬原地区(56戸)が担当。「熱かったけど、無事に火をつけることができて安心した」 「室蘭神楽」華やか…八幡宮例大祭で五穀豊穣を祈願  室蘭八幡宮例大祭は15日が本祭。台風の影響で雨模様となったが、海岸町の同神社境内では市指定民俗文化財「室蘭神楽」が奉納された。厳かな雰囲気の中、室蘭神楽保存会(榊栄一会長)による勇壮な舞で祭りを華やかに彩った。  室蘭神楽は新潟県指定無形民俗文化財「三条神楽」をルーツに、明治時代に室蘭に伝わった。1974年(昭和49年)に保存会が結成されて現在に至る。  33演目から構成されており、前日の宵宮祭と本祭で11演目ずつ披露された。華やかな和装の小学1~5年生の稚児、仮面や剣を身に付けた舞手が神話や能、狂言に由来する演目を、笛や太鼓などの雅楽に合わせて優雅に舞い、五穀豊穣(ほうじょう)や大漁を祈願した。出演した5年生「グループのみんなと一緒にできることが一番楽しい。(参拝者から)いっぱい拍手してもらってうれしくなりました」

続きを読む

白山比め神社「夏祭り白山水系水利感謝祭」

白山の水に感謝 夏祭りが始まる 白山比●神社:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山の水の恵みに感謝する「夏祭り白山水系水利感謝祭」が十五日、白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社で始まった。手取川流域で暮らす事業者や地元議員など約五十人が参列した。祭典は十六日まで。  海と山の幸を供え、村山和臣宮司が祝詞を奏上。舞女(まいひめ)二人が優雅な琴の音に合わせて神楽「浦安の舞」を奉納し、白山水系の一層の発展を願った。 ※見出し、文中の●は口へんに羊十六日の祭典後には「第六十回奉納剣道大会」が 「みえ雅楽会」はじめての演奏会(三重テレビ放送) - Yahoo!ニュース  日本の古典音楽として受け継がれてきた雅楽の世界を楽しむ演奏会が11日、津市にある三重県総合文化センターで開かれました。  若手演奏家が2010年に設立した「みえ雅楽会」が開いた演奏会で、元宮内庁式部職楽部の主席学長・豊英秋さんを迎え、雅楽における基本コードのひとつ「平調調子」や、雅楽の伴奏に舞をつけた舞楽などが披露されました。「催馬楽伊勢海(さいばらいせのうみ)」など

続きを読む

福島県玉川村「南須釜の念仏踊り」

念仏踊りで先祖供養 玉川の南須釜 | 福島民報 約350年続く伝統行事 玉川村“南須釜の念仏踊り” - FNN.jpプライムオンライン  福島県重要無形民俗文化財「南須釜の念仏踊り」は十四日、玉川村の東福寺などで披露された。花がさをかぶり、色鮮やかな衣装を着た女児が舞い、先祖や東日本大震災の犠牲者の霊を慰めた。  南須釜念仏踊り保存会員の笛やかね、おはやしに合わせ、地区の小学生らが踊った。扇子などを手に華麗に舞い、見物客から大きな拍手を受けた。新盆を迎えた地区の民家も回った。踊り手は、園児から小学6年生までの女の子たちで、2019年は14人が参加 萩姫まつり開幕 磐梯熱海温泉で献湯祭 | 福島民報 郡山・磐梯熱海温泉「萩姫まつり」開幕 温泉の恵みに『感謝』:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  郡山市の磐梯熱海温泉の夏の風物詩「第53回萩姫まつり」は9日、開幕した。初日は同温泉の源泉場でメイン行事の献湯祭が行われ、関係者が温泉の恵みに感謝した。10日まで。  ミス萩姫の高畑有里さん、藤間聡子さんがくみ上げた湯を参加者に振りまき、各旅館に湯を分け与える儀式を執り行った。10日は午後2時から「めっけ市」、同7時15分から「萩姫万灯パレード」 「郡山うねめまつり」開幕 踊り流し2、3日!駅前大通りなど:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet 「ミスうねめ」バトンタッチ 郡山、うねめまつりで交代式:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆう…

続きを読む

越中一宮 高瀬神社で子供が職業体験

ジョブレポート2019(北日本放送) 19.神社のしごと 越中一宮 髙瀬神社でおしごとしました! ジョブキッズのおしごとレポートです。祝詞、神楽舞、しめ縄づくりなど 奈良でもお盆行事中止相次ぐ 台風10号接近で - 産経ニュース  大型の台風10号の接近に伴い、終戦の日の15日に奈良県内各地で予定されていたお盆の行事や花火大会などが相次いで中止、変更となった。奈良地方気象台によると、台風10号は15日昼過ぎから夕方にかけて県内に最接近。同日午後6時までの24時間降水量は多いところで北部180ミリ、南部500ミリと予測されている。 (中略)  桜井市の大神神社では台風10号の接近に備え、神職や巫女(みこ)らが拝殿(重文)や祈祷(きとう)殿、勅使殿につるされた燈籠をひもで固定するなどの対応に追われた。「奈良大文字送り火」は初の中止

続きを読む

気多大社で拝殿に映像投射

石川県 拝殿に映像投射、揺れるろうそく 羽咋・気多大社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  羽咋市の気多大社で13日、拝殿を映像で彩るプロジェクションマッピングが行われ、多くの参拝者が300本のろうそくの灯(ひ)が揺らめく境内で、幻想的な光の競演に見入った。  13、14日の「心むすび大祭」に合わせ、能登ふるさと博(北國新聞社後援)のイベント「灯りでつなぐ能登半島」として行われた。国重要文化財の拝殿をスクリーンに見立て、神道をイメージした映像が音楽とともに映し出され、参拝客はスマホやカメラで写真に収めた。国重文の神門の前で巫女(みこ)が優雅な舞を披露した。8月末まで縁結び祭。思った以上に派手だった 「直方日若踊」家々回る 保存育成会メンバー初盆供養|【西日本新聞ニュース】  初盆を迎えた家々を回って故人を供養する県指定無形民俗文化財の「直方日若踊(ひわかおどり)」が13日、直方市内で始まり、伝統の郷土芸能を継承する市中心部の三つの団体の一つ、新町保存育成会(森定行会長)のメンバー24人が5軒を回った。  日若踊は江戸時代から伝わるとされ、直方藩士が上方(大阪)で習った踊りに手を加えた「思案橋踊」と、上方の歌舞伎役者が長唄の要素を取り入れて完成させた「本手踊」がある。6歳から83歳までの踊り手10人が歌や三味線、太鼓の音に合わせ、踊りを披露 東京・神楽坂で田子高生が流し踊り、町をPR|観光・イベント|青森ニュース|Web東奥  青森県田子町の首都圏PRイベ…

続きを読む

長崎・原爆殉難者慰霊祭

長崎)宗教超え、500人平和祈る 原爆殉難者慰霊祭:朝日新聞デジタル  宗教や宗派の違いを超えて平和を祈る原爆殉難者慰霊祭が8日夜、長崎市松山町の爆心地公園であった。キリスト教や仏教、神道などの聖職者や市民約500人が集い、平和を祈った。  県内の宗教関係者でつくる県宗教者懇話会が1973年の8月8日から毎年開催し、今年で47回目になる。式はセミの鳴き声に包まれた公園で午後7時に開幕。日が沈んでいく中、権禰宜(ごんねぎ)がおはらいをし、仏教徒が平和の誓いを述べた。写真「諏訪神社の巫女(みこ)は舞を披露した=2019年8月8日午後7時39分、長崎市松山町、横山輝撮影」 神戸新聞NEXT|西播|陰陽師2人の塚を結ぶ1キロ歩く 佐用で「七夕行列」  平安時代に占いの術で名をはせた陰陽師、安倍晴明と芦屋道満を祭った石塔がある兵庫県佐用町江川地域で3日、「七夕行列」が行われた。広島、岡山県、神戸市など県内外から集まった約20人が、陰陽師や巫女の姿で二つの塚を結ぶ約1キロを歩いた。  大木谷の谷を挟んで、「甲」集落には晴明、「乙」集落には道満の塚がある。この地で2人が戦い、道満が敗れたという言い伝えがあり、地元住民でつくる江川地域づくり協議会は「陰陽師の里」としてPRし、旧暦の七夕に合わせて行列を催している。猛暑を避けるため、一行は予定を約30分遅らせ、午後3時半すぎに晴明塚で神事を

続きを読む

美馬・三ツ木八幡神社で大嘗祭「麁服」の麻糸「初紡式」

大嘗祭調度品の糸初紡ぎ=4反分の麻織物に-徳島:時事ドットコム 大嘗祭献上織物の「初紡式」 徳島・三ツ木八幡神社 | 共同通信 徳島)麁服献上に向け麻糸の初紡式 美馬・木屋平:朝日新聞デジタル “麁服”織る麻糸の紡ぎ初め|NHK 徳島県のニュース  11月に行われる皇室の重要儀式「大嘗祭」に供えられる麻織物「麁服(あらたえ)」の糸を紡ぐ「初紡式」が7日、徳島県美馬市の「三ツ木八幡神社」で行われた。  式では、5人の巫女(みこ)が順番に、竹串のような物で糸の繊維を整える「しごき」、繊維を裂いて糸に紡いでいく「麻績(おうみ)」などの作業を披露した。10月ごろ、全部で4反分の麁服を宮内庁に調進(依頼を受け納めること)するが、そのためには5万2800メートル以上の麻糸が必要になるという。13歳から24歳の女性5人。名前が麻子さんという人も 鎌倉鶴岡八幡宮境内にぼんぼり400基 角野栄子さんや筒香選手の作品も - 鎌倉経済新聞  鎌倉の夏の夜を彩る「ぼんぼり祭」が8月7日、鶴岡八幡宮(鎌倉市雪ノ下2)境内で始まり、夕涼み客などでにぎわった。  1938(昭和13)年、鎌倉文士など文化人らの協力で始まった同祭りは今年で81回目。鎌倉ゆかりの著名人などに書画を依頼し、表具師がぼんぼりに仕立てたものを境内に飾る。  夕暮れとともに巫女(みこ)らがろうそくを手にぼんぼり一つ一つに火をともして歩く。夜は幻想的な雰囲気に包まれ、鎌倉を代表する夏の風物詩にもなっている。写真「境内に…

続きを読む

上田「真田まつり」

◆NHK大河ドラマ「真田丸」出演、女優の長野里美さんが「雁金をどり」を踊る!「真田まつり」2019が開催!迫力の「信州真田鉄砲隊」も!「真田三代子供御輿」が賑やかに登場! 長野県 上田市 | 東信ジャーナル[Blog版]  「真田まつり」が3日、真田運動公園グラウンドで開いた。  ミニコンサート、信州真田六文銭太鼓演奏、タッチラグビーに続き、各自治会などから5基の「真田三代子供御輿」が賑やかに登場。 (中略)  山家雅楽会の生演奏で「ひもろぎ会」の小学生が浦安の舞と豊栄の舞を奉納。賑わってますね 神戸新聞NEXT|但馬|みこしや稚児行列練り歩き 豊岡「柳まつり」開幕  但馬三大祭りの一つとされる「柳まつり」が1日、兵庫県豊岡市の中心市街地で開幕した。子どもから大人まで約3200人がみこしの巡行や稚児行列などで街を練り歩き、JR豊岡駅前の大開通りには流し踊りが続いた。2日夜には円山川河川敷で花火大会が開かれる。(末吉佳希) (中略)  日暮れ頃、同神社での神事の後、稚児行列などが駅前に向けて出発。市役所前の大開通りでは地元の小学生ら約930人が法被姿にはちまきを締め、豊岡おどりを披露した。大人たちも「アーラ、ヤッチャ、ヤッチャ」など声を合わせながら踊り歩いた。稚児行列に初めて参加した女児(6)は「かわいい服を着て、みんなと一緒に歩けてうれしかった」と笑顔で 巫女らに神楽舞の講習会 大神神社 | 産経新聞 奈良県専売会  桜井市の大神神社で1…

続きを読む

草津温泉感謝祭

女神降臨 名湯に感謝 草津温泉|社会・話題|上毛新聞ニュース  草津の夏の風物詩、草津温泉感謝祭が1日夜、湯畑周辺を主会場に始まった。町民から選ばれた温泉女神が感謝の祈りをささげると、観光客でにぎわう温泉街は厳かな雰囲気に包まれた。2日まで。  第74代温泉女神の中沢ちひろさん(25)がみこを従えて登場する「女神降臨」で開幕。草津を代表する4源泉の湯を組み合わせる「源泉お汲くみ合わせの儀」や、女神が湯を分け与える「分湯の儀」=写真=などが行われた。一応巫女さんということで… たまゆらフェスタ:来て メーカー50社展示会 来月・大阪 /大阪 - 毎日新聞  来月12日に大阪市北区のグランキューブ大阪(大阪国際会議場)で開催される「たまゆらフェスタ2019~つなぐ、つながる、ヒト、モノ、未来」(毎日新聞社など後援)をPRするキャラバン隊が2日、日本国際博覧会協会(大阪市住之江区)や毎日新聞大阪本社(同市北区)を訪れた。「枚方えびす祭」の福娘3人 hibakama / 緋袴白書RT @expo2025_japan: 今日は、協会が後援する事業の関係で事務局に枚方えびす福娘さん達がやってきました!これで2025年の万博も千客万来?!フォロワーのみなさんにも、福のお裾分けがありますように✨#expo2025 https://t.co/EItg4w17… at 08/03 22:55

続きを読む

長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭

長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭 神職ら70人参列 | 長崎新聞  長崎県内の神職らによる「長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭」が25日、長崎市松山町の平和公園であり、関係者ら約70人が参列した。  鎮西大社諏訪神社(同市上西山町)が主催。原爆で各神社の多くの氏子が犠牲になったことから、神道形式でみ霊を慰めようと2012年から毎年開いている。今年で7回目。諏訪神社の巫女2人が平和な世の中を願う「浦安の舞」を奉奏 古式ゆかしく 茅の輪くぐり 猛暑彩る「住吉祭」 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で31日、大阪の夏祭りシーズンの最後を飾る「住吉祭」の夏越祓(なごしのはらえ)神事が執り行われた。せみ時雨に境内で、古式ゆかしい時代装束姿の奉仕者らに続いて一般の参拝者が、列をなして大きな茅(ち)の輪をくぐった。  神事は1972年に「住吉大社の夏越祭」として大阪府民俗文化財に指定されている。  同市内の最高気温は35・4度まで上がり、今年の最高を更新する猛暑日。厳しい暑さの中、境内・五月殿では大祓式があり、式を終えた夏越女や稚児らが、神職に続いて第一本宮までの3カ所に設けられた茅の輪をくぐり、さらに身を清めた。同本宮前の祭典では、伝統の神楽や住吉踊などが奉納

続きを読む