高岡・射水神社で御譲位御安泰祈願祭

射水神社で御譲位御安泰祈願祭(北日本新聞)  高岡市古城の射水神社(松本正昭宮司)の「御譲位御安泰祈願祭」が19日、同神社で行われた。天皇の代替わりに関連した儀式がつつがなく執り行われ、国家の安泰が続くことを願った。  祈願祭は神社本庁(東京)の通達により全国の神社で行われ、同神社での天皇の退位に伴う実施は初めてとされる。崇敬奉賛会(穴田甚朗会長)の会員や市民ら約15人が参列した。巫女さんが梅と菊の花を手に神楽「豊栄舞」を奉納 倒木の桜 茶道具で花開く 射水神社 大雪復旧寄付の返礼品に:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)は、昨年一月の大雪で倒木した境内の桜の木を生かし、高岡古城公園大雪被害の復旧再活性化募金で多額の寄付をした人に返礼する茶道具「香合」を作る計画を進めている。試作品が十八日完成した。  参拝者から「倒れた木を活用して、公園整備に充てたらどうか」という声があり、茶会で焚(た)く香を入れておくふた付きの香合の素材にすることを立案した。最近、射水神社の話題が多いような 衣装まとい稚児行列 祥泉院のはなまつりで | 青葉区 | タウンニュース  お釈迦様の誕生日を祝う「はなまつり」が4月7日、みたけ台の祥泉院(竹田法俊住職)で催され、稚児行列が行われた=写真左。  華やかな衣装を身に着けた約30人の子どもたちが、境内にあるりんどう保育園から本堂までをゆっくりと歩いた。同寺で稚児行列が行われたのは2005年以来

続きを読む

菰野・廣幡神社で女児が舞を披露

菰野町 女児ら舞を披露 廣幡神社で春まつり 三重 - 伊勢新聞 【三重郡】三重県菰野町菰野の廣幡神社(横山重明宮司)の春まつりが14日、同神社で開かれた。本殿で神事が厳かに執り行われ、午後から境内であった催しでは、小学生の女児が舞を披露した。 同神社楽人(がくにん)が演奏する雅楽の音色に合わせて4人が「胡蝶」を、別の2人が「納曽利(なそり)」を舞った。このほかにも菰野高校書道部員による書道パフォーマンスやバンド演奏もあり、地元のスポーツクラブに通う子どもたちは、元気いっぱいにエアロ体操を披露した。小学生が納曽利を舞うのは珍しいのでは みこらが新芽摘む 熊野本宮大社で新茶祭:紀伊民報AGARA 新茶を神殿に…お茶作りの発展祈る「新茶祭」 和歌山県・熊野本宮大社 - FNN.jpプライムオンライン  和歌山県田辺市本宮町特産の「音無(おとなし)茶」の茶摘みシーズンを前に、地元の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で16日、音無茶の品質向上や産業の発展を願う「新茶祭」が営まれた。みこらが柔らかい新芽を摘み取り、神前に供えた。  音無茶は平安時代、京都から殿上人が持ってきた茶の実を植えたのが始まりとされる。  この日は大社の茶畑(広さ約10アール)で、赤いたすき姿のみこや大社敬神婦人会役員ら6人が新芽を摘み取った後、本殿前に移動し、関係者で神事をした。巫女さんが舞を奉納 花に感謝、稚児ら愛らしく行列 京都の中心部練り歩く : 京都新聞  大作のいけばなを搭載した花…

続きを読む

和歌山県九度山町・丹生官省符神社「花盛祭」

花盛祭:春到来、優雅な所作で舞い祝う 九度山・丹生官省符神社 /和歌山 - 毎日新聞  弘法大師空海が創建したと伝わる世界遺産・丹生官省符(にうかんしょうぶ)神社(九度山町慈尊院)で14日、春の到来を祝う恒例の「花盛(はなもり)祭」があった。  本殿前での「本社祭」に続き、戦没者を祭る境内の社前で「招魂社祭」が行われ、宮崎志郎宮司と参加者らが一般の神事で用いるサカキに代え、花を付けた会員限定有料記事 平和祈って優雅に踊る 足羽山招魂社 「浦安の舞」奉納:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市出身の戦没者を追悼する春季例大祭が十四日、福井市山奥町の足羽山招魂社であった。「お天王さん神楽子供教室」(同市)の児童四人が舞を奉納した。  例大祭は、市の自治会連合会長らでつくる「足羽山招魂社奉賛会」が開いている。二十年ほど前から子どもたちが神楽を舞っている。小学五・六年生の四人 春の舞、華やか奉納 猿面の児童大役 島田東光寺・日吉神社|静岡新聞アットエス  県無形民俗文化財の「東光寺猿舞」が13日、島田市東光寺の日吉神社で奉納された。六合小5年の亀山ほのかさん(10)と同小2年の桜井隼人君(8)が猿の面をかぶって神秘的な舞を披露した。  天候に恵まれ、3年ぶりに境内の舞台で行われた。猿舞は「双々(もろもろ)の舞」「扇の舞」「本舞」の3部構成。2人は神楽鈴や幣束を手に、向かい合ったり、しゃがんだりして独特な舞を繰り広げた。大勢…

続きを読む

高岡関野神社で子供巫女が「令和」を祝う舞

「令和」祝い舞を披露 高岡関野神社の子どもみこ(北日本新聞)  新元号が万葉集を典拠とする「令和」に決まったことを祝い、高岡市の高岡関野神社で「子どもみこ」を務める児童10人が14日、市万葉歴史館(同市伏木一宮)で舞を披露した。  令和の引用元となった万葉集巻5の序文をイメージした奉祝舞「つきはうるわしく かぜ、やわらぎて」をお披露目した。赤色のはかまに白い衣を羽織った子どもたちは、歌にちなんで白梅とラン、松をかたどった道具を持ち、優美な舞を演じた。  同じく万葉集巻5を基にした創作神楽「梅の花」と、昭和天皇の歌に由来する祭祀(さいし)舞「浦安の舞」も披露した。小学校6年生「令和が良い時代になってほしいという気持ちを込めた」 五行の舞 優雅に奉納 小山・血方神社で春例祭|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【小山】田間の血方(ちかた)神社で13日、春例祭が始まり、地元の女子児童らによる「五行の舞」など市無形民俗文化財の太々神楽が奉納された。14日まで。  五行の舞は、12座ある太々神楽の一つで五穀豊穣(ほうじょう)などを願う。稚児舞ともいわれ、女児10人が2組に分かれて演じる。  通常は小学2、3年生が対象だが、今年は人数をそろえるため4、5年生も参加した。日曜日に見に行きました hibakama / 緋袴白書小山・田間血方神社太々神楽、本日撮影。五行の舞/てんぐの舞/ひるこの舞/うずめの舞三年ぶりの訪問。…

続きを読む

山鹿温泉祭で巫女の舞奉納

山鹿温泉祭|熊本のニュース|RKK熊本放送 湯の恵みに感謝する山鹿温泉祭が13日開かれています。 山鹿の春の伝統行事となっている「山鹿温泉祭」ではさくら湯の広場で古式ゆかしい巫女の舞が披露されました。 この祭りは一度、途絶えたかけた湯が再び湧き出し温泉が復活したことに由来したものです。 巫女姿の女性たちが見物客たちに温泉に浸した笹の葉の雫を振りかけ無病息災を祈願しました。湯寿(ゆことぶき)の舞 豊栄舞 奉祝の思い込め 射水神社 新人巫女が練習:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市)は新天皇即位の五月一日に斎行する「践祚(せんそ)(天皇の位の継承)改元奉告祭」で、新人巫女(みこ)二人が神前に「豊栄舞(とよさかまい)」を奉納する。二人は本番に向け、舞の稽古を始めている。  豊栄舞は神社本庁が制定した祭祀(さいし)舞。紅白の帛(はく)(絹)を付けたサカキの枝を持って舞うのが一般的だが、同神社では、舞の名前に天皇陛下の御印(おしるし)「栄」の一文字があることから皇室にゆかりが深い菊花と、新元号「令和(れいわ)」の典拠とされる万葉集梅花の歌三十二首の序にちなんで、梅花の二種類の造花を手に持って舞う。新人巫女さん(20)「お祝いの気持ちを込め、二人で息を合わせて奉納できるように頑張ります」「先輩のようにきれいに舞いたい」 帰還願いどぶろく奉納 8年半ぶり神社で大祭 福島・浪江 | 河北新報オンラインニュース  福島県浪江町苅宿の標葉(…

続きを読む

塩山・恵林寺で信玄公の命日に巫女の舞奉納

中学生「みこの舞」 武田信玄の命日、菩提寺で - 毎日新聞 「信玄公の命日」24将騎馬行列が繰り出す|NNNニュース  武田信玄の命日とされる12日、信玄の菩提(ぼだい)寺である山梨県甲州市塩山小屋敷の恵林寺で「信玄公忌」があった。近くの松里中の生徒11人がみこ姿で参拝した後、舞を披露した。  恵林寺は1330年に建てられ、1564年に信玄が菩提寺と定めた。「信玄公忌」は毎年開かれている祭典で、生徒たちの「みこの舞」は、甲州市が誕生してから10年以上行われている恒例行事。中学2年生(13)は「少しだけ緊張したけれど、踊りがみんなとそろっていて良かった」とほっとした様子 花まつり恒例稚児行列 4月8日はお釈迦様の誕生日 - FNN.jpプライムオンライン 4月8日は、お釈迦(しゃか)様の誕生日とされていて、青葉区の龍宝寺では毎年、花まつりで祝っている。 2019年は、3歳から7歳の子どもたち22人が、恒例の稚児行列に参加し、きらびやかな衣装をまとって境内を練り歩いた。 参加した子どもは、「緊張したけど楽しかったです」、「(何かお願いごとしたの?)みんなが丈夫になれるようにって」などと話した。母親は、「健やかに丈夫に育ってほしいなと思います」と お釈迦さまの生誕を祝う=リベルダーデで今年も花祭り – ブラジル知るならニッケイ新聞WEB  お釈迦さまの生誕を祝う「第53回花祭り」が1日からリベルダーデ日本広場で行なわれ、最終日の6日、しめやかに法要が営ま…

続きを読む

白山比咩神社で両陛下御結婚六十年の奉祝祭

両陛下結婚60年を祝福 白山 - 石川県のニュース | 北國新聞社  天皇、皇后両陛下が結婚60年を迎えられた10日、白山市の白山比咩神社で奉祝祭が営まれ、氏子総代らが両陛下の節目の日を祝った。  村山和臣宮司が祝詞を奏上し、舞女(まいひめ)2人が神楽「浦安の舞」を奉納した。参列者は君が代を奉唱 花まつり 稚児60人が行列 慶珊寺から長昌寺まで | 金沢区・磯子区 | タウンニュース  釈迦の誕生を祝う「花まつり大会」が4月6日に富岡で開かれた。これは金沢区佛教会と同区釈尊奉讃会の主催で毎年開催されており、今回で73回目。釈迦仏に祝いの甘茶をかけ、子どもの心身の健やかな成長を願う。60人の「お稚児さん」が参加 おそろいの衣装でお稚児さんが練り歩き 健やかな成長祈る稚児健康祈願祭 静岡・三嶋大社 | ニュース | テレビ静岡 三島の春の風物詩・三嶋大社の稚児行列。 3日は天候にも恵まれ、3歳から7歳の男女お稚児さんたちがおそろいの衣装に身を包んで境内を練り歩きました。 また、本殿では健やかな成長を祈ったあと舞を奉納しました。5日にも行われました

続きを読む

福島県玉川村・南須釜の念仏踊り

色鮮やかに先祖供養 玉川・南須釜の念仏踊り | 福島民報 花がさ少女らが伝統の舞「南須釜の念仏踊り」 玉川村・東福寺:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  玉川村の伝統行事「南須釜の念仏踊り」は3日、同村南須釜の東福寺で行われ、色鮮やかな着物姿の少女たちが優雅な舞を奉納した。  江戸時代から受け継がれている民俗芸能で、県重要無形文化財。毎年4月3日と8月14日に披露されている。花がさをかぶった少女12人が扇子や綾竹を手に12曲の踊りを繰り広げた。毎年四月三日と八月十四日に東福寺で披露 稚児行列愛らしく 大田原、威徳院で新本堂落慶法要|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【大田原】湯津上の威徳院極楽寺(青龍寺弘範(しょうりゅうじこうはん)住職)でこのほど、約150年ぶりとなる新本堂の建立を記念した落慶法要が営まれ、古式ゆかしい装束に身を包んだ子どもたちの稚児行列が華やかに行われた。  行列には、0歳から小学6年生までの稚児約40人を含む総勢約160人が参加。同寺院に続く道路約150メートルをゆっくりと練り歩いた。小学6年生(11)「初めての経験だけど、楽しかった」 新1年生の成長願い稚児行列 南足柄|tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA ことし小学校へ入学した新1年生の健やかな成長を願う恒例行事「稚児行列」が、南足柄市の大乗山最乗寺で行われました。 稚児行…

続きを読む

大神神社で「うま酒みわの舞」奉納

春告げる優美な舞 - 大神神社で「うま酒みわの舞」|奈良新聞デジタル  春の大神祭(おおみわさい)が営まれている桜井市三輪の大神神社の拝殿で9日、巫女(みこ)による神楽「うま酒みわの舞」が奉納された。  氏子や崇敬者ら約1200人が参列した。  同祭はかつて「卯日(うのひ)神事」と呼ばれ、4月上卯の日に行われていたが、新暦になり明治6年4月9日が上卯の日だったため以降、例祭日に定められた。同日午後からは時代装束を身にまとった氏子ら約250人が、馬に乗った神職、神輿とともに、桜が咲き誇る三輪の里を巡りました 桜と競演、舞や和楽器など伝統芸能披露 京都・八坂神社 | 京都新聞  日本古来の芸能の魅力を伝える「春の伝統芸能大会」が7日、京都市東山区の八坂神社であった。桜の開花がピークを迎えた境内で、今様や詩吟、琵琶などの優雅な響きを観光客らが堪能した。  京都の日本舞踊や箏曲などの演じ手たちでつくる「日本伝統芸能団」の主催。伝統芸能を次代に継承するため約70年前から年3回、同神社で開いている。今様の演目「平安の都」「桜まつり」で幕を開け、約4時間にわたって舞や和楽器演奏が披露 花まつりで稚児行列 園児80人と龍谷高吹奏楽部|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 稚児行列で園児らお釈迦様誕生祝う|佐賀のニュース・天気|サガテレビ 4月8日は、お釈迦様の誕生日とされています。佐賀市では、誕生を祝う稚児行列があり、稚児装束に身を包んだ園児たちが市内の…

続きを読む

海南・橘本神社「菓子祭・全国銘菓奉献祭」

和歌山)菓子業界の発展願う 橘本神社で銘菓奉献祭:朝日新聞デジタル  ミカンやお菓子の神様「田道間守(たぢまもり)」をまつる橘本(きつもと)神社(海南市下津町橘本)で6日、「菓子祭・全国銘菓奉献祭」があった。商売繁盛を願って、全国のさまざまなお菓子が奉納された。  この祭りは1965年に始まった。今回で55回目。これまでで最多の187社が参加した。それぞれ自慢のビスケットやチョコレート、まんじゅうなどのお菓子を奉納。前山和範宮司(55)が祝詞(のりと)を読み上げ、お菓子業界の発展と商売繁盛を願った。写真「お菓子が並べられた拝殿の前で「浦安の舞」を奉納する巫女」 神戸新聞NEXT|西播|謡曲の原型「棹の歌」奉納 たつの・賀茂神社  兵庫県たつの市御津町室津の賀茂神社で7日、春の例祭「小五月祭」が行われ、県指定重要無形民俗文化財「棹の歌」の奉納があった。かみしも姿の女子高校生が奏でるおはやしに乗せ、平安の昔をしのばせる清らかな歌声が満開のサクラに彩られた境内に響いた。  平安後期の文献に登場する棹の歌は、謡曲の原型ともいわれ、現在まで歌い継がれているのは同神社だけとされる。かつて室津の遊女「室君」が男装して神前で奏したことに由来すると伝わる。いい天気 お釈迦さま生誕祝う 兵庫・無量寿寺 - 産経ニュース  仏教を開いた釈迦の誕生日とされる8日、兵庫県加東市の念佛宗無量寿寺(むりょうじゅじ)総本山「佛教之王堂(ぶっきょうのおうどう)」で、釈迦の生誕を祝う「仏教の…

続きを読む

浪江・標葉神社で児童が浦安の舞奉納

震災後初の復興祭 地元児童が浦安の舞披露 浪江の標葉神社 | 福島民報 福島)大祭の神楽、8年半ぶり 浪江・標葉神社:朝日新聞デジタル  浪江町苅宿の標葉(しねは)神社の復興祭は七日、同神社で東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後初めて催された。参加者が復興加速と帰還促進を願った。  神事が行われ、地元なみえ創成小の紺野琉美子さん(六年)、緑美沙さん(五年)、紺野恵理子さん(三年)が浦安の舞を披露した。三人は最近練習を始めたばかりという。長岡新一総代会長(81)らが温かなまなざしで見守っていた。境内に建てた「郷土復興祈願の碑」除幕式と合わせて企画 岩峅雄山神社の春季例大祭 立山|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  立山町岩峅寺の岩峅雄山神社の春季例大祭が8日、同神社で行われ、氏子が五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願した。  米や魚、野菜などが供えられた後、前田逸男権宮司が祝詞を奏上した。  立山小学校の藤永優愛さん(6年)、佐伯綾香さん(同)、佐伯椿季さん(同)、富田にじさん(4年)が「浦安の舞」を厳かに披露した。中学校3年生二人が優美な「立山の舞」を奉納 「みこ舞」厳かに 千里浜神社で春季大祭:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  羽咋市の千里浜神社で七日、春季大祭が営まれ、氏子ら四十人が参列した。昨年からみこを務めてきた羽咋中学校一年の四人が、最後のみこ舞「浦安の舞」を奉納した。  奉納したのは、端谷花さん、中山桃…

続きを読む

加西・住吉神社「北条節句祭り」

神戸新聞NEXT|北播|900年続く祭囃子、街に響く 北条節句祭り宵宮  播州を代表する春祭り「北条節句祭り」の宵宮が6日、兵庫県加西市北条町北条の住吉神社やその周辺であった。今年は、屋台に「宮前地区」の1台が加わり、豪華絢爛な14台が勇壮な練りを披露。着物姿の氏子らは屋台と共に街へ繰り出し、太鼓や笛の音が辺りに響いた。(森 信弘)  祭りは約900年の歴史があるとされ、五穀豊穣を祈願する春の例大祭として2日間開かれる。  午前10時。弊殿で厳かに祭典が始まり、北条小学校新6年生の女児7人が浦安の舞を奉納。金色の扇や鈴を手に華やかに舞った。盛況ですね 華やかに稚児行列 鎮花祭で3~7歳26人―三嶋大社 - 伊豆新聞  三島市大宮町の三嶋大社で5日、伝統行事「鎮花祭」にちなんだ稚児行列が行われた。子どもたちは華やかな衣装に身を包み、桜の枝を手に、満開の桜の中、父母らに手を引かれ参道を歩いた。  3~7歳の26人が参列。男児は緑色の狩衣にえぼし、女児は桜色の千早に金の冠姿で、みしまプラザホテル(本町)を出発。大社本殿までの約1キロを歩き、行列を披露した。行列の後は稚児健康祈願祭と、舞殿での稚児舞奉納に臨んだ。「歩くのは大変だけど、衣装がかわいいので、うれしい」 山口)令和の世 先帝祭の華 一堂に 太夫ら初顔合わせ:朝日新聞デジタル  5月の大型連休に催される山口県下関市の「しものせき海峡まつり」で、一番の見どころ「先帝祭」(5月3日)を1カ月後に控え、出…

続きを読む