兵庫・佐用都比売神社で秋季例大祭

神戸新聞NEXT|西播|華麗に浦安の舞奉納 佐用都比売神社で秋季例大祭  兵庫県佐用町本位田甲の佐用都比売神社(見村吉久宮司)で30日、秋季例大祭があった。佐用郡内一の古社とされて親しまれてきた「さよひめさん」に町内外から多くの参拝客が訪れ、地元の女子小中学生による「浦安の舞」などを堪能した。  同神社は、地名の由来にもなったとされる「狭依毘売命」という神がまつられ、播磨国風土記にも記述があるなど、1300年以上の歴史がある。戦国時代に焼失したが、江戸時代初期に再建。町内最大の神社で、佐用の秋祭りの締めくくりとして、毎年10月30日に例大祭が行われる。  午前10時ごろ、神職や宮総代らが参道を通り、厳かに神事を執り行った。社殿では、本位田甲集落の小中学生4人がみこ姿で扇や剣などを手に「浦安の舞」を奉納。絵馬堂と呼ばれる舞台では、大正琴や上月太鼓、佐用中学校吹奏楽部の演奏などが披露された。午後には学校帰りの子どもらが列をなして静かに手を合わせていた。中学1年生の二人「練習通りうまくできた。後輩に教えるのは難しいけど、大事に伝えていきたい」 神戸新聞NEXT|三田|子どもの成長願い「千歳飴」袋詰め 三田天満神社  七五三シーズンに合わせ、兵庫県三田市天神3の三田天満神社で、参拝者に配る「千歳飴」の袋詰めが進んでいる。はかま姿の巫女が、子どもの健やかな成長を願い、飴やおもちゃなどを丁寧に詰めている。  七五三は11月15日で、3、5、7歳になる子どもと親が神社に参る。…

続きを読む

住吉大社で七五三の祝い袋の袋詰め

【動画あり】七五三シーズン、住吉大社で祝い袋の袋詰め作業 - 産経ニュース 大阪・住吉大社で七五三の千歳飴袋詰め進む  子供の健やかな成長を祈願する「七五三」シーズンを迎え、大阪市住吉区の住吉大社では、祈祷(きとう)に訪れた子供に渡す千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が大詰めを迎えている。  31日も社務所では、神楽女(かぐらめ)の女性6人が千歳飴やお守りを丁寧に袋に詰めた。神楽女の福西永望(のりみ)さん(20)は「子供たちがたくましく成長することを祈っています」と話していた。参拝は11月10、11日の両日にピークを迎える見込み 千歳飴袋詰め 富山・日枝神社で七五三準備 - 撮れたてニュース | 富山新聞社 七五三へ千歳あめ袋詰め 富山・日枝神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  富山市山王町の日枝神社で10日、七五三で参拝者に配る祝い品の準備が始まった。神職と巫女が、千歳飴やお守り、クレヨン、折り紙などを袋詰めした。  日枝神社は27日から11月30日までを七五三の期間としている。今年の参拝者数は例年並みの約2千人を見込んでおり、千歳飴とお札やおもちゃのセットを2500組準備する。子供が心身ともに立派な大人に成長するよう、願いを込めて碁盤から飛び降りる「碁盤の儀」も 健やかな成長願い「千歳飴」袋詰め 福島稲荷神社で作業本格化:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  11月15日の「七五三」を前に、福島県福島市の福島稲荷神社では、…

続きを読む

宗像大社で初の豊饒祭

【福岡】海づくり大会から1年 宗像大社で豊饒祭(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース 宗像市でちょうど一年前に行われた「全国豊かな海づくり大会」を記念して宗像大社で豊饒祭が行われました。この豊饒祭は、ちょうど一年前、天皇皇后両陛下ご臨席のもと宗像市で行われた「全国豊かな海づくり大会」を後世に伝えようと今年から始まったものです。巫女さんが浦安の舞を 雅楽奉納、創建1300年祝う 京都・向日神社で奉祝大祭 : 京都新聞  向日神社の鎮座1300年奉祝大祭が28日、京都府向日市向日町の同神社で営まれた。雅楽の奉納などの行事に、多くの参拝者が訪れた。  同神社は奈良時代の718(養老2)年の創建と伝えられる。延喜式の神名帳には「向神社」と記され、乙訓郡19座の1社に名を連ねる。現在も、向日市や長岡京市、京都市に氏子がおり、広く信仰を集めている。大祭は、鎮座1200年の1918年以来100年ぶり 神戸新聞NEXT|但馬|豊岡・見性寺で晋山式 稚児行列で新住職誕生祝福  兵庫県豊岡市出石町松枝の見性寺で28日、新住職の就任を祝う「晋山結制式」があった。式に先立ち、檀家らの子ども94人が稚児行列で、約40年ぶりの新住職の誕生を祝福した。色鮮やかな狩衣やはかまに身を包んだ子どもと保護者、檀家ら総勢約300人が市街地を練り歩き、見守る住民らを楽しませた。稚児行列には0~11歳までの子どもが参加

続きを読む

絢子さま、明治神宮で結婚式

皇室:絢子さまが結婚式 明治神宮 - 毎日新聞 絢子さまと守谷さん ご結婚式 明治神宮 - 産経ニュース 絢子さま、結婚後も名誉職継続へ - 産経ニュース 絢子さま、明治神宮で結婚式 守谷さんに出迎えられて:朝日新聞デジタル 絢子さま、守谷さん見上げて「父と母のように」 : 皇室 : 読売詳報_緊急特集グループ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 【速報】絢子さま 明治神宮にご到着 結婚式へ - FNN.jpプライムオンライン  平安時代の色鮮やかな宮中装束に身を包み、守谷慧(けい)さん(32)との結婚式に臨まれた高円宮家の三女、絢子(あやこ)さま(28)。駆けつけた友人たちが祝福するなか、高祖父(祖父の祖父)明治天皇をまつった明治神宮(東京都渋谷区)で式を挙げ、「幸せをかみしめています」と笑顔を見せられた。 (中略)  絢子さまは、髪を古来の「おすべらかし」に結い、黄色の「袿(うちぎ)」に紫色の袴(はかま)姿で式場へ向かわれた。袿は祖母の三笠宮妃百合子さま(95)が貞明皇后(祖父の父、大正天皇の后(きさき))から贈られたゆかりの品だった。巫女さんの装束も特別のような

続きを読む

静岡・下川原天満宮で児童が巫女舞奉納

児童が巫女舞、息ぴったり 静岡・下川原天満宮|静岡新聞アットエス  静岡市駿河区の下川原天満宮で27日、秋の例祭が行われ、市立川原小の5年生10人が「巫女舞(みこまい)」を奉納した。  児童らは菊の花を手に、紅白の巫女装束を身にまとって華やかな舞を披露。保護者や地域住民が見守る中、6月から重ねてきた練習の成果を発揮し、息ぴったりに表現した。豊栄の舞でしょうか 厳粛に「本殿大前ノ儀」熊野速玉大社例大祭始まる国家繁栄、世界平和など祈願 | 紀南新聞ONLINE  熊野速玉大社例大祭が15日、「本殿大前ノ儀」(ほんでんおおまえのぎ)で開幕した。上野顯宮司が祝詞(のりと)をささげ、国家の繁栄や崇敬者の幸福、世界の平和などを祈願。この後、同日は「神馬渡御式」と「御旅所神事」、翌16日は午後2時から「神輿渡御式」、同4時30分から「御船祭」、同5時から「御旅所神事」が営まれる。巫女さんが神楽「神なぎの舞」を奉納 獅子舞や舞楽を披露 宮津・和貴宮神社:朝日新聞デジタル  京都府宮津市宮本の和貴宮神社で15日、秋祭りがあり、獅子舞や舞楽が披露された。今年は舞鶴市の大川神社と和貴宮神社の女性神職が「扇舞」を初めて奉納した。家族連れや若い世代にも親しみを持ってもらおうと、市内のスイーツやたこ焼きの4店舗も参加。買い求める長い列ができていた。既出。他紙は「浦安の舞」と書いてましたが…

続きを読む

熱海・今宮神社例大祭で女児が「豊栄の舞」奉納

神々をお出迎え、女児9人が「豊栄の舞い」奉納/今宮神社例大祭 | 熱海ネット新聞 例大祭へ「豊栄の舞」稽古 女児9人―熱海・今宮神社 - 伊豆新聞 今宮神社で10月19日夕、例大祭・宵宮祭があり、地元の熱海の女児9人が本殿で「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納した。小嵐、MOAあたみ幼児学園、富士保育園の園児と第二小の児童で今年9月から稽古に励んできた。稚児舞育成会の藤間浩さんが泉明寺みずほ宮司ととも指導してきた。 「豊栄の舞」は、太陽に感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う舞で稚児たちは厳かな雰囲気の中、雅楽独特の琴や拍子に合わせ、もみじを手に優雅な舞いを披露。参拝者から拍手を浴びた。19日の宵宮祭で午後5時半から、20日の例大祭で4時から 感謝込め神田の稲収穫 京都・伏見稲荷大社で抜穂祭 : 京都新聞 伏見稲荷大社抜穂祭(2018年10月25日、京都市伏見区) ニュース動画 - 京都新聞  京都市伏見区の伏見稲荷大社で25日、神田の稲を収穫する「抜穂(ぬきほ)祭」が営まれた。神楽女が舞う中、すげがさにたすき姿の信者が、豊かな実りへの感謝を込めて稲を刈り取った。  本殿での神事の後、大阪府摂津市の信者でつくる「三島初穂講」の男女16人が境内北側の神田に入った。  神楽女4人が木製の鎌を手に「抜穂舞」と呼ばれる神楽を披露。信者たちは清められた鎌を手に、こうべを垂れる稲を手際よく刈り、束ねていった。動画では本殿での抜穂舞が見られます 「湯の恵み、末永く」…

続きを読む

水戸八幡宮で七五三の笹飾りの準備

茨城)七五三 水戸八幡宮でササ飾りの準備作業:朝日新聞デジタル  子どもの成長と健康を祈る七五三の季節が近づき、水戸市八幡町の水戸八幡宮で、縁起物の準備がピークを迎えている。  26日は巫女(みこ)の2人が千歳あめを袋に詰めたり、ササの葉に鈴の飾りを付けたりした。千歳あめは約2500袋、ササ飾りは約2千本を用意する。自身も3歳の時、八幡宮で七五三を祝ってもらった巫女さん(19)「お子さんの喜ぶ顔を想像しながら袋詰めしました」 七五三シーズン、千歳飴の袋詰め 福井の佐佳枝廼社:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  七五三シーズンを迎え、福井市大手三の佐佳枝廼社(さかえのやしろ)で、千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が進められている。二十日もみこや神主らが、子どもたちの健やかな成長を願い、細く長く縁起の良い紅白の千歳飴を、丁寧に袋に収めていた。  袋詰め作業は九月中ごろに始まり、今月いっぱい続く。同社では十一月末まで参拝を受け付けており、祈祷(きとう)を受けた子どもに、千歳飴とお守り、絵本、菓子を詰め合わせた袋を渡している。期間中に千袋を用意する。作業を進める巫女さんは「お子さんの喜ぶ顔が見たい」と手際良く袋詰め 七五三へ千歳あめ袋入れ 三嶋大社で巫女ら30人―三島 - 伊豆新聞  三島市の三嶋大社(矢田部盛男宮司)で1日、七五三シーズン本番を前に千歳あめの袋入れが行われた。子どもの健やかな成長を願い紅白のあめ2本入りの1万袋を作った。  大社によ…

続きを読む

絢子さま、宮中三殿をご拝礼

絢子さま、先祖に結婚ご報告 宮中三殿をご拝礼 - 産経ニュース 絢子さま、宮中三殿を参拝 装束姿で結婚報告- 記事詳細|Infoseekニュース 絢子さま 宮中三殿に拝礼 10月29日に結婚式 - FNN.jpプライムオンライン  日本郵船勤務の守谷慧(けい)さん(32)とのご結婚を29日に控える高円宮家の三女、絢子(あやこ)さまは26日午前、皇居・宮中三殿に拝礼し、皇室の先祖に結婚の報告とお別れのあいさつをする「賢所皇霊殿神殿(かしこどころこうれいでんしんでん)に謁(えっ)するの儀」に臨まれた。  絢子さまは午前10時ごろ、髪を束ねて長く後ろに垂らす「おすべらかし」に結い、祖母の三笠宮妃百合子さまから借り受けた大正天皇の妃(きさき)、貞明(ていめい)皇后ゆかりの「小袿(こうちぎ)」や「長袴(ながばかま)」など古式ゆかしい装束姿で、皇祖神の天照大神(あまてらすおおみかみ)を祭る賢所の回廊を進まれた。  賢所の中では座ってご拝礼。歴代天皇や皇族の御霊(みたま)を祭る皇霊殿、国中の神々を祭る神殿でも同様に拝礼し、結婚により皇室を離れることを報告された。結婚式は明治神宮で 秋の夜長に御神楽 中庭での夜間参拝も 靖國神社 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社 【東京】千代田区の靖國神社(小堀邦夫宮司)では九月二十一日から二十三日まで、「秋の夜長の御神楽」を開催し、三日間であはせて約二万千人(内苑のみ)が雅な世界を楽しんだ。写真は「玉垣の舞」

続きを読む

大神神社・秋の大神祭

実りに感謝、祈る安泰 - 秋の大神祭|奈良新聞デジタル  秋の大神祭(おおみわさい)が行われている桜井市三輪の大神神社で24日、巫女(みこ)による神楽(かぐら)「うま酒みわの舞」が奉納され、氏子ら約300人が参列した。同祭は23日の宵宮祭から25日の後宴祭まで3日間、行われる。  崇神天皇8年12月乙卯の日に、大物主神を大田田根子に祭らせると国内が平穏になったという。2000年以上続く国家安泰を祈る祭りで、秋の実りに感謝を捧げる。午後からは勇壮な太鼓台や子ども神輿がひき回され、紅白餅が参拝者に振る舞われました 千歳飴 七五三に向け袋詰め 11月10日、11日がピーク|SBSテレビ[静岡放送]-アットエス 千歳飴 七五三に向け袋詰め 11月10日、11日がピーク  11月15日の七五三を前に、静岡市の神社では千歳飴の袋詰め作業がピークを迎えています。  静岡市の静岡浅間神社では10月26日朝、巫女さんや地元の婦人会など9人が集まり、千歳飴の袋詰めが行われました。紅白の千歳飴には子どもの成長や長寿の願いが込められていて、この神社では祈祷用には特別に金太郎飴も加えているということです。10月中に6000袋の千歳飴を用意するということで、袋詰め作業は手際よく、丁寧に進められていました。11月10日、11日の週末にピークを迎えるとのこと 浦安の舞 優雅に 福井・足羽山招魂社女子児童が奉納:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市…

続きを読む

鳥取・大山寺で稚児行列

深まる秋に稚児行列 開山1300年の大山寺・鳥取 - 読んで見フォト - 産経フォト 山陰中央新報社|華やかに参道練り歩く 大山で稚児行列 幼児の無病息災願い 秋色参道、愛らしく 大山寺で伝統の稚児行列 | 日本海新聞 Net Nihonkai  今年開山1300年を迎えた国立公園・大山中腹の大山寺(鳥取県大山町大山)で24日、幼児の無病息災を願う稚児行列があり、金の烏帽子(えぼし)や天冠をかぶり、きらびやかな衣装を着た子どもたちが華やかに参道を練り歩いた。  地元自治会などでつくる大山紅葉まつり実行委員会が主催。同町や米子、鳥取両市などから4~6歳の26人が参加した。大山寺境内では護摩法要が営まれました 稚児行列、30年ぶり住職交代祝う | 中国新聞アルファ  山口県周防大島町日前の浄土真宗本願寺派、荘厳寺で21日、住職が交代する「住職継職奉告法要」が30年ぶりにあった。稚児行列が地区を練り歩き、新住職の門出を祝った。 (ここまで 81文字/記事全文 294文字)続きは会員限定 稚児行列華やか 安居寺(福野)、ご本尊奉安1300年で大法要(北日本新聞)  南砺市安居(やすい)(福野)にある真言宗の古刹(こさつ)、弥勒山安居寺(みろくさんあんごじ)(大谷龍寳住職)は21日、ご本尊奉安1300年記念の大法要を開き、稚児行列などを行った。  安居寺は718(養老2)年、インドから渡来した高僧、善無畏三蔵(ぜんむいさんぞう)により開かれたとされる。今年は130…

続きを読む

佐賀・佐嘉神社で千歳飴の準備

成長願い千歳あめ準備 七五三控え佐嘉神社|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  11月15日の七五三を前に佐賀市松原の佐嘉神社では千歳あめの準備が進んでいる。巫女(みこ)が、長寿の願いが込められた細長いあめをお守りやおもちゃと一緒に縁起物の袋に詰めている。  近年は、写真業者の撮影などの都合で時期を前倒しして参拝する家族が増えているものの、ピークは11月中旬の土日。同神社では多い日で100組が祈願に訪れるという。巫女さん「おめかしして目を輝かせて来る子どもたちのいい記念になってくれたら」 西日本豪雨被災地で復興祈願祭 | オルタナS 秋晴れの空のもと、三嶋神社(愛媛県西予市)では秋の大祭・復興祈願祭が執り行われた。西日本豪雨による洪水で抜け落ちた壁は新しくなり、浮き上がりはがれていた床は張り替えられ、その上で地域の中学生が扮する巫女による浦安の舞を奉納する。氏子総代は「被災直後の状況をみたときは20年はかかるのではないかと思っていましたが、こうして今日の日をむかえることができました。ここを中心に地区の復興を進めていきたい」と目を潤ませながら挨拶をした。(寄稿・福地 波宇郎)紹介済みです 年末年始は巫女になるチャンス! 女子の憧れバイト“巫女さん”って何するの? | フロムエーしよ!! 赤い袴をはき、神社の境内で凛とたたずむ巫女さん。憧れたことのある女性は、多いのではないでしょうか。 ただ、巫女さんが普段どんな仕事をしているかって、あまり知らないです…

続きを読む

京都・時代祭

京都時代祭、花売り白川女参列から半世紀 親子三代で伝え(1/2ページ) - 産経ニュース  姉さんかぶりの白い手ぬぐいに、絣(かすり)の着物の裾をからめた衣装の白川女(しらかわめ)が2基の輿「鳳輦(ほうれん)」のお供をする白川女献花列は、昭和43年の参列開始から今年で50年の節目を迎えた。「白川女風俗保存会」会長を務める着付け師、細川寿美枝さん(70)=京都市左京区=は、長女の稚代さん(43)、次女の窪田裕加さん(34)、孫の細川絢加さん(19)とともに参加。寿美枝さんは20歳で初回に参加してから50年間、ほぼ毎年行列に加わってきた。「節目の年に孫も時代祭デビューをし、親子三代4人そろって歩けるなんて、こんなにうれしいことはない」と笑顔を見せた。今年の時代祭には19~76歳の25人が参加 京都・時代祭、2千人の時代絵巻華やかに 2年ぶり開催:朝日新聞デジタル  京都三大祭りの一つ「時代祭」が22日、京都市であった。京都に遷都した桓武天皇と、東京に首都が移る直前の孝明天皇をまつる輿(こし)「鳳輦(ほうれん)」を連ねた「神幸列」(しんこうれつ)が平安神宮(同市左京区)を出発し、京都御苑(同市上京区)へ。その後、平安時代から明治維新までの歴史上の人物に扮した約2千人の市民らが都大路を練り歩き、華やかな時代絵巻を披露した。写真「御所を出発する時代祭の行列」 明治維新150年:幕末志士、装い新たに 久坂玄瑞の家紋お目見え 時代祭 /京都 - 毎日新聞  22日の時代祭で「維新志…

続きを読む

伊勢・猿田彦神社で七五三の準備

子どもの健やかな成長を願って七五三の準備大忙し  三重・猿田彦神社(三重テレビ放送) - Yahoo!ニュース 七五三に向け「お守り笹」準備 伊勢の猿田彦神社 - 伊勢新聞 【伊勢】七五三参りの季節を迎え、伊勢市宇治浦田二丁目の猿田彦神社では、祈祷を受けた子どもらに授与する「お守り笹」の奉製作業が進んでいる。 和紙でできたササは長さ約30センチで、張り子の犬の飾りと千歳あめの袋のほか、男児用に紫、女児用に赤色のお守りを付けている。ササには「真っすぐ育つ」、千歳あめは「長く伸びる」、犬は「元気で活発」と、子どもの健やかな成長への願いが込められている。 先月中旬から、みこたちがササにお守りや千歳あめなどを取り付ける作業を行っていて、今月末までに5千本を準備する。11月15日午前9時からは七五三祭が開かれ、祈祷を受けた子供は福引に参加できるそう 華やか平安装束の女人ら観衆を魅了 嵯峨嵐山で斎宮行列 : 京都新聞 秋空の下 斎宮行列 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  伊勢神宮へ向かう皇女の道中を再現する「斎宮行列」が21日、京都市右京区の嵯峨嵐山地域であった。地元保存会が毎年催して20回目の節目に、華やかな平安装束に身を包んだ約100人の行列が竹林や渡月橋を歩いた。  斎宮は伊勢神宮へ派遣されて仕えた未婚の皇女。旅立つ前に身を清める潔斎所(けっさいじょ)が野宮神社の近くにあったとされることから、地元の斎宮行事保存会が1999年から実施している…

続きを読む

岡山県奈義町・西現寺で「晋山式」

奈義・西現寺で「晋山式」 新住職披露と稚児行列練り歩き : 山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山県奈義町柿の真言宗・西現寺(さいげんじ)で14日、新住職を披露する晋山(しんざん)式が行われ、稚児行列が寺周辺を練り歩くなどして祝った。  行列には檀家(だんか)の子どもら64人が参列。華やかな衣装に身を包み、みこ姿の女性4人や、同じ宗派で近隣にある寺の僧侶らと一緒に、地元の公会堂から寺までの約300メートルを歩いた。沿道からは保護者らが愛らしい姿をカメラに収めていた。動画あり 立坂神社の例祭で稚児行列 | 伊勢新聞 - This kiji is  【桑名】桑名市新矢田の立坂神社周辺で19日、稚児行列が繰り広げられた。  18、19日の同神社の「例祭」の行事。同市東矢田町にある表具店前から出発し、唐櫃(からひつ)を担いだ氏子や舞姫の女児らに続いて、お父さんやお母さんに手を引かれ、きれいに化粧して着飾った子どもたちの計約200人の行列が、同神社までの約1・5キロを練り歩いた。舞姫さん見切れてる… 秋晴れの下 稚児行列 志賀・恵光寺:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  志賀町富来領家町の恵光寺で十四日、親鸞聖人七百五十回御遠忌法要があった。合わせて本堂・鐘楼修復完了奉告法要と前々住職と前々坊守の五十回忌、前住職の十三回忌法要が営まれて稚児行列も行われた。  法要は、真宗大谷派の能慈院・大谷暢裕門首後継者を迎えて行われた。稚児行列には、九十人の稚児が参加…

続きを読む

鈴鹿・椿大神社で七五三祭の準備

七五三祭に向け準備着々 鈴鹿の椿大神社 千歳あめやお守り袋詰め 三重 | 伊勢新聞 - This kiji is  【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で、子どもの健やかな成長を祈念する11月15日の「七五三祭」に向け、参拝者らに授与する千歳あめやお守りなど3200袋の袋詰め作業がみこらの手で進んでいる。  13人のみこが交代で、祝い袋に千歳あめや人気キャラクターが描かれた菓子7種を詰め、七五三お守りや同神社オリジナルの「天孫降臨」絵本などの準備をしている。写真【祝い袋に千歳あめなどを詰めるみこら=鈴鹿市山本町の椿大神社で】 崋山神社大祭 | 東愛知新聞  田原市田原町の崋山神社で11日、田原藩家老・渡辺崋山(1793-1841)の遺徳をしのぶ秋の大祭が開かれた。崋山の命日にあたる10月11日に行う行事で、今年生誕225年、没後177年を迎えた。  同町内の城宝寺での墓前祭に続き、同神社で神事が行われた。拝殿では、地元の西﨑里奈さん(25)と加藤史奈さん(24)が平穏を祈る「浦和の舞」を奉納した。浦安の舞のはず…田原市博物館では特別展「渡辺崋山の神髄」が21日まで 【茨城新聞】水戸八幡宮 七五三、総出で準備 「子育て笹」や「千歳飴」 七五三の時節を前に、水戸市八幡町の水戸八幡宮で、子どもたちの無事成長を祈る「子育て笹」と「千歳飴(ちとせあめ)」の準備が進められている。31日までに作業を終える予定で、みこや神職が総出で各2千個の用意に追われている…

続きを読む

今治・大山祇神社で抜穂祭

抜穂乙女ら斎田で稲刈り 今治・大山祇神社|愛媛新聞ONLINE 抜穂祭:秋の実り、感謝込め 今治・大山祇神社で /愛媛 - 毎日新聞  愛媛県今治市大三島町宮浦の大山祇神社(三島安詔宮司)で17日、抜穂祭があった。島内各地区の女子児童ら16人が抜穂乙女となり、斎田の初穂を刈り取って五穀豊穣(ほうじょう)に感謝した。県無形民俗文化財の一人角力も 住吉神社で”稲刈神事” 秋の実りに感謝 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 住吉神社で”稲刈神事” 秋の実りに感謝 福岡県 (18/10/18 12:00) 実りの秋を迎え、福岡市の住吉神社で五穀豊穣に感謝する「稲刈神事」が行われました。 「稲刈神事」は福岡市博多区の住吉神社で毎年この時期に行われ、18日は境内にある、およそ4メートル四方の神田を神職が清めたあと、早乙女姿の巫女や氏子らが、収穫の時期を迎え黄金色に輝く「イセヒカリ」の稲を丁寧に刈り取っていました。 今年は今月上旬の台風による風で一部の稲が倒れましたが、目立った生育不良は見られず、例年並みに育ったということです。18日。巫女さん「今年は台風などがありましたが、ここまで大きく育ってくれてよかった」 豊穣感謝し稲収穫 宮崎神宮で抜穂祭 - Miyanichi e-press 宮崎市の宮崎神宮(杉田秀清宮司)で13日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し御神田に実った稲を収穫する抜穂祭があった。秋の柔らかな日差しが降り注ぐ中、かすりの着物にすげがさ姿の刈女…

続きを読む

和歌山県美浜町・吉原祭で「豊栄舞」奉納へ

21日吉原祭のお旅所で初の祭祀舞 | 日高新報  20日宵宮、21日本祭りとなる美浜町吉原、松原王子神社(小竹伸和宮司)の秋の祭礼、吉原祭。ことしはお旅所で初めて中学生女子生徒2人のみこによる祭祀舞が奉納されるほか、新濱組が獅子頭新調や屋台改修を行っており、例年以上に盛り上がりそうだ。  祭祀舞は本祭りの日の午後1時すぎ、煙樹ケ浜沿いのお旅所で行われる神前式の中で「豊栄舞(とよさかまい)」が披露される。みこの2人は「衣装を着ると重たくてやりにくいですが、舞はばっちりです」と笑顔でアピール 七五三を前に千歳飴の袋詰めピーク 神戸・生田神社 - フォトジャーナル - 産経フォト  子供の成長を祝う「七五三」シーズンを前に、神戸市中央区の生田神社で、千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業がピークを迎えている。  今年は11月までに約2千袋用意するといい、白衣に緋袴姿の巫女(みこ)らが紙袋に紅白の飴2本を手際よく詰めていった。  同神社によると、毎年11月初中旬の週末に参拝が集中するが、近年は混雑を避けるため前倒しで参拝する家族が増えているという。巫女さん(22)「子どもたちが健やかに成長できますようにと願いを込めて詰めました」 秋祭り:伝統芸能、継ぐ舞台に 宮津・和貴宮神社 /京都 - 毎日新聞  宮津市中心部の和貴宮神社で15日夜に秋祭りが営まれた。江戸時代のように芸の上達を祈る日にしようと、今年から本殿前に舞台を設けて神楽や巫女(みこ)の舞を奉納した。境内に…

続きを読む

白山比め神社で「七五三」の準備

「健やかに」願い詰め込む 白山比め神社で「七五三」の準備:北陸写真ニュース:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web) 千歳飴を袋詰め 七五三へ準備 - 撮れたてニュース | 北國新聞社  石川県白山市の白山比●(しらやまひめ)神社で、千歳飴(ちとせあめ)やお守りなど七五三詣での子どもたちに配る「お下がり」の袋詰め作業が本格化している。十五日には白衣に緋袴(ひばかま)の舞女(まいひめ)らが、福鈴の付いた袋に千歳飴やお守り、祝い箸のほか、年齢によって異なる玩具などを詰めていた。  神社によると、「お下がり」は例年と同じ三千袋準備する。既に七五三詣での参拝客が訪れていて、ピークは今月下旬から十一月中旬ごろ。今年は十一月四日の日曜が大安のため、多くの参拝客が見込まれるという。七五三詣での初穂料は五千円から。 文中の「●」は、くちヘンに羊作業した舞女さん(18)「子どもたちが喜ぶ姿が好き。健やかに過ごしてくれるよう願っています」 黄金色の稲 早乙女姿で収穫 白山比め神社の抜穂祭:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社の「抜穂(ぬいぼ)祭」が十四日、同市白山町の奉耕田であった。地元の朝日小学校五、六年生女子二十一人が早乙女姿で神前に供える稲を収穫した。  奉耕田では、耕作を管理する田長の大宮啓文さんを中心に、伊勢神宮(三重県伊勢市)由来の品種「イセヒカリ」を育ててきた。女子児童たちは、黄金色に実ったイセヒカリ…

続きを読む

宮津・和貴宮神社で秋祭り

巫女舞と舞楽、初の奉納 京都・和貴宮神社 : 京都新聞  京都府宮津市宮本の和貴宮神社で15日夜、地域の平安を祈願する秋祭りが営まれた。今年は巫女(みこ)舞や近江神宮(大津市)の神職による舞楽を初めて奉納。境内には夜店も並び、大勢の家族連れなどでにぎわった。  同神社の秋祭りは、江戸時代から行われていた記録があり、昭和20~30年代まで続いていたという。そんな中、禰宜(ねぎ)の嶋谷知彦さん(39)や氏子たちが祭りの復活を検討し、2007年から毎年行っている。同神社と大川神社(舞鶴市)の女性神職2人が人々の心の平穏を祈る「浦安の舞」を奉納 「花台」今年も華麗に 高知県四万十町の興津八幡宮で秋季大祭|高知新聞  高知県高岡郡四万十町興津の興津八幡宮で15日、秋季大祭が行われた。色紙で彩られた高さ5メートルの花台が女児2人を乗せ、約1キロをきらびやかに練り歩いた。  神事は、中村一條候ゆかりの行事。流鏑馬(やぶさめ)、八幡丸(宮舟)、花取り踊りの三つは県の保護無形民俗文化財指定だが、過疎化に伴って実施が困難に。唯一継続していた「宮舟」も2年前から中断している。  そんな中、1971年に復活した花台は今や、大祭のハイライトの一つで、「花台保存会」が継続。小学校3年生2人があでやかな着物姿で稚児の「でこ人形」に扮(ふん)しました 「火焚き乙女」大役終える 阿蘇市の霜神社 | 熊本日日新聞  阿蘇市役犬原の霜神社で16日、農作物を早霜の害から守る火焚[た]き神事…

続きを読む

西予・野村の三嶋神社で秋祭りと復興祈願祭

復興の願い神楽に込め 西予・野村で浸水乗り越え祭り|愛媛新聞ONLINE  西日本豪雨で深刻な浸水被害を受けた愛媛県西予市野村町野村の三嶋神社で14日、秋祭りと復興祈願祭があり、住民が神楽を奉納するなどして改修を祝うとともに、生活再建を願った。  神社は肱川(宇和川)に面し、豪雨時に氾濫で死者が出た三島集落にある。和気利雄宮司によると、社殿がほぼ天井まで約3.7メートル浸水し社務所は全壊、中にあった物も流された。祭りの開催が危ぶまれたが、住民からの寄付や宮城県石巻市の災害ボランティア団体「オープンジャパン」などの支援で改修が間に合い、さい銭箱や神事に使う和太鼓も下流側で見つかった。  14日は床や壁、引き戸などを取り換え真新しい木の香りがする拝殿で、地元の中学生4人が平穏無事を祈る神楽「浦安の舞」を披露した。泥だらけだったみこし3体も磨き直されて登場。恒例の町中でのお練りは中止となったが、氏子がみこし1体を担いで社殿の周囲を巡り、観客と一緒に笑顔で祭り気分を味わった。和気宮司は支援に感謝し「神社はこの地に鎮座し1300年、何度も災害から復興を遂げてきた。次世代に災害の怖さと地域の絆を伝えたい」とあいさつ 秋の夜祭り:境内彩る“文化祭”復活 あす傘踊り奉納 宮津・和貴宮神社 /京都 - 毎日新聞  神社を舞台に芸術の秋--。宮津市の中心部にある和貴宮神社(同市宮本)で15日、秋の夜祭りが営まれる。江戸時代には境内で子どもたちの芸能が数多く催され、戦後しばらくは菊・盆栽が…

続きを読む