京丹波・猿田彦神社で太々神楽

伝統の神楽、子どもたち優雅に舞う 京都・猿田彦神社 : 京都新聞  京都府京丹波町水原の猿田彦神社で9日、春季大祭が営まれた。みこに扮(ふん)した地元の子どもたちが和太鼓の響きに合わせ、伝統の「太々(だいだい)神楽」を優雅に舞った。  同神社は1326年の創建とされ、家内安全や交通安全、雷除けの守り神として信仰されている。毎年4月の春季大祭で奉納される神楽は1889(明治22)年に始まり、1938(昭和13)年からは地元の児童が奉納している。中学2年生と1年生「鈴が重たく、傾かないように持つのが大変でしたが、伝統の神楽を披露できてうれしい。こうした舞が残る地元を誇りに思う」 豊作祈り神田にもみまく 京都・伏見稲荷で水口播種祭 : 京都新聞  豊作を祈る水口播種(みなくちはしゅ)祭が12日、伏見稲荷大社(京都市伏見区)で行われた。すげがさにあかねだすきの早乙女姿の人たちが、神田に種もみをまいた。  境内北側にある広さ約330平方メートルの神田の一角で行われた。大阪府摂津市の信者らでつくる「三島初穂講」の男女15人が、神楽の演奏される中、桜の花びらが浮かぶ水面に種もみをまいていった。6月の田植祭で植え、10月の抜穂祭では約150キロのコメの収穫を見込んでいます しぶき浴び無病祈る 大麻比古神社で「湯立神楽」【徳島ニュース】- 徳島新聞社  神前で沸かした湯をササの葉で振りまいて厄をはらう神事「湯立神楽(ゆだてかぐら)」が8日、鳴門市大麻町の大麻比古神社であり、…

続きを読む