彦根・荒神山神社水無月大祭

水無月大祭:「代々神楽」舞い祈る 彦根・荒神山神社 /滋賀 - 毎日新聞 彦根市清崎町の荒神山神社(奥山二三男宮司)で29日、梅雨時期の風物詩「水無月(みなづき)大祭」が始まった。1年の前半の厄を払い、後半の無病息災を祈るもので、30日に本祭りがある。 琵琶湖を一望できる荒神山山上にある本殿と、ふもとの遥拝殿(ようはいでん)に、直径2.5メートルと3メートルのススキで作った「茅(ち)…

続きを読む

諫早で宮中献上米を田植え

宮中献上米を田植え 早乙女、早男姿の中学生 [長崎県] - 西日本新聞  宮中行事の「新嘗(にいなめ)祭」に献上する米の田植えが26日、諫早市黒崎町の農業、池田静男さん(60)が耕作する水田付近であった。地元住民など約100人が参加して神事が行われ、豊作を祈願した。  その後、小野中の生徒11人が早乙女、早男(さおとこ)姿で横一列に並び、丁寧に苗を植えていった。早乙女を務めた3年の藤…

続きを読む

宇佐神宮御田植祭

早乙女姿、五穀豊穣祈る 宇佐神宮で「御田植祭」 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate 早乙女姿の子どもたち参加 宇佐神宮で「御田植祭」 [大分県] - 西日本新聞 大分)かわいい早乙女、豊作祈る 宇佐神宮で御田植祭:朝日新聞デジタル 御田植祭:可愛い早乙女、五穀豊穣祈る 宇佐神宮 /大分 - 毎日新聞  五穀豊穣(ほうじょう)を祈る宇佐神宮の御田植祭(…

続きを読む

益子・太平神社「献花祭」

子ども巫女がアジサイを奉納 益子・太平神社|下野新聞「SOON」 hibakama / 緋袴白書RT @mashiko_kankou: あじさい祭り【献花祭】6/24かわいい4人の稚児さんが春夏秋冬一年間の無事と自然の恵み感謝し、ご神前にあじさいを奉納いたしました。1年12か月になぞられて3回奉納します。 稚児さんのニコニコ笑顔に、集まった皆さんもほっこり https:/… at 0…

続きを読む

志摩・伊雑宮「御田植祭」

志摩の伊勢神宮「伊雑宮」で御田植祭 倭姫命の「白真名鶴伝説」が由来 - 伊勢志摩経済新聞  祭りは、伊雑宮でおはらいを行うと、場所を神田に移し、田道人(たちど)と白い衣装に赤いたすきがけの早乙女(さおとめ)が苗場を3周半回って苗を取る。次に裸男たちが「太一」と書かれた大きなうちわのついた忌竹(いみだけ)を奪い合い泥だらけになりながら繰り広げる荒々しい動的な「竹取神事」、赤い衣装を着て倭姫命…

続きを読む

鳥羽・赤崎神社赤崎祭り

浴衣姿で赤崎祭り 鳥羽、杉の小枝買い求める:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) 赤崎祭り:浴衣姿で 鳥羽の神社 /三重 - 毎日新聞  鳥羽市鳥羽の赤崎神社で二十二日夕、赤崎祭りが営まれた。地元ではこの日を境に浴衣に袖を通す「ゆかた祭り」とも呼ばれており、家族連れが参拝して無病息災を祈願した。  神社入り口では地元住民らが厄よけの杉の小枝を販売。かつて疫病が流行した際、宮域…

続きを読む

山鹿・大宮神社「犬子ひょうたん祭り」

「子犬が現れ疫病がなくなった」伝説 厄よけの「犬子ひょうたん」販売 熊本・山鹿の大宮神社 - トピックス | sippo(シッポ) ペットのための情報・サービス  熊本県山鹿市の大宮神社で、無病息災を祈る縁起物が売られる「犬子(いんご)ひょうたん祭り」が15日にあり、参拝客でにぎわった。  祭りは同神社の境内にある八坂神社の祭礼。江戸時代末期に疫病が流行した際、神様のお告げに従い八坂…

続きを読む

高山・飛騨東照宮「徳川家康公遷御四百年記念大祭」

家康遷御400年で神楽 飛騨東照宮大祭、子どもら奉納 - 岐阜新聞 Web  岐阜県高山市西之一色町の飛騨東照宮で19日、「徳川家康公遷御四百年記念大祭」が行われ、地元の小中学生が楽器の演奏や舞を披露した。  飛騨東照宮は飛騨地域で唯一、家康を祭る神社だといい、大祭には、関係者約130人が出席。氏子の小中学生約15人による笛と太鼓の演奏「太々神楽」が奉納された。  そのほか、装…

続きを読む

二見興玉神社「郷中施」

「キュウリやナスに秘めた願い」伊勢二見興玉神社 豊作祈願祭と勘違い - 伊勢志摩経済新聞 神事が伝える災害時の心得 二見・龍宮社で「郷中施」 | 三重 | 中部9県 | 中日新聞プラス  1792(寛政4)年、この地方を襲った大津波によって二見町江(え)地区の民家約20戸が流出し、残った家はわずか5、6軒という災害があった。その時、同神社の氏子たちが施し合い助け合い、水難を克服したという…

続きを読む

奈良・率川神社「三枝祭」

三枝祭:ササユリ手に巫女が神楽舞う 奈良・率川神社 /奈良 - 毎日新聞  奈良市本子守町の率川(いさがわ)神社で17日、ササユリで飾った酒だるを神前に供え、無病息災を祈る「三枝祭(さいくさのまつり)」があった。  率川神社の祭神・媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)がササユリを愛したという伝承にちなむ伝統行事。「ゆりまつり」とも呼ばれる。神事では酒だるを奉納した後、宮…

続きを読む

太宰府天満宮「神田御田植祭」

日本農業新聞 e農ネット - 天神様のお食事じゃ 福岡県の太宰府天満宮  福岡県の太宰府天満宮が、太宰府市観世音寺で「斎田御田植祭」を行った。稲穂が荒天や害虫などの被害に遭わず、無事に収穫されるよう祈願する毎年恒例の神事。  斎田横に設けた斎場での祭典の後、色鮮やかな衣装を身にまとった天満宮の巫女(みこ)が「早乙女の舞」を奉納。もんぺ姿の巫女や氏子らが斎田に入り、「斎田播種(はしゅ…

続きを読む

祐徳稲荷神社「御田植祭」

佐賀)祐徳稲荷神社で「お田植え祭」 鹿島:朝日新聞デジタル 豊作願い「御田植祭」 鹿島・祐徳稲荷神社 [佐賀県] - 西日本新聞  梅雨の晴れ間となった15日、鹿島市古枝の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で、「お田植え祭」があった。すげ笠に絣(かすり)の着物、赤たすき姿の巫女(みこ)が、笛の音とお田植え歌に合わせて稲苗を植え、豊作を祈願した。  神社近くの広さ約2アールの斎田に巫女8人…

続きを読む

熊野那智大社「紫陽花祭」

熊野那智大社で「紫陽花祭」今月末まで園庭を公開」「とてもきれいで癒やされた」 | 紀南新聞ONLINE 和歌山)熊野那智大社で紫陽花祭 無病息災願う:朝日新聞デジタル  那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)で14日、梅雨の時期の無病息災を祈願する「紫陽花祭(あじさいまつり)」 が行われ、参詣者には休憩所(長生殿)でアジサイを模した鮮やかな和菓子が振る舞われた。  宮司職舎前の…

続きを読む

岡山・後楽園「お田植え祭」

後楽園の井田で「お田植え祭」 太鼓合わせ早乙女たちが苗植え: 岡山: 地域: 山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山市の後楽園で12日、恒例の「お田植え祭」があった。早乙女たちが苗を手植えする県重要無形民俗文化財「太鼓田植(たうえ)」が披露され、大勢の観光客が伝統的な農作業風景を楽しんだ。  新見市の「哲西町はやし田植保存会」と「神代(こうじろ)郷土民謡保存会」が、園内の井田(せいでん)…

続きを読む

伏見稲荷神社「田植祭」

伏見稲荷大社で五穀豊穣願い田植祭 外国人観光客も多数 - 伏見経済新聞  田植祭は13時から本殿で祝詞の奏上や神楽女(かぐらめ)の御田舞(おんだまい)などの神事が行われ、その後、神田に移動して、いよいよ田植えが始まる。  初めに神田のおはらいを行い、そして御幣櫃(ごへいびつ)と呼ばれる籠から斎串(いぐし)を取り出し、水の出入り口に斎串を突き刺して清める。その後、菅笠(すげがさ)をかぶ…

続きを読む

博多・櫛田神社で「お汐井てぼ」作り大詰め

山笠の縁起物、準備大詰め 博多・櫛田神社:朝日新聞デジタル 「お汐井てぼ」作り大詰め 山笠縁起物 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 山笠の安全願い てぼ作りピーク 櫛田神社 [福岡県] - 西日本新聞  福博に夏の到来を告げる博多祇園山笠(7月1~15日)を前に、福岡市博多区上川端町の櫛田神社で、神職やみこによる縁起物作りが大詰めを迎えている。  山…

続きを読む

橿原神宮「神武天皇二千六百年記念事業国家安寧祈願祭」

「扇の舞」奉納 - 国家安寧願い/橿原神宮 | 社会 | 奈良新聞WEB  全国の青年神職でつくる神道青年全国協議会(神青協、東京、長友安隆会長)は8日、橿原市久米町の橿原神宮で、神武天皇の聖徳をしのんで国家安寧を願う「神武天皇二千六百年記念事業国家安寧祈願祭」を営んだ。  同神宮の久保田昌孝宮司ほか祭員、青年神職103人と参列者らが参加。内拝殿では、宮司の祝詞(のりと)奏上、神青協…

続きを読む

安芸市・献穀田で田植え式

高知県安芸市の献穀田で新嘗祭に供えるコメの田植え式|高知新聞  皇居で11月23日に行われる「新嘗(にいなめ)祭」で使うコメの献穀者に高知県安芸市高台寺の農業、小松正尚さん(57)が選ばれ、安芸市井ノ口乙に所有する水田でこのほど田植え式が行われた。早乙女姿の女性が丁寧に苗を植え付けた。早乙女姿のJA土佐あきの職員5人が「にこまる」の苗を植えました 元気の種、待ってて…「大福梅」の収穫…

続きを読む

大分・県護国神社「神梅収穫祭」

神梅収穫祭:大分・県護国神社で /大分 - 毎日新聞  大分市牧の県護国神社で5日、「神梅収穫祭」が行われ、梅雨らしい雨の降る中、八坂秀史宮司が境内で梅をもいで神前に供えた。  約40年間、梅の世話をしている同神社元職員の工藤龍介さん(87)によると、同神社の梅はピーク時には2トン採れていたが、ここ最近の収穫は1トンほど。今年も平年並みの出来になった。7月ごろに天日干しにし、8月ごろ…

続きを読む

山形県朝日町・空気まつり

地元児童がみこの舞を奉納 朝日・空気神社でまつり|山形新聞  空気をご神体として祭る朝日町白倉の「空気神社」で4日、空気まつりが始まった。ブナ林に囲まれた境内で町内の小学生がみこの舞を奉納した。  宮宿小4~6年生9人がみこの衣装をまとい、ステンレス製の鏡盤上で五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「豊栄の舞」を披露。盤上にはブナの新緑と優雅な舞い姿が映し出され、詰め掛けた観衆が盛んにシャッタ…

続きを読む