伊勢・猿田彦神社で「七五三お守り笹」作り

「お守り笹」準備進む 伊勢の猿田彦神社 七五三前に5000本 三重 - 伊勢新聞 「七五三お守り笹」作り:あめや短冊付け5000本 伊勢・猿田彦神社でピーク /三重 - 毎日新聞 【伊勢】七五三を前に、三重県伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で、参拝に訪れた子どもたちに授与する「お守り笹」の準備が進んでいる。 和紙でできた長さ30センチほどのササに、神社のお守りと千歳飴、張り子の犬の飾りが付いた縁起物。ササは「真っすぐ育つ」、犬は「元気で活発」などと子どもの健やかな成長への願いが込められている。 先月から、みこたちがササに飾りを取り付ける作業を進めていて、今月下旬までに5千本を仕上げる。参拝のピークは、11月15日前後の週末になりそう 茨城)水戸八幡宮で七五三参りの準備進む:朝日新聞デジタル  子どもの成長を祝う七五三参りを来月に控え、水戸市の水戸八幡宮では縁起物の準備が進んでいる。  境内の神楽殿では16日、巫女(みこ)たちが千歳あめの袋詰め作業や、八幡宮に昔から伝わり、子どもが竹のように素直で元気に成長するようにとの願いが込められた「子育て笹」作りに追われていた。来月末まで、七五三のお参りで訪れた子どもたちに手渡される予定。巫女さん(22)「子供たちがすくすく成長しますように願っている」 地元女児が浦安の舞 22日、日枝神社例大祭で奉納―伊豆の国 - 伊豆新聞  伊豆の国市長岡の日枝神社で22日、例大祭が行われる。神事で浦安の舞を奉納する地元の小学生5…

続きを読む

西宮神社で千歳飴の袋詰め

神戸新聞NEXT|阪神|七五三詣の季節到来 千歳あめ準備最盛期 西宮神社 兵庫)千歳飴の準備進む 西宮神社:朝日新聞デジタル 七五三用「千歳あめ」の袋詰め 西宮神社|MBS 関西のニュース  子どもの健やかな成長を願う七五三詣の季節を迎えた。西宮神社(兵庫県西宮市社家町)では、祈祷を受けた子どもたちに手渡す千歳あめを袋詰めする作業が最盛期を迎えている。 (中略)  千歳あめは子どもの健康や長寿を願う縁起物。巫女たちは、神事の合間に紅白のあめのほか、お守りや「えべっさん」をデザインしたメダル、塗り絵、クレヨンなどを袋に手際よく詰めていた。巫女の女性(21)「子どもたちが元気に育つよう祈りを込め、丁寧に気遣いながら作業しています」 五穀豊穣願い舞楽奉納…奈良・石上神宮で「ふるまつり」 - 産経WEST  「ふるまつり」の名で親しまれている石上(いそのかみ)神宮(奈良県天理市)の例祭が行われ、約300人の参拝客らが見守る中、五穀豊穣(ごこくほうじょう)と地域の平安を願った。  例祭は平安時代後期、白河天皇の勅使(天皇の使者)が石上神宮に走馬(そうめ)を奉納した故事に由来し、同神宮最大の祭礼に位置づけられている。馬にまたがった稚児や武者などが町を練り歩く渡御祭は、雨天中止となった。舞楽も奉納されました 火焚き乙女、大役終える 阿蘇市・霜神社-熊本のニュース│ くまにちコム  阿蘇市役犬原の霜神社で16日、農作物を早霜の害から守る火焚き神事の火を消す「乙女揚げ」が…

続きを読む

熊野那智大社 創建千七百年式年大祭

世界遺産・熊野那智大社、社殿創建1700年祝う 和歌山 - 産経ニュース 創建1700年祝う 熊野那智大社で式年大祭/AGARA 紀伊民報 創建1700年 熊野那智大社で記念式典(関西テレビ)  世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)で14日、創建1700年式年大祭が営まれた。約340人が参列し、記念の年を祝った。  午前10時から式年大祭が始まった。天皇陛下からの御幣帛(へいはく)が供えられ、男成宮司の祝詞に続き、献幣使として神社本庁の田中恆清総長が祭詞を奏上。みこ2人が浦安の舞を奉納したほか、国歌斉唱や玉串の奉てんなどがあった。午後から、雨のために内容や場所を変更して記念の催し「熊野の祈り」も 天皇皇后両陛下の長女・黒田清子さん、伊勢神宮祭主として「神嘗祭」を初奉仕 - 伊勢志摩経済新聞  五穀豊穣(ほうじょう)、国家繁栄、世界平和を願う「神嘗祭(かんなめさい)」が10月15日から25日まで、伊勢神宮の正宮、別宮、摂社、末社125社で執り行われる。10月15日外宮(げくう)で新祭主の黒田清子(さやこ)さんが初の祭典の奉仕を行った。黒田さんは17日まで奉仕 うっとり幻想的 首里城公園で「中秋の宴」開幕 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 中秋の宴、華やかな舞い 首里城公園きょうまで | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス  首里城公園「中秋の宴」が30日、首…

続きを読む

祐徳稲荷神社御鎮座三三〇年式年大祭

厳かに奉祝祭祐徳稲荷神社鎮座330年  15日まで狐の嫁入り再現も|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 祐徳稲荷神社の建立330年祝う 15日まで関連イベント [佐賀県] - 西日本新聞  鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で13日、御鎮座330年の式年大祭があり、600人が参列してにぎわった。15日まで関連イベントが開かれる。  同神社は肥前鹿島藩主、鍋島直朝の夫人萬子媛(まんこひめ)が1687年、現在の地に社殿を建立したのが起源とされ、式年大祭を10年ごとに開催している。この日は本殿に伏見稲荷大社(京都)の宮司ら、全国の稲荷神社関係者や氏子を迎え、鍋島朝倫宮司が330年を迎えたことを喜び、今後の発展を祈る祝詞(のりと)を上げた。その後、巫女(みこ)が雅楽の調べに合わせ、神楽「八乙女の舞」を優雅に踊った。14日、15日も巫女舞が 伏見最大の祭り「御香宮神社・神幸祭」 巨大獅子やみこしに盛り上がる - 伏見経済新聞  京都・伏見の御香宮神社(伏見区御香宮門前町)の神幸祭の本宮が10月8日、行われた。  神幸祭は「伏見祭」「花傘祭(はながさまつり)」ともいわれる地域最大の祭りで、この日は「獅々若(ししわか)」「猿田講社」「武者行列」「稚児行列」「みこし巡幸」などの行事が行われた。写真は稚児行列 子どもら優雅に手踊り/名川秋まつり/Web東奥・ニュース  青森県南部町の名川秋まつりが8日、同町剣吉地区で開幕した。初日の「お通り」では、5台の山車が練り歩いた…

続きを読む

川崎・武州柿生琴平神社で浦安の舞奉納

実りへの感謝込め | 麻生区 | タウンニュース  収穫の秋、武州柿生琴平神社(志村幸男宮司)で9日、秋祭りが行われた。  例大祭、こども神輿巡行の後、本殿で行われた秋祭りは例年、実りや五穀豊穣への感謝を込め、行われている。会場には多くの人が訪れ、和太鼓の演奏で幕開け。地域の子どもたちによる奉納神前神楽「浦安の舞」も披露された。この神楽舞は、同神社本殿の竣工を記念して2011年に始まり、その後も同神社の秋祭りで継続して行われている。人数多い。見に行きたかった… 生田神社で千歳飴の袋詰めピーク : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  七五三(11月15日)を前に、神戸市中央区の生田神社で千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業がピークを迎えている。  近年は混雑を避けるため10月中にお参りをする家族も多く、境内の一室では、はかま姿の巫女(みこ)らが長さ約15センチの紅白の飴を紙袋に手際よく詰め込んでいた。11月末までのシーズン中、合計約2000袋を用意する。外国籍の家族50組を招いて七五三の体験会を行う予定 清少納言の衣装を新調 京都、時代祭を前に公開 - 読んで見フォト - 産経フォト 清少納言の衣装、紅色引き立つ 京都・時代祭 : 京都新聞 hibakama / 緋袴白書RT @kyoto_np: 【京都新聞ニュース動画】京都三大祭りの一つ時代祭(10月22日)を前に、清少納言の唐衣など新調された衣装の発表が12日、左京区の平安神宮で行わ…

続きを読む

長野県南箕輪村・白山社八幡社合殿で神楽の舞奉納

神子柴の白山社八幡社合殿秋の例大祭 神楽の舞奉納(伊那谷ねっと)  南箕輪村神子柴の白山社八幡社合殿秋の例大祭が、8日に行われ、小学生が神楽の舞を奉納しました。  奉納したのは、南箕輪小学校の6年生6人と南部小学校の6年生2人の合わせて8人です。  神楽は、神事で神様に奉納するための舞で、神子柴では平成4年に復活し、以来毎年6年生が奉納しています。両手に扇というと何だろう…浪速神楽? 成長願い千歳あめ袋詰め 静岡浅間神社|静岡新聞アットエス  七五三参りのシーズンを前に静岡市葵区の静岡浅間神社で11日、「千歳あめ」の袋詰めが行われた。子どもの成長を願い、今年は約6000袋を用意する。  同神社の巫女(みこ)と敬神婦人会の約25人が心を込めて、紅白のあめと金太郎あめ、お守りを袋に詰めた。用意した袋やあめ、お守りは全て同神社の神主らがおはらいをし、祈願に訪れる参拝客に配るという。巫女さん(25)「健やかな成長の願いを込めた。末永く神社を利用してもらえたら」 ツバキの小枝手に優雅に舞う 鈴鹿・椿大神社秋季例大祭 三重 - 伊勢新聞 【鈴鹿】鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)は11日、同神社で秋季例大祭の本宮例大祭を開き、楽師による舞楽やみこの祭祀舞奉奏などで、豊作に感謝し世界平和を祈念した。 神宮楽師らは、武勇と才知にたけた中国・北斉の王を題材にした舞楽「蘭陵王」を奉納。ツバキを描いた華やかな舞装束のみこ4人は、紅白の花を付けたツバキの小枝を手に祭祀舞「椿宮…

続きを読む

春日大社「旬祭」

900年欠かさず行われてきた春日大社「旬祭」神道の基本を凝縮した祭典を体験 | THE PAGE(ザ・ページ)  その後、2名の御巫によって社伝神楽が中門下で奉納されます。春日大社では巫女さんは御巫(みかんこ)と称され、紅白の襟を8枚交互に重ねた重厚な衣をまとい、額には春日大社のシンボルともいえる藤の花をあしらった簪を飾っています。扇を使った舞と、鈴を使った舞の2曲が神様に奉納されます。毎月21日のお祭りには一般参拝者も参列可(申し込み不要、先着100名) 柘植の斎王群行:華やか平安絵巻 伊賀 /三重 - 毎日新聞 平安絵巻あでやか再現 伊賀・柘植の斎王群行:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  平安時代初期に天皇の名代として京都から伊賀を経て伊勢神宮に赴いた未婚の皇女「斎王」の行列を再現する「柘植の斎王群行」が9日、伊賀市柘植地区であった。華やかな装束を身につけた約90人が斎王や従者に扮(ふん)し、優雅な平安絵巻を繰り広げた。禊の儀を披露する斎王と子供斎王さん 新嘗祭向け抜穂式 刈女ら献穀米収穫 高知県本山町|高知新聞  11月23日に皇居で行われる「新嘗祭(にいなめさい)」に向け、コメの献穀者に選ばれた高知長岡郡本山町下津野の川村隆重さん(56)の田んぼで5日、抜穂(ぬきほ)式が行われた。刈女を務めた町地域おこし協力隊の女性(23)「きれいに育ってうれしい。早く食べてみたい」

続きを読む

筑後・光明寺で稚児行列

稚児行列:練り歩き 筑後・光明寺の本尊ご開帳 /福岡 - 毎日新聞  筑後市津島の古刹(こさつ)、光明寺で7日、本尊の千手観音立像の33年に1度のご開帳が始まった。これに合わせ、一般参加の稚児行列があり、稚児やみこに扮(ふん)した約20人の子供たちが境内や近くのJR筑後船小屋駅周辺などを練り歩いた。稚児行列は9日まで全日開催 華やか稚児行列 住職継職法要 | 中国新聞アルファ  山口県周防大島町小泊の浄土真宗本願寺派、正覚寺で8日、住職が交代する「住職継職法要」が25年ぶりにあった。稚児行列が地区を練り歩き、華やいだ雰囲気の中、門徒が新住職の船出を見守った。いい天気 「みこし渡御」行列優雅に/横浜町秋まつり/Web東奥・ニュース  青森県横浜町の秋まつりが14~18日、八幡神社を中心に開かれている。16日は例大祭のみこし渡御「行き」が行われ、みこしを中心に約200人が昔ながらの行列をつくり、町内を練り歩いた。先月の記事でした

続きを読む

宇都宮・蒲生神社で「観月会」

東京新聞:中秋の名月と舞を楽しむ 宇都宮の蒲生神社で「観月会」:栃木(TOKYO Web) 4日は中秋の名月 神社で観月会 宇都宮(とちぎテレビ)  この神社は江戸時代後期に皇室の陵墓保全などを訴えた儒学者蒲生君平(くんぺい)が祭られ八幡山の森の中にある。宮司の葭田孝(よしだたかし)さんは八坂神社(同市)の宮司を兼務しており、同神社氏子により受け継がれてきた雅楽や太々神楽(だいだいかぐら)(市無形文化財)による観月会が毎年催されている。  特設舞台には、日光市の草月流創作華道家川村晃仙(こうせん)さんによるタケやススキなどを生けた巨大な月見飾りが設けられ、雅楽が奏でられる中、地元の小学生の女児5人が厳かな巫女舞を披露した。会場では、月見団子やけんちん汁が振る舞われました 静岡)浅間神社で幽玄の舞:朝日新聞デジタル  中秋の名月の4日、月をめでながら幽玄の神楽舞を楽しむ「仲秋管絃祭」が静岡浅間神社(静岡市葵区)であった。伝統音楽と舞を神に奉納し、平和を祈願するのが祭の趣旨。笙(しょう)や龍笛(りゅうてき)などの管楽器を用いて演奏する「神楽」や「管絃」が披露され、来場者約500人を魅了した。巫女さんの舞もあったようです→静岡浅間神社 仲秋管絃祭[静岡市葵区]|アットエス 湊川神社で七五三を前に千歳飴4千セット袋詰め 兵庫 - 産経ニュース  七五三シーズンを前に、神戸市中央区の湊川神社で、参拝者に配る千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が行われた=写真。子供たちの健やかな…

続きを読む

熱海・来宮神社「仲秋管絃祭」

「中秋の名月」見上げ催し 熱海市内2神社 - 伊豆新聞 【社寺】来宮神社で「仲秋観月祭」 風流な舞、雅の音色で「十五夜」出現 | 熱海ネット新聞  西山町の来宮神社では「中秋観月祭」の演奏会が行われた。社殿前に約100人が集まり、優雅な舞や調べを楽しんだ。  開演前、同神社の雨宮盛克宮司は最初の演目「悠久の舞」について「私の大好きな巫女(みこ)舞の曲で、昔は男舞だったらしい。とてもリズムのいい曲」と紹介した。巫女4人が、同神社の神職が奏でる笛、琴、笙(しょう)などの音色に合わせて舞い、厳かな雰囲気を醸し出した。伊豆山神社十五夜祭では「実朝の舞」を奉納 【動画】中秋の名月、雅やかに采女祭 奈良・猿沢池周辺 - 産経WEST 名月の下采女鎮魂 郡山市親善使節団が奈良の祭り参加 | 県内ニュース | 福島民報  姉妹都市の奈良市を訪れている郡山市親善使節団は4日、奈良市の采女(うねめ)神社周辺で執り行われた奈良采女祭に参加した。華やかな天平衣装をまとった団員が花扇奉納行列、管絃船の儀などに臨んだ。  花扇奉納行列に加わった使節団は、品川萬里郡山市長と仲川げん奈良市長を先頭にJR奈良駅前を出発。采女神社までの約1キロの道のりを練り歩いた。采女神社では品川市長、佐藤政喜郡山市議会議長、滝田康雄郡山商工会議所会頭らが玉串をささげた。そんなつながりがあったとは 東京新聞:まんが絵行灯が彩る鎌倉の夜 荏柄天神社で8日「絵筆塚祭」:神奈川(TOKYO Web)  学問の神様の…

続きを読む

宗像大社高宮神奈備祭

宗像大社 高宮神奈備祭(RKB) 宗像大社の「秋季大祭」が、きのう最終日を迎え、巫女たちが舞いを奉納して神々への感謝を示す、高宮神奈備祭が行われました。 宗像大社で行われた「高宮神奈備祭」では、ご神木を前に、4人の巫女が「悠久の舞」を奉納しました。 秋季大祭を締めくくるこの神事は、宗像大社がまつる三柱の女神が降臨したとされる高宮祭場で、大祭を無事に終えることへの感謝を示すとともに、国の安泰を祈願します。3日の午後6時でした→宗像大社 公式ホームページ | まつり 秋のまつり 箸で集める秋の実、櫛田神社「ぎなん落とし」 : 文化 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) ぎなん落とし 博多に秋到来 櫛田神社 - 西日本新聞  福岡市博多区上川端町の櫛田神社で4日行われた「ぎなん落とし」。古式ゆかしい装束の神職7人が長さ5メートルの竹ざおで「夫婦ぎなん」の枝を揺すると、淡い黄に色づいたギンナンの実がバラバラと地面に落ち、境内は秋の香りに包まれた。  夫婦ぎなんは高さ22メートル、幹回り6メートル。雌雄の木が寄り添うように生えた樹齢300年を超すご神木で、夫婦円満や子宝などの御利益があるという。落ちた実は3人のみこが箸で拾い集めて収穫し、神前へ供えた。皮をむいて乾燥させ、来年3月の「ぎなん祭」で氏子らに配られる。紹介済み 千歳飴袋詰め本格化 浜松・中区の五社神社|静岡新聞アットエス  11月15日の「七五三」を前に、浜松市中区の五社神社で千歳飴(ちと…

続きを読む

博多・櫛田神社「ぎなん落とし」

小さい秋、見つけた 博多・櫛田神社で「ぎなん落とし」:朝日新聞デジタル 櫛田神社:黄金色の秋、収穫 福岡・ぎなん落とし - 毎日新聞 境内に秋告げる香り 櫛田神社で「ぎなん落とし」 - 西日本新聞 秋を拾い集め 福岡市の櫛田神社で“ぎなん落とし”|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 櫛田神社「ぎなん落とし」(RKB)  博多の秋の風物詩「ぎなん落とし」が4日、櫛田神社(福岡市博多区)であった。境内にある樹齢300年以上のイチョウ「夫婦(めおと)ぎなん」の枝を神職7人が竹ざおではたいて実を落とし、3人の巫女(みこ)がはしで拾い集め、神前に供えた。今年は量が少なく、実も小ぶり わかやま新報 » Blog Archive » 無病息災願って一杯 淡島神社で秋の甘酒祭  農業、医薬、酒造りの神である少彦名命(すくなひこなのみこと)を祭る淡嶋神社(和歌山市加太、前田光穂宮司)で3日、秋の大祭「甘酒祭」が行われた。  冬を健康に過ごせるように、無病息災の願いを込めて新米のこうじで作った甘酒が振る舞われた。  神事ではクリやリンゴなど秋の作物が供えられ、禰宜(ねぎ)の前田智子さんが無病息災を祈って祝詞を奏上。みこが境内で炊いている甘酒に祈祷を済ませたこうじを加えた。大鍋で炊かれた甘酒は約60㍑ 平安願い実りに感謝 - 橿原神宮秋季大祭 | 社会 | 奈良新聞WEB  橿原市久米町の橿原神宮(久保田昌孝宮司)で3日、秋季大祭が行われ、約900人が参列した。秋…

続きを読む