宇佐神宮の巫女さんインタビュー

【青が咲く夕刊編 第6章 これが僕らの生きる道⑤】 心込め「いま」を舞う - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  「浦安の舞」が始まった。  シャシャンと鈴を鳴らし、深く腰を落とす。しなやかに、滑らかに、厳かに。  宇佐市安心院町の中野千穂(20)は宇佐神宮の「みこ」だ。伝統装束の白衣と緋袴(ひばかま)を身にまとうようになって2度目の冬を迎えた。  家内…

続きを読む

神戸・湊川神社で福豆の準備

巫女さんが「福豆」作り、節分にどうぞ 神戸・湊川神社:朝日新聞デジタル 福豆:節分前に神戸・湊川神社で準備 /兵庫 - 毎日新聞  「除災招福」を祈る節分祭(2月3日)を前に、神戸市中央区の湊川神社で、豆まきや授与用の「福豆」の準備が行われた。  豆の香りが漂う社務所の部屋で、みこや神社婦人会の会員らが、煎り大豆と五色豆(ピーナッツ)を組み合わせた福豆を小袋に詰め、25日までの3日…

続きを読む

山梨「河口の稚児の舞」が国の重要無形民俗文化財に

山梨)河口の稚児の舞、国の重要無形民俗文化財に:朝日新聞デジタル 国文化審:「河口の稚児の舞」答申 重要無形民俗文化財に /山梨 - 毎日新聞 「河口の稚児の舞」重文に【社会/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版  「河口の稚児の舞」は、富士河口湖町の河口浅間神社の祭礼として行われる少女による神楽。毎年4月の孫見祭(まごみまつり)と、同7月にある太々御神楽祭(だいだいみかぐら…

続きを読む

大神神社で防火訓練

防火訓練:巫女らバケツリレー 文化財防火デーに合わせ 桜井・大神神社 /奈良 - 毎日新聞  文化財防火デーに合わせ、桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で26日、神職や巫女(みこ)らで編成する自衛消防隊や地元の消防団、桜井消防署員ら約100人が参加して防火訓練があった。  境内の祈祷(きとう)殿から出火したという想定で実施。訓練では境内に訓練用の煙が立ちこめる中、巫女らがバケツリレーで…

続きを読む

日吉大社で節分の準備

日吉大社で節分の準備:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  大津市坂本の日吉大社で、2月3日の節分祭の準備作業が進んでいる。  授与所では巫女(みこ)らが小袋や今年の干支(えと)のとりが描かれた升に福豆を詰めたり、景品をそろえたりと忙しく手を動かしていた。  当日は午前11時から、神職による厄よけ祈願が行われ、裃(かみしも)姿の年男、年女ら25人が東本宮の拝殿から福豆1…

続きを読む

東京・亀戸天神社「うそ替え神事」

うそ替え神事、始まる 東京・亀戸天神社 - 読んで見フォト - 産経フォト  東京都江東区の亀戸天神社で24日、恒例の「うそ替え神事」が始まり、多くの参拝者で賑わった。  「悪しきを嘘にして吉に取り(鳥)替える」という慣わしで、人々は前年に頒布された鷽(うそ)と呼ばれる鳥の木彫りのお守りを納め、新しいものと交換した。受験シーズンの合格祈願としても人気がある。権禰宜の毛利勇人さん(32)は…

続きを読む

上賀茂神社で巫女さんが消防訓練

京都)巫女さんも消防訓練 上賀茂神社:朝日新聞デジタル  文化財防火デー(26日)を前に、世界遺産の上賀茂神社(北区)で23日、消防訓練があった。国の重要文化財の細殿(ほそどの)から出火したと想定。北消防署員や上賀茂神社文化財市民レスキュー隊、神社の巫女(みこ)ら約50人が参加した。  訓練では、巫女らが消火器で初期消火をし、文化財市民レスキュー隊員らが重要物品を搬出。その後、北消防…

続きを読む

松山・伊予豆比古命神社「椿まつり」の巫女説明会

みこの心構え学ぶ 松山 | 愛媛新聞ONLINE  愛媛県松山市居相2丁目の伊予豆比古命神社(椿神社)で22日、2月3~5日の「椿まつり」でみこを務める中高生、大学生の説明会があり、45人が参拝客を迎える心構えや応対を学んだ。  神社は週末開催となる今年のまつりで、42万~45万人の参拝を見込んでおり、みこはお札・お守りの受け渡しや誘導案内などを担当する。お守りや縁起物の種類がたくさん …

続きを読む

伊勢・二見興玉神社で福升の準備

福升:準備、最盛期 伊勢・二見興玉神社 /三重 - 毎日新聞 伊勢・二見興玉神社 福升準備に大忙し 節分祭に向け(伊勢新聞) 【伊勢】二月三日の節分祭に向け、伊勢市二見町江の二見興玉神社で、神職らが福升の準備に追われている。参拝者への授与は節分祭まで。  福枡は、十七センチ四方、深さ九センチ。側面に同神社のシンボル・夫婦岩、縁起物の小づちや赤鬼のほか「家運隆昌 商売繁盛」の文字があ…

続きを読む

京都・城南宮の「湯立神楽」

湯立神事、邪気振り払う 大寒の京都・城南宮 : 京都新聞 【動画】伝統の湯立神楽 巫女が湯を散らし邪気払う「健康第一で過ごしたい」 京都・城南宮 - 産経WEST 京都・城南宮の「湯立神楽」  一年で寒さが最も厳しいとされる二十四節気の大寒にあたる20日、無病息災を祈願する「湯立(ゆたて)神事」が京都市伏見区の城南宮で営まれた。巫女(みこ)が熱湯にひたしたササの葉を振り、参拝者が飛び散る滴…

続きを読む

博多・櫛田神社で節分準備[2]

節分へ「福寄せ」「福寿久井」…準備ピークに : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 「福」呼ぶ縁起物、節分準備ピーク 櫛田神社 [福岡県] - 西日本新聞  福岡市博多区上川端町の櫛田神社で、節分大祭に向けた縁起物作りが大詰めを迎えている。19日は神職やみこら7人が、福を引き寄せる熊手「福寄せ」に商売繁盛の札を取り付けたり、豆を袋に詰めたりする作業に追われた。  縁…

続きを読む

博多・櫛田神社で節分準備

節分:福かき寄せたい 福岡・櫛田神社で準備 - 毎日新聞 櫛田神社で節分の縁起物作り(RKB News) 福岡市博多区の櫛田神社では、来月の「節分大祭」に向けて、神職と巫女7人が、豆の袋詰めや福寄せなど縁起物の確認作業に追われています。 今年の縁起物は、お多福の面が飾られた「福寄せ」と呼ばれる熊手のほか、五色の豆が入っている「福五色豆」などあわせて5種類で、およそ6300個が用意…

続きを読む

熊野那智大社で「鬼面札」作り

「鬼面札」作り:節分前、鬼ずらり 那智勝浦・熊野那智大社 /和歌山 - 毎日新聞  那智勝浦町の熊野那智大社で、来月3日の節分祭を前に参拝客に授ける災難よけの「鬼面札」作りが追い込みに入っている。  鬼面札は、しめ縄で赤鬼と青鬼を封じ込めた絵柄の木版画で、玄関などに貼って家内安全を願う。那智の滝でくんだ水で墨をすり、神職が版木に和紙を載せ1枚ずつ丁寧に刷り上げる。その脇で巫女(みこ)…

続きを読む

三浦市三崎・海南神社「チャッキラコ」

豊漁など願い「チャッキラコ」 三浦|カナロコ|神奈川新聞ニュース  国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている民俗芸能「チャッキラコ」が15日、海南神社(三浦市三崎)などに奉納された。4~12歳の女の子21人が、豊漁や海上の安全などを願って華麗に舞った。  三崎の仲崎、花暮地区に伝わる小正月の行事。音頭取りと呼ばれる成人女性の唄に合わせ、少女たちは「鎌倉節」や「お…

続きを読む

姫路・播磨国総社「宝恵駕籠行列」

神戸新聞NEXT|姫路|福娘乗せ、雪の城下町 播磨国総社の宝恵駕籠行列 兵庫)宝恵駕籠行列が商店街練り歩く 初ゑびす祭:朝日新聞デジタル  商売繁盛などを願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の「初えびす祭」が15日、本宮を迎え、福娘らを乗せた「宝恵駕籠(ほえかご)行列」があった。朝から雪が舞う中、氏子ら約500人がにぎやかに中心市街地を巡行。「ほい、ほい、宝恵駕籠、ほい」の掛け声を、白…

続きを読む

伊勢・栄野神社「湯立神事」

伊勢で熱湯を浴びる「湯立神事」 出川哲朗さんやダチョウ倶楽部もびっくり - 伊勢志摩経済新聞 熱湯しぶきで健康祈願 栄野神社で「湯立神事」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  二見興玉神社(伊勢市二見町)の摂社「栄野(えいの)神社」(同)で1月14日、例大祭と「湯立(ゆたて)神事」が行われた。 (中略)  神事が始まると神職らが、束ねたクマザサを煮えたぎる湯の中…

続きを読む

福島・西根神社でうそかえ祭

災い『うそ』...「うそどり」販売に長い列 西根神社でうそかえ祭:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet <うそかえ祭>不幸を「うそ」にトリ代えて | 河北新報オンラインニュース うそかえ祭:災いを幸福に 福島の西根神社 /福島 - 毎日新聞  福島市飯坂町湯野の西根神社で12日、恒例の高畑天満宮うそかえ祭が始まり、縁起物の「うそどり」を買い求める参拝客でにぎわっている。15…

続きを読む

淡路・事代主神社で「仮屋のえべっさん」

十日戎:ササと笑顔で福授け 淡路・事代主神社 /兵庫 - 毎日新聞  「仮屋のえべっさん」で知られる淡路市仮屋の事代主神社で10日、商売繁盛を祈願する十日戎(えびす)があった。好天に恵まれて朝から大勢の参拝客でにぎわった。  福授け所では、金色の烏帽子(えぼし)に千早姿の高校生の福娘5人が交代で「商売繁盛されますように」「家族健康でありますように」などと口上を述べながらササで頭上をは…

続きを読む

福井・西宮恵比須神社で「福餅まき」

福餅キャッチ 幸先よく 福井・西宮恵比須神社:福井写真ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市毛矢三丁目の西宮恵比須(えびす)神社で十日、新春恒例の「福餅まき」があった。雨の中、境内に集まった参拝者約七百人が、まかれた餅を競うようにつかみ、一年の無病息災と商売繁盛を祈った。  「十日えびす祭」(九~十一日)のメイン行事。太鼓の合図で、神社の奉賛会員や…

続きを読む

水戸八幡宮ではねつき神事

茨城)水戸八幡宮ではねつき神事:朝日新聞デジタル  羽根つきの勝敗で今年の稲の豊凶を占う「はねつき神事」が9日、水戸市八幡町の水戸八幡宮であった。1592年の創建以来続く全国でも珍しい神事。会場では、あでやかな晴れ着姿の新成人らも羽根つきを楽しんだ。  雨上がりで地面がぬかるんでいたこの日は、神事の場所を境内の広場から拝殿に変えて、女性の神職と巫女(みこ)の3組が羽根つきをした。勝敗…

続きを読む