2017年03月13日

宇佐で「巨石祭」

巨石祭り:春告げる 宇佐で登山客の安全祈願 /大分 - 毎日新聞
20170313dd0phj000093000p.jpg
 神が都を築こうとしたという、いわれのある宇佐市安心院町熊の「京石(きょういし)」(市指定史跡)で12日、春を告げる米神山(475メートル)の山開きを兼ねた「巨石祭」があり、登山客の安全祈願をした。

 佐田神社神職がおはらいをした後、県神社庁宇佐支部から派遣された巫女(みこ)が京石の前で「浦安の舞」を披露した。地元の佐田保育園の園児らが太鼓を打ち鳴らし、祭りを盛り上げた。参加者は餅拾いを楽しんだ。
パワースポットとして登山者に人気

「斎王まつり」斎王役に中前さん 明和町で選考会:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2017031202100143_size0.jpg
 六月に明和町の国史跡・斎宮跡で開く斎王まつりの斎王役の配役選考会が十二日、同町斎宮のいつきのみや歴史体験館で開かれ、大阪市西区の会社員、中前安薫(あゆき)さん(26)が選ばれた。

 斎王は飛鳥時代から南北朝時代までの約六百六十年にわたり、天皇に代わって伊勢神宮に仕えた皇族女性。選考会ではまつり実行委役員など十七人が選考委員を務め、応募した県内外の女性十六人と面接し、斎王に関する知識や意気込み、立ち振る舞いなどを審査した。

 明和町出身の友人の紹介で応募した中前さんは配役が決まると、本番に着用する赤色を基調にした十二単(ひとえ)に着替え、記念撮影に臨んだ。
写真【前回斎王役を務めた八木さん(右)から扇を受け取る中前さん】
posted by naive at 19:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする