大神神社「鎮花祭」

鎮花祭:薬草供え、邪気ばらい 製薬・医療関係者ら250人 大神神社 桜井 /奈良 - 毎日新聞  桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で18日、薬まつりとして親しまれる「鎮花祭(はなしずめのまつり)」があった。製薬会社や医療関係者ら約250人が参列し、無病息災と製薬・医療関係者の事業安全と発展を祈願した。  全国の製薬会社約350社から献薬された約100種類約2万点が供えられた神前で、祝詞奏上の後、神職が邪気をはらう桃の花枝を添えて薬草の百合根と忍冬(にんどう)を供えた。続いて巫女(みこ)が神楽「奇魂(くしみたま)の舞」を優雅に舞った。鎮花祭は同神社の摂社、狭井(さい)神社でも営まれました 富山売薬の祖・正甫公しのぶ 大法寺で法要|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  富山売薬の祖とされる富山藩2代藩主、前田正甫(まさとし)の312年忌大法要「二天会(にてんえ)・正甫公法祭(しょうほうこうほうさい)」は18日、富山市梅沢町の大法寺(草野寛行住職)で営まれ、薬業関係者や檀家ら約80人が、先用後利の商法で富山売薬を全国に広めた正甫の功績をたたえた。  寺に隣接する立正幼稚園の年長児8人が、経文を唱え、厳かに稚児舞を奉納。草野住職が富山の薬業発展と子どもたちの健康、世界平和などを祈願した。県の2016年度の医薬品生産額が全国1位となったそう 弥生祭で縁結び新企画 短冊や特別御朱印も 日光市観光協会など|下野新聞「SOON」  【日光】春の祭典「弥生祭」を多くの…

続きを読む