苫小牧・樽前山神社で「貝運一念発起みくじ」頒布開始

おみくじ:特産ホッキ貝で「一念発起」 開運願い 北海道 - 毎日新聞 一念発起(ホッキ) 樽前山神社、ご当地おみくじ【苫小牧】|北海道ニュースリンク 苫小牧・樽前神社の「ホッキみくじ」で運試しを(室蘭民報) 一念ホッキで“貝運”を 樽前山神社 ご当地みくじ販売開始 | どうしんウェブ/電子版(道央)  苫小牧市高丘の樽前山神社は、水揚げ量日本一を誇る苫小牧のホッキ貝を模したおみくじ「貝運一念発起みくじ」を用意し、10日から境内の社務所で取り扱っている。紙製のかわいらしい貝殻に、北海道弁の文字で書かれた「えぞみくじ」が入っている。  初穂料は300円で、紙製のホッキ貝は縦5センチ、横6センチ、厚さ4センチほど大きさ。おみくじには、「運気なまら上昇中」などと北海道弁で記されている。  「貝運一念発起みくじ」は、北海道ご当地みくじシリーズとして道内各地の神社の神職が共同で考案した一つ。昨年は根室市の金刀比羅神社がサンマ、函館市の湯倉神社がイカ、今年1月には帯広市の帯広神社がサケをイメージしたおみくじの取り扱いを始めた。今月下旬から上川管内美瑛町の美瑛神社でトウモロコシのおみくじが登場する。同神社の権禰宜さんがデザインを手掛けたそう 「悠久の舞」で平穏祈願 香取神宮例祭に氏子300人 | 千葉日報オンライン  香取神宮(香取市、香取武宮司)で14日、古くから伝わる例祭が行われた。突き抜けるような青空が広がる中、参列した約300人の氏子らは、日常生活の平穏無事などを祈願し…

続きを読む

熊野速玉大社境内の新宮神社で「さくら祭り」

安寧祈り桜ささげる速玉境内の新宮神社で例祭 | 紀南新聞ONLINE  新宮市の熊野速玉大社境内にある新宮神社の例祭「さくら祭り」が3日、同神社前であった。崇敬者など約30人が参列。冠を桜で飾った巫女(みこ)が舞を奉納したほか、神前に玉串として桜の小枝をささげ、五穀豊穣(ほうじょう)や国家安寧など祈願した。  新宮神社は明治期の1町村1社の神社合祀令により、当時の新宮町内にあった13社を同大社境内に合祀して建立。さくら祭りは祀(まつ)られている神のなかで最も格の高い神武天皇を尊ぶ例祭として、毎年4月3日に営まれている。  祭典では、神職のお払いの後、上野顯宮司が祝詞を奏上。巫女が浦安の舞を奉納した。まず宮司が、続いて参列者が桜の小枝を玉串として奉てん。目を閉じて静かに祈りをささげていた。装束が独特です 戦没者に鎮魂の祈り - 石川県のニュース | 北國新聞社  石川護国神社の春季例大祭は19日、金沢市の同神社で執り行われ、参列者約千人が、戊辰(ぼしん)戦争以降の戦没者4万4832柱に鎮魂の祈りをささげた。  高井良直宮司が祝詞、奉賛会長の米澤賢司石川県議会議長が祭詞を奏上した。白山比咩神社の舞女(まいひめ)2人が神楽舞「浦安の舞」を奉納し、高井宮司と米澤会長、竹中博康副知事、今田勇雄県遺族連合会理事長らが玉串をささげた。【途中、雨脚の強まる時間帯があり、米澤会長はあいさつで「英霊が田畑の豊作を願ったのではないか」と思いを寄せた】 戦没者しのび 児童浦安の舞 足羽…

続きを読む