鈴鹿・椿大神社で縁起物の準備

正月の縁起物、みこら準備 鈴鹿の椿大神社 三重 - 伊勢新聞 三重県内外から多数の初詣で客が訪れる鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で、参拝者らに授与する開運招福の破魔矢や干支(えと)張子付き破魔矢、鏑矢(かぶらや)、熊手、土鈴、干支置物など約5万点の準備が進んでいる。 大みそかの午後4時から大祓式、同11時から縁起物の授与を開始する。初穂料は千円から1万円まで。年越し詣りの参拝…

続きを読む

小矢部・埴生護国八幡宮で児童が浦安の舞練習

浦安の舞、元日に奉納 小矢部・埴生護国八幡宮 5、6年生8人 - おでかけニュース | 北國新聞社 児童が浦安の舞練習 小矢部で元日披露|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  小矢部市の埴生護国八幡宮で29日、地元の小学生8人が元日に奉納する浦安の舞の練習に励んだ。  8人は石動小6年の古村未来さん、池田彩未さん、5年の太田百合さん、岡田あぐりさん、片山奈南さん、前田秀美さん…

続きを読む

人吉・青井阿蘇神社で巫女の衣装合わせ

学生から「巫女」へ 18人が衣装合わせ(人吉新聞)  迎春準備が本格化する国宝・青井阿蘇神社で24日、「巫女」の衣装合わせが行われ、従事する高校生と大学生たちは白衣と緋袴を試着し、臨時の巫女として自覚を新たにした。  同神社では、正月三が日だけで約7万人の初詣客が詰め掛けるため、拝殿横に臨時の授与所を設置。応対する巫女も臨時の雇用で確保している。  ことしは、20歳までの学生18人…

続きを読む

栃木県高根沢町・安住神社で巨大鏡餅を奉納

約700キロ、大鏡餅を奉納 高根沢の安住神社|下野新聞「SOON」 重さ700キロ 巨大鏡餅を奉納「来年もいい年に」 栃木 | NHKニュース みかんの代わりに晩白柚 巨大鏡餅を奉納|日テレNEWS24 重さなんと700キロ! 日本一大きい鏡餅を奉納(テレビ朝日) もち米8俵、重さ700キロのジャンボ鏡餅 TBS NEWS 700kgのジャンボ鏡餅を奉納 栃木・安住神社(FNN) …

続きを読む

小松・安宅住吉神社で神楽舞の練習納め

石川県 神楽舞練習納め 小松・安宅住吉神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  小松市の安宅住吉神社で29日、新年のおはらいで奉納する神楽舞の練習納めが行われ、巫女(みこ)2人が足の運びや鈴の鳴らし方などの細かな所作を確認し、本番への気持ちを新たにした。  舞を担当するのは神社の巫女として働く中村美月さん(22)と金大3年の埴崎未緒さん(21)で、今月上旬からほぼ毎日練習に励んでき…

続きを読む

仙台・県護国神社の福娘が商店街へ

「福娘」が商店街を練り歩き 仙台市 - 産経ニュース  宮城県仙台市青葉区の県護国神社で初詣客を迎える「福娘」8人が28日、商売繁盛や社内安全などの福を分けようと、市内中心部を七福神の恵比寿と大黒天を連れて練り歩き、商店などに縁起物を届けた。  今年で25回目となる年末の恒例行事。金色の烏帽子(えぼし)に千早姿の福娘が、福もち、「福を射抜ける」という福的、干支の手ぬぐいを商店主らに手…

続きを読む

鳥取・宇倍神社で迎春準備

みこが迎春準備 鳥取市の宇倍神社 | 日本海新聞 Net Nihonkai みこが正月用の縁起物を準備 鳥取市・宇倍神社 日本海新聞  「因幡一の宮」として知られる鳥取市国府町宮下の宇倍神社(金田誠宮司)で28日、初詣の参拝客に対応するみこたちが、縁起物をそろえるなど迎春準備に追われた。  白衣と緋袴(ひばかま)に身を包んだみこら約20人が研修し、同神社の歴史や参拝客を迎える心構えなど…

続きを読む

金刀比羅宮で高校生巫女の説明会

高校生巫女、心構え学ぶ 金刀比羅宮で説明会 | 香川のニュース | 四国新聞社  大勢の参拝者を迎える正月を前に、琴平町の金刀比羅宮(琴陵容世宮司)で17日、巫女(みこ)のアルバイトの説明会があり、集まった地元の高校生らは、巫女の装束に身を包んでお参りするなど気持ちを新たにした。  同宮は、一年で最もにぎわう初詣シーズンに合わせて、毎年アルバイトを募集している。この日の説明会には約6…

続きを読む

豊岡・出石神社で迎春準備

「戌」の縁起物に心込め 出石神社で迎春準備進む - 産経ニュース 神戸新聞NEXT|但馬|但馬各地で正月準備大詰め 出石神社では初詣支度  但馬五社の一つ、出石神社(豊岡市出石町宮内)では28日、みこを務める高校生たちが、初詣の準備作業に取り組んだ。  同神社には毎年、正月の三が日で計2万人以上が参拝するという。迎春の準備は11月から本格化し、破魔矢や熊手などの縁起物約1万点を用意…

続きを読む

福山・三蔵稲荷神社でお神酒の瓶詰め

飲酒運転NO!お神酒を瓶詰め (RCC中国放送) - Yahoo!ニュース  福山市丸之内にある三蔵稲荷神社です。  こちらでは今年のミス三蔵稲荷に選ばれた3人の巫女たちが、神事に続いてお神酒の瓶詰めをしました。  三蔵稲荷神社では2006年、福岡市で子ども3人が犠牲になった飲酒運転事故をきっかけに、お神酒を小瓶に入れて振舞っています。元旦に先着500家族に手渡されます …

続きを読む

住吉大社で迎春準備

住吉大社で迎春準備 巫女らが縁起物を作製 大阪 - 産経WEST  毎年約230万人の初詣客でにぎわう大阪市住吉区の住吉大社で、巫女(みこ)らが参拝者に授与する縁起物「住吉踊(おどり)」の作製作業に追われるなど、迎春準備を進めている。  「住吉踊」は、同社の神事などで踊られる「住吉踊」の様子を表現したわら細工の民芸品。商売繁盛や家内安全のお守りとして初詣客が買い求めるという。巫女さん…

続きを読む

新潟・白山神社で新年準備大詰め

新潟県 縁起物出番心待ち 熊手や破魔矢準備大詰め 新潟白山神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  毎年多くの初詣客でにぎわう新潟市中央区の白山神社で、新年を迎える準備が大詰めを迎えている。27日は約20人の巫女(みこ)が、来年の干支(えと)「戌(いぬ)」が描かれた絵馬やお守りなどを箱詰めしたり、陳列したりする作業に追われた。  白山神社では三が日の参拝客を例年並みの18万人と…

続きを読む

神戸・生田神社で「杉盛り」づくり

神戸新聞NEXT|総合|迎春「杉盛り」朱色の門前で映え 神戸・生田神社  正月三が日で約150万人の参拝客が見込まれる生田神社(神戸市中央区下山手通1)の楼門前で27日、門松の代わりとなる「杉盛り」づくりがあった。神職やみこら約30人が、高さ約3・5メートルの飾りを作り上げた。  杉盛りは、全国的にも珍しい飾り。同神社が現在のJR新神戸駅北の砂山(いさごやま)にあった約1200年前、…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で巫女研修会

2017歳末点描:正月を前に巫女研修 遠石八幡宮 /山口 - 毎日新聞  周南市の遠石八幡宮で25日、年末年始に巫女(みこ)として参拝者を迎える学生らの研修会があった。  研修を受けたのは周南市と周辺の高校、高専、大学に通う女性19人。先輩の巫女から白衣と緋袴(ひばかま)の着付け指導を受けた。また、お守りなどの代金の受け渡しの際には「お納めください」「お受けいたします」と応対し、お札…

続きを読む

北海道神宮ですす払い

北海道神宮 参拝客のスタンバイ 巫女が"すす払い" 札幌市 | 北海道ニュース UHB | UHB:北海道文化放送 北海道神宮で“すす払い” | 道内ニュース | ニュース | STV 今年も残すところあと6日。北海道神宮では、1年の汚れを落とす「すす払い」が行われました。 すす払いは、1年の汚れを落とし新しい年を迎える準備として、毎年実施されています。北海道神宮では、神主や巫女らが、…

続きを読む

徳島・大麻比古神社で巫女研修会

みこさん、礼儀作法学ぶ 徳島・大麻比古神社で研修会【徳島ニュース】- 徳島新聞社  鳴門市大麻町の大麻比古神社で26日、正月にみこ役を務める女性の研修会があり、17~23歳の高校生や大学生、社会人36人が礼儀作法などを学んだ。  圓藤恭久宮司が「参拝者にすがすがしい気持ちで帰っていただけるよう、言葉遣いや立ち居振る舞いをしっかりとしてほしい」とあいさつ。神職が「二礼二拍手一礼」の参拝…

続きを読む

沖縄県護国神社で福笹作り始まる

新年に向け、手作りの縁起物 沖縄・護国神社で福笹作り始まる | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス 新年へ 福招く 護国神社、気持ちを込めて縁起物作り - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース  那覇市の沖縄県護国神社で26日、福笹など新年の縁起物作りが始まった。14人のみこが手分けし、福笹(ふくざさ)千本、破魔矢1万本、熊手2千本などを用意する。販売は31日か…

続きを読む

高岡関野神社でお守り入魂式

子どもみこ浦安の舞 関野神社でお守り入魂式 (北日本新聞) - Yahoo!ニュース  高岡市末広町の高岡関野神社は24日、同神社でお守りや縁起物の入魂式を行い、子どもみこ4人が舞を奉納した。  酒井晶正禰宜(ねぎ)が正月に授与する約20種類のお守りのほか、だるまや熊手などの縁起物をはらい清めた。子どもみこの多賀あかりさん(博労小4年)、折橋詩音さん、酒井羽那さん、開發日向子さん(い…

続きを読む

平塚八幡宮で巫女の研修

巫女さん修行中 所作を確認、平塚八幡宮|カナロコ|神奈川新聞ニュース  新年まであと10日を切り、例年約5万人の初詣客が訪れる平塚八幡宮(神奈川県平塚市浅間町)で23日、祈祷(きとう)の受付や縁起物の授与を担う巫女を務める学生らを対象に、行儀作法や所作を学ぶ研修会が行われた。本番さながらの白衣に緋袴(ひばかま)姿の約80人が真剣な表情で取り組んだ。ことし初めて務めるという東京都町田市の女性…

続きを読む

淡路・伊弉諾神宮で臨時巫女が神楽舞の練習

神楽舞:臨時みこさん、正月へ猛特訓 淡路・伊弉諾神宮 /兵庫 - 毎日新聞  淡路市多賀の伊弉諾(いざなぎ)神宮で23日、正月三が日に臨時のみこを務める高校生や大学生らの神楽舞の練習が始まった。作文や面接などの試験に通った26人が3グループに分かれ、25日まで特訓を受ける。  神宮みこの池本早希さん(23)と西田香月さん(24)の指導で、白衣と緋袴(ひばかま)姿の臨時のみこは手拍子に…

続きを読む