熊野那智大社で「酉」の大絵馬に掛け替え

一足早く「酉」の大絵馬 和歌山・熊野那智大社 - サッと見ニュース - 産経フォト <全文>那智大社宝物殿に大絵馬/AGARA 紀伊民報  和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社(男成洋三宮司)は30日、迎春準備として、来年のえと「酉(とり)」にちなみ、白い鶏を描いた大絵馬を宝物殿に掛け替えた。  大絵馬の大きさは縦3メートル、横4メートル。男成宮司(63)が、1週間ほどかけて描き…

続きを読む

太宰府天満宮で新年の縁起物作り始まる

太宰府天満宮:縁起物 色とりどり - 毎日新聞 酉の絵馬など正月準備 太宰府天満宮 [福岡県] - 西日本新聞  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で29日、新年の縁起物作りが始まった。来年のえと「酉(とり)」の絵馬や開運の矢、五色の福むすびなど、新春を迎える品々がみこの手で袋の中へ。迎春準備は12月20日ごろまで続く。  絵馬や置物は、博多人形師中村信喬さん(59)の長男で、同じく人…

続きを読む

大相撲で金沢・石浦神社が話題に

石浦の星 羽ばたけ 新入幕で快進撃10勝 同姓熱く:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)  新入幕ながら大相撲九州場所で十勝と活躍する石浦(26)=宮城野部屋=に、北陸地方をはじめ全国の「石浦さん」が熱い視線を送っている。石浦姓のルーツは金沢の豪族「石浦」とされる。戦国時代に全国に離散したとか。その絆は固く、三年前には「全国石浦会」が発足。多くの石浦さんが同姓力士…

続きを読む

生田神社に酉の巨大絵馬奉納

神戸開港150年、平穏な年に 生田神社に巨大絵馬奉納 - 産経ニュース  来年の干支(えと)「酉(とり)」を描いた巨大絵馬が25日、神戸市中央区の生田神社に奉納された。来年開港150年を迎える神戸港の日の出の風景と力強いニワトリが描かれており、参拝客から大きな歓声があがった。来年1月末まで境内に飾られる。  絵馬は横約3メートル、縦約2メートル。美術団体「二紀会」の県支部長、松下元夫…

続きを読む

生田神社で「正月臨時巫女」の講習会

神戸新聞NEXT|神戸|生田神社で「臨時巫女」講習会 着付けや作法学ぶ  初詣に向け、生田神社(神戸市中央区下山手通1)で24日、アルバイトで働く「正月臨時巫女(みこ)」の講習会が開かれた。兵庫県内の女子学生ら約230人が、巫女としての作法や立ち居振る舞い、装束の着付けなどを学んだ。  同神社では例年、正月三が日に約150万人以上の参拝客を見込む。その間、大学や専門学校などに通う未婚…

続きを読む

淡路・伊弉諾神宮で「新嘗祭」

神戸新聞NEXT|淡路|秋の実りに感謝 伊弉諾神宮で「新嘗祭」 淡路  宮中祭祀(さいし)にならい、秋の実りに感謝する神事「新嘗祭」が23日、兵庫県淡路市の伊弉諾(いざなぎ)神宮で執り行われた。氏子や来賓約60人が見守る中、同神宮の御齋田(ごさいでん)で育てられた「イセヒカリ」の新米や酒を本殿に供えた。  4月の例祭、3月の祈年祭と並ぶ同神宮の三大行事。イセヒカリは伊勢神宮(三重県)…

続きを読む

熊本県西原村・白山姫神社例大祭

復興の舞しとやかに 地震被害の白山姫神社例大祭 - 熊本日日新聞  熊本地震で本殿や拝殿に大きな被害を受けた西原村河原の白山姫神社で15日、秋の例大祭があり、みこが浦安の舞を奉納して震災復興を祈願した。  同神社は4月の本震で拝殿が全壊、本殿が半壊、石垣が倒壊するなどした。全国の神社からの見舞金や氏子のボランティアにより、拝殿を解体し、崖の直下にあった本殿を5メートル離して移設した。…

続きを読む

石清水八幡宮で橘の実の摘み取り

京都)黄金色の実、3年後はお神酒に 石清水八幡宮:朝日新聞デジタル お神酒「橘酒」に、タチバナの実収穫 京都・石清水八幡宮 : 京都新聞  八幡市の石清水(いわしみず)八幡宮で22日、お神酒「橘(たちばな)」づくりに使うタチバナの実の摘み取りがあった。  同八幡宮には、本殿の手前に東西1本ずつタチバナの木が植えられている。毎年この時期に実を摘み、23日の新嘗(にいなめ)祭で供えた後…

続きを読む

北野天満宮で「大福梅」の袋詰め

正月縁起物「大福梅」の袋詰め始まる 北野天満宮 - 産経WEST 新春の香り、「大福梅」袋詰め 京都・北野天満宮 : 京都新聞  正月の縁起物「大福(おおふく)梅」の袋詰めが22日、北野天満宮(京都市上京区)で行われた。巫女(みこ)たちが、参拝者の来年の幸福を祈りながら、梅の実を丁寧に袋に入れていった。  大福梅は、平安中期に起源を持つとされる。元旦にさゆに入れて飲み、1年の無病息…

続きを読む

田辺・闘鶏神社で世界遺産追加登録記念式典

<全文>世界遺産追加登録祝い5百人/AGARA 紀伊民報  世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に和歌山県田辺市内からは闘鶏神社など5カ所が追加登録され、それを祝う記念式典が5日、同神社境内であった。市が主催し、500人が参加。登録をあらためて喜び合い、文化財の保全と活用によるまちづくりへ思いを新たにした。  市内から闘鶏神社以外で追加登録されたのは、北郡越、長尾坂、潮見峠越、赤木越。…

続きを読む

福山・吉備津神社で「市立大祭」

巫女舞奉納し五穀豊穣に感謝 福山・吉備津神社で「市立大祭」: 山陽新聞デジタル|さんデジ  福山市新市町宮内の備後一宮吉備津神社で19日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する「市立(いちだて)大祭」が5日間の日程で始まった。初日は、国指定重要文化財の本殿で例大祭があり、巫女(みこ)舞などが奉納された。  氏子ら約200人が見守る中、追林貴之宮司が祝詞を奏上。地元の網引小6年の女児3人が巫…

続きを読む

高知・日高村の小村神社で秋の大祭

高知県日高村の小村神社で秋の大祭 金銅荘環頭大刀も限定公開|高知新聞  高知県高岡郡日高村下分の小村神社で、秋の大祭が行われ、舞の奉納など神事が厳かに執り行われた。国宝「金銅荘環頭大刀(こんどうそうかんとうのたち)」も1日限定で一般公開された。  小村神社は6世紀末の創建と伝えられ、旧日下村住民の総氏神とされる。大祭の準備は地区ごとに順番に割り当てられ、2016年は井ノ峰地区が「当組…

続きを読む

金沢・石浦神社で「碁盤の儀」

成長願いジャンプ 金沢・石浦神社、七五三で「碁盤の儀」 - 撮れたてニュース | 北國新聞社  「七五三」の15日、金沢市本多町3丁目の石浦神社で子どもの健やかな成長を祈願する「碁盤の儀」が執り行われ、子どもたちが碁盤の上から元気いっぱいにジャンプした。  碁盤の儀は平安時代の宮中行事に由来する。碁盤の上に立つ行為は「一人前になって自立する」という意味合いがあり、勢いよく飛び降りる…

続きを読む

京都・向日「大極殿祭」

長岡京の歴史後世につなげ 大極殿祭雅楽や舞奉納 : 京都新聞  平城京から長岡京に遷都された日を記念した「大極殿祭」が11日、京都府向日市鶏冠井町の大極殿公園で開かれた。地元の有志でつくる大極殿遺蹟(いせき)保存協賛会のメンバーや行政関係者ら約100人が集まり、神事を執り行って歴史を後世に伝えることを誓った。  同祭は、明治時代中期の1895年から続く伝統の行事。神職が供物を献上し、…

続きを読む

熊野那智大社「紅葉祭」

紅葉祭:平安の風情、今に 那智勝浦 /和歌山 - 毎日新聞 紅葉祭 流れる短冊 熊野那智大社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 熊野那智大社で紅葉祭 滝から短冊、色とりどりに - 写真ニュース 47NEWS(よんななニュース) 紅葉祭 熊野那智大社(関西テレビ)  世界遺産・熊野那智大社(那智勝浦町)で14日、花山法皇ゆかりの「紅葉祭」が営まれ、男成洋三宮司らが…

続きを読む

大神神社で杉玉掛け替え

“酒造りの神様”奈良・大神神社で杉玉掛け替え、醸造祈願 - 産経WEST 酒造りの神祭る神社で「杉玉」掛け替え | NHKニュース 桜井市の大神神社では、ご神体の三輪山の杉で作られた酒造りのシンボルの大きな杉玉が拝殿などの天井につるされ、毎年、新酒の仕込みが本格的に始まるこの時期、新しいものに掛け替えられます。 杉玉は直径1メートル50センチ、重さがおよそ200キロあり、神社の職員たち…

続きを読む

松江・八重垣神社「紐落とし」

紐落とし:健やかな成長願い 松江・八重垣神社 /島根 - 毎日新聞  松江市佐草町の八重垣神社で11日、同市大庭町の育英保育園・幼稚園の3歳児約20人が、子どもの成長と健康を願う「紐(ひも)落とし」の祈とうを受けた。  神社で園児らは、おはらいを受け、1人1人の名前を読み上げる祝詞(のりと)をあげてもらった。祈とうの後には、笛や太鼓による神楽と、巫女(みこ)による舞もあり、園児は興味…

続きを読む

西宮神社で七五三参り

兵庫)七五三シーズン到来、西宮神社に250組:朝日新聞デジタル  子どもの健やかな成長を祝い願う「七五三」の季節を迎え、西宮神社(西宮市社家町)が晴れ着姿の家族連れでにぎわっている。6日は約250組が訪れ、千歳あめを手にした子どもたちが記念写真におさまり、笑顔を見せた。  西宮神社によると、七五三の参拝は毎年15日前後の休日がピークだが、最近は10月中や平日も増えている。今年は5千組…

続きを読む

熊本の高校生が「湯前球磨神楽女子」結成

湯前神楽女子を結成 14日に4人組で大祭デビュー-熊本のニュース│ くまにちコム  湯前町の高校1年の女子生徒4人が神楽グループ「湯前球磨神楽女子」(YKJ)を結成した。神楽の魅力を広めようと、和気あいあいと稽古を重ねている。  4人は、人吉高の椎葉鈴花さんと太田新花子さん、球磨商高の野田菜衣さん、南稜高の今田桃花さん。湯前中の同級生で、昨年、球磨神楽を授業の一環で体験し、中学校の文…

続きを読む

横手・保呂羽山波宇志別神社「霜月神楽」

夜を徹し厳かに舞う 横手の波宇志別神社で「霜月神楽」|秋田魁新報電子版  国の重要無形民俗文化財「霜月神楽」が7日夜から8日朝にかけ、秋田県横手市大森町八沢木の保呂羽山波宇志別(はうしわけ)神社里宮神殿で行われた。大勢の参拝客が見守る中、みこや神職が厳かな舞を披露し、五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。  同神社は1200年以上の歴史があるとされ、霜月神楽は古くから行われている神事。釜で…

続きを読む