飯田・大宮諏訪神社で春祭り

大宮諏訪神社で春祭り開く « ミナミシンシュウ.jp  飯田市宮の前の大宮諏訪神社で2日、春祭りが行われ、氏子総代らが見守る中、みこ姿の地元小中高生4人が拝殿で「浦安の舞」を奉奏するなど、氏子の安泰や天下泰平が祈願された。  浦安の舞は、雅楽楽器の音色に合わせ、みこが舞う女舞。前半は扇を手に、後半は鈴を手に優雅な所作をみせる。高校2年生の二人「体に動きが染み付いている」「勉強も部活も頑張りたい」 衣装華やか健康願い 三嶋大社で稚児行列|静岡新聞アットエス  三島市の三嶋大社の伝統行事「鎮花祭」を前に稚児行列が3日、大社と周辺で行われた。穏やかな春の陽気の中、子どもたちは保護者に手を引かれながら、華やかな行列をつくった。  三島市を中心に県内外から集まった3~7歳の38人が参列した。男児は緑色の狩衣(かりぎぬ)にえぼし、女児は桜色の千早に金の冠姿で、桜の枝を片手に同市本町から大社本殿までの約1キロを練り歩いた。行列披露後に健康祈願祭や稚児舞にも臨んだ。神事を行う鎮花祭は9日に 華やか衣装で32人、稚児行列 伊東・宇佐美仏教会「花まつり」 - 伊豆新聞  伊東市の宇佐美仏教会(会長=浜崎道昭・円応寺住職、7カ寺)は2日、宇佐美の朝善寺で釈迦(しゃか)の誕生日(8日)を祝う「花まつり」を開いた。市内外から参加した2~10歳の子ども32人が華やかな衣装を着て、寺周辺を稚児行列した。  行列は桜の造花を持ち、各寺住職や保護者らと共に寺を出発した。宇佐美保育園まで歩い…

続きを読む