鈴鹿・椿大神社で縁起物の準備

正月の縁起物、みこら準備 鈴鹿の椿大神社 三重 - 伊勢新聞 三重県内外から多数の初詣で客が訪れる鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で、参拝者らに授与する開運招福の破魔矢や干支(えと)張子付き破魔矢、鏑矢(かぶらや)、熊手、土鈴、干支置物など約5万点の準備が進んでいる。 大みそかの午後4時から大祓式、同11時から縁起物の授与を開始する。初穂料は千円から1万円まで。年越し詣りの参拝者には甘酒の振る舞いなど 餅つき、伊勢神宮に奉納 市観光協、掛け声とともに 三重 - 伊勢新聞 【伊勢】伊勢市観光協会による「神宮奉納餅つき」が25日、伊勢市の伊勢神宮外宮で行われ、つきあがった餅が外宮に奉納された。 恒例の年越行事。協会の濱田典保会長や市の関係者ら約25人が出席した。おはらいを受けた後、出席者が順番にきねを持ち、掛け声とともに餅をついていった。つきたての餅はその場で丸餅にされ、外宮神楽殿に奉納されたほか、参拝者らに約百個が振る舞われた。毎年大みそか、参拝者に「年越餅」を配布 巨大絵馬にみこ講習 各地で迎春準備 [長崎県] - 西日本新聞  長崎市上西山町の諏訪神社では29日、臨時のみこ役の女性を対象に講習会があり、18~24歳の70人が緊張した面持ちで臨んだ。  池田剛康宮司が「参拝客がすがすがしい気持ちになってもらうことが皆さんの役目」とあいさつ。本職のみこが白衣やはかまの着付けを伝授した。帰省中の大学1年生(18)「白衣やはかまを初めて着て身が引き締…

続きを読む

小矢部・埴生護国八幡宮で児童が浦安の舞練習

浦安の舞、元日に奉納 小矢部・埴生護国八幡宮 5、6年生8人 - おでかけニュース | 北國新聞社 児童が浦安の舞練習 小矢部で元日披露|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  小矢部市の埴生護国八幡宮で29日、地元の小学生8人が元日に奉納する浦安の舞の練習に励んだ。  8人は石動小6年の古村未来さん、池田彩未さん、5年の太田百合さん、岡田あぐりさん、片山奈南さん、前田秀美さん、大家愛実さん、小室心咲さん。本番同様に緋袴(ひばかま)と千早(ちはや)を身に着け、鈴の舞などを練習した。地元の指導者の宗田純子さんと宗田孝子さんの声に合わせ、息をそろえながら舞い、動きを確認した。元日午前9時半と10時半、午後1時半と同2時半の4回奉納 山口)新年へ、巫女が縁起物を準備 防府天満宮:朝日新聞デジタル  新年を目前に控え、防府天満宮(防府市)では30日、みこが縁起物の準備に追われた。正月三が日には約45万人が訪れると見込まれている。  境内の一角では、みこ2人が干支(えと)の「戌(いぬ)」をあしらった縁起物の熊手や合格祈願の当たり矢、破魔矢を並べていた。お守りは受験や交通安全など17万7千個を用意 岐阜)金神社で大しめ縄取り付け 新年を前に:朝日新聞デジタル  新年を前に、岐阜市の金(こがね)神社で30日、大しめ縄の取りつけ作業があった。神職やみこらが新年の平穏を願いながら大しめ縄を拝殿前につけ、初詣客を迎える準備が整った。もち米用の稲わらで作られ、長さ約8メー…

続きを読む

人吉・青井阿蘇神社で巫女の衣装合わせ

学生から「巫女」へ 18人が衣装合わせ(人吉新聞)  迎春準備が本格化する国宝・青井阿蘇神社で24日、「巫女」の衣装合わせが行われ、従事する高校生と大学生たちは白衣と緋袴を試着し、臨時の巫女として自覚を新たにした。  同神社では、正月三が日だけで約7万人の初詣客が詰め掛けるため、拝殿横に臨時の授与所を設置。応対する巫女も臨時の雇用で確保している。  ことしは、20歳までの学生18人を採用。従事期間は今月28日から来月7日までで、年内は清掃、年明けは授与所で破魔矢やお守りなどの受け渡しに交代で取り組む。 初めて巫女を務める高校2年生(17)「初めて着る衣装でどきどきしたが、とてもうれしい」 臨時巫女「身引き締まる」 櫛田神社で辞令 迎春の準備着々 [福岡県] - 西日本新聞  福岡都市圏各地の神社は30日、初詣客を迎える準備が大詰めに入った。福岡市博多区の櫛田神社では、臨時の巫女(みこ)と出仕(しゅっし)に辞令が手渡され、はかまや法被姿の約30人が緊張した様子で心構えなどを教わった。  甲斐慎一郎権祢宜(ごんねぎ)(43)が「参拝客の気持ちに寄り添って親切、丁寧に対応してほしい」と訓示し、一人一人に辞令を手渡した。初めて巫女として働く宇美町の大学4年女子(22)は「身が引き締まる思い。参拝客の力になれるよう奉仕したい」と話した。正月三が日に約15万人が訪れます 犬の絵馬:新年のしつらえ 愛くるしい犬、モチーフに 金刀比羅宮 /香川 - 毎日新聞  琴平町の…

続きを読む

栃木県高根沢町・安住神社で巨大鏡餅を奉納

約700キロ、大鏡餅を奉納 高根沢の安住神社|下野新聞「SOON」 重さ700キロ 巨大鏡餅を奉納「来年もいい年に」 栃木 | NHKニュース みかんの代わりに晩白柚 巨大鏡餅を奉納|日テレNEWS24 重さなんと700キロ! 日本一大きい鏡餅を奉納(テレビ朝日) もち米8俵、重さ700キロのジャンボ鏡餅 TBS NEWS 700kgのジャンボ鏡餅を奉納 栃木・安住神社(FNN) 高根沢町にある安住神社では、五穀豊じょうを願って毎年この時期に大きな鏡餅を奉納しています。鏡餅は3段重ねで、高さが90センチほど、下の段の直径が1メートル余りあり、重さはおよそ700キロです。 30日は、まず神職がフォークリフトを使って鏡餅の下の2段を運び、拝殿の中央に慎重に乗せました。そのあと、12人のみこがいちばん上の段の餅を担いで運び込み、かんきつ類の「ばんぺいゆ」や、しめ縄を飾りつけました。 神社には大勢の人が訪れ、巨大な鏡餅が奉納されるのを写真に収めていました。舞楽「納曽利」も奉納されたようです 広島 初詣の準備大詰め 「来年は素敵な良い年に」 | 広島ニュースTSS | TSSテレビ新広島 県内で最も多くの初詣客が訪れる広島市中区の広島護国神社では、神社の職員や巫女さんたちが新しい年を迎える準備に追われています。 護国神社では7種類4万本の破魔矢や来年の干支・犬をあしらったお守りなどおよそ20万個を用意していて巫女さんが、丁寧に袋詰めをしていました。お正月の3が日でおよそ…

続きを読む

小松・安宅住吉神社で神楽舞の練習納め

石川県 神楽舞練習納め 小松・安宅住吉神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  小松市の安宅住吉神社で29日、新年のおはらいで奉納する神楽舞の練習納めが行われ、巫女(みこ)2人が足の運びや鈴の鳴らし方などの細かな所作を確認し、本番への気持ちを新たにした。  舞を担当するのは神社の巫女として働く中村美月さん(22)と金大3年の埴崎未緒さん(21)で、今月上旬からほぼ毎日練習に励んできた。  中村さんは「1年の幸せを願い、しっかりと舞を奉納したい」と話した。舞は来月1~15日の初詣期間中におはらいを受ける参拝者の前で奉納 わかやま新報 » Blog Archive » 破魔矢や門松の奉製大詰め 神社の迎春準備 新年を目前に、各地の神社では初詣の参拝者を迎える飾り付けや縁起物の準備が大詰め。和歌山県和歌山市の伊太祁曽神社(奥重視宮司)では、神職やみこらが門松や破魔矢などの奉製作業に大忙しとなっている。 28日は、朝からみこが参拝者に授与する破魔矢を奉製。同神社では、通常の矢よりも魔よけの力があるとして、放つと音が鳴る鏑矢(かぶらや)で破魔矢を作っている。6人のみこが短冊と鈴が付いた矢600本に来年の干支(えと)の戌(いぬ)の絵馬を結び付けていた。巫女さん(18)「来年も皆さんが元気に過ごせますようにと思い作りました」 出石神社:新春すぐそこ 迎春準備 /兵庫 - 毎日新聞  豊岡市出石町宮内の出石神社で、迎春準備がピークを迎えている。熊手や破魔矢、絵馬、おみ…

続きを読む

仙台・県護国神社の福娘が商店街へ

「福娘」が商店街を練り歩き 仙台市 - 産経ニュース  宮城県仙台市青葉区の県護国神社で初詣客を迎える「福娘」8人が28日、商売繁盛や社内安全などの福を分けようと、市内中心部を七福神の恵比寿と大黒天を連れて練り歩き、商店などに縁起物を届けた。  今年で25回目となる年末の恒例行事。金色の烏帽子(えぼし)に千早姿の福娘が、福もち、「福を射抜ける」という福的、干支の手ぬぐいを商店主らに手渡した。「ミス福娘」の大学3年生(20)「新年の幸せと商売繁盛を願う気持ちを込めました。参拝して下さる方々に心からの感謝の気持ちが伝わるよう、笑顔でがんばります」 新年前に「みこ」の研修会 青森 | NHKニュース 毎年、正月三が日におよそ16万人が初詣に訪れる青森市の善知鳥神社では、大みそかの夜から、本職のみこに加えて、地元の大学生や高校生などが臨時のみこを務めます。 29日は、新年を前に、みことしての作法などを学ぶ講習会が開かれ、10人が参加しました。 白い着物と朱色のはかまに着替えた学生たちは、はじめに神職から、立ったり座ったりする際も常に正しい姿勢を保つよう教わり、時折ぐらつきながらも繰り返し、練習していました。今回で2回目の参加となる青森市の女子高校生「みこの美しい姿に憧れて、今回も挑戦しました。初詣に来る方にとって、よい一年となるよう思いを込めて頑張りたいです」 新潟・白山神社:犬のように元気な年に 縁起物、準備大詰め /新潟 - 毎日新聞  新年が迫る27日…

続きを読む

鳥取・宇倍神社で迎春準備

みこが迎春準備 鳥取市の宇倍神社 | 日本海新聞 Net Nihonkai みこが正月用の縁起物を準備 鳥取市・宇倍神社 日本海新聞  「因幡一の宮」として知られる鳥取市国府町宮下の宇倍神社(金田誠宮司)で28日、初詣の参拝客に対応するみこたちが、縁起物をそろえるなど迎春準備に追われた。  白衣と緋袴(ひばかま)に身を包んだみこら約20人が研修し、同神社の歴史や参拝客を迎える心構えなどを学んだ後、別棟に移動。縁起物の破魔矢に来年のえとの犬を描いた絵馬や鈴を取り付け、袋に詰める作業を行った。初めて巫女を務める大学生(21)「いつも初詣にお参りしていたので、恩返しをしたい。訪れる人たちを明るく元気にお迎えしたい」 すす払い迎春準備 倉吉八幡宮 | 日本海新聞 Net Nihonkai  鳥取県倉吉市八幡町の倉吉八幡宮(会見玲郎(よしろう)宮司)で28日、年末恒例のすす払いが行われた。みこ姿の女性が長いささぼうきを使い、拝殿のほこりなどを取り払い、迎春準備を整えた。  すす払いを行ったのは鳥取短大1年の浜本有稀さん(18)。「参拝した人が来年も笑顔で頑張ってほしい」と話し、ささぼうきを手に、高い所に腕を伸ばしてほこりなどを払っていった。昨年の鳥取中部地震で鳥居や玉垣、灯籠が倒れる被害がありましたが、現在は7割ぐらいが復旧 【年の瀬スナップ】鹿島御児神社 良い年願い破魔矢作り 歴史刻んだ社務所で最後 - 石巻日日新聞 NEWS石巻かほく:師走点描・石巻地方/破魔矢作り …

続きを読む

金刀比羅宮で高校生巫女の説明会

高校生巫女、心構え学ぶ 金刀比羅宮で説明会 | 香川のニュース | 四国新聞社  大勢の参拝者を迎える正月を前に、琴平町の金刀比羅宮(琴陵容世宮司)で17日、巫女(みこ)のアルバイトの説明会があり、集まった地元の高校生らは、巫女の装束に身を包んでお参りするなど気持ちを新たにした。  同宮は、一年で最もにぎわう初詣シーズンに合わせて、毎年アルバイトを募集している。この日の説明会には約60人が参加した。初めて巫女を経験するという高校3年生(18)「責任ある役目だと改めて感じた。皆さんに来て良かったと思ってもらえるよう笑顔でお迎えしたい」 祐徳稲荷ですす払い 新年へおめかし|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  三が日で約70万人が訪れる佐賀県鹿島市古枝の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)で28日、年末恒例の「すす払い」があった。寒空の下で巫女(みこ)たちはササを使って楼門や神楽殿のちりやほこりを払い、新年を迎える準備を整えた。  祐徳稲荷神社は1687年に創建し、今年は330周年の大祭が開かれた。すす払いは創建時から続くとされる伝統行事で、ササを使った昔ながらの方法で手の届かないところにたまった一年の汚れを払い落とした。巫女さん(20)「初詣に来ていただく皆さまを気持ちのいい笑顔でお迎えしたい」 巫女さん“仕事始め” 雲仙・橘神社 お守りなど袋詰め 新年迎える準備着々 - 長崎新聞  長崎県内自治体や企業などの仕事納めがあった28日、雲仙市千々石町の橘神…

続きを読む

豊岡・出石神社で迎春準備

「戌」の縁起物に心込め 出石神社で迎春準備進む - 産経ニュース 神戸新聞NEXT|但馬|但馬各地で正月準備大詰め 出石神社では初詣支度  但馬五社の一つ、出石神社(豊岡市出石町宮内)では28日、みこを務める高校生たちが、初詣の準備作業に取り組んだ。  同神社には毎年、正月の三が日で計2万人以上が参拝するという。迎春の準備は11月から本格化し、破魔矢や熊手などの縁起物約1万点を用意。12月上旬には、氏子らがしめ縄を新調して奉納した。  来年の初詣は、出石町在住の高校生や同町出身の大学生計8人が、みこを務める。高校2年生の2人「参拝してくださる皆さんが良い1年を送れるよう、私たちも笑顔でお迎えしたい」 神戸新聞NEXT|阪神|参道に子どもの絵600点 西宮・越木岩神社  兵庫県西宮市甑岩町の越木岩神社で28日、巫女らが参道約200メートルに地域の子どもたちの絵画作品など約600点を展示した。作業は29日も続き、新年の参詣者を迎える。  子どもの絵を見て少しでも元気を出してもらおうと、阪神・淡路大震災翌年の1996年正月から毎年実施。同神社大鳥居からご神体の「甑岩」まで続く参道の両側に展示。「森の中の展覧会」と名付けている。展示は1月17日まで 橿原神宮ですす払い 新年迎える準備整う|TVN NEWS|奈良テレビ放送  本殿などに積もったほこりを落として新しい年を迎える「すす払い」の神事が、奈良県の橿原神宮で行われました。  すす払いは半年に一度…

続きを読む

福山・三蔵稲荷神社でお神酒の瓶詰め

飲酒運転NO!お神酒を瓶詰め (RCC中国放送) - Yahoo!ニュース  福山市丸之内にある三蔵稲荷神社です。  こちらでは今年のミス三蔵稲荷に選ばれた3人の巫女たちが、神事に続いてお神酒の瓶詰めをしました。  三蔵稲荷神社では2006年、福岡市で子ども3人が犠牲になった飲酒運転事故をきっかけに、お神酒を小瓶に入れて振舞っています。元旦に先着500家族に手渡されます 初詣客を清らかにお迎え「巫女の研修会」 | 広島ニュースTSS | TSSテレビ新広島 福山八幡宮で行われた研修会には、正月に巫女を務める高校生や大学生などおよそ50人が参加しました。 研修会では巫女の衣装となる白衣と朱色の袴の正しい着方や帯の結び方を学んだほか、破魔矢やお守りを渡す際の言葉遣い・心構えなど、参加者は神職から指導を受けながら真剣な表情で練習を繰り返していました。「初詣に来ていただいて『来て良かったな』と、笑顔になって帰ってもらえたらいいなと思います。」 サガテレビ | Web Station | 佐賀のニュース | 新たな気持ちで… 佐嘉神社ですす払い 佐賀市の佐嘉神社と松原神社で行われた「煤払い祭」は、本殿などのちりやほこりを落として新たな気持ちで新年を迎えるために毎年12月28日に行われています。本殿で宮司が祝詞を読み上げ玉串を捧げたあと、宮司や巫女ら6人が長さおよそ4メートルの笹竹で柱や軒下などこの1年で溜まったちりやほこりを念入りに払い落としました。正月三が日で、…

続きを読む

住吉大社で迎春準備

住吉大社で迎春準備 巫女らが縁起物を作製 大阪 - 産経WEST  毎年約230万人の初詣客でにぎわう大阪市住吉区の住吉大社で、巫女(みこ)らが参拝者に授与する縁起物「住吉踊(おどり)」の作製作業に追われるなど、迎春準備を進めている。  「住吉踊」は、同社の神事などで踊られる「住吉踊」の様子を表現したわら細工の民芸品。商売繁盛や家内安全のお守りとして初詣客が買い求めるという。巫女さん(19)「新年を心地よく迎えていただきたいという気持ちを込めて作っています」 東京新聞:正月前に巫女研修 玉村八幡宮 高校生らに神社の基礎知識:群馬(TOKYO Web)  多くの初詣客が訪れる正月を前に、境内の案内などをする、巫女(みこ)の研修会が玉村町の玉村八幡宮で開かれた。  高校生や大学生ら16人が参加。白い小袖に朱色のはかまの巫女装束に着替えた学生たちは、神職から出題される「参道を歩く時はどこを通るか」「犬に安産をお祈りするのはなぜか」などの3択クイズに答えながら神社の基礎知識を身に付けた。女子大4年生(22)「歴史ある神社なのでいろいろな場所から人が来ると思う。ここに来てよかったと思ってもらえるような巫女さんになりたい」 新年まであと5日…北海道神宮で鏡餅づくり (HBCニュース) - Yahoo!ニュース 北海道神宮の地下に餅をつく音が響きます。 神宮の鏡餅は空知の北竜町産のもち米17キロが使われ、神職や巫女たち10人が交替しながら2時間ほどかけて作ります。 …

続きを読む

新潟・白山神社で新年準備大詰め

新潟県 縁起物出番心待ち 熊手や破魔矢準備大詰め 新潟白山神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  毎年多くの初詣客でにぎわう新潟市中央区の白山神社で、新年を迎える準備が大詰めを迎えている。27日は約20人の巫女(みこ)が、来年の干支(えと)「戌(いぬ)」が描かれた絵馬やお守りなどを箱詰めしたり、陳列したりする作業に追われた。  白山神社では三が日の参拝客を例年並みの18万人と見込む。ここ数年人気だという熊手や破魔矢など約100種類の縁起物を約40万個用意した。巫女らは一個ずつ丁寧に販売用の箱に詰め、拝殿の授与所に運び入れた。強風が吹く中、早速正月飾りを買い求める人も 湯島天神:合格祈る絵馬と破魔矢 - 毎日新聞 湯島天神:「戌」に託す願いは? 東京 - 毎日新聞 hibakama / 緋袴白書RT @eizo_desk: 学問の神様として知られる菅原道真を祭る湯島天神(東京都文京区)で、みこたちが来年のえと「戌(いぬ)」にちなんだ絵馬と破魔矢の準備に追われています。(宮)フルバージョンは→https://t.co/xlqPC0d5NU https://t.co/S0… at 12/28 11:18紹介済みです 「まゆ玉」作り大詰め…熱海・来宮神社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  熱海市西山町の来宮神社で、巫女さんたちの「まゆ玉」作りが大詰めを迎えた。まゆ玉は、初詣に訪れる参拝客向けの縁起物。熱海はかつて養蚕が盛んだっ…

続きを読む

神戸・生田神社で「杉盛り」づくり

神戸新聞NEXT|総合|迎春「杉盛り」朱色の門前で映え 神戸・生田神社  正月三が日で約150万人の参拝客が見込まれる生田神社(神戸市中央区下山手通1)の楼門前で27日、門松の代わりとなる「杉盛り」づくりがあった。神職やみこら約30人が、高さ約3・5メートルの飾りを作り上げた。  杉盛りは、全国的にも珍しい飾り。同神社が現在のJR新神戸駅北の砂山(いさごやま)にあった約1200年前、水害で倒れた松が社殿を倒壊させたという伝承が残り、同神社では松は不吉とされる。そのため、新年の準備には門松ではなく杉盛りが使われるという。動画もあります 縁起物 急ピッチ 住吉大社で迎春準備 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で26日、正月準備が大詰めを迎え、恒例の自衛消防訓練のほか、わら細工の縁起物「住吉踊(おどり)」の仕上げ作業などが進められ、境内各所が慌ただしい歳末ムードに包まれた。  縁起物は、正月など同大社の諸行事で奉納される「住吉踊」(重要無形民俗文化財)の奉仕者がかぶるかさなどを、わら細工で表現している。6人の神楽女(かぐらめ)(みこ)が連歌所で奉仕。かさにササを取り付ける細かな作業を、粛々と進めて約600個仕上げた。神楽女の一人(19)は「皆さんに新年を気持ちよく迎えていただけるよう、心を込めて作っています」と 和歌山・伊太祁曽神社で「スマホを持って初詣」 アプリを提示で縁起物進呈 - 和歌山経済新聞  和歌山・山東の伊太祁曽(いたきそ)…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で巫女研修会

2017歳末点描:正月を前に巫女研修 遠石八幡宮 /山口 - 毎日新聞  周南市の遠石八幡宮で25日、年末年始に巫女(みこ)として参拝者を迎える学生らの研修会があった。  研修を受けたのは周南市と周辺の高校、高専、大学に通う女性19人。先輩の巫女から白衣と緋袴(ひばかま)の着付け指導を受けた。また、お守りなどの代金の受け渡しの際には「お納めください」「お受けいたします」と応対し、お札は1枚、2枚ではなく、1体、2体と数えるなど、神社独特の言葉遣いや作法を学んだ。高校3年生(18)は正月の巫女のアルバイトは初めてで「礼儀や正しい言葉遣いが身に付くと思い、申し込みました。参拝者に『今年も頑張ろう』と思ってもらえるような応対を心掛けます」と 正月前にみこの研修会 宇部市の琴崎八幡宮 (宇部日報) - Yahoo!ニュース  山口県宇部市上宇部大小路の琴崎八幡宮(白石正典宮司)で25日、初詣客を迎える、みこのアルバイトの事前研修会があり、高校生や大学生ら35人が神社特有の言葉遣いや、みこ装束の着付け方法などを学んだ。同宮では、多くの人手が必要な三が日を中心に、臨時のみこを採用している。31日から1月8日までの間、シフト制で神殿、授与所、社務所などに配置され、参拝者に対応する。「お守り頒布時の釣り銭詐欺対策」そんなのあるんですね… 迎春準備、縁起物ずらり 熊本市・加藤神社 - 熊本日日新聞  今年もあと4日。熊本市中央区本丸の加藤神社では初詣に向け、巫女[みこ]らが縁起物…

続きを読む

北海道神宮ですす払い

北海道神宮 参拝客のスタンバイ 巫女が"すす払い" 札幌市 | 北海道ニュース UHB | UHB:北海道文化放送 北海道神宮で“すす払い” | 道内ニュース | ニュース | STV 今年も残すところあと6日。北海道神宮では、1年の汚れを落とす「すす払い」が行われました。 すす払いは、1年の汚れを落とし新しい年を迎える準備として、毎年実施されています。北海道神宮では、神主や巫女らが、長さ3メートルの竹さおの先に、境内で採った笹を付けた特製のはたきで、天井などにたまった1年のすすやほこりを丹念に落としていました。正月三が日の初詣には、およそ80万人の参拝客が訪れる見込み 参拝者への接し方学ぶ 県護国神社で「福ひめ」認証式|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  県護国神社は23日、富山市磯部町1丁目の同神社で、初詣の臨時みこ「福ひめ」の認証式を行った。  福ひめとして、大…紹介済み。続きは会員限定… 年の瀬スケッチ:破魔矢作り最盛期 水戸八幡宮 /茨城 - 毎日新聞  厄よけや子育てに御利益があるとされる水戸八幡宮(水戸市八幡町)で、新春の縁起物「破魔矢」作りが最盛期を迎えている。  長さ70~90センチほどの破魔矢を約3000本用意。みこたちは一つ一つの矢に来年のえと、戌(いぬ)にちなんだ絵馬を丁寧に取り付けていた。水戸八幡宮には、正月三が日で約15万人の初詣客が訪れるという。巫女さん(19)「皆さんにとって来年が良い一年になることを願いながら作…

続きを読む

徳島・大麻比古神社で巫女研修会

みこさん、礼儀作法学ぶ 徳島・大麻比古神社で研修会【徳島ニュース】- 徳島新聞社  鳴門市大麻町の大麻比古神社で26日、正月にみこ役を務める女性の研修会があり、17~23歳の高校生や大学生、社会人36人が礼儀作法などを学んだ。  圓藤恭久宮司が「参拝者にすがすがしい気持ちで帰っていただけるよう、言葉遣いや立ち居振る舞いをしっかりとしてほしい」とあいさつ。神職が「二礼二拍手一礼」の参拝方法や歩き方、お守りの授与の手順などを指導した。高校3年生(18)「訪れる人の一年が良いものになるよう祈りながら、笑顔で奉仕したい」 岡山県内寺社で迎春準備大詰め 縁起物の用意やしめ飾り設置: タウンナビ:山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山神社(同石関町)の境内には来年のえと・戌(いぬ)にちなみ、犬をかたどった大型絵馬(縦約3メートル、横約2メートル)が登場。戌の絵馬が付いた破魔矢、お守りなど約100種類の支度を整え、久山桃代権禰宜(ごんねぎ)やみこらが傷や汚れがないかチェックしている。本殿と拝殿のすす払いも既に終え、久山権禰宜は「自然災害の少ない平和な年となるよう願いながら準備を進めています」と話している。最上稲荷では「なごみカフェ」がオープン 湯郷温泉街で冬恒例の「ゆず湯」 爽やかに香る湯船でゆったり: 山陽新聞デジタル|さんデジ  冬至(22日)を前に、美作市湯郷の湯郷温泉街で16日、恒例の「ゆず湯」のサービスがあった。観光客らは爽やかな香り漂う湯船にゆったりと漬かり、心と体を…

続きを読む

沖縄県護国神社で福笹作り始まる

新年に向け、手作りの縁起物 沖縄・護国神社で福笹作り始まる | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス 新年へ 福招く 護国神社、気持ちを込めて縁起物作り - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース  那覇市の沖縄県護国神社で26日、福笹など新年の縁起物作りが始まった。14人のみこが手分けし、福笹(ふくざさ)千本、破魔矢1万本、熊手2千本などを用意する。販売は31日からで、同神社は1月3日までの参拝者を28万人と見込んでいる。  「福結び」として、ひょうたんや大判のほか、「交通安全」「商売繁盛」などと書かれた短冊札を枝に結び付けた。巫女さん(24)「参拝者がいい新年を迎えられるよう、気持ちを込めて作っている」 2017歳末点描:県護国神社で御煤払祭 神職や巫女らササで丹念に 大分 /大分 - 毎日新聞  1年間のちりやほこりをはらい清め、新年を迎える年末恒例の御煤払(みすすはらい)祭が25日、大分市牧の県護国神社であった。掛け替え用の拝殿に飾る大しめ縄(長さ10メートル、重さ200キロ)も作られた。  神職や巫女(みこ)ら7人が長さ4、5メートルの斎竹(いみたけ)と呼ばれるササを使って、本殿などの社殿や神門の軒下や屋根に積もったほこりやちりを丹念に払い落とした。正月三が日で、約30万人の人出を見込んでいます 2017歳末点描:1年のほこり奇麗に 照国神社ですす払い /鹿児島 - 毎日新聞  鹿児島市照国町の照国神社(島津修久宮司)で2…

続きを読む

高岡関野神社でお守り入魂式

子どもみこ浦安の舞 関野神社でお守り入魂式 (北日本新聞) - Yahoo!ニュース  高岡市末広町の高岡関野神社は24日、同神社でお守りや縁起物の入魂式を行い、子どもみこ4人が舞を奉納した。  酒井晶正禰宜(ねぎ)が正月に授与する約20種類のお守りのほか、だるまや熊手などの縁起物をはらい清めた。子どもみこの多賀あかりさん(博労小4年)、折橋詩音さん、酒井羽那さん、開發日向子さん(いずれも平米小4年)の4人が浦安の舞を奉納した。地元小学生~高校生の子供巫女の認証式も 新年の幸せを祈り...「破魔矢」作りピーク 郡山・安積国造神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  郡山市の安積国造神社で年末恒例の破魔矢作りがピークを迎えている。神殿に集まったみこらが、新年の幸せを祈りながら一本一本丁寧に仕上げるなど、初詣の参拝客を迎える準備に追われている。  破魔矢は家内安全や商売繁盛に御利益があるとされ、同神社では子宝や五穀豊穣(ほうじょう)などの思いを込めたひょうたんのほか、来年の干支(えと)の戌(いぬ)の張り子などを取り付けている。破魔矢作りは27日まで行われ、約5000本を用意 Nagano Nippo Web » 諏訪大社の絵馬 十二支の原画岩波昭彦さんに 来年のえとの戌を題材にした諏訪大社の絵馬が出来上がった。原画は茅野市出身で日本美術院特待の日本画家、岩波昭彦さん(51)=千葉県佐倉市=が描いた。今後12年間、岩波さんが十二支を担当する。 …

続きを読む

平塚八幡宮で巫女の研修

巫女さん修行中 所作を確認、平塚八幡宮|カナロコ|神奈川新聞ニュース  新年まであと10日を切り、例年約5万人の初詣客が訪れる平塚八幡宮(神奈川県平塚市浅間町)で23日、祈祷(きとう)の受付や縁起物の授与を担う巫女を務める学生らを対象に、行儀作法や所作を学ぶ研修会が行われた。本番さながらの白衣に緋袴(ひばかま)姿の約80人が真剣な表情で取り組んだ。ことし初めて務めるという東京都町田市の女性(19)「礼儀や心構えを身に付け、参拝される方々に気持ちを込めて接したい 室蘭八幡宮で巫女が願いを込めて破魔矢作り(室蘭民報)  「八幡さん」の呼び名で親しまれている、室蘭市海岸町の室蘭八幡宮(奈良守房宮司)では、厄よけのお守り「破魔矢」作りが追い込みに入っている。災難を払って福を招く縁起物。「幸せな一年を送れるように」と巫女(みこ)さんは願いを込めて作業に取り組む。  弓矢の音に魔よけの意味が込められている―とされ、現在は初もうでで売られている。白衣と緋袴(ひばかま)に身を包んだ中村有里さん(18)、佐藤桃花さん(16)、坂元莉寧さん(16)の3人が、矢に紙垂(しで)と来年の干支(えと)の戌(いぬ)などが描かれた絵馬を丁寧に取り付け、袋詰めする作業に集中する。「一年を幸せに過ごせるように」(坂元さん) みこの心得、真剣に 荘内神社、初詣向けの臨時研修|山形新聞  鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で23日、初詣の参拝者に応対するみこの研修が行われ、あいさつや言葉遣いに気を付…

続きを読む

淡路・伊弉諾神宮で臨時巫女が神楽舞の練習

神楽舞:臨時みこさん、正月へ猛特訓 淡路・伊弉諾神宮 /兵庫 - 毎日新聞  淡路市多賀の伊弉諾(いざなぎ)神宮で23日、正月三が日に臨時のみこを務める高校生や大学生らの神楽舞の練習が始まった。作文や面接などの試験に通った26人が3グループに分かれ、25日まで特訓を受ける。  神宮みこの池本早希さん(23)と西田香月さん(24)の指導で、白衣と緋袴(ひばかま)姿の臨時のみこは手拍子に合わせて、足の運び方や御幣などの振り方を繰り返し練習した。臨時のみこは神楽舞を奉納したり、初詣客にお守りなどを授ける。高校3年生(18)「みこ衣装を着ると気持ちが引き締まった。しっかり練習して立派な舞を披露したい」 学生巫女、奉仕誓う 初詣へ県内各神社で認証式 - 富山県のニュース | 北國新聞社  高岡市の射水神社で23日、臨時巫女の認証式が行われ、高校生や大学生ら55人に委嘱状を交付した。  南砺市の高瀬神社でも、初詣客を迎える巫女の認証奉告祭が営まれ、南砺、砺波、小矢部、高岡、金沢市などから集まった高校生や大学生計72人が本番へ気を引き締めた。写真【委嘱状を受け取る成田さん=高岡市の射水神社】 春日大社十日えびす:大きな声で福授けて “9人娘”が準備 奈良 /奈良 - 毎日新聞 新年へ気持ちキリリ - 福娘に装束/春日大社十日えびす | 社会 | 奈良新聞WEB  奈良市の春日大社で23日、境内にある佐良気(さらけ)神社で来年1月10日に開かれる「春日大社十日えびす」に備…

続きを読む