太宰府天満宮で七五三の準備始まる

七五三の準備始まる 福岡・太宰府天満宮|【西日本新聞】 七五三の縁起物 早くも準備8000袋 参拝者は分散傾向  福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で28日、七五三祝い袋の袋詰め作業が始まった。みこ5人がお守りや千歳飴(ちとせあめ)、昔遊びセット、コットンバッグなど14点を丁寧に袋に入れた。10月末ごろまでに計8000袋を用意する。  袋…

続きを読む

加茂市天神林の天満宮で神楽奉納

加茂市天神林の天満宮で秋季祭礼の神楽奉納(ケンオー・ドットコム) 下条川が信濃川へ注ぐ手前の集落、新潟県加茂市天神林の鎮守の天満宮(青山晃宮司)で25日、秋季祭礼が行われ、小雨がそぼ降るなか神楽が奉納された。 午後から神事に続いて拝殿に向かって右手に渡り廊下でつながる朱塗りの舞殿が神楽の舞台。天満宮伶人会(五十嵐裕幸)が神楽を舞う。会員は7人で小学生の稚児も7人。今回は「宮清」から「…

続きを読む

多賀大社「抜穂祭」

黄金色の稲穂、刈り取り奉納 滋賀・多賀大社「抜穂祭」 : 京都新聞  滋賀県多賀町の多賀大社で23日、神田の稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が行われた。秋晴れの空の下、すげがさやはかま姿の女性が、黄金色に実った稲穂を刈り取った。  境内の約10アールの神田であった。神職が稲を刈り取るしぐさをする「刈初めの儀」を終えると、氏子などから選出した女子中高生12人の「抜穂女(ぬいぼめ)」…

続きを読む

伊豆山神社「十五夜祭」来宮神社「中秋観月祭演奏会」

2神社で中秋の名月行事 中学生が「実朝の舞」―熱海 - 伊豆新聞 伝統行事、献歌と舞で源実朝をしのぶ/伊豆山神社「十五夜祭」 | 熱海ネット新聞 月明かりの下 雅の音色で「十五夜」/来宮神社「仲秋観月祭」 | 熱海ネット新聞  「中秋の名月」の24日夜、熱海市内の伊豆山、来宮両神社で、観月行事が催された。さえざえとした月の明かりの下で市民らが舞や演奏を楽しんだ。  伊豆山神社で…

続きを読む

輪島で献穀田御抜穂式

輪島の献穀田で御抜穂式 - 石川県のニュース | 北國新聞社 猛暑、大雨越え 宮中「新嘗祭」へ 「平成最後の大役」実る秋:石川:中日新聞(CHUNICHI Web) “平成最後の新嘗祭”に…皇室献上の新米を収穫『抜穂式』 石川・輪島市 - FNN.jpプライムオンライン  十一月二十三日に宮中である行事「新嘗祭(にいなめさい)」で使う新米を収穫する神事「献穀田御抜穂式(けんこくでんおん…

続きを読む

長崎・神浦神社で小中学生が「浦安の舞」披露

メクル第308号 「浦安の舞」披露 長崎・神浦神社 | 長崎新聞  長崎市神浦(こうのうら)江川(えがわ)町の神浦神社で15、16日に行われた秋の大祭で、神事に欠かせない「浦安(うらやす)の舞(まい)」を神浦地区の女子小中学生が見事に披露(ひろう)しました。  200年以上の歴史をもつ伝統(でんとう)の祭りです。市立黒崎(くろさき)中の1、2年生4人と市立神浦小6年の2人が緋(ひ)色のは…

続きを読む

西宮神社で稚児行列

神戸新聞NEXT|阪神|ちょっと暑いけど元気よく 西宮神社で稚児行列  商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市社家町)と周辺で22日、無病息災を願って子どもたちが練り歩く稚児行列があった。日差しが照りつける中、阪神間などに住む幼児や小学生約250人が華やかな装束姿で元気よく歩いた。神輿行列が街を巡る渡御祭を前に、先祓いの意味も 【福岡】放生会最終日で稚児行列(九…

続きを読む

春日大社創建一二五〇年奉祝祭

春日大社1250年、さだまさしさん奉納演奏も : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  奈良市の春日大社で21日、創建1250年を記念した奉祝祭が営まれた。  春日大社は768年に称徳天皇の勅命で創建。この日午後5時から、花山院弘匡(かさんのいんひろただ)宮司が祝詞を上げるなど神事が営まれ、巫女の社伝神楽の奉納や、歌手のさだまさしさんらによる奉納演奏が行われた。…

続きを読む

富山「月見の雅楽まつり」へ児童が浦安の舞練習

富山県 月見の雅楽まつりへ浦安の舞練習 24日、多久比禮志神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  24日に多久比禮志(たくひれし)神社(富山市塩・大沢野、林文雄宮司)で行われる「第6回月見の雅楽まつり」へ向け、同市大久保小学校と大沢野小学校に通う児童3人が「浦安の舞」を練習している。学校の枠を超えて出演するのは初めてで、3人は本番へ向けて心を一つに意気込んでいる。   月見の…

続きを読む

五所川原・市浦地区で抜穂祭

出来秋に感謝込め抜穂祭/五所川原・市浦地区|観光・イベント|青森ニュース|Web東奥  青森県五所川原市市浦地区にある山王坊日吉(ひえ)神社近くの水田で15日、稲刈りの神事「抜穂祭」が行われた。地元有志でつくる実行委員会が、地域を盛り上げようと毎年実施しており、住民ら約80人が豊作への感謝の祈りを捧(ささ)げた。【写真】抜穂祭で稲を刈り取る中里高校の生徒ら参加者 平成最後の新嘗祭へ収…

続きを読む

塩釜神社で抜穂祭

黄金色 実りに感謝 塩釜神社で抜穂祭 | 河北新報オンラインニュース  塩釜市の塩釜神社で15日、秋の恒例行事「抜穂(ぬいほ)祭」があり、花がさや編みがさをかぶった子どもたちが稲を刈り取り、実りに感謝した。  地元の小学生約30人が刈女、刈男の装束を着て参加。約5アールの御神田に入り、ササニシキの稲穂を引き抜いて実入りを確認した後、鎌で刈り取った。新米は200キロほど収穫できる見通し …

続きを読む

鴻巣・鎌塚八幡神社で「浦安の舞」奉納

小4女児3人が巫女の舞 「おけいこ通り」かわいらしく優雅に 鴻巣の鎌塚八幡神社で例大祭、厳かに奉納(埼玉新聞)  鴻巣市鎌塚の鎌塚八幡神社で14日、例大祭が行われ、社殿では夜、市立下忍小学校4年生の女子児童3人による巫女(みこ)の舞が厳かに奉納された。  巫女の舞は神前神楽舞「浦安の舞」の通称。同神社では台風で損壊した社殿の再建を機に1971年から浦安の舞を奉納している。今年で47回…

続きを読む

岩沼・竹駒神社で抜穂祭

秋の実りに感謝 岩沼・竹駒神社で抜穂祭 | 河北新報オンラインニュース  岩沼市の竹駒神社の神田「穂徳田(すいとくでん)」で13日、初穂を収穫する抜穂(ぬきほ)祭があり、神職らが豊かな実りに感謝しながら稲を抜き取った。  約30人が参列した。ひとめぼれが植えられた約5アールの穂徳田を清め、村田守広宮司が祝詞を奏上。神職や早乙女姿のみこらが横一列に並び、こうべを垂れた稲穂を引き抜いた。農業…

続きを読む

市原・島穴神社「抜穂祭」

秋の訪れ、恵みに感謝 市原・島穴神社で「抜穂祭」 | 千葉日報オンライン 舞姫による「豊栄の舞」会員限定記事のため詳細不明。9日にあったようです 伝統の調べ、パリに響く 42年ぶりに雅楽公演 - 読んで見フォト - 産経フォト 仏・パリに日本伝統の音色 宮内庁楽部による雅楽公演 - FNN.jpプライムオンライン  【パリ共同】日本の宮内庁楽部は3日、伝統芸能、雅楽の公演をパ…

続きを読む

熱田神宮で七五三の「福笹飴」作り

七五三の「福笹飴」づくり 熱田神宮で2万1千本仕上げ:朝日新聞デジタル 健やかに 願い福笹飴…熱田神宮 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) “七五三”シーズン前に…『福笹飴』づくり 絵馬などついた笹の葉に飴の袋 名古屋・熱田神宮(東海テレビ) 健やか成長願い、七五三の「福笹飴」づくり急ピッチ 熱田神宮 : 中京テレビNEWS  名古屋市熱田区の熱田神宮で11日、七…

続きを読む

静岡県川根本町・藤川大井神社例大祭

地域の平穏祈り「浦安の舞」奉納 川根本町|静岡新聞アットエス  川根本町元藤川の藤川大井神社の例大祭が9日、同所で開かれた。中川根一小の女子児童5人が「浦安の舞」を奉納し、地域の平穏を祈った。  夏休み中から練習に励んできた5人はおしろいを塗ったり、衣装を着込んだりして美しい巫女(みこ)となり、伝統の「扇の舞」と「鈴の舞」を披露。大勢の地元住民が見守る中、優雅に舞った。初めて巫女を務めた…

続きを読む

金沢「藤棚獅子舞」の巫女舞の稽古

巫女舞 真剣に稽古励む 菊川町小の児童 来月の藤棚獅子舞を控え:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  十月八日に本番を迎える金沢市城南地区の「藤棚獅子舞」で、獅子舞が始まる前に行われる巫女(みこ)舞の練習が七日、同市城南の藤棚会館であり、巫女役の小学生が所作の確認などをした。  巫女舞にはおはらいをする役割があり、獅子舞の前に舞う。一時途絶えたこともあったが、九年前に復活し、…

続きを読む

筥崎宮で放生会の準備大詰め

放生会名物 準備大詰め 福岡市・筥崎宮|【西日本新聞】 博多の三大祭 放生会 「チャンポン」の準備 大詰め(RKB) 筥崎宮で9月12日から放生会 縁起物「チャンポン」など準備大詰め 人出100万人見込み 福岡市 - FNN.jpプライムオンライン 博多3大祭りのひとつ「放生会」が始まるのを前に、福岡市の筥崎宮では準備作業が大詰めを迎えています。 息を吹き込むと独特の音を奏でるガ…

続きを読む

三条市帯織・日枝神社の秋季大祭で神楽舞

帯織・日枝神社の秋季大祭で神楽舞(ケンオー・ドットコム) 日枝神社の秋季大祭で神楽奉納 新潟県三条市栄地区の帯織にある日枝神社で1、2日と秋季大祭が行われ、恒例の神楽舞が奉納された。 日枝神社は毎年5月4、5日に春季大祭、9月の第1土、日曜に秋季大祭を行い、いずれも神楽の奉納が恒例。この秋季大祭では、境内の舞殿で1日に5舞、2日に12舞が奉納された。 2日は晴れて汗ばむ陽気の…

続きを読む

羽咋・気多大社で御贄祭

羽咋市の気多大社で御贄祭 - 石川県のニュース | 北國新聞社  羽咋市寺家町の気多大社で1日、豊漁と海の安全を祈る御贄(みにえ)祭が営まれ、参拝者が神前につるされた生魚に海の恵みを願った。  本殿に横通しに結い付けた竹にアジ48匹がつり下げられた。祝詞の奏上に続き、巫女(みこ)の舞が奉納された。400年以上続くとされる神事で、毎年5月1日と9月1日に行われます 阿礼祭:花笠…

続きを読む