松本・深志神社「奨学祭」

長野)新1年生、学業成就や安全祈る 深志神社で奨学祭:朝日新聞デジタル  学問の神様・菅原道真をまつる松本市の深志神社で29日、今春、小学校に入学する新1年生の学業成就や登下校の安全などを願う「奨学祭」があった。14人の児童が父母らと小さな手でかしわ手を打ち、小学校生活の相棒になるランドセルもおはらいを受けた。  神事では遠藤久芳宮司が祝詞(のりと)を奏上し、神職がおはらいした。巫女…

続きを読む

南相馬・鶏足神社「浜下り遷宮祭」

復興や地域発展願い「浜下り遷宮祭」 南相馬・鶏足神社の神事:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  酉(とり)年に海水でご神体を清める南相馬市鹿島区北海老の鶏足(けいそく)神社の神事「浜下り遷宮祭」が25日、鹿島区南海老の浜祭場地などで行われ、住民が震災からの復興や地域の発展を願った。  震災の津波で甚大な被害を受けたため遷宮祭の開催が危ぶまれたが、氏子や地域住民の熱意と…

続きを読む

京都・随心院「はねず踊り」

京都)小野小町しのび「はねず踊り」 梅園も見頃:朝日新聞デジタル 悲恋の物語、あでやかに舞う 京都、隨心院で「はねず踊り」 : 京都新聞  小野小町を巡る悲恋の物語を主題にした「はねず踊り」が26日、京都市山科区の隨心院であった。薄紅色を表す「はねず色」の小袖に身を包んだ女児たちが舞を披露し、訪れた多くの市民が見入った。  はねず踊りは、小野小町のもとに通い続けた深草少将の「百夜(…

続きを読む

鵜戸神宮御田植祭

豊作願い一本一本 鵜戸神宮御田植祭 - Miyanichi e-press  稲の豊作を願い苗を植える、日南市宮浦の鵜戸神宮(本部雅裕宮司)の御田植祭は21日、近くの旧鵜戸小前の御神田であった。かすり着物に編みがさをかぶった早乙女たちと、鵜戸小中・小学2~4年生が古式ゆかしく苗を植え付けた。もうそんな季節なんですね 児童が「正浄寺の雅楽」奉納 県無形文化財 大田原・佐久山|下野新聞「…

続きを読む

大神神社で新人巫女が神楽舞の研修

大神神社 新人巫女が神楽舞の研修(TVN NEWS|奈良テレビ放送) 神楽舞みっちり稽古 - 大神神社 | 社会 | 奈良新聞WEB 大神神社 新人巫女が神楽舞の稽古  桜井市三輪の大神神社で22日、巫女(みこ)を対象にした神楽舞の稽古が行われ、新人4人を含む23人が参加した。講習会は4日間の日程で、修了すれば新人も日々の祈祷(きとう)で神楽を舞うことが許されるようになる。  同神社…

続きを読む

柳川で「おひな様水上パレード」

華やぐ、水上おひな様 女の子らがパレード 福岡・柳川:朝日新聞デジタル 水郷柳川、おひな様パレード どんこ舟に稚児装束のこどもたち [福岡県] - 西日本新聞  春の水郷の風物詩になっている「おひな様水上パレード」が19日、柳川市中心部の掘割で開催された。出発地点の沖端では、さげもんが飾り付けられた掘割を、稚児たちを乗せたどんこ舟がゆったりと進み、大勢の観光客でにぎわった。  パレ…

続きを読む

北野天満宮「飛び梅」のクローンに成功

北野天満宮「飛び梅」にクローン苗木…病気備え : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 御神木の梅:増殖苗木里帰り 世界初、住友林業が成功 北野天満宮 /京都 - 毎日新聞 京都)北野天満宮の御神木の紅梅、接ぎ木と判明:朝日新聞デジタル 京都・北野天満宮の御神木の梅 約350年前に接ぎ木か - 産経WEST 「飛び梅」伝説の神木、江戸前期に接ぎ木 京都・北野天満…

続きを読む

出羽三山神社の倭楽奉納

出羽三山神社の倭楽奉納|山形新聞 出羽三山神社 「倭楽」奉納上演|2017年03月15日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社  鶴岡市羽黒町手向の出羽三山神社合祭殿で14日、神事芸能「倭楽(やまとがく)」の奉納上演が行われた。神官や巫女(みこ)が同神社に古くから伝わる舞を優雅に繰り広げた。  同神社には、明治初期に奈良県の春日大社から倭楽が伝えられた。しかし時代…

続きを読む

春日大社御田植祭

春日大社 御田植祭(奈良テレビ放送) 春日大社 御田植祭  春日大社の御田植祭は、平安時代の終わりから続く伝統の神事です。  本殿前の幣殿を田んぼに見立て、田の主と牛に扮した男らが鋤を引いて田を耕しますが、途中で牛が暴れるなどのユーモラスな場面も演じられます。そして八乙女と呼ばれる巫女が登場し、田植え歌に合わせて優雅に舞います。最後に巫女たちは、苗に見立てた松の枝を次々に植えてゆき五穀豊穣…

続きを読む

宇佐で「巨石祭」

巨石祭り:春告げる 宇佐で登山客の安全祈願 /大分 - 毎日新聞  神が都を築こうとしたという、いわれのある宇佐市安心院町熊の「京石(きょういし)」(市指定史跡)で12日、春を告げる米神山(475メートル)の山開きを兼ねた「巨石祭」があり、登山客の安全祈願をした。  佐田神社神職がおはらいをした後、県神社庁宇佐支部から派遣された巫女(みこ)が京石の前で「浦安の舞」を披露した。地元の佐…

続きを読む

桜井・成願稲荷神社で初午祭

奈良)成願稲荷神社で初午祭 神楽奉納や旗あめの配布も:朝日新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社の末社、成願稲荷神社で8日、初午(はつうま)祭があった。木に囲まれた境内で、2人の巫女(みこ)が五穀豊穣(ごこくほうじょう)や商売繁盛を願って神楽「浦安の舞」を奉納した。訪れた参拝者は厳かな舞に見入った。  巫女たちは舞の奉納後、参拝者に約200本の旗あめを配った。旗あめは長さ30センチほど…

続きを読む

郡山・高屋敷稲荷神社で初午大祭

初午大祭で商売繁盛祈願 郡山・高屋敷稲荷神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  福島県郡山市の高屋敷稲荷神社(鈴木広一宮司)は8日、同神社で初午(はつうま)大祭を行い、参拝者が五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛、家内安全などを願った。  旧暦2月最初の午の日を初午といい、今年は3月8日に当たる。この日は全国各地の稲荷神社で「初午詣り」として祭礼が行われる。巫女さんが平…

続きを読む

盛岡・大宮神社で「県内女子神職によるひなまつり」

「女子神職」ひなまつり祝う 盛岡の神社(岩手日報)  盛岡市本宮の大宮神社(鈴木亜希子宮司)と県婦人神職協議会(遠藤憲古(のりこ)会長)は5日、同神社で「県内女子神職によるひなまつり」を初めて開いた。桃の節句を祝って女の子が集まり、家族らが健康や幸せを祈った。  子どもから高齢者まで約100人が参加。鈴木宮司と遠藤会長ら7人の女性神職が厳かに神事を行い、参列者は世帯ごとに玉串をささげ…

続きを読む

福井・佐佳枝廼社で女性神職によるひな祭り神事

福井)女性神職がひな祭り神事 福井・佐佳枝廼社:朝日新聞デジタル 「女性輝けるように」 佐佳枝廼社でひな祭り神事 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  桃の節句の3日、福井市大手3丁目の佐佳枝廼社(さかえのやしろ)で、全国的にも珍しい女性神職による神事があった。  女性の活躍を祈ろうと、県女子神職会が企画し、今年で2回目。紫色や朱色、山吹色などの色鮮やかな装束…

続きを読む

石清水八幡宮で桃花祭

邪気払い、子の成長祈る 京都、石清水八幡宮で桃花祭 : 京都新聞  「桃の節句」の3日、五節句を祝う祭事「五節祭(ごせつさい)」の一つの「桃花祭(とうかさい)」が京都府八幡市八幡の石清水八幡宮であった。参拝者は、邪気を払うとされる桃の花を飾った本殿前で、子どもの成長や健康を祈願した。  同宮では幕末ごろまで仏事としての御節会(ごせちえ)を営んでいた。明治時代初めの神仏分離で廃止したが…

続きを読む

射水・西宮神社で流し雛

「流し雛」きれいだね 射水・西宮神社:ホッとニュース - 47NEWS(よんななニュース)  県内の若手神職でつくる県神道青年会(尾崎定秀会長)は2日、射水市本町(新湊)の西宮神社(西宮雅人宮司)で「流し雛」を行い、地元の子どもたちが紙で作ったお内裏さまとおひなさまをすげがさに載せて内川に流した。  同会によると、人形に厄災を託して海や川に流す風習がひな祭りの起源という。  同…

続きを読む

行方・蓮城院で稚児行列

衣装華やか、雛さながら 行方・蓮城院の稚児行列 | きたかんナビ 華やかに稚児行列 行方・蓮城院 行方市麻生の蓮城院(宮川孝栄住職)の「稚児行列」が26日、同院と周辺の麻生陣屋大通り商店街などで行われた。華やかな衣装に身を包んだ子どもたちが商店街を歩く姿を、地元のお年寄りなどがうれしそうに笑顔で見守った。 稚児行列は、子どもたちの健やかな成長を祈る行事で、少子化の影響などで1995年を…

続きを読む