2017年05月14日

下鴨神社で御蔭祭

新たな神霊に雅やかな舞 京都・下鴨神社で御蔭祭 : 京都新聞
葵祭を前に御蔭祭 京都 - 産経WEST
wst1705130053-p1.jpg
 葵祭に先立ち、比叡山ふもとの御蔭(みかげ)神社(京都市左京区)から、新しく生まれた祭神の神霊を迎える御蔭祭が12日、左京区の下鴨神社などで行われた。糺の森では雅楽や歌に乗せて舞う「東游(あずまあそび)」が披露された。
(中略)
 糺の森に設けられた「切芝」と呼ばれる祭場では、和琴(わごん)やひちりきなどの演奏に合わせ、おおらかな古代歌謡が歌われた。神霊を運ぶ神馬(しんめ)の前で、舞人(まいびと)6人がゆったりと舞った。
葵祭の3日前に行われます

伊勢神宮の専用水田で田植え 大雨と大風の中でも古式ゆかしく - 伊勢志摩経済新聞
伊勢神宮で「御田植初」、御料米の豊作を祈願 TBS NEWS
1494712513_b.jpg
 伊勢神宮の専用水田「神宮神田」(伊勢市楠部町)で5月13日、大雨と大風の中「神田御田植初(しんでんおたうえはじめ)」が行われた。
(中略)
 神田御田植初は、2人の奉仕員が早苗を3列植え、子持帷子(かたびら)に烏帽子、青いたすき姿の男10人と、菅笠に白衣、赤いたすきをかけた女10人が交互に並び、早苗を手で植えていく。その間、笛や太鼓で田楽を演奏する。
悪天候でも行うんですね

青葉まつり:「笑顔で頑張る」 青葉娘らお披露目 高野 /和歌山 - 毎日新聞
稚児大師&青葉娘が決定♪6月の空海降誕会で散華 | 高野山麓 橋本新聞
20170514oog00m010016000p.jpg
世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の開祖・弘法大師・空海の降誕会(ごうたんえ)「青葉まつり」=6月15日(木)を控えて、幼少期の空海「稚児大師」と、祭典を古式豊かに彩る「青葉娘」4人が決まり、5月11日、高野山真言宗総本山・金剛峯寺などで報道陣にお披露目された。
山車に乗り、見物客にハスの花びらを模した縁起物の「散華」をまきます
posted by naive at 20:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | 更新情報をチェックする