甲府・演劇「峠の少女」で巫女舞

山梨)演劇「峠の少女」 体験もとに引き上げ描く:朝日新聞デジタル  開設から10周年を迎えた山梨平和ミュージアム(甲府市朝気1丁目)は終戦の日の15日、演劇「峠の少女」を近くの「ぴゅあ総合」で上演する。脚本・演出は市内在住の作家水木亮さん(74)。終戦前後の混乱の中、現在の北朝鮮から引き揚げた体験を元に書き下ろした。市内で5日、追い込みの稽古があった。 (中略)  物語は、父母を旧ソ連兵に殺され、現在の北朝鮮から祖母、叔母と逃げてきた小学4年の少女みちえが、朝鮮半島の「38度線」を越えて安全な地域へ向かう逃避行を描く。途中、祖母は教えた巫女(みこ)舞を見せるように促し、舞が終わると静かに命を落とす。みちえは何度も危機に見舞われながら、村の春祭りの神楽で舞い、皆を幸せにすることを夢見て進む。「あの峠を越えたら、その下に38度線」という場所に――。どういう巫女舞なんでしょうか… 夏越祭り・茅の輪神事:創建400年、記念の巫女舞 八坂神社 /福岡 - 毎日新聞  今年、創建400年を迎えた八坂神社(小倉北区城内2)で毎年恒例の「夏越(なごし)祭り・茅(ち)の輪神事」があり、29日は近くの市立西小倉小の児童らが伝統の巫女舞(みこまい)で記念の年を祝った。  児童は同小の3~5年生20人。「創建400年の節目に古き良き伝統を伝えたい」という神社の呼びかけに応え、6月から放課後などに練習してきた。既出です。先頭を切って舞ったのは5年生

続きを読む