高野山奥の院「昭和殉難者法務死英霊追悼 年次法要」

高野山で、殉難者法務死追悼法要(写真付) | WBS和歌山放送ニュース 昭和殉難者法務死の英霊を追悼 高野山・奥の院 - 産経WEST  「昭和の日」の29日、第二次世界大戦の敗戦で戦犯として処刑された将兵らを追悼する「昭和殉難者法務死英霊追悼 年次法要」が、和歌山県高野町高野山の奥の院に建つ追悼碑前で営まれ、遺族をはじめ大勢の参列者らが英霊の冥福を祈った。丹生都比売(にうつひめ)神社の巫女さんらが「浦安の舞」を奉納 伊勢神宮で恒例の「春の神楽祭」 青空の下チョウが舞う「胡蝶」など披露 - 伊勢志摩経済新聞  伊勢神宮内宮(ないくう)で春の恒例行事「春季神楽祭」が4月28日~30日の3日間、内宮神苑(しんえん)で行われた。 (中略)  今回の演目は、天下泰平を祝い、舞台を祓い清める舞楽「振鉾(えんぶ)」、亭子院(ていじいん)の御代(第59代宇多天皇、887年~897年)に平安京の宮城内、不老門の北庭で作ったと伝わる「北庭楽(ほくていらく)」、チョウが花から花へ舞う様子を表現した「胡蝶(こちょう)」、舞を伴わない舞楽「長慶子(ちょうげいし)」の4曲を披露。「北庭楽」は13年ぶり。天気に恵まれたようです #伊勢神宮 #神宮 #神社 #心のふるさと #内宮 #神楽祭 #胡蝶 #舞楽 #神楽 #雅楽 #ISEJINGU #JINGU #SOUL_of_JAPAN #Japan #Jinja #Shinto #Naiku #Kagurasai #Kagura #Gagaku…

続きを読む

小浜・若宮八幡神社で浦安の舞奉納

優雅な浦安の舞 小浜の若宮八幡神社で本祭礼:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  小浜市谷田部の若宮八幡神社で二十九日、春の本祭礼が営まれ、地区の女子児童による浦安の舞が奉納された。  口名田小六年生四人が、白衣に朱色のはかま姿で舞台に登場。唄に合わせて、扇を機敏に広げたり、鈴を手首に包み込むように振ったりして優雅な舞を披露した。子供たちの大人びた姿を一目見ようと、住民らが詰め掛けた。昨年に続いて二回目の女子児童(11)「練習の成果が出せて良かった」 早乙女姿、神田に映え 米原で伊吹お田植祭:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  米原市伊吹の伊夫岐(いぶき)神社神田で二十九日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する「伊吹お田植祭」が営まれた。  伊吹まちづくり実行委員会が毎年企画し、七回目。太鼓を打ち鳴らして踊る「朝日豊年太鼓踊」の奉納の後、地元の女子中学生が花がさをかぶり、赤いはかまをはいた早乙女姿で神田に整列した。快晴の下、早乙女たちは四アールの神田に丁寧にコシヒカリの苗を植えていた。植えた苗は、九月の「抜き穂祭」で収穫 17年ぶり秘仏開帳 福井・西山光照寺、稚児行列も:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市花月一の福井大仏観音・西山光照寺で二十九日、大仏の腹の中に納められた秘仏「聖観音」が十七年ぶりに開帳される「中開扉」(二十八~三十日)の中日の大法要が営まれた。稚児行列もあり、境内は多くの壇信徒でにぎわった。  聖観音…

続きを読む

伊勢神宮で春季神楽祭

伊勢神宮:新緑と古代絵巻 神楽祭、参拝客を魅了 - 毎日新聞 13年ぶりに「北庭楽」披露 伊勢神宮で春季神楽祭 三重 - 伊勢新聞 【伊勢】三重県伊勢市の伊勢神宮で28日、春季神楽祭が始まった。爽やかな青空の下、内宮神苑の特設舞台では13年ぶりの公開となる舞楽「北庭楽」(ほくていらく)など、4曲が披露された。 舞台をはらい清める「振鉾(えんぶ)」で始まり、亭子院の御代(第59代宇多天皇・在位887―897)に平安京の宮城内、不老門の北庭で作ったと伝わる「北庭楽」を披露。鮮やかな紅色を基調にした衣装に鳥かぶとをかぶった4人の舞人が、笙や太鼓などみやびな音色に合わせて華麗に舞った。 春の花園でチョウが舞い遊ぶ情景を表現した「胡蝶(こちょう)」では、もえぎ色の衣装に極彩色の大きなチョウの羽を背負った舞女4人が、山吹の花を手に華やかな舞を見せ、大勢の参拝客らを魅了した。30日まで。舞楽の公開は午前11時と午後2時の2回 #伊勢神宮 #神宮 #神社 #心のふるさと #内宮 #神楽祭 #胡蝶 #舞楽 #神楽 #雅楽 #ISEJINGU #JINGU #SOUL_of_JAPAN #Japan #Jinja #Shinto #Naiku #Kagurasai #Kagura #Gagaku 伊勢神宮 / ISE-JINGUさん(@isejingu.official)がシェアした投稿 - 2018年 4月月27日午後7時00分PDT 神明宮春季大祭で古式ゆかしく三条神楽を…

続きを読む

四万十「土佐一條公家行列藤祭り」玉姫役が就任報告

「土佐一條公家行列」玉姫役に19歳の高知高専生 高知県四万十市|高知新聞 玉姫の紙芝居 新しく : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  高知県四万十市で5月3日に行われる「土佐一條公家行列『藤祭り』」の玉姫役に、同市岩田出身で高知高専5年生の山崎萌果さん(19)=高知市=が選ばれた。27日は四万十市中村新町3丁目の「玉姫の墓」で就任を報告した。「華やかな衣装に負けないよう、笑顔で玉姫様を務めたい」と抱負を あでやか十二単に「役の重み」 京都・三船祭、衣装合わせ : 京都新聞  平安時代の船遊びを大堰川で再現する「三船祭」の衣装合わせが27日、京都市右京区の車折神社で行われた。清少納言役に今年は主婦網田奈央さん(36)=中京区=が選ばれ、あでやかな十二単(ひとえ)姿を披露した。  網田さんは「(三船祭は)美しいお祭りで写真にも映える。一人でも多くの方に来ていただき、嵐山、京都、日本の美しさをお届けしたい」と抱負を語った。祭りは5月20日の午前11時~午後3時、渡月橋上流左岸で 歴史思い、舞厳かに 祐綏神社で明治維新百五十年奉祝祭(山口新聞) 明治維新150年に合わせて、周南市徳山の祐綏(ゆうすい)神社(黒神直大宮司)で22日、明治維新百五十年奉祝祭があり、関係者ら約60人が参列した。 祝詞奏上や玉串拝礼などがあり、黒神宮司(55)が「近代国家の幕開けとなった幕末、多くの長州の志士が活躍した。明治維新と徳山藩に思いをはせてもらい、歴史を次の…

続きを読む

盛岡で稚児行列

仏教系保育園の恒例行事 街中で稚児行列/岩手・盛岡市 | IBC NEWS 花まつりに稚児行列 お釈迦様の誕生日祝う - FNNプライムオンライン お釈迦(しゃか)様の誕生日を祝う「花まつり」が岩手・盛岡市で開かれ、園児たちが華やかな衣装で町を練り歩いた。 花まつりは、4月8日のお釈迦様の誕生日を祝う仏教の行事。 27日は、盛岡市内の園児およそ140人が参加して、誕生を祝う稚児行列が行われた。 貴族を思わせる優雅な衣装を着た子どもたちは、お釈迦様が乗った神聖な白い象を引きながら、盛岡八幡宮から盛岡劇場までを30分ほどかけて練り歩いた。「水みたいなのを頭をこうやったりした」 移民110周年慰霊法要 第14回花まつりで挙行 – サンパウロ新聞  【堀内登クリチバ支局長】お釈迦様の生誕を祝う潅仏会(第14回花祭り)が浄土宗、本門佛立宗、東本願寺及びチベット仏教の合同により、7日、8日の両日午前11時からパラナ州都圏のSJ(サン・ジョゼ)公園で行われた。日本移民110周年記念の開拓先亡者追悼法要並び花まつりの稚児行列が場内を一巡した。サン・ジョゼ・ドス・ピイアイス(SJP)市及びクリチバ市の日系「グループともだち」)が協力、商社が賛助後援した。例年より多い1万人以上の人が会場を訪れたとのこと 「巫女舞」継ぐホープ 豊田・稲武地区、小3~高1が稽古:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)  豊田市稲武町の少女たちが、日本の伝統芸能「巫女(みこ)舞」の継承…

続きを読む

河口浅間神社で「河口の稚児の舞」奉納

「河口の稚児の舞」厳かに | さんにちEye 山梨日日新聞電子版 河口浅間神社で伝統の稚児の舞|NHK 山梨県のニュース 河口の稚児の舞(平成30年4月25日水曜日) 「河口の稚児の舞」は、少女たちが神楽を奉納して富士山の噴火を鎮めたとされる神に感謝する舞で、少なくとも二百数十年続くとされています。 今は、春と夏の2回、富士河口湖町の河口浅間神社の伝統行事として行われ、去年3月に国の重要無形民俗文化財に指定されました。 25日は、地元の少女6人がきらびやかな衣装を身にまとい、口紅やおしろいなどを塗って拝殿で舞を奉納しました。動画は「YouTube版山梨インターネット放送局」より。小学6年生の女の子「富士山からの災害が少しでも減るようにと1つ1つ気持ちを込めて舞いました。緊張せずに楽しく舞うことができました」 稚児舞奉納 優雅に厳かに 佐渡羽茂・度津神社|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア  佐渡の一ノ宮である新潟県佐渡市羽茂飯岡の度津(わたつ)神社で23日、例祭の一ノ宮まつりが開かれた。笛と太鼓の古式ゆかしい音色が奏でられ、小中学生が稚児舞を披露し、住民らが無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を願った。浦安の舞っぽいけど詳細不明… 富山県 伝統神事 厳かに 二上射水神社で築山行事|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 豊穣誓い築山行事 高岡・二上射水神社 - 富山県のニュース | 北國新聞社  高岡市の二上射水神社で23日、春季大祭に合わせて県指定無形民俗…

続きを読む

京都・大原で小中学生の巫女が活躍

サンバきっかけ、小中学生が巫女 京都・大原で活躍 : 京都新聞  京都市左京区大原で小中学生3人の巫女(みこ)が活躍し、少子高齢化が進む里を活気づけている。ブラジルの大衆音楽サンバで踊る楽しさを覚えたのを機に、伝統行事の担い手に成長した。5月に行われる江文神社の例祭ではそろって舞を奉納する。 (中略)  大原では巫女は「イチカカ」と呼ばれ、関本弘子さん(74)が40年近く役を担ってきた。孫や地域の子どもに手伝ってもらうなど継承に苦心してきたが、昨年、小学生2人がデビュー。5月4日に江文神社などで神楽舞を披露 築山の前 みこが「末広の舞」 高岡・二上射水神社で神事:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  高岡市の二上射水神社で二十三日、春季例大祭があり、県無形民俗文化財に指定されている築山行事が行われた。古代信仰の形式と高岡御車山の原初形態を残しているとされる儀式に多くの見物人が集まり、氏子らと五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。  築山は、境内の三本杉の前に、天上の神を迎える臨時の祭壇を設ける。簡素なほこらが置かれ、斧(おの)を振りかぶった天狗(てんぐ)が鎮座。持国天、増長天、広目天、多聞天の四天王のわら人形が守護した。  本殿で春季大祭が終わった後、源太夫獅子を露払いにし、院内社、二上大神、日吉社の舟形のみこし三基が境内を巡行。築山の前に並び、祝詞奏上、みこによる神楽「末広の舞」が奉奏され、本殿に戻り、儀式を終えた。築山の飾りは、この日のうちに解体 …

続きを読む

豊前・三毛門神楽講で初の「女子神楽」奉納

メンバーは女性だけ「女子神楽」豊前・春日神社で初奉納:朝日新聞デジタル 全国初「女子神楽」を奉納 息の合った演目披露 豊前の団体|【西日本新聞】  国指定重要無形民俗文化財「豊前神楽」の団体の一つ「三毛門(みけかど)神楽講」(福岡県豊前市)が指導する「三毛門子ども神楽」の女子部11人が21日、同市の春日神社春季祇園祭前夜祭で、舞い手とはやし方ともに女子のみの「女子神楽」を奉納した。女子神楽は全国初とみられ、多くの観客が訪れた。  女子部は小学生9人と中学生、高校生の1人ずつで構成。烏帽子(えぼし)や狩衣(かりぎぬ)などに身を包んだ小学生が舞い手となり、扇やササなどを手に舞う演目や、花びらのように紙をまき、せりふを唱える演目を優雅に演じた。一方、はやし方は女子部全員で担当。太鼓や笛、かねを奏で、舞い手と息の合った神楽を披露した。4人で舞う「花」や、2人による「二人手笹(ににんたぶさ)」など4演目を披露 屋台華やか、演奏愛らしく 金ケ崎火防祭 | IWATE NIPPO 岩手日報 郷里に活気 華やぐ季節 花曇り吹き飛ばす - 胆江日日新聞社  金ケ崎火防祭(かぼうさい)(街地区自治会連合会など主催)は15日、金ケ崎町西根の町中心部で開かれた。2年に1度運行するはやし屋台が登場し、地域住民が華やかな屋台と祭りばやしを楽しんだ。  屋台には太鼓や三味線、笛を担当する着物姿の小中学生ら15人が乗った。「祇園ばやし」を奏で、同連合会の約30人が引っ張ったり押しながら約7キロ…

続きを読む

伊那東大社例大祭で浦安の舞奉納

伊那東大社例大祭に合わせて浦安の舞 奉納(伊那谷ねっと) 伊那市の伊那公園にある伊那東大社の例大祭にあわせ、浦安の舞が21日に奉納されました。 宵祭りのこの日は、中央、日影、境、上新田、下新田、上の原の総代や区の役員が見守る中、地元の小学6年生16人が舞を奉納しました。 浦安の舞は、安らかな心で平和を祈る意味があり、昭和15年に全国各地で奉納されたのが始まりとされています。 伊那東大社は、明治時代に竜東地区にあった69の神社が合祀されたもので、市内で最も氏子数の多い神社です。 通常4人1組で行いますが、人数が多いため、8人1組でそれぞれ1回ずつ奉納します。6年生の1人は、「緊張したけれど、楽しくできました」と 御田植祭|お知らせ|淡路島テレビジョン(ATV) 4月15日、下内膳にある栢森住吉神社で 伝統の行事「御田植祭」が行われました。 はじめに、町内会長や宮総代の他、 この祭りの主役・早乙女(さおとめ)衣装の女の子達らが参列して、 拝殿で神事が行われました。 続いて境内で、早乙女役の女の子達が、 桜の枝を稲の苗に見立てて豊作と無病息災を願う 「お田植踊り」を披露しました。早乙女役は小学1・2年生4人

続きを読む

四日市・足見田神社「すいざわ新茶まつり」

新茶奉納、繁栄願う 四日市の足見田神社 巫女や雅楽隊ら行列 三重 - 伊勢新聞 【四日市】八十八夜(5月2日)を前に、すいざわ新茶まつり実行委員会(矢田宗久会長)は21日、三重県四日市市水沢町の足見田神社で同まつりを開き、新茶を奉納して茶業の繁栄を祈願した。 水沢茶農業協同組合から足見田神社まで約1・5キロを、のぼりを立てた荷台で威勢よく太鼓を演奏しながら走るトラックや、オープンカーで献茶パレードをし、同神社前から巫女(みこ)や雅楽隊らが献茶行列を先導した。 祈願祭は、神社神殿で雅楽が流れる中、横山正純宮司が祝詞を上げ、神官装束の矢田会長がおごそかに献茶。水沢小6年の女子児童9人が巫女装束で神楽「浦安の舞」と「乙女舞」を奉納 巫女が慰霊の舞 県護国神社で春季大祭 | 三重 | 中部9県 | 中日新聞プラス  第2次世界大戦の県内の犠牲者らをまつる津市広明町の県護国神社で21日、春季慰霊大祭が始まった。遺族らが参列して戦没者を思い、平和を誓った。22日まで。写真「戦没者にささげる舞を披露する巫女ら」 万葉衣装姿 家持を顕彰 高岡・大伴神社で献花祭:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  奈良時代に高岡市伏木地区へ赴任した越中国守で歌人の大伴家持(七一八~七八五年)を顕彰する献花祭が二十一日、高岡市伏木一宮の家持をまつる気多神社内の大伴神社であった。  大伴家持卿顕彰会が営み、会員や市関係者ら六十人が出席した。伏木海陸運送社員の中尾しおりさん(22…

続きを読む

豊前・春日神社祇園祭前夜祭で女子神楽奉納へ

女子神楽奉納へ稽古に熱 21日、春日神社祇園祭前夜祭で披露 豊前市 [福岡県]|【西日本新聞】  国指定重要無形民俗文化財「豊前神楽」の神楽団体の一つ、三毛門神楽講(豊前市)が指導する「三毛門子ども神楽」。囃子(はやし)方と舞い手をすべて女子が担う「女子神楽」が21日、同市三毛門の春日神社春季祇園祭前夜祭で奉納される。女子だけの神楽は全国初とされ、子どもたちは本番に向け、熱のこもった練習をしている。11人いる女子の最上級生(高2)は「メンバーの細かな点を見ている。自分よりもうまくなってほしい」と 平安の歌遊び再現 ふちゅう曲水の宴|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 平成の歌人「願」を詠む 婦中 「曲水の宴」平安期再現:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 平安の歌遊びを再現 | チューリップテレビニュース  平安時代の宮中遊びを再現する「ふちゅう曲水の宴(えん)」が十五日、富山市婦中町長沢の各願寺であった。伝統装束に身を包んだ歌人たちが和歌を詠み、来場者はみやびな雰囲気を楽しんだ。  曲がりくねった小川を流れる杯が、自分の前を通り過ぎるまでに和歌を完成させる遊び。今回は悪天候のため、屋内での実施となった。「曲水の舞」の奉納も 厳かに「猿舞」奉納 島田、日吉神社|静岡新聞アットエス  島田市東光寺の日吉神社でこのほど、県指定無形民俗文化財の「猿舞」が奉納された。六合小の女子児童(4年)が雄の面、男子児童(1年)が雌の面をかぶり、厳かな舞で来場者…

続きを読む

高山・桜山八幡宮で桜の花のハートマーク

桜の花でハート「記念撮影を」 桜山八幡宮 | 岐阜新聞Web  桜の花びらで作ったハートマークが岐阜県高山市桜町の神社「桜山八幡宮」に登場し、観光客が記念撮影を楽しんでいる。晴天が続けば21日ごろまで見られるという。  結婚式のサプライズで作った落ち葉のハートマークが好評だったことから、同神社が昨春始めた。みこが毎朝の掃除で集めた花びらをハート形に整えて作る。巫女さん(20)「子どもにも人気があってうれしい。話題が広がって参拝者が増えれば」 hibakama / 緋袴白書RT @hey3072: 表参道から高山祭屋台会館へ回る場所で、今日のインスタスポットって、正しくはfacebookスポット(笑)巫女さんの合作。風で壊れるまでつかの間。#桜山八幡宮 #櫻山八幡宮 #インスタスポット #巫女 #高山祭屋台会館 #ハート #桜 #参道 #花び… at 04/19 17:58 高岡御車山祭りへ舞の稽古 高岡関野神社の巫女 - 富山県のニュース | 北國新聞社  高岡御車山祭で奉納される巫女の舞の最終稽古が15日、高岡市の高岡関野神社で行われ、小学生から高校生までの女子18人が舞の所作を確認した。乗り手や曳き手など男性中心の祭りの中で、児童、生徒の清らかで愛らしい舞が花を添える。  巫女の舞の奉納は、祭りに女子も参加できるようにと2009年から始まった。当初は拝殿で行われる大祭式で披露していたが、14年から宵祭でも舞うこととなり、山町に近い平米、博労小児童に参…

続きを読む

上田・石舟神社で創建千三百年祝賀祭

長野県 創建1300年の舞 上田の石舟神社で地元小中学生ら奉納|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  上田市真田町長(おさ)の住民が14日、昨年に創建1300年を迎えた地元の石舟神社で祝賀祭を開いた。石舟自治会や神社総代、神楽保存会が神社の例大祭に合わせて企画。15日の本祭り前のこの日は宵祭りと位置付け、神社で舞を奉納したり、地区内で獅子舞を披露したりした。  神社は717(養老元)年に創建されたと伝わる。この日は夕方から、神楽保存会が家内安全を願い、住民に獅子舞を見せて回った。その後、真田地域の小中学生が「浦安の舞」と「豊栄(とよさか)の舞」を神社で奉納した。15日の本祭りは神楽奉納や餅まきのほか、桜の記念植樹を 国民の無病息災祈り - 大神・狭井神社で「鎮花祭」|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社と、摂社の狭井神社で18日、「薬まつり」とも呼ばれる「鎮花祭(はなしずめのまつり)」が営まれ、全国の製薬・医療関係者約300人が参列した。  大宝律令(701年)で国民の無病息災を祈願して国家の大祭として行うことが定められた祭り。平安時代の「延喜式」にも記述がある。  両神社の神前には、全国の製薬会社から奉納された薬計2300点がずらり並び、神事では、特殊神饌(しんせん)として生薬の原料となるユリネやニンドウ、邪気を払うモモの花を添えてお供えした。大神神社では「奇魂(くしみたま)の舞」、狭井神社では「浦安の舞」を奉納 平和を祈り「浦安の舞」 福井 足…

続きを読む

富山・大法寺で二天会・正甫公法祭

正甫公の遺徳しのぶ 富山・大法寺で二天会・正甫公法祭(北日本新聞) 正甫公の遺徳しのぶ(4月18日)  富山の薬業の祖とされる富山藩2代藩主、前田正甫の313年忌大法要「二天会・正甫公法祭」が18日、富山市梅沢町の大法寺(草野寛行住職)で営まれた。薬業関係者や檀家ら約70人が遺徳をしのび、薬業発展を祈願した。  正甫公は藩の産業振興のため薬業を奨励し、富山売薬の理念「先用後利」を広めた。菩提(ぼだい)寺である大法寺が毎年、命日の4月19日の前日に法要している。  寺に隣接する立正幼稚園の年長児8人が仏の教えを記した「諷誦文(ふじゅもん)」を奉読した後、扇を手に厳かに稚児舞を奉納した。動画は初めて見ました プライムニュース BBTチャンネル8【明日の稚児舞 古式ゆかしく奉納】 伝統の「明日の稚児舞」|KNBニュース|北日本放送|KNB WEB 黒部市宇奈月町に古くから伝わる「明日の稚児舞」が行われました。 「明日の稚児舞」は、戦国時代、焼け落ちた寺の再興を記念して奉納したことが始まりと言われ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。 例年は境内に作った舞台を使っていますが、ことしは雨と風が強く、本堂の内陣で行われました。最近は女子や地元・愛本地区以外の子供も選ばれているとのこと 稚児の舞華やか 見物客を魅了 弥彦神社で「大々神楽」|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア  国の重要無形民俗文化財に指定されている弥彦神社(弥彦村)の「大々神楽…

続きを読む

熊野本宮大社で新茶祭

和歌山)熊野本宮大社で新茶祭:朝日新聞デジタル 新茶祭:今年の新芽、どうぞ 茶業発展祈り 田辺・熊野本宮大社 /和歌山 - 毎日新聞 <全文>熊野本宮大社で新茶祭 新芽摘み奉納/AGARA 紀伊民報 自然の恵みに感謝 熊野本宮大社で新茶祭(熊野新聞) 熊野本宮大社で「新茶祭」(関西テレビ) 和歌山県田辺市の熊野本宮大社では、新茶を神殿にそなえ、お茶づくりの発展を祈る「新茶祭」が行われました。 熊野本宮大社の境内にある茶畑では、巫女さんや地元の女性たちが、青々と育った新芽を一つ一つ丁寧に摘み取っていきます。 「新茶祭」では摘み取られた新茶を神殿にそなえた後、巫女さんが舞を奉納し、地元特産の「音無茶」がさらにおいしくなるように祈ります。大社は5月に皇室に新茶を献上 「ベリンツォーナに本物を」日本から飛騨古川祭を招待、長年の願い叶う - SWI swissinfo.ch スイス南部ティチーノ州ベリンツォーナで14、15日の2日間、日本の文化を紹介する「ジャパン祭(Japan Matsuri)」が開かれ、スイスや隣国イタリアなど欧州各地から過去最高の約9千人が来場した。14日には、400年の歴史を持つ岐阜県飛騨市の「古川祭」を日本から初めて招待し、巫女の衣装を着た女性たちが優雅な舞を披露した。「獅子舞」と二人の巫女による「浦安の舞」を披露 華やかに歴史絵巻 三春で「愛姫行列」、旧城下町彩る:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet ひらり華やかに 三…

続きを読む

道後温泉まつり

道後温泉まつり:湯に感謝、神楽厳かに あすまで松山 /愛媛 - 毎日新聞  松山市道後湯之町の国重要文化財「道後温泉本館」周辺で19日、恒例の「道後温泉まつり」(実行委主催)が始まった。21日まで。  まつりの始まりとして「湯祈とう」が本館2階の大広間であり、関係者ら約60人が温泉の恵みに感謝した。湯を奉納するため、みこしや子どもたちの行列が道後商店街を歩いて湯神社へ向かうと、観光客らは珍しい光景に足を止め、写真に収めるなどしていた。3月20日の記事でした 御田植祭:早乙女6人が“早苗”植え、豊作祈る 日田・大原八幡宮 /大分 - 毎日新聞 日田市・大原八幡宮「御田植祭」 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  日田市の総鎮守の大原八幡宮で15日、古来の作法にのっとった御田植祭(春季例大祭)=県指定無形民俗文化財=があり、早乙女6人が早苗に見立てたセキショウを植えて今年の豊作を祈った。  鎌倉時代から伝わる伝統の神事。牛使い役の衛藤龍雄さん(71)と牛役の庄内輝彦さん(65)が演じる「代かき」では、重労働に文句たらたらの牛と、なだめる牛使いのユーモラスな掛け合いが参拝客の笑いを誘った。早乙女は保育園児ら 豊作祈る かわいい早乙女 杵築市内で「御田植祭」 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate 五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を祈る「御田植(おんたうえ)・・・八幡奈多宮のようです →御田植え(おん…

続きを読む

熊野本宮大社「渡御祭」

創建2050年 誉れ華やぐ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 華やかな行列「渡御祭」 | 関西のニュース | 関西テレビ放送 カンテレ  創建2050年を迎えた熊野本宮大社(田辺市本宮町)で15日、式年大祭を締めくくる本殿祭と渡御(とぎょ)祭が営まれた。雅楽や舞が奉納され、華やかな行列が練り歩くなど、町全体を包む奉祝ムードは最高潮に達した。(山口景子) (中略)  午後1時からの渡御祭では、平安時代の皇族や貴族らによる熊野詣でを再現した約500人の行列が、熊野川中州の旧社地・大斎原(おおゆのはら)までの約1キロを歩いた。  本殿で神事を執り行った後、神職や天狗てんぐ姿の氏子らを先頭に、巫女(みこ)や稚児らでつくる行列が境内を出発。多くの見物人が並ぶ沿道には、修験者のホラ貝や、神輿みこしを担ぐ若者らの威勢のいいかけ声が何度も響いた。  御旅所を巡って行列が大斎原に到着すると、地元の田辺市立本宮中の生徒による「大和舞」「巫女舞」の奉納や田植え神事、護摩だきなどが行われた。写真「大斎原で巫女舞を奉納する中学生ら」 和歌山・那智の滝で桜の舞 五穀豊穣祈る - 共同通信 <全文>那智大社で「桜花祭」/AGARA 紀伊民報 故事にちなみ自然に感謝熊野那智大社で桜花祭浦安の舞、華やかに | 紀南新聞ONLINE  那智勝浦町の熊野那智大社で14日、桜花祭が行われた。同祭は、平安時代に那智の滝付近で千日行に臨んだ花山法皇が、山中に咲く山桜の美し…

続きを読む

小山・血方神社で「五行の舞」奉納

「五行の舞」を愛らしく披露 小山の血方神社で地元児童ら|下野新聞「SOON」  【小山】田間の血方(ちかた)神社で14日、春例祭が始まり、地元の女子児童らによる「五行の舞」など市無形民俗文化財の太々神楽が奉納された。15日まで。  「五行の舞」は12座ある太々神楽の一つで五穀豊穣(ほうじょう)などを願う。稚児舞ともいわれ、女児10人が2組に分かれて演じる。通常は小学2、3年生が対象だが、今年は人数をそろえるため4、5年生も参加 hibakama / 緋袴白書RT @o_radi_775: 4月14日リポートの『田間血方神社太々神楽』 五穀豊穣を祈願する神楽は、小さい女の子が舞う「五行の舞」、観客参加型の「ひるこの舞」など12の舞が楽しめます。 本日は15時まで続き、明日は朝9時から行なわれる予定です。 悪天候時は中止になりま… at 04/15 14:25 山口)高杉晋作の墓前祭、華やかに 下関:朝日新聞デジタル  幕末の志士、高杉晋作(1839~67)の命日にあたる14日、晋作の墓がある下関市吉田の東行庵(とうぎょうあん)で152回忌法要があり、多くの市民が偉業をしのんだ。  あいにくの雨で、法要は晋作の墓前ではなく東行庵の屋内で催された。地元の園児が「散華の舞」を披露。読経に続いて参列者が次々に焼香し、尺八や詩吟も奉納された。下関市立歴史博物館と東行記念館では企画展開催中 広幡神社祭礼で三味線奏でる最高齢の石川さん | 東愛知新…

続きを読む

北海道神宮で「開拓の父」島義勇の顕彰祭

「開拓の父」島義勇を顕彰 札幌の基礎築いた佐賀藩士 - サッと見ニュース - 産経フォト 「開拓の父」佐賀藩出身の開拓判官、島義勇 札幌で顕彰祭 佐賀県の山口祥義知事「地元でも偉業伝えたい」:イザ!  「北海道開拓の父」と呼ばれる佐賀藩出身の開拓判官、島義勇(よしたけ、1822~74年)の顕彰祭が14日、札幌市中央区の北海道神宮で行われ、市民や佐賀県の山口祥義知事や佐賀市の秀島敏行市長ら約220人が参加した。  島は幕末、佐賀藩主の鍋島直正の命で蝦夷や樺太を探検調査。明治2(1869)年、開拓判官となり、札幌の碁盤の目状の区画を構想し都市整備の基盤を築いた。「地元の佐賀では佐賀の乱で斬首になったこともあり、あまり顧みられてこなかった」とのこと 伝統脈々と、児童生徒らが「鮫神楽」熱演/八戸 - 東奥日報社  青森県無形民俗文化財「鮫の神楽」を受け継ぐ若い舞い手らによる恒例の「鮫神楽発表会」が8日、八戸市の鮫町生活館で開かれた。鮫神楽連中(細川清代表)、鮫神楽保存会(柾谷伸夫会長)の支援を受け稽古に励む小中高生に加え、大学生も出演。住民ら約120人を前に研さんの成果を披露した。高校1年生「伝統をつなぐため役に立ちたい気持ちはあるけれど、何より神楽が好きで楽しい」 沿道に笑顔と幸せ振りまき 藤沢・藤勢寺薬師如来祭典【一関】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社  一関市藤沢町の藤勢寺(渋谷英之住職)で8日、薬師如来祭典が行われた。稚児行列や釈迦(しゃか)の…

続きを読む

伏見稲荷大社「水口播種祭」

豊作祈り、神田に種もみまく 京都、伏見稲荷で「水口播種祭」 : 京都新聞  稲の順調な生育を祈願する水口播種祭(みなくちはしゅさい)が12日、京都市伏見区の伏見稲荷大社で行われた。春風が吹き抜ける神田で、すげがさにたすき姿の信者たちが慎重に種もみをまいた。  本殿で神事を行い境内北側の神田に移動し、神職が田をはらい清めた。その後、大阪府摂津市の信者たちでつくる三島初穂講の男女約20人が、神田の一角に作った苗代田に入った。神楽女たちの歌うゆったりとした歌に合わせて、信者たちは多くの芽が出るよう種もみをまいた。動画もあります 安宅の関 四阿 28年ぶり改築:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  歌舞伎十八番の一つ「勧進帳」の舞台として知られる石川県小松市の史跡「安宅の関」近くの四阿(あずまや)が、二十八年ぶりに改築された。十二日にお披露目された四阿は、かやぶき屋根の趣あるたたずまい。改修中の休憩施設「安宅ビューテラス」も今月末に一部オープンする予定で、市の担当者は「観光地としての魅力を高めたい」と期待している。  安宅の関には弁慶・富樫・義経の銅像が並び、一帯に広がる安宅公園には、安宅住吉神社、安宅ビューテラスなどがある。市によると、安宅の関周辺の入り込み客数は昨年が約二十六万人。近年は横ばい状況が続いており、観光客増を狙って改築、改修を決めた。費用は約一千万円 久末天照大神で竣功奉祝祭 再建祝い、200人超が参加 | 高津区 | タウンニュース 稚児行列…

続きを読む