松前神楽「八乙女舞」の二人

八乙女舞の2人をコンブで激励 福島のコンブ細工名人、鳴海さん:どうしん電子版(北海道新聞)  【福島】松前神楽が3月に国指定重要無形民俗文化財となる見通しとなったことを受け、コンブ細工名人として知られる町日向の自営業鳴海健児さん(78)が、同神楽の演目の一つ「八乙女(やおとめ)舞」を舞う吉岡小の2人を激励しようと、コンブなどで作った飾り物を贈った。この二人です (情熱の瞬間)穏やかな一年に(函館新聞) 元日、今年一年の平穏を祈って--。福島町松前神楽保存会所属の小学5年生、佐々木いちかさん、西田彩桜(さくら)さんが、松前町の温泉旅館矢野で「八乙女舞」(やおとめまい)を披露した。 広島)最優秀に難波さん 三蔵稲荷神の初夢写真コン:朝日新聞デジタル  福山市の三蔵稲荷神社が新春をテーマに開いた第24回初夢写真コンテスト(全日写連備後地方本部、朝日新聞福山支局後援)の審査があった。262点の応募作の中から、最優秀賞に難波幹治さん(岡山市)の「嬉(うれ)い」、朝日新聞社賞に山本清博さん(三原市)の「願いがかないますように」、三蔵稲荷特別賞には三原伸治さん(福山市)の「初詣」がそれぞれ選ばれた。いいですね 節分気分、一足早く 道の駅「神鍋高原」でイベント 兵庫 - 産経ニュース  2月3日の「節分」を前に、豊岡市日高町の道の駅「神鍋高原」で28日、来場者らに豆餅や福豆などを振る舞う「節分イベント」が開催された。道の駅に隣接するゲレンデで、スキーやスノーボードなどを楽しんだ…

続きを読む

石清水八幡宮「鬼やらい神事」

豆投げ鬼退散 京都・石清水八幡宮の「鬼やらい神事」:朝日新聞デジタル 節分神事:福豆で鬼たち退散 石清水八幡宮 /京都 - 毎日新聞  京都府八幡市の石清水(いわしみず)八幡宮で28日、節分行事「鬼やらい神事」があり、多くの親子らでにぎわった。  鬼を追い払う「鬼やらい人」が、邪気をはらうとされる桃の枝で作った剣を振り下ろすと、赤鬼と青鬼が登場。怖がる子どもが泣き出すなか、こん棒を手に本殿に突進したが、年男や年女たちに豆を投げられて退散した。子供めっちゃ泣いてる 宗像大社:節分に向け豆の袋詰め作業進む 5000袋用意 - 毎日新聞  福岡県宗像市の宗像大社で節分用の豆の袋詰め作業が進んでいる。巫女(みこ)たちが地元産の煎った大豆を小袋に一つ一つ丁寧に詰め、約5000袋を用意する。  2月3日の節分祭では、午前11時から本殿で神事をした後、斎館前の特設舞台で豆まきがある。数限定で、大社の福みくじ無料券や道の駅むなかたで使える商品券などが当たる袋も含まれている。先着500人に観光協会がおしるこをふるまうそうです 文化財防火デー:巫女らバケツリレー 宗像大社で防火訓練 120人参加 /福岡 - 毎日新聞  文化財防火デーの26日、世界遺産になった宗像大社(宗像市)で、自衛消防団や宗像地区消防本部などの約120人が参加して大がかりな防火訓練があった。  午前9時50分、神宝館近くの森から出火との想定で訓練を開始。神職や巫女(みこ)、市女性消防団員らがバケツ…

続きを読む

勝浦・遠見岬神社「かつうらビッグひな祭り」成功祈願祭

ビッグひな祭り:30人が成功祈願 勝浦・遠見岬神社 - 毎日新聞  今年で18回目を迎える「かつうらビッグひな祭り」(2月23日~3月4日)の成功祈願祭が27日、メイン会場の一つである千葉県勝浦市浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社であった。  本殿に通じる60段の「冨咲(とみさき)の石段」には本番同様、地元婦人会員の手で約1800体のひな人形が飾られた。巫女さんが舞(たぶん豊栄の舞)を奉納 節分へ向け福豆煎る 宇部市の琴崎八幡宮 (宇部日報) - Yahoo!ニュース  宇部市大小路の琴崎八幡宮(白石正典宮司)で26日、2月3日の節分大祭用に向けた福豆煎りが行われた。神職、みこら9人が参拝客の幸せを祈って袋詰めし、約1万袋を準備した。今年は無料頒布用の4700袋、神楽用600袋、豆まき用の3900袋を用意した。  直径約40センチの焙烙(ほうろく)で大豆を煎った後、彩り豊かな五色豆を交ぜて袋に詰めた。作業場は豆の香ばしい匂いに包まれた。福豆の無料頒布は8時から午後7時まで1時間置き、豆まきは午前11時半、午後2時半、4時半に行われます 青森)小正月、家々巡り豊作祈る 東通で餅つき踊り:朝日新聞デジタル 家内安全願い、田植え餅つき踊り/東通 - 東奥日報社 田植え餅つき踊りで「小正月」青森・東通村|日テレNEWS24 15日は「小正月」、青森県東通村では伝統の田植え餅つき踊りが行われ、女性たちが豊作と家内安全を祈った。 田植え餅つき踊りは、下北地方に2…

続きを読む

大神神社で防火訓練

文化財防火デー:大神神社、火から守れ 桜井 /奈良 - 毎日新聞  文化財防火デーの26日、桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で防火訓練があり、神職や巫女(みこ)らで編成する自衛消防隊や地元の消防団、桜井消防署から約100人が参加した。  境内の祈祷(きとう)殿から出火したと想定。発煙筒の煙が上がる中、巫女や女性職員がバケツリレーで消火に取り組んだ。続いて神職らが備え付けの放水銃を機敏に操作し、放水した。機敏な動き 消防訓練:文化財を守ろう 塩釜神社でみこら /宮城 - 毎日新聞  全国文化財防火デーの26日、塩釜市の塩釜神社で消防訓練が行われ、神職やみこらも参加し緊張感あふれる中で訓練に取り組んだ。  訓練は、強風注意報や乾燥注意報が発令される中、境内の杉林から出火し、社殿に延焼する恐れがある--との想定。市や消防、神社関係者など8機関110人が参加した。  初期消火訓練では、正装のみこらが機敏な動きで消火器を操作して火を消し、神職らが本殿から宝物に模した箱を慎重に運び出した。現在の社殿になった1704(宝永元)年以降、火災に遭ったことはないそう 天満宮で火の用心 太宰府で防火訓練 - 西日本新聞  第64回文化財防火デーの26日、福岡県太宰府市の太宰府天満宮境内で消防演習があった。地元消防本部や消防署、天満宮職員など約230人が参加。寒波の到来で冷え込みが厳しい中、みこや神職でつくる自衛消防隊も消防署や消防団と一緒に放水訓練を行った。  訓練…

続きを読む

熊野速玉大社で吉兆づくり

吉兆づくり:「もち花」満開 新宮・熊野速玉大社 /和歌山 - 毎日新聞 大判小判にタイ…縁起ものが花盛り 節分の吉兆づくり仕上げ 和歌山・熊野速玉大社 - 産経WEST 節分前に華やか吉兆授与 熊野速玉大社/AGARA 紀伊民報  節分(2月3日)を前に、和歌山県新宮市の熊野速玉大社(上野顯宮司)は柳の枝に縁起物などを飾り付けた華やかな「吉兆」千本を仕上げ、25日から授与を始めた。  熊野速玉大社によると、吉兆とは「良いことのきざし」という意味で、福神を迎えた木のこと。節分にこの吉兆を飾ると、幸福が訪れると信じられており、家内安全や商売繁盛などを願う参拝者に授与される。  境内で採った柳の枝を上野宮司が剪定(せんてい)して束ね、みこや職員がピンクや青、黄など色鮮やかな直径3センチほどの「もち花」、大判小判やサイコロといった縁起物を飾り付けて仕上げた。今年は長さ約90センチの大(3千円)を100本、約50センチの小(1800円)を900本用意 節分へ福豆袋詰め 浜松・五社神社、作業大詰め|静岡新聞アットエス  2月3日の節分を前に、浜松市中区の五社神社で豆まき用の「福豆」の袋詰め作業が大詰めを迎えている。26日も朝から神職や巫女(みこ)が社務所で作業に精を出した。  用意した大豆は約160キロ。作業は今月中旬から始まり、巫女らが「除災招福」と書かれた袋に豆を20グラムずつ手際良く入れている。月末までに8千袋を準備する。節分当日は境内で午後4時から「撒豆(さんとう)…

続きを読む

宗像大社で防火訓練

巫女らがバケツリレー 世界文化遺産・宗像大社で防火訓練 26日は文化財防火デー 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 文化財防火デ ー宗像大社で消火訓練(RKB) 世界遺産に登録された、福岡県の宗像大社で、消火訓練が実施されました。 宗像大社で行われた消火訓練には、神職や巫女、地元の消防団などおよそ140人が参加しました。 訓練は、境内の森から出火したという想定で参加した人たちはバケツリレーをするなどして消火の手順を確認しました。巫女さんも走ります 文化財防火デー 広島城で消防訓練(RCC) 26日は文化財防火デーです。国の史跡・広島城で、自衛消防隊などが参加して消防訓練が行われました。訓練は、広島市中消防署と広島城の自衛消防隊、それに近くの保育園などの園児も参加し、二の丸の平櫓(ひらやぐら)から出火したという想定で行われました。参加者たちは、初期消火や園児の避難誘導、負傷者の救助などに取り組みました。「参加出来て良かったです」(広島護国神社の巫女)雪の舞う中 福升作り:節分会に向け 日光山輪王寺 /栃木 - 毎日新聞 福豆300キロ用意 節分の福升作り始まる 日光山輪王寺|下野新聞「SOON」  【日光】山内の日光山輪王寺で19日、2月3日の節分会(せつぶんえ)に向けた福升作りなどの準備作業が始まった。  大寒の日に前後して準備が始まる。本坊に僧侶ら7人が集まり、清めの儀式を行ってから福升作りやお札の書き入れに当たった。  山伏姿…

続きを読む

神戸・湊川神社で福豆の袋詰め

節分の準備着々、福豆の袋詰め作業スタート 湊川神社 - 産経WEST  2月3日の節分を前に、湊川神社(神戸市中央区)で24日、豆まき神事に使う福豆を袋に詰める作業が始まった。巫女(みこ)や同神社婦人会の会員らが参加し、26日までの3日間で400キロ余りの豆を計約2万6千袋に詰めるという。  この日は巫女や神職など約30人が、慣れた様子で煎った大豆や五色豆などを袋に詰めていった。福豆の中には食事券や御神酒(おみき)などがもらえる「当たり」も混ざる。今年の節分は土曜で、多くの参拝客が見込まれることから、例年より3千袋増やした。巫女さん(20)「みなさんに福が訪れるように心を込めて詰めた。多くの人に福を持って帰ってほしい」 初春のよろこび、歌に託し朗々と 京都、冷泉家の歌会始 : 京都新聞  平安時代からの和歌の道を伝える歌道宗家・冷泉家の歌会始が20日、京都市上京区の冷泉家住宅で開かれた。門人たち約100人が集い、初春のよろこびを託した歌を朗々と披講し、一年の精進を誓った。  藤原俊成、定家を遠祖とする同家の年中行事。狩衣(かりぎぬ)姿の第25代当主冷泉為人さんら装束をつけた5人が、兼題の「霞(かすみ)」を詠んだ9首を独特の調子で詠み上げ、門人たちが唱和した。即興で詠む当座式の題には「霜」が きものショー:新春恒例 記念撮影、インド女性も 太田市役所 /群馬 - 毎日新聞  太田市役所1階ロビーで15日、新春恒例の「きものショー」が開かれた。着物を普段から気…

続きを読む

伊勢・二見興玉神社で福升の準備大詰め

福升:節分前に準備ピーク 伊勢・二見興玉神社 /三重 - 毎日新聞 伊勢 福枡準備が大詰め 節分祭向け二見興玉神社 三重 - 伊勢新聞 【伊勢】来月3日の節分祭を前に、三重県伊勢市二見町江の二見興玉神社で、参拝者に授与する福枡の準備が大詰めを迎えている。計1500個を用意し、希望者に1個5千円で授与する。 福枡は木製で17センチ四方、深さ9センチ。側面に神社の象徴「夫婦岩」や縁起物の赤鬼、「家運隆昌 商売繁盛」の文字、底面にはお多福が描かれている。舞女(ぶじょ)や神職が先月上旬から、今年のえと「戊戌(つちのえいぬ)」の印を押し、厄よけの神札や福豆を詰めている。先月末から授与を開始。発送の申込みも受け付けているとのこと 奈良・春日大社に最古級の日本刀 平安後期「安綱」作か:朝日新聞デジタル 【動画】春日大社で見つかった日本刀、最古級と判明 平安後期に伯耆国の刀工が製作か(1/2ページ) - 産経WEST 平安後期の古伯耆 - 安綱作の可能性/春日大社の太刀 | 総合 | 奈良新聞WEB  奈良市春日野町の春日大社(花山院弘匡宮司)は22日、宝庫に伝わった太刀1振りが、平安時代後期(12世紀中~後期)の伯耆(ほうき)国(鳥取県)で作られた「古伯耆」と呼ばれる日本刀だったことが分かったと発表した。刃と峰の間にある山形の線「鎬(しのぎ)」や「反(そ)り」がついた日本刀では最古級。「天下五剣」に数えられた名刀「童子切」(国宝)で有名な刀工・安綱が作った可能性もあるという。30日…

続きを読む

伊豆・稲取「第21回雛のつるし飾りまつり」開館式

東伊豆:雛のつるし飾り華やか 静岡 - 毎日新聞 健やかな成長へ「雛のつるし飾り」 東伊豆・稲取で祭典|静岡新聞アットエス きょう雛のつるし飾りまつり開幕 東伊豆 - 伊豆新聞 東伊豆で「雛のつるし飾りまつり」:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)  静岡県東伊豆町の稲取温泉旅館協同組合は19日、5会場で20日~3月31日に開催する「第21回雛(ひな)のつるし飾りまつり」の開館式を、メイン会場の文化公園雛の館で行った。  初節句の娘の無病息災と良縁を願い、寝る子は育つの「枕」や虫よけの「とうがらし」など、端切れで作ったぬいぐるみを雛段の両側につるす風習。6歳の保育園児二人が晴れ着姿のモデルに 梅津神楽復活、9時間かけ16の舞を奉納 川根本町|静岡新聞アットエス  川根本町に約550年前から伝わる静岡県指定無形民俗文化財「梅津神楽」が20日、同町の接岨峡温泉会館で奉納された。梅津神楽保存会の尽力によって、2年ぶりに復活した。  これまで梅津神楽は地元2神社の氏子が交代で主催してきた。昨年は若宮神社の氏子が6人という人手不足から開催を見送ったが、ことしは保存会が主催することで開催にこぎ着けた。筑地宣会長(78)によると、昨年秋ごろから保存会員で協議を重ねてきたという。 弓矢を持ち3人で舞う「八幡の舞」では親子が共演 初ゑびす祭:踊りを奉納 恵美須神社本祭 /三重 - 毎日新聞  伊賀市上野恵美須町の恵美須神社で20日、商売繁盛を願う「初ゑびす」の本祭が…

続きを読む

国学院大学で「成人加冠式」

国学院大学で「加冠式」 平安時代の儀礼で新成人祝福 - シブヤ経済新聞 成人式、奈良・平安へタイムスリップ 国学院大で儀礼:朝日新聞デジタル いにしえの加冠式で大人の仲間入り 東京・国学院大学 | TOKYO MX NEWS 成人加冠式 | 國學院大學 取材日誌 いにしえの加冠式で大人の仲間入り 東京・国学院大学  国学院大渋谷キャンパスで20日、奈良・平安時代の成人儀礼「成人加冠式」が行われた。色鮮やかな衣装をまとった学生たちが学内にある神殿を参拝し、保護者や教職員、友人らから祝福された。国内の大学で、神式の成人式を公式行事にしているのは唯一といい、今年で11回目。  全学部を対象に参加者を昨年12月に募集。新成人の男子20人、女子26人の学生が参加した。きらびやかな衣装が特に女子学生に好評で、即日定員に達したという。参加者は着付けの方法を事前講習で学び、本番に臨んだ。在学生は神楽舞などを演じて新成人を祝いました 北海道)松前神楽が国重要無形民俗文化財へ:朝日新聞デジタル  道南地方を中心に伝承されてきた「松前神楽(まつまえかぐら)」が、国の重要無形民俗文化財に指定される見通しとなった。国の文化審議会が19日に文部科学相に答申し、3月上旬ごろに正式指定される予定で、道内では1984年の「アイヌ古式舞踊」に続いて2件目となる。  松前神楽は「悪霊退散」「天下太平」を祈る歌舞。松前町や福島町が発祥の地といわれ、350年以上の歴史があるとされる。写真【開花したソバ…

続きを読む

伊賀上野・恵美須神社で「初ゑびす」

初ゑびすで境内にぎわう 福娘も踊り披露 伊賀市の恵美須神社 - 伊賀タウン情報 YOU - ニュース  伊賀市上野恵美須町の恵美須神社で1月20日、商売繁盛や家運隆昌を願う「初ゑびす」の本祭があり、縁起物の吉兆を買い求める参拝者らでにぎわった。【えびす音頭を披露する福娘の8人=伊賀市で】  境内の本殿前では、午前10時から近隣に住む小学4年から中学2年の福娘8人が黄色と朱色の着物を着て「ゑびす踊り」を披露。伊賀上野白鳳太鼓のメンバーが演奏を奉納した。今年で3年目という小学6年生(12)「1年ぶりの着物で帯がきつかったが、間違えずに踊れました」 “4度目の正直”で福娘に 関学大生、成人式も諦め挑戦「さらなる福届ける」 夢はアナウンサー(1/2ページ) - 産経WEST  今宮戎神社(大阪市浪速区)で、今月行われた「十日戎」に花を添えた福娘たち。成人式を欠席してまで挑戦し続け、その座を“4度目の正直”で射止めた女性がいる。関西学院大4年の芥田愛菜美(あくた・まなみ)さん(22)だ。充実した表情で役目を全うした彼女は「さらなる福を届けたい」とアナウンサーを目指すという。福娘からアナウンサーになる人は結構いるようですね 【神戸】ポドルスキ、初体験の必勝祈願は「すごくいい儀式だった」 : スポーツ報知  神戸は19日、神戸市内の和田神社で必勝祈願を行った。  吉田監督をはじめFWポドルスキら選手らが、悲願の初タイトル獲得を祈念。元ドイツ代表FWは「すごく興味深い儀…

続きを読む

塩釜神社で福升作り

福枡作り:一つ一つ手書きで2500個 塩釜神社でピーク /宮城 - 毎日新聞 節分祭の福桝作り本格化 宮城・塩釜神社 | KHB東日本放送  塩釜市の塩釜神社で、来月の節分用の「福枡(ふくます)」作りがピークを迎えている。  邪気を払うとされる福豆を入れる福枡は、祈とう申込者用の2リットルと1リットル、一般頒布用の1リットル(3000円)と0・18リットル(1000円)の4種類あり、同神社は計2500個の福枡を作る。さすが達筆です 「福がたくさん届きますように」 櫛田神社で節分準備:朝日新聞デジタル 節分準備に大忙し 豆の袋詰めや縁起物作りに追われる 櫛田神社 福岡市|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 博多の総鎮守、福岡市博多区の櫛田神社では、2月の節分を前におはらいした豆を神職や巫女が丁寧に袋詰めしたり、縁起物を用意したりと準備に追われています。 2018年は商売繁盛を願って福をかき寄せる熊手の「福寄せ」や、ますます福が増すようにという願いを込めた「福桝」など6種類、約7800点が用意されます。巫女さん「たくさん福が来るように素敵な一年になればいいなと思って作業を行っております」 鬼面札作り:もうすぐ節分、災難封じ 那智勝浦・熊野那智大社 /和歌山 - 毎日新聞  那智勝浦町の熊野那智大社で、来月3日の節分祭を前に参拝客に授ける災難よけの「鬼面札」作りが進んでいる。  鬼面札は、赤鬼と青鬼をしめ縄で封じ込めた絵柄の木版画で、門や玄関などに貼…

続きを読む

博多・櫛田神社で節分の縁起物づくり

博多・櫛田神社:福を集めて 節分の縁起物づくり - 毎日新聞 「福は内」たくさん届け、櫛田神社で縁起物準備 : 文化 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 来月3日は節分 神社で縁起物準備(RKB) 博多区の櫛田神社では、けさ神職と巫女5人が「節分大祭」に向けた縁起物の準備作業に追われていました。 毎年人気のお多福の面が飾られた「福寄せ」と呼ばれる熊手や、5色の豆を入れた「福五色豆」などに加え、今年は新たに「節分絵馬」も用意されます。 縁起物は、全部で6種類、およそ8000個に上るということです。節分当日は午前10時から午後4時まで30分おきに豆まき神事が 節分を前に‥伊勢の神社で「福ます」づくり | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  夫婦岩で有名な伊勢市の二見興玉神社では、2月3日の節分に向けて縁起物の福ますが1500個準備されます。  「福ます」は、白木の一升ますで、商売繁盛や無病息災を願い底には、お多福、また側面には鬼や宝物、それに夫婦岩と今年の干支である「戊戌(つちのえいぬ)」の印が押されます。  この「福ます」づくりに関わるのは、3人の女性神職と3人の巫女さんに限られていて、今の時期、通常の神事の合間をぬって、静かに準備作業が続けられています。女性限定なのは何かいわれがありそう

続きを読む

伊勢・栄野神社で湯立神事

伊勢 熱湯浴び1年の無病息災 栄野神社で湯立神事 三重 - 伊勢新聞 伊勢市の神社で熱湯をかける「湯立て神事」 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  三重県伊勢市の栄野神社で14日、1年の無病息災を祈る『湯立(ゆたて)神事』が行われました。  江戸時代から続くこの神事は、ふりかけられる熱湯の熱さを我慢することで御利益があると伝えられていて、神職らが大鍋で煮えたぎる熱湯に熊笹をひたして容赦なくふりかけました。本殿を湯玉で清め、参列者や氏子らをおはらいした後、舞女が「湯立の舞」を披露 節分の準備進む 熊野那智大社と青岸渡寺で 和歌山・那智勝浦町の世界遺産 - 産経WEST 鬼面札、祝升作り進む節分行事で参拝者に授与 | 紀南新聞ONLINE  那智勝浦町那智山の熊野那智大社と那智山青岸渡寺では、2月3日の節分に向けた準備が大詰めを迎えている。熊野那智大社では節分祈祷(きとう)の参拝者らに授与する鬼面札2000枚の準備、青岸渡寺は豆まき行事などで使う1・8リットルの祝升(いわいます・しゅくます)1300個の準備作業に追われている。  鬼面札は、赤鬼と青鬼が円形のしめ縄の中に封じられている図案で、門や玄関に貼り災難除けの札として用いられる。版木は3代前の篠原四郎宮司がホウノキに彫ったもの。那智の滝の水ですった墨を使用し、神職が縦35センチ、横45センチの画仙紙に、神職が1枚ずつ馬簾(ばれん)を用いて丁寧に刷り上げ、巫女が「那智宮印」を捺して完成させる…

続きを読む

三浦で「チャッキラコ」

大漁や航海の安全願って 三浦で「チャッキラコ」|カナロコ|神奈川新聞ニュース 晴れ着で「チャッキラコ」…三浦 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 東京新聞:豊漁を願い少女が踊る 三浦でチャッキラコ:神奈川(TOKYO Web)  海上安全や大漁、商売繁盛などを祈る小正月の伝統行事「チャッキラコ」が15日、三浦市三崎の海南神社であった。鈴や色紙のついた「チャッキラコ」と呼ばれる竹の棒や扇を手にした4~12歳の少女29人が、女性の唄に合わせて6曲を披露した=写真=。国の重要無形民俗文化財で、二〇〇九年にはユネスコの無形文化遺産に登録 福島)災いを「うそ」に替えて 西根神社でうそかえ祭り:朝日新聞デジタル うそかえ祭:「鷽鳥」求め行列 無病息災を祈る 福島・高畑天満宮 /福島 - 毎日新聞 <うそかえ祭>不幸をうそに 幸運の鳥「鷽鳥」求め参拝客でにぎわう | 河北新報オンラインニュース  福島市飯坂町の西根神社境内にある高畑天満宮で、恒例の「うそかえ祭」が14日まで開かれており、不幸をうそに変える幸運の木彫り「鷽(うそ)鳥」を求める参拝客でにぎわっている。  鷽鳥はハチの大群に襲われた菅原道真公を救った鳥として知られ、祭り開催は東北でも珍しい。米沢市の職人が手掛けた極小(高さ9センチ、800円)から特大(27センチ、5000円)まで5種類 炎どんどん 参拝客どっと 東北各地で「どんと祭」 | 河北新報オンラインニュース  小正月の伝統行事「どん…

続きを読む

姫路・播磨国総社「初ゑびす祭」

神戸新聞NEXT|姫路|「福娘」乗せ宝恵駕籠行列 播磨国総社で初えびす祭 宝恵駕籠行列にぎやか 播磨国総社の「初ゑびす祭」 - 産経ニュース  「ほい、ほい、宝恵駕籠ほい」。威勢のいい掛け声が響く。商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の初えびす祭が14日、始まった。初日は約500人の氏子らによる宝恵駕籠行列があり、「福娘」を乗せた駕籠を担いで、商店街を練り歩いた。  行列は、芸者が魚町から駕籠に乗って参拝したことが由来とされる。戦後長く途絶えていたが、阪神・淡路大震災後、姫路を活気づけようと1996年に復活した。福娘さん(19)は「体が宙に浮いて楽しかった。笑顔が絶えない1年になってほしい」と笑顔 商売繁盛 お願いします:朝日新聞デジタル  宮津市文珠の智恩寺で10日、江戸時代から続くとされる天橋立文殊堂の十日えびすがあった。文殊堂から山門を超える約100メートルにわたる参拝者の列ができ、次々に商売繁盛を願った。国の重要文化財の文殊菩薩(ぼさつ)像も特別公開された。参拝者は福娘から福徳長寿の御利益があるとされる「福棒」を受け取りました 福笹求める人で賑わう 本覚寺で本えびす | 鎌倉 | タウンニュース  新年の恒例行事「本えびす」が1月10日、市内小町の本覚寺で開催された。  1436年、一乗日出によって開かれた日蓮宗の同寺。鎌倉江の島七福神の一つで、厄を除け福を呼び、商売繁盛をもたらす「えびす神」を祭っている。地元から選ばれた福…

続きを読む

京都・三十三間堂「大的全国大会」

晴れ着姿の新成人ら、弓の引き初め 京都・三十三間堂で「通し矢」 - フォトジャーナル - 産経フォト 新成人ら2千人、矢を放つ 京都で「大的全国大会」:朝日新聞デジタル 京都・三十三間堂:「通し矢」に新成人ら2000人 - 毎日新聞 未来に的 新成人ら2000人 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 新成人が着物姿で通し矢 京都・三十三間堂 : 京都新聞 新成人が弓の腕前を披露:時事ドットコム 京都三十三間堂 「通し矢」|MBS 関西のニュース 新成人ら「通し矢」披露 雪舞う三十三間堂  京都市東山区の三十三間堂で14日、新成人が弓を引く大的(おおまと)全国大会があった。  江戸時代、お堂の軒下の端から端まで一昼夜に何本の矢を射通せたかを競う「通し矢」に由来する伝統行事。全国から集まった晴れ着姿の新成人ら約2千人が、60メートル先にある直径1メートルの的をめがけて次々と矢を放った。大学生(19)「成人式より楽しみにしていた憧れの大会に出て、やっと成人になったと実感できた」 弓道 村上(高校男子)・尾崎(同女子)V| スポーツ記事詳細(高校野球、FC今治、地域スポーツ、高校総体、スポーツ国内海外)|愛媛新聞ONLINE  弓道のダイキ杯県ジュニア新人選抜大会がこのほど、県総合運動公園弓道場で行われた。県内23校の高校1……続きは会員限定

続きを読む

伊勢神宮内宮「一月十一日御饌」

伊勢神宮内宮で神様の新年宴会「一月十一日御饌」 - 伊勢志摩経済新聞  伊勢神宮内宮(ないくう)で1月11日、伊勢神宮の別宮や摂社、末社、所管社の計125社の神々が一堂に集い「大新年宴会」をするとされる「一月十一日御饌(いちがつじゅういちにちみけ)」が行われた。第2部では6人の舞人が「東遊(あずまあそび)」を舞いました 神戸新聞NEXT|総合|「官兵衛神社」建立へ ゆかり深い姫路の神社に  戦国武将・黒田官兵衛とゆかりの深い姫路市広嶺山の広峯神社が、境内に「官兵衛神社」を建立する。2014年のNHK大河ドラマとなって以降、人気が急上昇し、同神社には年間約20万人が参拝に訪れる。昨今の「歴女ブーム」もあり人気は衰えていないといい、遺徳をしのぶ場を設けることにした。10日に地鎮祭があり、11月の完成を目指す。官兵衛の祖父・重隆が、神社の神符(おふだ)に添えて黒田家秘伝の目薬を売り、有力豪族に台頭した縁が 今日も1日ワンだふる!:/3 「住吉神社」(小野市) 家族大切に「犬幸祈願」 /兵庫 - 毎日新聞 神戸新聞NEXT|北播|犬形おみくじで“犬幸祈願” 小野の住吉神社  愛犬が日々健やかに過ごせますように--飼い主のそんな願いに応えようと、小野市垂井町の住吉神社では、人間の七五三にあたる「犬幸祈願」を行っている。昨年は11月下旬の週末3日間で、県内や広島、福井県などから事前申し込みをした150組が参加した。宮司一家はドーベルマンなど7頭を飼う犬好き

続きを読む

淡路・事代主神社で十日戎

十日戎:商売繁盛願って 淡路・事代主神社にぎわう /兵庫 - 毎日新聞  「仮屋のえべっさん」で知られる淡路市仮屋の事代主(ことしろぬし)神社で10日、商売繁盛を祈願する十日戎(えびす)があった。時折雨が降る寒い一日となったが、福を求める参拝客でにぎわった。  福授け所では、金色の烏帽子(えぼし)に千早姿の高校生の福娘5人が交代で口上を述べ、参拝客の頭上をササではらって福を授けた。商売繁盛を願って縁起物の招福熊手や吉兆などを買い求める参拝客が多かった。福娘の高校1年生(16)「皆さんが幸せな年になるように願いを込め、最高の笑顔で福を授けました」 神戸新聞NEXT|姫路|播磨国総社「福娘」7人決まる 姫路 初ゑびす祭:姫路のえべっさん、14日から 射楯兵主神社の福娘、役所などに神矢届ける /兵庫 - 毎日新聞 「宝恵駕籠行列」参加の福娘、兵庫・姫路市役所など訪問 14日から「初ゑびす祭」 播磨国総社 - 産経WEST  商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の「初えびす祭」(14~16日)を前に、今年の「福娘」7人が決まった。11日、姫路市役所や神戸新聞姫路支社などを訪れ、笑顔で福を届けた。  毎年公募で選んでおり、今年は県内外の学生や社会人ら98人から応募があった。書類審査や昨年12月の選考会を経て、19~28歳の7人が選ばれた。大学3年生(20)「正月にもちをいっぱい食べて福をつけてきた。笑顔になってもらえるよう頑張りたい」 商売繁盛お…

続きを読む

函館八幡宮で新嘗祭

函館八幡宮で「新嘗祭」 実りに感謝、神楽奉納【函館】 | 北海道ニュースリンク  「勤労感謝の日」の23日、函館八幡宮(川見順春宮司)では、神の恵みを受けてできた五穀豊穣に感謝する「新嘗(にいなめ)祭」が開かれた。今年収穫された野菜などを供え、実りの秋に感謝した。  新嘗祭は、農耕文化中心の日本で、精を出して育てた新穀を天皇が神に奉り、食することでその年の収穫に感謝し、国家の安泰を願う。  この日は同八幡宮の奉賛会や敬神婦人会の氏子らが参列。御神体を奉っている本殿奥の扉が開かれると米などをささげ、続いて出席した氏子らが幣帛(へいはく)を供えた。昨年11月。石崎地主海神社雅楽会による神楽「浦安の舞」が奉納されました 新年迎える準備整え 富山市の日枝神社で除夜祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社  富山市の日枝神社で31日、除夜祭が営まれ、神職や氏子らが一年の祭儀を無事終えたことに感謝し、新年を迎える準備を整えたことを神前に報告した。  平尾旨明宮司らが大祓(おおはらえ)を奏上。神職はサカキを持って本殿や社務所など境内を巡り、けがれを払い落とした。巫女さんが「浦安の舞」を披露しました まんじゅうで「福分け」 群馬・伊勢崎神社で「上州焼き饅祭」 - 産経ニュース  新春恒例行事の「上州焼き饅祭」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、群馬県伊勢崎市本町の伊勢崎神社で行われた。  巨大まんじゅう(直径55センチ、重さ5キロ)に、今年の年男年女…

続きを読む