高岡・射水神社の「人形代祓え」

人形代 いにしえの清め 高岡・射水神社 川の水使い:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  高岡市古城の射水神社は30日に斎行する「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の「人形代祓(ひとかたしろはら)え」で、「射水川」(小矢部川河口)の清純な斎水に、罪穢(けが)れを移した紙の人形代を浮かべて身を清める儀式を初めて行う。29日に斎水を満たす斎樽(いみだる)と川に見立てる斎串(いぐし)御…

続きを読む

兵庫・多可町「ジュンサイまつり」

神戸新聞NEXT|北播|風情ひときわ早乙女姿 多可でジュンサイ採り  初夏を彩る風物詩の「ジュンサイまつり」が25日、兵庫県多可町中区曽我井の逆池一帯で開かれた。水面に浮かべたたらい舟では早乙女姿の高校生たちがジュンサイ採りを披露。ジュンサイ入りのそばなどの販売もあり、町内外から訪れた約400人で活気づいた。結構大変そう 健やかな成長を願って | さがみはら中央区 | タウンニュース…

続きを読む

真庭・湯原温泉郷で「露天風呂の日」イベント

露天風呂の日 温泉の恵みに感謝 湯原温泉郷、割安料金で開放: 山陽新聞デジタル|さんデジ  真庭市の湯原温泉郷で26日、「6(ろ)・(てん)26(ぶろ)」の語呂にちなんだ「露天風呂の日」のイベントが開かれ、岡山県内外の観光客らが温泉の恵みに感謝する催しや内湯巡りを楽しんだ。  午前6時26分、湯原町旅館協同組合の幹部ら7人が温泉街にある「温泉之祖神(おんせんのそじん)」を参拝した後、…

続きを読む

佐賀・松原神社「河童祭」

兵主部に水難防止や安産祈念 松原神社|佐賀新聞LiVE サガテレビ | 佐賀のニュース | 「河童祭」で水難事故防止を祈願  水難防止や安産を祈念する松原河童(かわそう)の例祭「河童祭(かわそうさい)」が25日、佐賀市の松原神社で開かれた。  約230年前、松原神社に奉納されたという河童の木像「兵主部(ひょうすべ)」をまつっている松原河童社には、関係者ら約20人が参加した。きゅうり…

続きを読む

益子・太平神社「献花祭」

アジサイに無病息災願う 益子・太平神社 巫女姿の稚児が献花【動画】|下野新聞「SOON」  春夏秋冬を表す稚児4人が境内のアジサイ12本を奉納する恒例の献花祭が24日、益子町益子の太平神社で行われた。氏子らは1年間の自然の恵みに感謝し無病息災を願った。  ことしで33回目。同神社は1983年にアジサイを植樹した。地元住民有志が管理し、毎年約5千株が咲き誇る。この日、みこに扮(ふん)し…

続きを読む

伊勢神宮祭主に黒田清子さん

伊勢神宮祭主に黒田清子さん 最初のご奉仕は10月の神嘗祭を予定 - 伊勢志摩経済新聞  神宮司庁広報室(伊勢市宇治館町)が6月20日、池田厚子さんに代わって黒田清子さんが神宮祭主に就任したと発表した。  天皇陛下の姉の池田さんは1988(昭和63)年10月28日、神宮祭主に就任し、19日付けで退任した。天皇皇后両陛下の長女・黒田さんは2012年4月26日から2013年10月6日まで、…

続きを読む

伊弉諾神宮「御田植祭」

早乙女姿で「御田植祭」 五穀豊穣を祈る 兵庫・伊弉諾神宮 - 産経ニュース  五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る「御田植(おたうえ)祭」が18日、淡路市多賀の伊弉諾神宮で開かれた。赤いたすきに笠(かさ)をかぶった早乙女姿の県立淡路高校(同市富島)の女子生徒や氏子の女性ら約20人と地元の保育園児8人が参加し、神前に供える米を育てる「御斎田(ごさいでん)」で田植えを行った。  台風や…

続きを読む

奈良・率川神社「三枝祭」

ササユリ手に巫女の舞 - 率川神社で三枝祭 | 総合 | 奈良新聞WEB 三枝祭:鮮やか衣装で健康祈願 率川神社 /奈良 - 毎日新聞  奈良市本子守町の率川(いさがわ)神社で17日、約1300年前から続く疫病よけの例祭「三枝祭(さいくさのまつり)」が営まれた。訪れた大勢の参拝客が無病息災を祈願した。  神社に祭られている媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)がササユリ…

続きを読む

祐徳稲荷神社で「お田植え祭」

五穀豊穣祈り「お田植え祭」 祐徳稲荷神社|佐賀新聞LiVE 佐賀)祐徳稲荷神社で「お田植え祭」 鹿島:朝日新聞デジタル  五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「お田植え祭」が16日、鹿島市古枝の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)の斎田で行われた。創建以来300年以上続く伝統行事で、菅笠(すけがさ)やかすりの着物をまとった早乙女姿の巫女(みこ)たちが秋の豊作を願い、優雅な「田植え歌」に合わせて苗を植え込…

続きを読む

帯廣神社春季大祭で「浦安の舞」奉納

帯廣神社で春季大祭始まる 宵宮祭で舞奉納 | 十勝毎日新聞電子版-Tokachi Mainichi News Web  帯廣神社(東3南2、大野清徳宮司)で14、15日に春季大祭(春祭り)が執り行われた。14日夜には宵宮祭も実施され、管内の高校生らがみこ姿で、神前に舞を奉納した。  同神社は1910年に当時の札幌神社(現北海道神宮)から分霊を授かっており、毎年同神宮で例祭が行われる1…

続きを読む

熊野那智大社「紫陽花祭」

和歌山)紫陽花祭、鮮やかに 熊野那智大社:朝日新聞デジタル 熊野那智大社で紫陽花祭 花ささげ無病息災願う - サッと見ニュース - 産経フォト 熊野那智大社で紫陽花祭 無病息災願う/AGARA 紀伊民報 紫陽花祭:自然の恵みへ感謝込め 那智勝浦 /和歌山 - 毎日新聞 空梅雨だけど咲きそろう 熊野那智大社「紫陽花祭」、自然の恵みに感謝 - 産経WEST  アジサイの名所で知られる…

続きを読む

上田で「オーナーお田植まつり」

◆上田市で「オーナーお田植まつり」を殿城の棚田で開く!「浦安の舞」奉納など!稲倉の棚田保全委員会が主催!長野県 上田市 | 東信ジャーナル[Blog版]  上田市の稲倉の棚田保全委員会(金澤正明委員長)は27日、「オーナーお田植まつり」を殿城の棚田で開いた。  棚田のオーナーが田植えを行う恒例行事で、今回は初めて「お田植まつり」と称し神事を行った。新設した「大曲の舞台」で石清水神社と…

続きを読む

薩摩川内・新田神社「お田植え祭」

お田植え祭:豊穣祈り 古代の農耕儀礼継承 薩摩川内・新田神社 /鹿児島 - 毎日新聞  薩摩川内市宮内町の新田神社で11日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る6月の風物詩「お田植え祭」があった。  古代の農耕儀礼を継承し、入梅の頃の日曜に開催される。氏子や市内の外国人留学生、国際交流員らが狩衣(かりぎぬ)やはかまを着けて早男(さおとこ)、早乙女となり、神田に苗を植えた。「奴(やっこ)振り踊…

続きを読む

山形県朝日町・空気神社「空気まつり」

山形県朝日町で、空気に感謝する「空気まつり」が開か…:空気に感謝、舞奉納:時事ドットコム 胸いっぱいに深呼吸 朝日で「空気まつり」始まる|山形新聞  世界で唯一空気をご神体にしている朝日町白倉の空気神社で3日、「空気まつり」が始まった。神社本殿が一般開放され、新緑のブナ林に囲まれた鏡盤のステージ上で地元の小学生がみこの舞を奉納した。  和合地区の小学4~6年生7人が舞い手を務め、五…

続きを読む

近江神宮「漏刻祭」

先端の技、小宇宙に魅せられて 近江に流れる悠久の時間:朝日新聞デジタル ABC WEBNEWS|【滋賀】近江神宮「漏刻祭」 「時の記念日」に漏刻祭 大津・近江神宮 - 読んで見フォト - 産経フォト 時の記念日 漏刻祭(関西テレビ) 「時の記念日」の10日、日本で初めて水時計をつくったとされる天智天皇をまつる大津市の近江神宮で、恒例の「漏刻祭」が行われました。 「漏刻祭」…

続きを読む

明石・岩屋神社で中学生が巫女舞に挑戦

神戸新聞NEXT|明石|「トライやる」で巫女舞に挑戦 衣川中の女子5人  兵庫県明石市の岩屋神社(材木町)で9日、「トライやる・ウィーク」で活動中の衣川中学校2年の女子生徒5人が巫女の舞に挑戦した。  (中略)6日から同神社で境内の清掃や礼儀作法の学習などに取り組んでおり、この日に向けて舞の練習にも汗を流してきた。  舞は毎年1月の「初戎祭」で奉納される「戎舞」。5人は巫女の衣…

続きを読む

博多・櫛田神社で「お汐井てぼ」作り

山笠、縁起物の準備が大詰め 福岡・櫛田神社:朝日新聞デジタル 博多祇園山笠:準備着々 お汐井てぼ作り大詰め - 毎日新聞 縁起物作り大詰め 山笠ムード高まる 櫛田神社 [福岡県] - 西日本新聞 博多衹園山笠 縁起物作りがピーク(RKB News)  ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された博多祇園山笠(7月1~15日)に向けて、山笠が奉納される福岡市博多区の櫛田神…

続きを読む

日光湯西川温泉で「平家大祭」

雅やかに絵巻行列 日光湯西川温泉で「平家大祭」【動画】|下野新聞「SOON」 栃木)平家絵巻行列、華やかに 日光・湯西川:朝日新聞デジタル 平家大祭:一門の栄華に思いはせ 住民ら絵巻行列参加 湯西川温泉 /栃木 - 毎日新聞 時空超えた平安絵巻 湯西川温泉で「平家大祭」 栃木 - 産経ニュース  壇ノ浦の戦い(1185年)に敗れた平家の残党が逃れてきたという平家落人伝説がある日光市…

続きを読む

多賀大社「お田植祭」

早乙女52人が「お田植祭」 多賀大社:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  多賀町の多賀大社で四日、伝統の「お田植祭」が営まれた。中学生から二十歳までの早乙女五十二人が、昔ながらの菅笠(すげがさ)にはかま姿で神事を行った。  参列者は本殿で五穀豊穣(ほうじょう)を祈った後、大社近くの約十アールの神田に移動。「田植女(たうえめ)」の役割を持つ早乙女たちが、県産もち米「滋賀羽二重…

続きを読む

諏訪大社上社の御田植祭

Nagano Nippo Web » 早乙女豊作願う 諏訪大社上社の御田植祭:長野日報のニュースサイト 諏訪大社上社の御田植祭が4日、諏訪市神宮寺の本宮近くにある藤島社斎田であった。白装束に赤だすき、すげがさ姿の早乙女23人が、秋の豊かな実りを願いながら青々とした苗を植えた。 14~26歳までの早乙女は、本宮で奉告祭と藤島社での神事に引き続き、スワヒカリの苗を一列になって一株一株植え…

続きを読む