博多・櫛田神社「ぎなん落とし」

博多の秋の風物詩「ぎなん落とし」 巫女が神前に供える:朝日新聞デジタル 櫛田神社:黄金色、収穫 ぎなん落とし - 毎日新聞 博多に秋の実り「ぎなん落とし」…櫛田神社 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 足元に秋の訪れ 櫛田神社「ぎなん落とし」|【西日本新聞】  博多の秋の風物詩「ぎなん落とし」が4日、福岡市博多区の櫛田神社であり、大イチョウ「夫婦(めおと)ぎなん」に実ったギンナンを収穫した。  「ぎなん」は博多弁でギンナンを意味する。樹齢300年を超えると伝わる夫婦ぎなんは、高さ約22メートルで、雌雄の木が寄り添うように立っている。神職8人が竹ざおで枝を揺らして実を落とし、巫女(みこ)3人が箸で一つずつ拾い集めて神前に供えた。色づきが良く、実の太り具合も上々とのこと 「甘酒祭」無病息災など祈願 和歌山・淡島神社 - 産経WEST 和歌山市・淡嶋神社で酒造りの神にちなんだ「甘酒祭り」 - FNN.jpプライムオンライン  和歌山市加太の淡嶋神社で3日、秋の大祭の甘酒祭が開かれ、参拝者が配られた甘酒を飲み干し、無病息災や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈願した。  祭神の少彦名命(すくなひこなのみこと)は酒造りや医薬の祖神とされ、甘酒祭の歴史は江戸時代中期に遡るという。  前田智子宮司が拝殿でクリやカキ、シイタケなど秋の収穫物を奉納。今年は台風の被害が相次いだため、無病息災への願いもこめて祝詞(のりと)を読み上げた。  拝…

続きを読む