2017年05月06日

京都・貴船神社で菖蒲神事

菖蒲神事:子の邪気払う巫女の舞 端午の節句「発祥地」貴船神社で 左京 /京都 - 毎日新聞
20170506oog00m010009000p.jpg
 端午の節句の発祥地とも言われる貴船神社(京都市左京区)で5日、邪気を払い子どもの健やかな成長を祈る菖蒲(しょうぶ)神事があった。新緑の鮮やかな境内に子ども連れなど多くの参拝客が訪れ、伝統儀式に見入っていた。

 神社は、京都御所から見て、邪気が入るとされる鬼門の方角にあるため「御所の守り神」としてまつられ、端午の節句など年の節々を祝う「五節句」の発祥の地ともされる。鴨川の水源地に位置し、水の供給をつかさどる神をまつっており、雨乞いや晴乞いなどで天皇のお使いが数百度来た記録があるという。

 菖蒲神事では、鬼の角として菖蒲、鬼の髻(もとどり)としてちまきなどを神前に供えた後、菖蒲やヨモギの葉を持った巫女(みこ)が舞を奉納した。
数百度とはすごいですね

みなべの鹿島で明神祭 - 日高新報 Web Hidaka
0507明神祭-thumb-200xauto-10871.jpg
 みなべ町埴田、鹿島神社の明神祭が3日に行われた。江戸時代の津波被害を最小限に抑えてくれた鹿島に感謝し、毎年開催。ことしも関係者らが南部湾に浮かぶ鹿島に渡り、神事が営まれた。

 言い伝えによると、鹿島に鎮座する大明神が江戸時代の1707年の宝永の大地震と1855年の安政の大地震で発生した大津波を2つに分けて被害を抑えたという。
14~17歳の巫女さん5人が豊栄の舞を奉納

華やかに神輿巡行や稚児行列 京都・生身天満宮春祭り : 京都新聞
20170502120230tigo450.jpg
 京都府南丹市園部町美園町の生身天満宮で1日、恒例の春祭りが営まれた。一帯で神輿(みこし)巡幸や稚児行列などがあり、多くの人でにぎわった。

 稚児行列には地元の子どもたちや保護者ら約60人が参加。化粧をして、烏帽子(えぼし)や花冠をかぶった子どもたちが、太鼓屋台と神輿とともに一帯を歩いた。太鼓やかねの音を響かせながら、華やかに練る様子を、沿道の人たちは手を振ったり、写真を撮ったりしながら見守った。
神事の後には伊勢大神楽や篠笛の演奏なども
posted by naive at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | 更新情報をチェックする

京都・葵祭「御禊の儀」

ヒロイン、身清め「葵祭」の無事願う 斎王代が御禊の儀 - フォトジャーナル - 産経フォト
京都・下鴨神社:「御禊の儀」斎王代の19歳、心身清める - 毎日新聞
十二単の斎王代、御手川で身清め 京都・葵祭「御禊の儀」 : 京都新聞
jnl1705040001-p2.jpg 20170505k0000m040082000p.jpg
 京都三大祭りの一つ、葵(あおい)祭(15日)を前に、ヒロインの「斎王代(さいおうだい)」が身を清める「御禊(みそぎ)の儀」が4日、京都市左京区の世界遺産・下鴨神社であった。第62代斎王代を務める同志社大2年、富田紗代さん(19)が川に両手を浸して心身を清めた。
「平安時代にタイムスリップしたような気持ち。水は冷たく、心がひきしまりました」

城下町で江戸行列、6日は松平健さんも 大分・杵築:朝日新聞デジタル
AS20170505002086_comm.jpg
 大分県杵築市の城下町で5日、きつきお城まつりが始まった。公募などで集まった約100人が2日間、「江戸行列」と銘打ち侍姿や着物姿で練り歩く。

 今回で祭りが30回目を迎えた記念に、6日はゲストに俳優の松平健さんが将軍役で登場する。5日はその「予行演習」も兼ねており、1時間ほど行進した。
ちょっぴり緊張気味

高円宮家の根付一堂 森町・小国神社で30日から展示|静岡新聞アットエス
IP170429TAN000051000_1.jpg
 高円宮家所蔵の約200点が並ぶ「高円宮家根付コレクション展」(小国神社主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が30日、森町一宮の同神社で開幕する。29日には高円宮妃久子さまによる記念講演と式典が開かれた。
巫女さんも興味津々
posted by naive at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | 更新情報をチェックする