熊野那智大社で「酉」の大絵馬に掛け替え

一足早く「酉」の大絵馬 和歌山・熊野那智大社 - サッと見ニュース - 産経フォト <全文>那智大社宝物殿に大絵馬/AGARA 紀伊民報  和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)は30日、迎春準備として、来年のえと「酉(とり)」にちなみ、白い鶏を描いた大絵馬を宝物殿に掛け替えた。  大絵馬の大きさは縦3メートル、横4メートル。男成宮司(63)が、1週間ほどかけて描き上げたという。  鶏の柄は、天照大神が天岩戸(あまのいわと)に隠れた時、常世(とこよ)の長鳴鳥(ながなきどり)を集めて鳴かせたという日本神話にちなんだという。「開運」「御創建一千七百年」といった文字も入れている。男成宮司「鶏は明け方一番に鳴く縁起の良い鳥。また、酉の文字には成熟や実るという意味があり、多くの方にお正月にお参りいただき、これまでの成果が実る年になっていただきたい」 「おさめ踊り」 60年ぶり復活 - 児童ら「幻の曲」披露/下部神社「吐山の太鼓踊り」 | 社会 | 奈良新聞WEB  奈良市都祁吐山町の下部(おりべ)神社で今月23日に秋の例祭が営まれ、県無形民俗文化財指定の「吐山の太鼓踊り」を奉納。その中で、近年途絶えていた「おさめ踊り」が約60年ぶりに復活し、吐山太鼓踊り保存会のメンバーや市立吐山小学校の児童ら約20人が「幻の曲」を演じた。  吐山の太鼓は雨乞いの祈願と成就の礼のための踊り。計7台の太鼓に踊り手が3人ずつ付き、交代で太鼓を打ちながら踊る。詳しい起源は不明だ…

続きを読む

太宰府天満宮で新年の縁起物作り始まる

太宰府天満宮:縁起物 色とりどり - 毎日新聞 酉の絵馬など正月準備 太宰府天満宮 [福岡県] - 西日本新聞  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で29日、新年の縁起物作りが始まった。来年のえと「酉(とり)」の絵馬や開運の矢、五色の福むすびなど、新春を迎える品々がみこの手で袋の中へ。迎春準備は12月20日ごろまで続く。  絵馬や置物は、博多人形師中村信喬さん(59)の長男で、同じく人形師の弘峰(ひろみね)さん(30)=福岡市=がデザインした。「斬新さと、かわいさを意識した」と弘峰さん。巫女さん(20)「皆さんが未来に羽ばたくような、いい新年になってほしいです」 来年の幸せ トリドリ 白山さん:北陸写真ニュース:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)  “さる年”も30日余となった28日、石川県白山市の白山比め神社で迎春準備がピークを迎えた。みこにあたる舞女(まいひめ)が破魔矢にひょうたんや、来年のえと「酉(とり)」が描かれた絵馬、福鈴を飾り付けた。ピークは12月中旬ごろまで続くという。  作業にあたった舞女の上元和美さん(20)は「新しい年もいい年であるよう、初詣をされる方の健康長寿、家内安全を祈っている」と話した。正月三が日の初詣客を20万人と見込んでいます

続きを読む

大相撲で金沢・石浦神社が話題に

石浦の星 羽ばたけ 新入幕で快進撃10勝 同姓熱く:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)  新入幕ながら大相撲九州場所で十勝と活躍する石浦(26)=宮城野部屋=に、北陸地方をはじめ全国の「石浦さん」が熱い視線を送っている。石浦姓のルーツは金沢の豪族「石浦」とされる。戦国時代に全国に離散したとか。その絆は固く、三年前には「全国石浦会」が発足。多くの石浦さんが同姓力士の活躍をわが事のように喜んでいる。 (中略)  会事務局を担う石浦家具製作所専務の石浦秀幸さん(44)=高岡市上北島=は、場所が始まると、のぼり旗を揚げ、テレビ前にお守りを並べる。「十両の時から真っ正面からぶつかる相撲だった。相撲を見るのが楽しい」。初場所には国技館へ行こうと考えている。  秀幸さんのお守りを作ったのが金沢市本多町の石浦神社。神社の名前は「石浦郷」に由来する。お守りは丸い石の裏に「浦」と書いてあり、サミットの時に全国の石浦さんに配った。  「みんな、お守りを握りしめて応援しているでしょう」と宮司の長谷吉憲さん(41)。神社ではサミット以降、全国の石浦さんの健康と石浦関らの必勝を毎月、祈願し続けている。写真「石浦が送ってきた番付表と、本人の手形=金沢市本多町の石浦神社で」 【茨城新聞】巫女姿の稚児先導、ご神体が地区渡御 小美玉・貴布禰神社 小美玉市堅倉の貴布禰(きふね)神社(島田知正宮司)で22、23の両日、例祭が開かれた。23日には、ご神体が地区内の氏子宅・当屋(…

続きを読む

生田神社に酉の巨大絵馬奉納

神戸開港150年、平穏な年に 生田神社に巨大絵馬奉納 - 産経ニュース  来年の干支(えと)「酉(とり)」を描いた巨大絵馬が25日、神戸市中央区の生田神社に奉納された。来年開港150年を迎える神戸港の日の出の風景と力強いニワトリが描かれており、参拝客から大きな歓声があがった。来年1月末まで境内に飾られる。  絵馬は横約3メートル、縦約2メートル。美術団体「二紀会」の県支部長、松下元夫さん(81)が半年かけて完成させた。「ニワトリは朝を告げ、夜の邪気を取り払う縁起のいい動物。幸せな一年を迎えてほしい」と話した。宮司さん「今年は地震など災害が多い年だった。来年は不安を抱くことのない、平穏な一年になれば」 気分は将軍様? 源実朝しのび|カナロコ|神奈川新聞ニュース  秦野市東田原の「源実朝公御首(みしるし)塚」と田原ふるさと公園で23日、「実朝まつり」が開かれた。暗殺された実朝の法要や稚児行列などが行われ、歌人としても知られた鎌倉幕府3代将軍を弔った。  地元自治会などによる実行委員会の主催で29回目。1219年に暗殺された源実朝の首は秦野に運ばれ、手厚く供養されたという。  まつり会場で、花笠踊りや市立東中学校吹奏楽部の演奏などが披露され、家族連れなど大勢でにぎわった。稚児行列では地元の小学生や幼稚園児ら23人が実朝やよろい武者、白拍子などの衣装を着て、首塚の前で花を供えた。白拍子は男児か… 高知)稚児行列華やかに、四万十市で一條神社大祭:朝日新聞デジタル …

続きを読む

生田神社で「正月臨時巫女」の講習会

神戸新聞NEXT|神戸|生田神社で「臨時巫女」講習会 着付けや作法学ぶ  初詣に向け、生田神社(神戸市中央区下山手通1)で24日、アルバイトで働く「正月臨時巫女(みこ)」の講習会が開かれた。兵庫県内の女子学生ら約230人が、巫女としての作法や立ち居振る舞い、装束の着付けなどを学んだ。  同神社では例年、正月三が日に約150万人以上の参拝客を見込む。その間、大学や専門学校などに通う未婚女性に「臨時巫女」として勤務してもらう。約300人の採用に430人が応募 秋季例大祭:五穀豊穣祈り稚児行列 延岡・今山八幡宮 /宮崎 - 毎日新聞  延岡市の今山八幡宮秋季例大祭が23日あり、恒例の稚児行列に3~7歳児22人が色鮮やかな衣装と金色の冠で着飾り参加した。  五穀豊穣(ほうじょう)を祈るご神幸行列は祭りの目玉で、子どもたちがみこしの先導役を務める。一時途絶えたが、2010年に地元ボランティアグループ「喜(よし)の会」が地域活性化の一環として復活させた。稚児さんの母親「着慣れない衣装に嫌がるかと思ったら、けっこう楽しんでいたようです。いい記念になりました」 霧島岑神社「古の誘い」を開催 | 共同通信PRワイヤー  宮崎県小林市は、さる11月12日(土)に、霧島岑神社(小林市細野)(*1)で、古事記をテーマとしたイベント「古の誘い」を開催しました。霧島連山のふもとで1100年以上の歴史を持つ霧島岑神社を舞台に、秋の夜、地域性を反映したさまざまなパフォーマンスが展開されま…

続きを読む

淡路・伊弉諾神宮で「新嘗祭」

神戸新聞NEXT|淡路|秋の実りに感謝 伊弉諾神宮で「新嘗祭」 淡路  宮中祭祀(さいし)にならい、秋の実りに感謝する神事「新嘗祭」が23日、兵庫県淡路市の伊弉諾(いざなぎ)神宮で執り行われた。氏子や来賓約60人が見守る中、同神宮の御齋田(ごさいでん)で育てられた「イセヒカリ」の新米や酒を本殿に供えた。  4月の例祭、3月の祈年祭と並ぶ同神宮の三大行事。イセヒカリは伊勢神宮(三重県)から種もみを受け継いでいる。写真「サカキを手に神楽を舞うみこ」豊栄の舞でしょうか 農作物の恵みに今年も感謝 湊川神社で新嘗祭 - 産経ニュース  神戸市中央区の湊川神社で23日、米の収穫を感謝する神事「新嘗祭(にいなめさい)」が営まれた。厳かな雰囲気の中、巫女(みこ)が優雅な舞を奉納し、参列した氏子らが国の繁栄を祈った。  新嘗祭はその年に収穫された穀物を神様に供え、農作物の恵みに感謝する祭り。農業だけでなく産業全般の繁栄を祈る。  新嘗祭には氏子ら約120人が参列し、同神社本殿で稲穂や酒が供えられ、垣田宗彦宮司(59)が祝詞を奏上。雅楽が奏でられる中、巫女(みこ)2人が五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祝う神楽「豊栄舞」を奉納した。神社の担当者「今年は地震などの災害が相次いだ。来年は大きな災害がなく平穏に新嘗祭を執り行いたい」 <竹駒神社新嘗祭>実りの秋 感謝の舞 | 河北新報オンラインニュース  宮城県岩沼市の竹駒神社で23日、今年の豊かな実りに感謝する新嘗(にいなめ)祭…

続きを読む

熊本県西原村・白山姫神社例大祭

復興の舞しとやかに 地震被害の白山姫神社例大祭 - 熊本日日新聞  熊本地震で本殿や拝殿に大きな被害を受けた西原村河原の白山姫神社で15日、秋の例大祭があり、みこが浦安の舞を奉納して震災復興を祈願した。  同神社は4月の本震で拝殿が全壊、本殿が半壊、石垣が倒壊するなどした。全国の神社からの見舞金や氏子のボランティアにより、拝殿を解体し、崖の直下にあった本殿を5メートル離して移設した。宮司さんの次女(22)がしとやかな舞をささげました 小京都彩る60人の稚児行列 高知県四万十市で一條大祭|高知新聞 一條大祭:華やか 子供ら練り歩き 四万十市中心部 /高知 - 毎日新聞  「いちじょこさん」として親しまれる一條神社(高知県四万十市中村本町1丁目)の一條大祭が11月22日から開かれている。11月23日はきらびやかな衣装を身に着けた稚児行列が中心市街地を練り歩き、小京都を彩った。  一條大祭は、土佐の三大祭りの一つ。初日の22日は御神火(ごしんか)を奉納する提灯(ちょうちん)行列や宵祭りが行われ、24日までの3日間、催しや露店でにぎわう。女官などに扮(ふん)した保護者も 五穀豊穣に感謝/宮古神社で新嘗祭 | 宮古毎日新聞社ホームページ -宮古島の最新ニュースが満載!-  宮古神社で23日、豊かな実りの五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する新嘗祭(にいなめさい)が営まれた。琉球舞踊穂花会亀浜律子練舞場代表の亀浜律子さんがあでやかな衣装を身にまとい、稲穂を手に「大世栄」を…

続きを読む

石清水八幡宮で橘の実の摘み取り

京都)黄金色の実、3年後はお神酒に 石清水八幡宮:朝日新聞デジタル お神酒「橘酒」に、タチバナの実収穫 京都・石清水八幡宮 : 京都新聞  八幡市の石清水(いわしみず)八幡宮で22日、お神酒「橘(たちばな)」づくりに使うタチバナの実の摘み取りがあった。  同八幡宮には、本殿の手前に東西1本ずつタチバナの木が植えられている。毎年この時期に実を摘み、23日の新嘗(にいなめ)祭で供えた後、城陽酒造(城陽市)で3年漬け込まれて橘酒ができる。  今年は東側のタチバナだけが実をつけたが、実は昨年より大きめ。巫女(みこ)たちが、黄金色の実を摘んでいった。巫女さんも笑顔 椎葉平家まつり:観光客ら「大和絵巻行列」見入る /宮崎 - 毎日新聞 平家の姫君、観光客魅了 椎葉で武者行列 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 大和絵巻を再現 椎葉平家まつり [宮崎県] - 西日本新聞  平家落人伝説が残る宮崎県椎葉村の初冬を彩る風物詩「椎葉平家まつり」が12日、同村中心部の上椎葉街道で始まった。13日まで。  村には、源平合戦に敗れて逃げ延びた平家の鶴富姫と、平家追討を命じられた源氏の那須大八郎との悲恋物語が伝わる。まつりの呼び物「大和絵巻武者行列」は、十二単(ひとえ)のお姫さまや甲冑(かっちゅう)姿の武者たち約350人が約800メートルの街道を練り歩き、鶴富姫と大八郎の逢瀬(おうせ)を再現。見物客から大きな拍手が送られた。壇ノ浦の戦いから800年を記念して198…

続きを読む

北野天満宮で「大福梅」の袋詰め

正月縁起物「大福梅」の袋詰め始まる 北野天満宮 - 産経WEST 新春の香り、「大福梅」袋詰め 京都・北野天満宮 : 京都新聞  正月の縁起物「大福(おおふく)梅」の袋詰めが22日、北野天満宮(京都市上京区)で行われた。巫女(みこ)たちが、参拝者の来年の幸福を祈りながら、梅の実を丁寧に袋に入れていった。  大福梅は、平安中期に起源を持つとされる。元旦にさゆに入れて飲み、1年の無病息災や長寿を祈る。毎年6月に実を採取し、夏の土用干しを経て12月に参拝者に授与される。12月13日から25日ごろまで、3万袋を授与する予定。1袋700円 神戸新聞NEXT|阪神|孝徳天皇の行幸再現 雅楽で祝いの舞披露 西宮  地域が舞台となった故事にちなみ、白鳳時代の孝徳天皇の行幸を再現した時代行列が19日、西宮市山口町下山口4の山口センターであった。みやびな衣装を着た住民ら約40人がステージに立ち、祝いの舞などを披露した。  住民らでつくる「にぎわいネットやまぐち」が主催。日本書紀には、孝徳天皇が647(大化3)年に有馬温泉に滞在した記述があるという。時代行列は2013年、山口町と有馬温泉をつなぐ県道バイパスが完成したことを記念し、有志らが始めた。雨のため公智神社から会場変更。胡蝶? みなとフェスタ:宮子姫行列、華やかに 河南中生徒らと 御坊 /和歌山 - 毎日新聞 宮子姫みなとフェスタ大にぎわい - 日高新報 Web Hidaka  御坊市と御坊市観光協会主催の宮子姫みなと…

続きを読む

田辺・闘鶏神社で世界遺産追加登録記念式典

<全文>世界遺産追加登録祝い5百人/AGARA 紀伊民報  世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に和歌山県田辺市内からは闘鶏神社など5カ所が追加登録され、それを祝う記念式典が5日、同神社境内であった。市が主催し、500人が参加。登録をあらためて喜び合い、文化財の保全と活用によるまちづくりへ思いを新たにした。  市内から闘鶏神社以外で追加登録されたのは、北郡越、長尾坂、潮見峠越、赤木越。会場では追加登録地を紹介する映像が上映され、新しい世界遺産の魅力を堪能した。写真【世界遺産追加登録を祝い披露した8人の舞姫による「浦安の舞」】 「七五三」にっこり 県内神社にぎわう - Miyanichi e-press  「七五三」の15日、県内各地の神社は、子どもの健やかな成長を願う参拝客でにぎわった。【写真】子どもの健やかな成長を祈る七五三詣でで、笑顔を見せる晴れ着姿の子どもたち=15日午後、宮崎市・宮崎神宮 中央道(11月16日)【社会/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版  ▽…七五三の15日、山梨県内の神社は、家族に連れられて参拝する晴れ着姿の子どもでにぎわった。  ▽…甲府・武田神社では、穏やかな日差しの中、お参りをしたり=写真、写真撮影をする家族連れの姿が多く見られた。千歳あめを持ちながら参道を歩く子どももいた。神妙な面持ち

続きを読む

福山・吉備津神社で「市立大祭」

巫女舞奉納し五穀豊穣に感謝 福山・吉備津神社で「市立大祭」: 山陽新聞デジタル|さんデジ  福山市新市町宮内の備後一宮吉備津神社で19日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する「市立(いちだて)大祭」が5日間の日程で始まった。初日は、国指定重要文化財の本殿で例大祭があり、巫女(みこ)舞などが奉納された。  氏子ら約200人が見守る中、追林貴之宮司が祝詞を奏上。地元の網引小6年の女児3人が巫女の姿で登場し、「浦安の舞」を優雅に舞った。氏子らは詩吟や謡曲を奉納し、玉串をささげた。女児の一人「去年から参加していて今回が最後。緊張したけど今までで一番いい舞ができた」 大絵馬:もういくつ寝ると酉年 護王神社に /京都 - 毎日新聞 ジャンボ絵馬、はや迎春気分 京都・護王神社 : 京都新聞  京都市上京区烏丸通下長者町下ルの護王神社で、来年のえと「酉(とり)」を描いたジャンボ絵馬が登場した。境内は一足早い迎春気分に包まれ、参拝者が足を止めて見入っている。  高さ2・75メートル、幅4・28メートルで、同神社は1998年から毎年この時期に絵馬を設置している。参拝者が写真を撮り、年賀状に利用するなど好評という。見つめる巫女さん

続きを読む

高知・日高村の小村神社で秋の大祭

高知県日高村の小村神社で秋の大祭 金銅荘環頭大刀も限定公開|高知新聞  高知県高岡郡日高村下分の小村神社で、秋の大祭が行われ、舞の奉納など神事が厳かに執り行われた。国宝「金銅荘環頭大刀(こんどうそうかんとうのたち)」も1日限定で一般公開された。  小村神社は6世紀末の創建と伝えられ、旧日下村住民の総氏神とされる。大祭の準備は地区ごとに順番に割り当てられ、2016年は井ノ峰地区が「当組」として担当。境内の掃除や、花台制作などを行った。...子供巫女さんも 七五三:準備進む 鈴鹿・椿大神社 /三重 - 毎日新聞  子どもたちの健やかな成長を願う11月15日の七五三の準備が、鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で進められている。  神社社務所では、七五三参りで授与される、鶴や亀、翁(おきな)などが描かれた細長い袋に巫女(みこ)たちが、紅白の千歳(ちとせ)あめを詰める作業もピークを迎えている。  神社ではお守りや主祭神の猿田彦大神などが描かれたジグソーパズルも一緒に授ける。今月末までに4000セット用意する予定。10月26日の記事でした 七五三お守り笹:みこさん追い込み 伊勢・猿田彦神社 /三重 - 毎日新聞  伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で、七五三参りの子どもたちに配る「七五三お守り笹(ささ)」作りが追い込み段階に入っている。  長さ約30センチの紙製のササに、健やかな成長を祈るお守りや千歳(ちとせ)あめ、張り子の狛(こま)犬の人形、「七五三御守」と…

続きを読む

金沢・石浦神社で「碁盤の儀」

成長願いジャンプ 金沢・石浦神社、七五三で「碁盤の儀」 - 撮れたてニュース | 北國新聞社  「七五三」の15日、金沢市本多町3丁目の石浦神社で子どもの健やかな成長を祈願する「碁盤の儀」が執り行われ、子どもたちが碁盤の上から元気いっぱいにジャンプした。  碁盤の儀は平安時代の宮中行事に由来する。碁盤の上に立つ行為は「一人前になって自立する」という意味合いがあり、勢いよく飛び降りることで運が開けると言い伝えられている。いい跳びっぷりです わが子の成長...家族に笑顔あふれる 福島稲荷神社で「七五三」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」の15日、県内各地の神社で参拝する家族連れらの姿が見られた。  福島市の福島稲荷神社では、約30組の参拝客が訪れ、境内では両親や祖父母に手を引かれた晴れ着の子どもたちの姿があった。日曜日の参拝客が増える傾向 健やかな成長祈願し七五三参り(2016/11/12 23:30)(デーリー東北)  子どもの健やかな成長を祈願する「七五三」を15日に控え、八戸市の櫛引八幡宮は週末を中心に参拝に訪れる家族連れでにぎわっている。12日もピンクや青などの鮮やかな和装で着飾った子どもたちで境内が華やいだ。続きは会員限定

続きを読む

京都・向日「大極殿祭」

長岡京の歴史後世につなげ 大極殿祭雅楽や舞奉納 : 京都新聞  平城京から長岡京に遷都された日を記念した「大極殿祭」が11日、京都府向日市鶏冠井町の大極殿公園で開かれた。地元の有志でつくる大極殿遺蹟(いせき)保存協賛会のメンバーや行政関係者ら約100人が集まり、神事を執り行って歴史を後世に伝えることを誓った。  同祭は、明治時代中期の1895年から続く伝統の行事。神職が供物を献上し、祝詞を読み上げた。雅楽の演奏や舞の奉納もあり、参列者が厳かな儀式を見守った。784年11月11日から10年間 健やかな成長願う 平安神宮で「七五三詣り」 : 京都新聞  子どもたちの健やかな成長と家族の幸せを願う「七五三詣(まい)り」(京都織物卸商業組合、京都新聞主催)が12日、京都市左京区の平安神宮で行われた。秋空の下、華やかな晴れ着姿の子どもたち約300人が保護者と一緒に参拝した。  数え年で3、5歳の男児、3、7歳の女児が無料招待された。参加した子どもたちは内拝殿で祈とうを受けた後、代表の4人が玉串をささげた。小学1年生「きれいな着物が着られてうれしかった。勉強ができるようになるようお願いしました」 七五三、家族連れが晴れ着で参拝 名古屋の熱田神宮:朝日新聞デジタル 成長・復興、七五三の願い 熊本・阿蘇神社:朝日新聞デジタル  熊本地震で被災した熊本県阿蘇市の阿蘇神社に、七五三の子ども連れの家族らが参拝に訪れている。例年、おはらいや祝詞(のりと)を受ける拝殿は全壊して…

続きを読む

熊野那智大社「紅葉祭」

紅葉祭:平安の風情、今に 那智勝浦 /和歌山 - 毎日新聞 紅葉祭 流れる短冊 熊野那智大社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 熊野那智大社で紅葉祭 滝から短冊、色とりどりに - 写真ニュース 47NEWS(よんななニュース) 紅葉祭 熊野那智大社(関西テレビ)  世界遺産・熊野那智大社(那智勝浦町)で14日、花山法皇ゆかりの「紅葉祭」が営まれ、男成洋三宮司らが那智の滝近くの「文覚の滝」で、熊野にちなむ和歌をしたためた短冊を流した。  花山法皇が986年(寛和2年)に那智山で「千日行」をした際、紅葉をめでて和歌を詠み、短冊にしたためて滝に流したという故事にちなんだ行事。  この日は、雨の中、拝殿と那智の滝前で、紅葉の枝を手にした巫女が「豊栄の舞」を奉納。横構図の写真は珍しいかも 奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社で13日、約…:ジャンボ杉玉を掛け替え:時事ドットコム 奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社で13日、約200キロの大杉玉の掛け替えが行われた。御神木の杉の葉で作られた杉玉は酒造りの安全を毎年祈願するもの。ワイヤーロープなどを使って拝殿の天井に固定された。動画もありますが巫女さんはちょっとだけ… 笑顔あふれる七五三参り 着付け奉仕も|愛媛新聞ONLINE 秋晴れ、晴れ姿祝福 県内神社、七五三詣で - 岐阜新聞 Web 笑顔あふれる七五三参り・愛媛新聞  15日は、子どもの健やかな成長を祝う七五三の日。愛媛県松山市御幸1丁目…

続きを読む

大神神社で杉玉掛け替え

“酒造りの神様”奈良・大神神社で杉玉掛け替え、醸造祈願 - 産経WEST 酒造りの神祭る神社で「杉玉」掛け替え | NHKニュース 桜井市の大神神社では、ご神体の三輪山の杉で作られた酒造りのシンボルの大きな杉玉が拝殿などの天井につるされ、毎年、新酒の仕込みが本格的に始まるこの時期、新しいものに掛け替えられます。 杉玉は直径1メートル50センチ、重さがおよそ200キロあり、神社の職員たちが6人がかりでワイヤーを引っ張ってつり上げ、巫女(みこ)が「三輪明神」などと書かれた木の札を取りつけました。木の札を取り付けた巫女さん「真新しいきれいな杉玉に掛け替えられて、神様も喜んでいらっしゃると思います」 華道発祥の「六角堂」で華道池坊が花を供養 - 産経WEST  華道池坊は12日、華道発祥の地とされる「六角堂」(京都市中京区)が、来年創建1430年を迎えることを記念し、1年間にいけた花を供養する「六角堂 花(はな)供(く)養(よう)会(え)」を開催。今年いけた約1億本の花を感謝の気持ちを込めて供養した。  この日は晴天の下、「花行列」が行われ、振り袖姿の女性や山(やま)伏(ぶし)、稚児などの約50人が同市下京区の池坊短期大を出発。ユリなどをいけた高さ約3メートルの花みこしや花車を引いた行列が市内中心部を約30分かけて練り歩き、六角堂を目指した。行列を代表して献華した大学生「緊張しましたが、花への感謝を込めていけることができました」 <全文>花山法皇しのび那智で紅葉祭/AGA…

続きを読む

松江・八重垣神社「紐落とし」

紐落とし:健やかな成長願い 松江・八重垣神社 /島根 - 毎日新聞  松江市佐草町の八重垣神社で11日、同市大庭町の育英保育園・幼稚園の3歳児約20人が、子どもの成長と健康を願う「紐(ひも)落とし」の祈とうを受けた。  神社で園児らは、おはらいを受け、1人1人の名前を読み上げる祝詞(のりと)をあげてもらった。祈とうの後には、笛や太鼓による神楽と、巫女(みこ)による舞もあり、園児は興味深そうに見学した。園児(3)「太鼓の音が楽しかった」紐落としって初めて聞きました 申年生まれの健康祈る 日吉大社で「申年大祭」:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  大津市坂本の山王総本宮、日吉大社で十二日、神社にゆかりのある人や申年(さるどし)生まれの人たちの健康などを祈る「申年大祭」があった。  雅楽会が「剣の舞」と呼ばれる神楽などを奉納。湖国三大祭「山王祭」で使われ、現役を引退した国の重要文化財でサルの装飾が施された「樹下宮神輿(じゅげぐうみこし)」に触れられるイベントもあった。今年初開催。独特な神楽のようです 一足早く園児が七五三参り(2016/11/07(月)) - OBS大分放送ニュース 大分市の園児が一足早く七五三参り(2016/11/10(木)) - OBS大分放送ニュース 大分市のえのくま幼稚園では日本の伝統文化に触れてもらおうと、毎年、七五三参りを実施しています。7日は手作りの千歳飴袋を持った年長組の園児91人が大分市の春日神社を訪れ、本殿で神事と…

続きを読む

西宮神社で七五三参り

兵庫)七五三シーズン到来、西宮神社に250組:朝日新聞デジタル  子どもの健やかな成長を祝い願う「七五三」の季節を迎え、西宮神社(西宮市社家町)が晴れ着姿の家族連れでにぎわっている。6日は約250組が訪れ、千歳あめを手にした子どもたちが記念写真におさまり、笑顔を見せた。  西宮神社によると、七五三の参拝は毎年15日前後の休日がピークだが、最近は10月中や平日も増えている。今年は5千組の参拝を見込んでいるという。ピンク色の振り袖姿の7歳の女の子「きれいな格好ができてうれしい」 わが家の宝、健やかに|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア  晴れ間がのぞいた6日、新潟市中央区の白山神社は七五三参りの家族でにぎわった。紅葉の下、晴れ着姿の子どもを連れた両親らが、健やかな成長と将来の幸せを願った。続きは会員限定 「福娘」3人が胡子大祭PR | 中国新聞アルファ 広島三大祭りの一つ、胡子大祭(18~20日)の参拝客をもてなす「福娘」の3人が8日、広島市中区の中国新聞社を訪れ、祭りをPRした。こちらも会員限定

続きを読む

熊本の高校生が「湯前球磨神楽女子」結成

湯前神楽女子を結成 14日に4人組で大祭デビュー-熊本のニュース│ くまにちコム  湯前町の高校1年の女子生徒4人が神楽グループ「湯前球磨神楽女子」(YKJ)を結成した。神楽の魅力を広めようと、和気あいあいと稽古を重ねている。  4人は、人吉高の椎葉鈴花さんと太田新花子さん、球磨商高の野田菜衣さん、南稜高の今田桃花さん。湯前中の同級生で、昨年、球磨神楽を授業の一環で体験し、中学校の文化祭などで披露した。  みんなで一緒に舞う楽しさを忘れられずにいたところに、指導した球磨神楽保存会メンバーの誘いもあって8月に結成。11月14日に同町の里宮神社である秋季例大祭前夜祭などの舞台に向け、週1回1時間ほどの稽古に汗を流している。いいことだと思います。でもなぜ略した… 神社では珍しい特製散華を授与 - あすから正遷宮初まいり/第60次春日大社式年造替 | 社会 | 奈良新聞WEB  春日大社の式年造替で、本殿(国宝)に祭神がかえった「正遷宮(しょうせんぐう)」を祝う「正遷宮初まいり」が、あす11日から3日間、奈良市春日野町の同大社などで開かれる。これに合わせて、神社では珍しい特製の散華(さんげ)の授与される。  散華は仏教の法要で場を清めるためにまくハスの花びらをかたどった色紙。春日大社は春日大権現として仏教を守護する神ともされ、明治維新までは興福寺と一体となった祭礼を行っていた。  正遷宮を祝い、きょう10日には東大寺や興福寺などで作る南都隣山会が神前読経を実施、1…

続きを読む

横手・保呂羽山波宇志別神社「霜月神楽」

夜を徹し厳かに舞う 横手の波宇志別神社で「霜月神楽」|秋田魁新報電子版  国の重要無形民俗文化財「霜月神楽」が7日夜から8日朝にかけ、秋田県横手市大森町八沢木の保呂羽山波宇志別(はうしわけ)神社里宮神殿で行われた。大勢の参拝客が見守る中、みこや神職が厳かな舞を披露し、五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。  同神社は1200年以上の歴史があるとされ、霜月神楽は古くから行われている神事。釜で沸かした湯ではらい清める「湯立(ゆたて)神楽」で、国内では最も古い形式と伝わる。同市や大仙市など周辺の神社の神職が集って行う「寄合神楽」でもある。見るほうも大変そう 立冬:恒例の落ち葉たき 日光二荒山神社 /栃木 - 毎日新聞  二十四節気の一つ「立冬」の7日、県内は放射冷却によって各地で冷え込み、暦通りに冬の訪れを感じさせる気候となった。宇都宮地方気象台によると、宇都宮市では最低気温が3・5度を記録し、平年より5日遅い初霜を観測した。 (中略)  日光市の中禅寺湖畔にある日光二荒山神社中宮祠では、立冬恒例の「落ち葉たき」が行われた。神職と八乙女(やおとめ)と呼ばれる巫女(みこ)がほうきで落ちたモミジやカエデの葉を境内に集め、火がつけられると白い煙が立ち上った。一年目の八乙女さん(18)「これから年末に向けて神社は忙しくなるので一生懸命ご奉仕したい」 祈醸祭:酒の良い出来願う 日光二荒山神社 /栃木 - 毎日新聞  日光市山内の日光二荒山神社で12日、日本酒の良質な出来や…

続きを読む