2017年05月05日

二本松・万人子守地蔵尊で例大祭

子どもの成長願い 万人子守地蔵尊で例大祭 二本松 | 県内ニュース | 福島民報
IP170504AC0000467000_0001_COBJ.jpg
 奥州唯一の子どもの守護神として信仰を集める二本松市小浜の万人子守地蔵尊例大祭は3日、同地蔵尊で始まった。5日まで。
 初日は天気に恵まれ、多くの参拝者でにぎわった。子どもの健やかな成長を願って貸し出された木彫りの「御尊体」を里帰りさせ、本堂で祈祷を受けた。新たに御尊体を借り受ける参拝者もいて行列ができた。
 境内では地元の小中学生11人が伝統の稚児舞を奉納した。きらびやかな衣装をまとい御詠歌に合わせ扇を手に、華やかに舞った。
稚児舞は4日の午前10時と午後2時にも奉納

稚児行列 華やかに 南部町春まつり開幕(デーリー東北)
201705030P172106.jpg
 南部町春まつりが3日、始まった。初日は稚児入山行列が行われ、緑や桃色の鮮やかな衣装をまとった町内の園児たちが法光寺の参道を練り歩き、開幕を彩った。

 行列はお釈迦様の誕生を祝う様子を再現。春まつりに合わせて毎年実施している。
何か色調が…

演舞多彩 晴れやか 博多どんたく - 西日本新聞
201705050001_000.jpg
 博多どんたく港まつりの数ある演目の中でも人気が高い稚児流(ながれ)による舞の披露。今年は稚児西流が当番で舞姫を1人増やし5人態勢で臨んだ。福岡市中央区の県護国神社では4日、笛や太鼓などの囃子(はやし)方も含めて21人全員がそろい、息のあった舞を披露した。

 全員が顔をそろえるのは3日の櫛田神社と明治通りパレード、4日の県護国神社と福岡市役所のみ。それ以外の100カ所以上は松、竹、梅、寿の4班に分かれて巡行する。
「竹班に2人の舞姫を配置し、いざとなれば、1人が他班に駆けつける態勢を整えた」とのこと
posted by naive at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北・北海道 | 更新情報をチェックする