伊勢神宮で新人舞女が舞楽の練習

緋色の袴に白い千早…伊勢神宮で新人舞女が舞楽の練習 高校卒業したばかりの8人 三重(東海テレビ) 新人舞女 練習の成果披露|NHK 東海のニュース 三重県の伊勢神宮で、神楽を舞う舞女として、この春採用された女性たちが、4月から舞を奉納するのを前に、練習の成果を披露しました。 伊勢神宮には神楽を奉納する舞女と呼ばれる女性たちがおり、ことしも、高校を卒業したばかりの8人の新人が仲間入りしました。 30日は、この8人が参集殿に集まり、紅梅で飾った冠をかぶって、白い衣装に「ひ色の長ばかま」といういでたちで倭舞と呼ばれる舞を披露しました。多くは三重県出身とのこと 王朝絵巻、華やぐ古道 甲賀・土山で斎王群行:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web) 斎王群行、平安装束華やかに 滋賀・甲賀 : 京都新聞  天皇の名代として京都から伊勢神宮に派遣された斎王の行列を再現した「第21回あいの土山斎王群行」が25日、滋賀県甲賀市土山町の旧東海道沿いであった。平安装束の華やかな行列に、多くの見物客がカメラを向けていた。  斎王群行は、7世紀後半から13世紀中頃にかけて、天皇の即位ごとに行われた5泊6日の旅。道中、5カ所の頓宮(とんぐう)と呼ばれる施設で宿泊した。その一つが同市土山町頓宮の「垂水(たるみ)斎王頓宮跡」で、1944年に国史跡に指定された。今年の斎王役は地元の会社員(24) 鏡の里元服式:古式ゆかしく 公募の男女11人 竜王・鏡神社 /滋賀 - 毎日新聞  源義経が…

続きを読む

東大阪・布施戎神社でヒット祈願

バンド「オメでたい頭でなにより」、布施戎神社でヒット祈願 「USJでイベントしたい」 - 東大阪経済新聞 オメでたいバンド、戎神社でヒット祈願 | ニュース | Lmaga.jp テレビ・アニメ・食文化・歌謡曲・童謡など日本の文化や遊びをテーマに、年間100本ものライブをこなす5人組バンド「オメでたい頭でなにより」が4月4日にメジャーデビュー。「布施戎神社」(大阪府東大阪市)で29日、ヒット祈願会見がおこなわれた。福娘さんと記念撮影 安珍・清姫の冥福祈る 白河の東北中生ら念仏と踊り奉納 | 県内ニュース | 福島民報  歌舞伎の題材になっている「娘道成寺」で知られる僧侶安珍と清姫の冥福を祈る「安珍・清姫供養祭」は27日、安珍の生まれ故郷とされる白河市萱根根田の安珍堂で営まれた。  白河根田安珍歌念仏踊保存会の主催。高野甲子会長ら8人が県重要無形民俗文化財「安珍歌念仏踊り」を披露した。保存会から指導を受けた東北中の1年生約20人が安珍や清姫に扮(ふん)し、太鼓やかね、歌に合わせて息の合った踊りを披露した。命日の3月27日に念仏と踊りを奉納 【写真特集】全31枚!!西南学院大学の卒業式を彩った袴美女たち! | NewsWalker 【写真特集】福岡大学の卒業式で見つけた袴美女27連発! | NewsWalker 柄もさまざま

続きを読む

一関で鶏舞の団体「本寺地区神楽」結成

「鶏舞」継承、誓い新たに 一関、本寺中卒業生が団体結成 - 岩手日報WebNews 継承へ決意 「本寺地区神楽」始動【一関】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社  一関市の本寺中卒業生による鶏舞を愛する会(佐藤ひろの代表)は、同校で受け継がれてきた独自の鶏舞「本寺中神楽」をさらに受け継いでいくために、新団体「本寺地区神楽」を結成した。メンバー18人は地域に伝わる伝統芸能を後世に残していくために誓いを新たにした。  結団式は25日、同市厳美町の本寺中で行われ、約50人が参加した。「本寺地区神楽」は、同校卒業生という枠をなくし、同地区の神楽伝承に関わりたい人の参加を広く募る。来月1日から活動を開始し、神楽を舞う時に使うかぶとを修理するワークショップの開催などを予定している。今月末で中学校が閉校に 稚児行列 華やかに 社日稲荷神社で大祭 群馬・大泉町|社会・話題|上毛新聞ニュース  群馬県大泉町の社日(しゃにち)稲荷(いなり)神社(井上正俊宮司)の春季大祭が25日開かれ、3年に1度の稚児行列が行われた=写真。  稚児行列には30人が参加し、男児は烏帽子に緑色の衣、女児は冠にピンク色の衣装を身にまとった。保護者に手を引かれ、参道など神社周辺を一周した。いい天気

続きを読む

京都・随心院「はねず踊り」

小野小町しのび、はねず踊り華やかに 京都・隨心院 : 京都新聞  小野小町の伝説にちなむ「はねず踊り」が25日、京都市山科区の隨心院で行われた。穏やかな日差しの中、薄紅色を表すはねず色の衣装を身につけた子どもたちが舞った。  小野小町のもとへ深草少将が百夜通いしたエピソードに基づく踊り。大正時代に途絶えたが、1973年に住民らが復活させた。毎年、地元の小学4~6年が踊りに出演している。3年連続で出演した子(12)「最後の年でちゃんと踊ることができてよかった」 彼岸法要で児童らが雅楽奉納 大田原・正浄寺|下野新聞「SOON」  【大田原】春の彼岸中日の21日、佐久山の正浄寺で佐久山小雅楽部が参加して県無形民俗文化財の「正浄寺の雅楽」が奉納された。  雅楽は少なくとも江戸時代末期には存在したとされる。現在は檀徒(だんと)有志12人でつくる保存会(山口芳史(やまぐちよしふみ)楽長)が継承している。保存会員8人と児童12人が「越天楽」を演奏 神戸新聞NEXT|神戸|卒業式で行う習慣ありますか? ツイッターでアンケート 小学卒業式、はかま姿の子じわり増 高知県内で5年前から|高知新聞 「卒業式で必ず行う習慣ってありますか?」 神戸新聞NEXTの公式ツイッターで尋ねたところ、3月12日からの1週間で1273票の投票があった。  最も多かったのはサイン・プロフィール帳の交換で801票(約63%)。続いて、ランドセルへの寄せ書きが127票(10%)、名札のやり取り…

続きを読む

飛騨一宮水無神社で児童が「浦安の舞」練習

飛騨一宮水無神社:巫女装束で「浦安の舞」 児童4人「初奉納」へ練習 きょう祈念祭 /岐阜 - 毎日新聞  高山市一之宮町の飛騨一宮水無神社で巫女(みこ)として舞を奉納する小学生から中学生までの8人の女の子が舞の練習に励んでいる。4月から中学生になる4人は25日、飛騨一宮水無神社の祈年祭で、皇紀2600年を記念して作られた近代雅楽の「浦安の舞」を初めて奉納する。「普通ではできない経験。本番ではみんながそろい、きれいな舞を見せたい」 埼玉)秩父銘仙を着て卒業式 秩父市立南小学校:朝日新聞デジタル 伝統の「銘仙」で卒業式=埼玉県秩父市〔地域〕:時事ドットコム 東京新聞:卒業おめでとう 新たな一歩へ 南小、桶川・カフェ:埼玉(TOKYO Web)  埼玉県秩父市の市立南小学校(倉沢俊夫校長)で、6年生の児童28人が伝統の絹織物「秩父銘仙」のはかま姿で卒業式に臨み、保護者や学校関係者らが新たな門出を祝った。  秩父地域は、かつて養蚕や絹織物の生産、取引でにぎわった。「秩父銘仙」は国の伝統的工芸品にも指定されている。昨年、地域おこし協力隊の関川亜佐子さんが同小学校で「出前講座」を行った際、児童から「銘仙を着てみたい」という声が上がり、地元の伝統産業への理解を深めてもらう初の試みとして、思い出に残る卒業式の開催を企画した。「これからも秩父の伝統を大切にしていこうという気持ちが強まった。この特別な思い出を大切にして、中学生になりたい」 織物産地の小学校、女子全員着物で卒業 京都 : …

続きを読む

宗像大社で献上ワカメの選別

宗像大社で献上ワカメを巫女ら選別、27日に宮中へ 福岡 - 産経ニュース 献上ワカメ:袋詰め作業 巫女ら入念に 宗像大社 /福岡 - 毎日新聞  宗像大社(福岡県宗像市)で、天皇、皇后両陛下をはじめ皇族に贈る「献上ワカメ」の袋詰めと選別作業が進んでいる=写真。地元漁協から奉納された約20キロの乾燥ワカメを巫女(みこ)らが100グラムずつ袋に詰め、特製の杉箱に納めた。  宗像市が面する玄界灘産のワカメは、激しい海流にもまれて肉厚になり、うま味が増す。献上ワカメには漁の解禁(3月1日)に先立ち、地島(じのしま)沖で採取したワカメのうち、最も上質な先端部だけを用いる。水洗いし、乾燥するときには地島特産のつばき油を特別に塗る。皇族方への献上は56回目 兵庫)春を訪れ告げる摩耶詣 馬がパレード:朝日新聞デジタル  馬を連れて摩耶山天上寺(神戸市灘区)に参拝した「摩耶詣」という風習を再現する恒例行事「摩耶詣祭」が24日、同寺などであった。馬や巫女(みこ)らが寺から掬星台(きくせいだい)まで練り歩き、摩耶山に春の訪れを告げた。  同寺によると、摩耶山には古くから旧暦2月の初午(はつうま)の日に、飼い馬を連れて寺に参拝し、馬の息災や一家の繁栄を祈る風習があった。明治期ごろまで盛んだったが、馬を飼う農家が減り、大正期には細々とお参りが続いていたという。1993年に市立六甲山牧場の馬を借りて「復活」 平安期の装束で源氏物語を再現 倉敷で衣紋道高倉流たかくら会: 山陽新聞デジタル|…

続きを読む

大神神社で巫女の神楽舞講習

神楽舞講習:新人巫女ら 桜井・大神神社 /奈良 - 毎日新聞  桜井市三輪の大神(おおみわ)神社でこの春入社の3人を含む巫女(みこ)20人が神楽舞の講習を受けた。祭典や結婚式などで舞う「浦安の舞」を中心に稽古(けいこ)に打ち込んだ。  講習は、神社音楽協会(東京)から先崎径子(みちこ)会長を講師に迎え、春夏の年2回開く。今年最初の講習は19日から4日間の日程であり、神前での心構え、舞の基本姿勢や、手にする檜扇(ひおうぎ)や鈴の動かし方などを学んだ。新人巫女さん(18)「テンポの取り方など難しいが、祭典で舞えるように一生懸命頑張りたい」 きこり姿で若水取り 春の養老観光シーズン幕開け - 岐阜新聞 Web 春を告げる「若水取り」 養老神社:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)  養老町の養老公園に春の観光シーズンの幕開けを告げる催し「若水取り」が二十一日、園内にある養老神社境内の菊水泉であった。  菊水泉は、元号を「養老」に改元した奈良時代の元正天皇が浴した美泉と伝えられ、水に菊の香りがしたことから命名されたという。朝廷に献水したとの伝承にちなみ、地元の観光協会が一九七七(昭和五十二)年から若水取りを行っている。JAにしみのと大垣西濃信金の職員がきこりに扮しました

続きを読む

甲府・佐久神社で「浦安の舞」奉納

山梨)雪中の稚児の舞:朝日新聞デジタル  春分の日の21日、県内は多くの地域で季節外れの雪に見舞われた。甲府市下向山町の佐久神社境内では、地元の少女2人が稚児の舞を奉納した。  神社の飯寄征男(まさお)総代長(78)によると、地域の活性化とつながりの確認のため1998年から続く行事。舞い手は10人いたこともあったが、少子化で減ってしまった。小5の二人「足の運びと鈴を鳴らすタイミングが難しかった」「数日前は暖かかったのに、ちょっとびっくり。でも練習したとおりに踊れました」 苫小牧市 樽前山神社のおみくじは、水揚げ日本一を誇るアレがモチーフに! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ] ホッキ貝水揚げ量日本一を誇る苫小牧。そう、樽前山神社のえぞみくじは、ホッキ貝をモチーフにしたものでした。ちなみにおみくじの名前は「貝運一念発起」と、えぞみくじではお馴染みのダジャレも、しっかり利いています。以前も話題になってました 春運ぶかご行列 福娘や稚児30人 くるめ宝恵祭り [福岡県] - 西日本新聞 くるめ宝恵まつり:新小学1年生かご行列 商店街を練り歩く /福岡 - 毎日新聞  商売繁盛や子孫繁栄を願う伝統行事「くるめ宝恵(ほうえ)祭り」が21日、久留米市日吉町の日吉神社を中心にあった。4月から小学生になる子どもたち30人がかごに乗り、約300人の行列が市中心部を練り歩いた。  春を呼ぶ伝統行事として毎年春分の日に実施。今回は雨のため、一部の神事や経路を短縮した。縁…

続きを読む

鶴岡・荘内神社で雛祭り

雛祭りに園児三十人 展示の雛壇に歓声も 荘内神社 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【山形】鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)では三月一・二の両日に市内の幼稚園児を招待して「ひな祭り」を執りおこなった。神社のブログでも紹介 ひなまつり♪ - 荘内神社 巫女ブログ 所縁の梅と共に「梅の使節」訪問 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【東京】福岡・太宰府天満宮(西高辻信良宮司)から祭神・菅原道真公の愛した梅の花を各地に届ける「梅の使節」が二月十四日、首相官邸や都内の神社などを訪問した。  「梅の使節」は、大宰府に西下した菅公を慕ふ京都「紅梅殿」の梅が、一夜にして大宰府に飛来したといふ「飛梅伝説」に因んで始められたもので、今年で三十七回目。亀戸天神社や湯島天満宮へ 6年生夢抱き旅立ち 道内小学校で卒業式:どうしん電子版(北海道新聞) 札幌市内小学校で卒業式 | HTBニュース はかまやスーツに身を包み… 札幌の小学校 約1万4000人が卒業 | UHB:北海道文化放送  道内の小学校1039校のうち約4割の433校で20日、卒業式が行われた。卒業生たちは中学校での新生活への期待を胸に、6年間の思い出が詰まった学びやを巣立った。  札幌市中央区の市立円山小では、色とりどりのはかまや真新しいスーツに身を包んだ卒業生150人が、保護者らの拍手に迎えられ体育館に入場。卒業生:「(Q.はかまを着てみてどうですか?)結構苦しい」

続きを読む

柳川でおひな様水上パレード

おひな様、柳川で水上パレード 観光客に「ハロー」:朝日新聞デジタル 水郷に華やかな稚児 柳川雛祭り [福岡県] - 西日本新聞 水郷の街 柳川 おひな様 水上パレード 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 おひな様水上パレード(RKB)  福岡県柳川市の掘割で18日、おひな様水上パレードがあった。着物姿の女児らを乗せた11隻が、約4キロの川下りコースをゆっくりと1時間半、川上りした。  今年24回目となる「柳川雛(ひな)祭り さげもんめぐり」の人気行事。宮司、雅楽隊、お雛様やお内裏様、三人官女、園児と保護者ら約210人が参加した。暖かそうでよかった 阪神、西宮神社で必勝祈願!優勝して秋にはお礼参りや - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)  阪神は2日、甲子園での全体練習前に、金本監督をはじめ関係者約250人が西宮神社で毎年恒例の必勝祈願を行った。お神酒を注ぐ巫女さん

続きを読む

日光二荒山神社で八乙女の新人研修

八乙女:日光二荒山神社で研修 神楽舞の稽古に汗 来月1日「初仕事」 /栃木 - 毎日新聞 初々しく神楽特訓 新人八乙女4人が研修 日光・二荒山神社|下野新聞「SOON」 二荒山神社で新卒の「みこ」研修|NHK 栃木県のニュース  日光市の世界遺産・日光二荒山神社で、八乙女(やおとめ)と呼ばれる巫女(みこ)の新人研修が今月中旬から続いている。4月1日の「初仕事」に向けて、16日は神楽舞の稽古(けいこ)が行われた。  二荒山神社によると、「八乙女」は八つの家の子女が代々務めてきたため、その名が付いたという。今年は2年ぶりの採用で、県内の高校を卒業した4人が加わった。新人の八乙女さん(18)は「覚えることがたくさんあり大変ですが、参拝者に安心を与えられるようになりたい」と抱負を じゃばら濃厚「邪祓酒」登場 | ニュース和歌山  和歌山市本脇の射箭頭(いやと)八幡神社は、和歌山産のじゃばらを使った「邪祓酒」の販売を2月末に始めた。神社から和歌山の物産を発信する試みで、同神社は「神社が個性を出し、地域の元気につながれば」と望んでいる。  北山村の特産品として知られる柑橘類のじゃばら。様々な加工品がある中、きのくに地域活性化協議会代表の志賀弘明さんは一昨年、内閣府の知人から市販のじゃばら酒について、「味はいいので、楽しんで飲める雰囲気があると、人気が出るのでは」とアドバイスを受けた。「ラベルのキャラクターは障害者就労支援事業所のスタッフが描いた巫女で、現在、これに合わせたア…

続きを読む

鶴岡・出羽三山神社で「倭楽」奉納

琴や笛の音に合わせ優雅な舞 鶴岡・出羽三山神社で「倭楽」奉納|山形新聞 伝統芸能の「倭楽」披露|NHK 山形県のニュース  鶴岡市の出羽三山神社に明治時代初期から伝わる舞「倭楽(やまとがく)」の奉納が12日、同神社三神合祭殿で行われた。神主やみこが優雅な舞を披露し、聴衆を魅了した。  冷たく澄んだ空気が厳かな雰囲気を醸し出す中、みこの舞の「君が代」や「色かへぬ」、神主による「白銀や」など18曲を奉納した。扇や鈴などを手に、琴や笛の音色に合わせて舞う姿に、訪れた約30人は引き込まれた様子で見入っていた。明治初期、奈良市の春日大社から伝わったとのこと はかまで卒業式、小学校でも人気:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web)  別れの季節の風物詩ともいえる女子学生のはかま姿。大学の卒業式では以前から定番だったが、最近は小学校の卒業式でもみられるようになってきた。ただ、「一生の思い出になる」という声の一方で「レンタル料が高く、着られない子は寂しい思いをするのでは」などと心配する意見もある。難しい問題

続きを読む

祐徳稲荷神社で外貨両替機など設置

佐賀)外国人向け「神対応」 鹿島・祐徳稲荷神社:朝日新聞デジタル 祐徳稲荷、訪日客もてなし充実 外貨両替機を設置 「SIMカード」受け渡しも|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 祐徳稲荷神社が無料SIMや外貨両替機 外国人観光客対応を加速 佐賀県鹿島市:ニュース:九州経済:qBiz 西日本新聞経済電子版 | 九州の経済情報サイト  タイなどからの訪日観光客が多い鹿島市の祐徳稲荷神社に自動外貨両替機が設置された。12カ国の通貨に対応し、おさい銭や土産品購入などに役立ててもらう。訪日客が携帯電話端末に用いる「SIMカード」の受け渡しも始めた。旅行客に親切な環境を整え「おもてなし」を充実させている。タイ映画やドラマのロケ地となったことがきっかけでインバウンドブームに火が 平安貴族の歌遊び再現 京都・北野天満宮で「曲水の宴」 : 京都新聞  平安貴族の歌遊びを再現する「春の曲水の宴」が10日、京都市上京区の北野天満宮であった。梅の花が咲く中、詠み人が「恋」「賀」を題材にした和歌や漢詩を披露した。  天皇の宴に度々招かれたという祭神・菅原道真を顕彰し、同天満宮が企画。一昨年から秋のみ実施しており、春は初めての開催となった。いい天気 流しびなで子供の無病息災を祈る 京都・下鴨神社 - 産経WEST  桃の節句の3日、和紙で作ったひな人形を川に流す「流しびな」が京都市左京区の下鴨神社で行われた。女児を連れた多くの家族連れらが訪れ、子供の健やかな成長と幸せを願っ…

続きを読む

志摩・楠御前八柱神社で例祭

ヤマトタケルの姉祭る志摩の楠の宮「楠御前八柱神社」で例祭 - 伊勢志摩経済新聞  日本武尊(やまとたけるのみこと)の姉に当たる第12代景行天皇の第7皇女・久須姫命(くすひめのみこと)・五百野皇女(いおののひめみこ)を祭る「楠御前八柱神社(くすごぜんやはしらじんじゃ)」(志摩市浜島町南張)で例祭が行われた。 (中略)  この日は、伊勢神宮から神職、楽師、舞女も祭典を奉仕、地元の舞姫4人による浦安の舞も奉納した。大西さんは「当初天気予報では大雨だったが、朝には雨が上がり祭典が始まると風が吹き太陽が顔を出した。皇室の弥栄、国家隆昌、五穀豊穣をお祈りした」とも。写真は舞楽「胡蝶」のようです ひな人形姿で舟巡り 香取 | 千葉日報オンライン  歴史的建造物が立ち並ぶ香取市佐原で10日、ひな人形の格好をした参加者が、船に乗ってパレードする「さわら雛(ひな)舟春祭り」が開かれた。三人官女や五人囃子(ばやし)などに扮(ふん)した計35人を一目見ようと、小野川沿いには多くの人があふれた。  佐原の町並みの商店などに、ひな人形を並べる「さわら雛めぐり」(25日まで)の関連イベントで、今年で6回目。水郷佐原観光協会によると、水上で見られるひな祭りは全国でも珍しいという。おひなさまは短大生(20) 園児ら稚児舞奉納も 下関・亀山八幡宮で十日えびす祭(山口新聞) 商売繁盛や家内安全、豊漁などを祈願する「十日えびす祭」が10日、下関市中之町の亀山八幡宮(竹中恒彦宮司)境内にある恵比須神…

続きを読む

半田市中村町で「十三詣り」

十三詣り:数え13の女の子28人が着物で蔵のまち歩き 半田 /愛知 - 毎日新聞  厄をはらい健やかな成長を祈る「十三詣(まい)り」が3日、半田市中村町の蔵のまちエリアで行われた。数え13歳の女の子が着物姿で黒板塀のまちを歩き、家族やアマチュアカメラマンらが盛んにシャッターを切っていた。  市民グループ「きやしゃんせ半田」(榊原和子代表)が市観光協会の協力で始め、今年で13回目。午前と午後の2回で計28人が参加した。子どもたちはミツカン・ミュージアム前で記念写真を撮った後、地元・下半田北組のおはやしの先導で半田運河沿いを歩き、豪商の館だった半六庭園を経て業葉(なりは)神社へ。神妙な表情でおはらいを受けた。関西で盛んな風習のようです 大勢の観光客にぎわう さいたま・岩槻の愛宕神社、今年も大ひな段飾り登場 園児ら「ひな姿」披露も(埼玉新聞)  さいたま市岩槻本町3丁目の愛宕神社に、今年も大ひな段飾りが登場し、大勢の観光客でにぎわっている。今後は3月10、11両日の午前9時半から午後4時まで公開される(晴天時のみ)。  区内の自治会などによる「岩槻中心市街地まちづくり協議会」が市民に呼び掛けて人形の寄付を募り、昨年から始めた催し。同神社本殿へと続く27段の石段に鮮やかな緋毛氈(ひもうせん)が敷かれ、寄付を受けた千体以上の人形のうち380体が並べられる。写真映えすることから、昨年は大勢のカメラマンらが神社を訪れた。10日午前11時からは、おひなさまに扮した地元幼稚園児によ…

続きを読む

津・射山神社で記念婚式

津 十二単着て記念婚式 夫婦10組円満誓う 「榊原温泉のお雛さま行事」 三重 - 伊勢新聞 【津】三重県津市榊原町の榊原温泉振興協会は3日、町内の射山神社で「記念婚式」をした。同協会主催のイベント「榊原温泉のお雛(ひな)さま」(4日まで)のメイン行事で、事前の応募で選ばれた県内外の30―70歳代の夫婦10組が絆を再確認した。 旧榊原村時代の「嫁入り道中」を再現し8回目。参加者は住民有志の「道中伊勢音頭」の先導で行列し、拝殿で神事に臨んだ。応募の際の「恋のひと言」で最優秀に 平安時代から伝わる着付け技術披露 長岡 「十二単」「束帯」で観客魅了|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア  平安時代以来の衣装「束帯」「十二単(ひとえ)」の着付けを実演するイベントが4日、新潟県長岡市大手通1のアオーレ長岡で開かれた。訪れた市民ら約230人が、ハイレベルな着付け技術に魅了されていた。  イベントでは、「衣紋道」として伝わる男性の束帯と女性の十二単の着装技術を紹介。束帯のモデルは長岡藩主だった牧野家の18代目となる牧野忠慈さんが、十二単のモデルは地域活性化に取り組む女性グループ「リリー&マリーズ」のメンバーがそれぞれ務めた。着付けは1時間ほどで終了 女性神職が舞披露 ひな祭り神事:福井発:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web) 成長、活躍願い豊栄の舞 ひな祭り神事で女性神職奉納 – フクナワ  女性神職による「ひな祭り神事」が3日、福井市の佐佳枝廼社で…

続きを読む

久留米・水天宮から首相にツバキ贈呈

ツバキの花に首相笑顔 福岡の鉢植え贈呈 - サッと見ニュース - 産経フォト 安倍首相にツバキのプレゼント:時事ドットコム 平成30年3月6日 久留米つばきの贈呈 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 久留米つばきの贈呈-平成30年3月6日 - 政府インターネットテレビ  安倍晋三首相は6日、福岡県久留米市の神社、「水天宮」宮司の真木大樹さん、みこの中山有美さんらと官邸で会い、赤い花を付けたツバキの鉢植えを贈られた。首相は「すてきですね」と笑顔を見せた。  2人は本村康人久留米商工会議所会頭に同行した。ツバキは水天宮の神紋で、久留米市はツバキの苗木の生産地として全国有数だという。一昨年もありました→産経新聞 ワイルドな絵馬で病除け 日中の医薬神が見守る薬の街:朝日新聞デジタル  こぶのある怖い顔で草をくわえ、草で作った服を着た姿は、とてもワイルド。大阪の中心で出会った神さまは、実は中国生まれの医学と薬の神だそうです。その中国の神と、日本の神を共にまつる神社を訪ねました。 (中略)  毎月23日の「献湯祭(けんとうさい)」では、たすき掛け姿の巫女(みこ)が湯釜にひたした笹(ささ)束で境内に湯をまく神事があり、釜に残った厄除けの湯を求めて多くの人が集まる。11月22、23日の「神農祭」には毎年、5万人以上の参拝者が訪れ、神虎を買い求めるという。大阪市中央区道修町の少彦名神社 枚岡神社であこがれの巫女体験!超人気企画を見学してきま…

続きを読む

浜松・息神社で田遊祭

稚児が田所回り豊作祈願 浜松・息神社で「田遊祭」|静岡新聞アットエス 豊作願い「田遊祭」 浜松市西区の息神社:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)  五穀豊穣(ほうじょう)を願う「田遊祭(たうたさい)」が四日、浜松市西区雄踏町宇布見の息(おき)神社であり、参列者たちは種まきや代かきといった米作りの手順を歌う「田遊神楽歌」を唱和した。  鎌倉、室町時代ごろが起こりといわれる行事。宇布見を開いたという六つの旧家「六名(みょう)」でつくる宮座が続けてきた。  拝殿には、宮座の人ら三十人ほどが参列した。歌い手が太鼓の合図で「田を作れ」と歌いだし、途中で「種をまこうよ」と言うと、六名の代表者たちが種もみを「田所」と呼ばれる囲いにまいた。稚児は地元の小学一、二年生計四人 商売繁盛祈り神楽 - 大神神社末社の成願稲荷神社/初午祭 | 社会 | 奈良新聞WEB  桜井市三輪の大神神社末社の成願稲荷神社で3日、五穀豊じょうや商売繁盛を祈る例祭「初午(うま)祭」が営まれた。  旧暦2月の最初の午の日に営まれている。祭典では祝詞の後、巫女(みこ)らによる神楽「浦安の舞」が奉納された…写真【祭典後に旗飴を受け取る参列者】 八王子にキツネの行列 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  八王子市の子安神社で3日、キツネの仮装をした人たちが街を練り歩く「狐の行列」が行われた。キツネのメイクを施したり、お面を付けたりした約200人が、お囃子と太鼓が鳴り響く…

続きを読む

太宰府天満宮で曲水の宴

汗ばむ陽気、優雅な時代絵巻 太宰府天満宮で曲水の宴:朝日新聞デジタル 梅の下、春に酔う 太宰府天満宮 - 西日本新聞  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で4日、春の訪れを告げる「曲水の宴」があった。祭神の菅原道真も、平安時代の宮中で参宴したとされる伝統行事。うららかな日和に恵まれ、紅白の梅花の下で衣冠、十二単(ひとえ)などを装った男女が風流なうたげを繰り広げた。  姫役は福岡親善大使の丸林千紘さんら5人、諸官役は歌舞伎役者の松本幸四郎さんや地元経済人ら7人が務めた。参宴者は、水路に浮かべた酒杯が自分の前に流れてくるまでに短歌をしたため、杯を飲み干した。左写真【曲水の宴を前に神楽「飛梅の舞」が奉納された】 和歌山)桃の節句、各地で行事 淡嶋神社・紀の川:朝日新聞デジタル 紀の川流し雛:成長祈り紙雛流し 粉河寺で祈願祭 /和歌山 - 毎日新聞  紙の雛(ひな)人形を川に流す「紀の川流し雛」が3日、紀の川市粉河であった。参加者は思いを込めて作った色とりどりの雛を流した。  1982年から毎年営まれ、37回目。粉河寺の本堂前で祈願祭があり、主催する同市文化協会粉河支部の山崎紀久一支部長が「子どもたちの健やかな成長を祈りたい」とあいさつし、粉河寺の逸木盛俊管長が読経した。「お姫さま」役は高校3年生 MBCニュース | 仙巌園で流しびな きょう3月3日は桃の節句、「ひな祭り」です。 鹿児島市の仙巌園では女性の無病息災を願う「流しびな」が行われました。 仙巌園の「…

続きを読む

和歌山・淡嶋神社雛流し

小舟で海へ、ひな流し 和歌山市の淡嶋神社 - 読んで見フォト - 産経フォト 「娘を嫁に出すよう」 淡嶋神社雛流し : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) わかやま新報 » Blog Archive » 桃の節句に幸せ願い 淡嶋神社で伝統の雛流し  「桃の節句」の3日、和歌山市加太の淡嶋神社で、ひな人形を海に流して女性の幸せを願う神事「雛流し」が行われた。  古くなった人形を納める人形供養で知られる同神社には、この1年間にも約4万体が寄せられた。この日は、おはらいを受けた約400体が白木の小舟3隻に載せられて浜辺に。巫女らが紙吹雪をまく中、干潮だったため関係者の手で沖まで運ばれた小舟は春の海をゆっくりと進んでいった。巫女さんも多いですね ひいなまつり優美な舞 京都・市比売神社 : 京都新聞  桃の節句の3日、京都市下京区の市比売神社で厄をはらい幸福を祈願する「ひいなまつり」が開かれた。近くのひと・まち交流館京都では、束帯姿の男びなや十二単(じゅうにひとえ)をまとった女びなたちが大ひな壇に登場した。  ひなまつりは本来厄よけの行事であることを伝えようと、平安時代の様子を再現して毎年同神社が行っている。  束帯と十二単を着付ける衣紋の実演の後、男びなと女びなに加え三人官女と五人ばやしの「ひと雛(びな)」が勢ぞろいし、ひな壇を飾った。雅楽の演奏に合わせ、官女たちが優美な舞を披露 伊香保温泉で石段まつり 群馬 - 産経ニュース ひな人形なりき…

続きを読む