2017年05月08日

三重県多気町・車田で御田植祭

三重)多気の車田で田植え行事:朝日新聞デジタル
AS20170506001719_comm.jpg
 ふるさとの景観や農業の大切さを伝えようと、多気町長谷にある円形の水田「車田」で6日、地元の地域おこしグループ「一八会」が御田植祭(おたうえさい)を営んだ。

 1998年に始まり、今年で20回目。花笠やかすりの着物を身につけた早乙女ら約20人が半径11メートルの田んぼに入った。宮司が鳴らす太鼓の音に合わせ、もち米の苗を一本ずつ円の中心から外へと丁寧に植えた。
5歳の子「泥の中を歩くのが難しかったけど、楽しかった」

こどもの日:こくら室町稚児行列 雅に練り歩く/スポーツ大会in北九州 キッズ全力で挑戦 /福岡 - 毎日新聞
20170506dd0phj000178000p.jpg
 こどもの日の5日、長崎街道の起点の町だった小倉北区室町地区で「こくら室町稚児行列」があった。きらびやかな装束をまとった3歳、5歳、7歳の55人が、付き添いの家族と一緒に常盤橋から八坂神社までを練り歩いた。

 街おこしイベント「第12回長崎街道起点ちゃ室町」(室町地区活性化自治連絡協議会商業部主催)の一環。稚児行列は3回目で、「日本の伝統文化を子どもたちに伝えたい」と始まった。男の子は立ち烏帽子(えぼし)、女の子は天冠(てんかん)をかぶり、笛や太鼓の先導で、元気に足を進めた。
左の巫女さん(?)が気になる

子どもの日・善光寺で稚児行列 (SBC信越放送) - Yahoo!ニュース
20170505-00303655-sbc-000-view.jpg
こどもの日にあわせ、長野市の善光寺で恒例の「花まつり」が行われ、稚児行列が表参道を練り歩きました。花まつりは、お釈迦様の生誕を祝って、長野市仏教会が毎年開いているもので今年で95回目です。稚児行列にはおよそ130人が参加し、華やかな衣装を着た子どもたちが保護者に手をひかれ、表参道を練り歩きました。
動画じゃなかった…
posted by naive at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/御田植祭など | 更新情報をチェックする