神戸・生田神社に巨大絵馬奉納

神戸:目標へ猛進 生田神社に巨大絵馬奉納 - 毎日新聞  神戸市中央区の生田神社(日置春文宮司)に29日、来年のえと「亥(い)」にちなんだ巨大絵馬(高さ約2メートル、幅約3メートル)が奉納された。  母親のイノシシと子供のウリ坊の仲むつまじい姿が描かれた絵馬が現れると、参拝客らから歓声が上がった。制作したのは二紀会会員の画家、北山義明さん(64) イノシシ家族の大絵馬、奈良 橿原神宮、うり坊も - 共同通信 | This kiji is  奈良県橿原市の橿原神宮に30日、来年の干支「亥」の大絵馬がお目見えした。高さ4.5メートル、幅5.4メートル。イノシシの家族が力を合わせ、物事に向かって勢いよく走っていくイメージの絵柄だ。  イノシシの子ども「うり坊」もあしらわれ、原画を描いた橿原市在住の日本画家藤本静宏さん(63)は「イノシシの獣っぽさを控え、色彩もカラフルにし、うり坊のかわいさを出しました」。大きいです(写真も) 新年に駆ける大絵馬 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  桜井市の大神神社に、来年の干支「亥」にちなんだイノシシを描いた大絵馬を、田原本町の画家柴田貴子さん(73)が25日、奉納した。12月12日から来年1月31日まで、拝殿の前に設置する予定。  幅4メートル、高さ1・5メートルの扇面形の絵馬。三輪山を背景に雄のイノシシが勢いよく駆け上がっている姿を墨で描いた。奉納は、柴田さんが大神神社で個展を開いたのが縁で始まり…

続きを読む

井波・高瀬神社で初詣の縁起物作り始まる

幸福願い高瀬神社で縁起物作り 井波(北日本新聞)  南砺市高瀬(井波)の越中一宮高瀬神社で30日、初詣の縁起物準備が始まり、参拝客らの幸福を祈りながら作業を進めた。  藤井秀嗣宮司(57)が「破魔矢(はまや)」にひょうたんの飾りを、みこが穂宝守りに福運くじを取り付け、お守りなどの袋詰めも行われた。絵馬には巫女さんが来年の干支(えと)のいのししを描いたものも 七五三。 健やかな成長願う 「七五三」で境内華やぐ(2018/11/16 08:30)(デーリー東北) 健やかに七五三参り 徳島市の天神社|徳島ニュース|徳島新聞  子どもの成長を祝う「七五三」の15日、八戸市の櫛引八幡宮では、色とりどりの衣装で着飾った子どもたちが保護者に手を引かれながら、これからの健康を祈るために次々と参拝に訪れ、境内が華やいだ。 七五三 健やかな成長願う 晴れやかに賑やかに 山形市 - FNN.jpプライムオンライン 子どもたち 晴れ着姿で 七五三 シーズン迎え前橋産泰神社に行列|文化・イベント|上毛新聞ニュース 子どもたち 晴れ着姿で 七五三 シーズン迎え前橋産泰神社に行列  子どもの成長を願う七五三のシーズンを迎え、子育て祈願で知られる前橋市下大屋町の産泰神社(鯉登(こいと)茂行宮司)には4日、晴れ着姿の子どもたちが参拝に訪れた。  この日は大安と日曜日が重なり、赤やピンク色の着物姿の女の子や、紺や紫色の羽織を着た男の子でにぎわった。境内に設けられた大きな絵馬などの前で記念撮…

続きを読む

太宰府天満宮で新年の縁起物作り始まる

福岡:新たな気持ちで 太宰府で迎春準備 - 毎日新聞 【動画あり】迎春を心待ちに 太宰府天満宮で準備|【西日本新聞】 迎春準備始まる 福岡の太宰府天満宮(西日本新聞) - Yahoo!ニュース 太宰府天満宮で正月準備縁起物づくり始まる(RKB)  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で27日、新年の縁起物作りが始まった。来年の干支(えと)「亥(いのしし)」の置物や絵馬、開運の矢、五色の福むすびなど8種類の縁起物が、6人のみこの手で次々と形を整えられていた。迎春準備は12月20日ごろまで続く。  置物は、福岡市の人形師中村弘峰(ひろみね)さん(32)がデザインした。「身の引き締まる思いで新年を迎えられるように」とイノシシが正座しているポーズにした。  用意される縁起物は約10万個。現代の家事情に合わせ、初めて特小サイズ(長さ36センチ)の開運の矢も準備した。巫女さん(23)=福岡市=は「飾られる家の方が1年間ご安全に、との思いを込めて作業しています」と hibakama / 緋袴白書RT @hirominator: 今日は朝から太宰府天満宮にてお正月準備の取材📹🎍🇯🇵イノシシの干支鈴と置物に顔描きのデモンストレーションいたしました👀✨巫女さんたちも破魔矢や正月飾りの仕上げをされてました⛩今年も僕がデザインさせていただいた干支鈴、干支置物、干支絵馬は1… at 11/27 23:45 朝香宮孔雀奉納から八十年 記念の「孔雀の舞」を奉納 久伊豆神社 / 神社界唯一の新聞社…

続きを読む

北野天満宮で大福梅の袋詰め

北野天満宮で大福梅の袋詰め 新年の縁起物 - 産経ニュース 新年へ巫女ら「大福梅」袋詰め 北野天満宮で迎春準備 : 京都新聞 大福梅:無病息災を 北野天満宮で包装作業始まる /京都 - 毎日新聞 縁起物の「大福梅」準備 京都・北野天満宮|読売テレビニュース  新年の縁起物「大福梅」の袋詰めが27日、京都市上京区の北野天満宮で始まった。モミジをめでる参拝者でごった返す境内の一角で、巫女(みこ)たちが手際よく迎春準備を進めていた。  大福梅は、元旦に白湯(さゆ)や茶に入れて飲むと1年を健康で過ごせるとされる。梅の名所として知られる天満宮の境内で5月に採取した実を塩漬けし、7月以降土用干ししていた。今年は夏の気温が高く例年より乾燥するのが早かったという。12月13日の「事始め」から参拝者に1袋700円で授与 hibakama / 緋袴白書RT @kitano_bunka: 昨日より、大福梅の調製が始まりました。北野天満宮境内で採取し、塩漬けして天日干しされた梅で作られています。元旦に飲むと1年間無病息災で過ごすことができると伝わる縁起物です。12月13日の事始めより授与されます。早いものでもう正月支度の季… at 11/28 20:53 舞で豊作に感謝 鈴鹿・椿大神社で秋季例大祭 三重 - 伊勢新聞 【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)は11日、同神社で秋季例大祭の本宮例大祭を開いた。みこの祭祀舞や神宮楽師の舞楽の奉奏などで豊作に感謝し平和を祈念し…

続きを読む

熱海・来宮神社で新嘗祭

稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社 | 熱海ネット新聞 来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典委員、本年度責任当番町・中央渚町(芥川暉祭典委員長)、来年度責任当番町・咲見町(岸秀明祭典委員長)関係者、本年度および次年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕者ら約50人が参列。地元で収穫された新米や野菜などを神前に供えた後、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、みこが今年収穫した稲穂を手に神楽「豊栄の舞」(とよさかのまい)を奉納し、自然の恵みに感謝した。豊栄の舞の動画も 今年の祭りも最終盤 | 紀南新聞ONLINE  紀宝町の神内神社で23日、例大祭が営まれた。朝から神社で神事が行われ、宮地秀直宮司の祝詞奏上、子ども巫女による浦安の舞が奉納され、参列者が玉串をささげた。その後、2台の山車(だし=だんじり)が神内構造改造センターを出発、町内を巡った。小学6年生「神さまの前で踊るのは緊張した。今は踊り終えてほっとしている。小学校最後の思い出となり、楽しかった」 色鮮やかな衣装で準備万全 奈良・春日若宮おん祭前に「装束賜式」 - 産経ニュース 装束まとい参拝 - おん祭り 装束賜式|奈良新聞デジタル  古都の冬の風物詩、「春日若宮おん祭」を前に、「お渡り式」(12月17日)に参加する稚児や神子(みこ)に衣装を授与する「装束賜式(しょうぞくたばりしき)」が25日、奈良市春日野町の春日大社で行われた。小学生から社会人までの約…

続きを読む

福山で「ミス三蔵稲荷」選出

広島・福山「ミス三蔵稲荷」に3人 巫女姿で初詣のにぎわいに花を(山陽新聞デジタル) - Yahoo!ニュース  初詣のにぎわいに花を添える第31代の「ミス三蔵稲荷」を決めるコンテストが23日、広島県福山市丸之内の三蔵稲荷神社であり市在住、出身の大学生3人が選ばれた。3人は巫女(みこ)姿で縁起物を販売したり、撮影会のモデルを務めたりする。  選ばれたのは、神戸女学院大文学部4年喜多村美那さん(22)、福山市立大都市経営学部4年樫原真裕香さん(22)、福山大薬学部3年中西菜摘さん(20)。12月31日と来年1月1~3日にお守りなど縁起物の販売を手伝い、3日には撮影会も 一條大祭、稚児行列が彩り 復活の相撲に歓声 高知県四万十市|高知新聞  土佐三大祭りの一つとされる高知県四万十市の一條神社(中村本町1丁目)の大祭は11月23日、きらびやかな稚児行列が街を彩った。7年ぶりの相撲大会も熱気に包まれ、土佐の小京都は終日にぎわった。  大祭は22日にスタート。この日の稚児行列には、幼児や児童46人が参加した。同市中村大橋通1丁目の須賀神社を出発し、露店でにぎわう商店街を経て一條神社へ向かった。  モミジの枝を手にした稚児や市女笠(いちめがさ)をかぶって女官に扮(ふん)した親子が、市中心部をゆっくりと練り歩くと、見物客は「かわいいねえ」と目を細めていた。写真ではお母さんが見切れてますが… 華やかな稚児行列 白滝るり姫まつり・大洲|愛媛新聞ONLINE  戦国時代に…

続きを読む

石清水八幡宮で橘摘み

香り爽やかタチバナ摘み 巫女が橘酒の迎春準備  : 京都新聞  石清水八幡宮(京都府八幡市)は22日、新年に参拝者へ授与するお神酒「橘酒(たちばなしゅ)」に用いるタチバナの実を本殿内で採取した。同宮にとって最初の迎春準備で、さわやかに香るだいだい色の実を巫女(みこ)が丁寧に摘み取った。  タチバナの実は昔から長寿の薬と伝わる。同宮は、社紋にタチバナが使われ、江戸時代は宮中や将軍家に実を献上したとされるなど、ゆかりが深い。  タチバナの木は、本殿内の東と西に1本ずつ植えられている。鈴なりになった3センチほどの実を、巫女がはさみで採った。今年は台風などの天災が相次いだが、例年並みの約8キロ収穫できそうとのこと 神戸新聞NEXT|北播|“犬幸”祈願で七五三だワン 全国の愛犬家、小野の神社に  愛犬の健康を願う“犬幸(けんこう)祈願”の「七五三詣で」が23日、兵庫県小野市垂井町の住吉神社で始まった。犬による神楽舞もあり、25日までの3日間で全国から約180匹と、飼い主の家族らが参拝に訪れる。 (中略) 巫女を務めたイタリア出身の兵庫教育大大学院生フランチーニ・エリーザさん(25)は「神様にこの子たちをお願い、と祈っていました」と神妙な面持ちで話した。なんかいろいろとすごい 神戸新聞NEXT|阪神|半世紀ぶり獅子舞復活 地元女子高生ら 西宮  半世紀前まで西宮神社(兵庫県西宮市社家町)の若手氏子たちが奉納していた「若えびす獅子舞」を、県立西宮高校(上甲東園2)の…

続きを読む

伊勢神宮で新嘗祭

伊勢神宮で平成最後の新嘗祭 木々が色づき始めた神域の中で  - 伊勢志摩経済新聞  農作物の収穫を祝う新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、伊勢神宮で執り行われた。五十鈴川の御手洗(みたらし)前の木々は美しく色づき始めていた。  新嘗祭は、その年に収穫された新穀を神様に奉納し、その恵みに感謝し、国家安泰、国民の繁栄を祈る祭典。宮中では天皇陛下が神嘉殿(しんかでん)で新穀を皇祖はじめ神々に供え、日本中に新米が行き渡り国民一人ひとりが口にしたころ、一番最後に天皇陛下自身が召し上がる。 (中略)  この日は、早朝4時から神饌(しんせん)を神様にお供えする「大御饌(おおみけ)の儀」が、7時から天皇陛下より贈られた幣帛(へいはく)を奉献する「奉幣の儀」が外宮(げくう)で、続いて内宮(ないくう)で11時と14時にそれぞれ同様の祭典が行われた。平成最後となる新嘗祭を黒田清子神宮祭主を始めとする神職らは粛々と奉仕した。11月29日まで、伊勢神宮125社全ての宮で執り行われます 農作物の実りに感謝 湊川神社で新嘗祭、巫女が神楽「浦安舞」奉納 - 産経ニュース  神戸市中央区の湊川神社で23日、農作物の収穫を感謝する神事「新嘗祭(にいなめさい)」が厳かに営まれた。祝詞の奏上や巫女(みこ)による舞が奉納され、参列した氏子らは祈りをささげた。  新嘗祭はその年に収穫された穀物を神様に供え、農作物の実りに感謝する祭り。戦後は「勤労感謝の日」と名前が変わり、農業だけでなく産業全般の繁…

続きを読む

青森・廣田神社で新嘗祭

小中学生が巫女舞奉納 廣田神社で新嘗祭 - 産経ニュース 新嘗祭 小中学生が巫女舞奉納/青森・廣田神社|文化|青森ニュース|Web東奥 新嘗祭で舞姫たちが巫女舞披露|県内ニュース│ATV青森テレビ  青森市の廣田神社(田川伊吹宮司)で23日、関係者約40人が出席して新嘗祭が開かれた。市内の小中学生が優美な巫女(みこ)舞を奉納し、今年収穫された農作物への恵みに感謝の気持ちを伝えた。  同神社は市内で唯一、子供たちに巫女舞を指導しており、平成27年に「舞姫会」を結成。祭典のために毎週金曜日に稽古を重ね、これまで市内のイベントなどで舞を披露している。中学1年生(13)は「神様に感謝の気持ちが伝わるように舞いました」と笑顔で <新嘗祭>4人のみこ、神楽を奉納 岩沼・竹駒神社 | 河北新報オンラインニュース  宮城県岩沼市の竹駒神社で23日、今年一年の豊かな実りに感謝する新嘗(にいなめ)祭があった。境内の神田「穂徳田(すいとくでん)」で9月に収穫された、ひとめぼれの新米のほか、県内各地の生産者から寄せられたリンゴやシイタケなどが神前に供えられた。  神社役員ら約70人が参列。村田守広宮司が祝詞を奏上した後、稲穂を持った4人のみこが神楽「竹駒の舞」を奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)を祝った。第64回竹駒産業文化賞の授賞式も 不法投棄 金華山黄金山神社で新嘗祭 参列者に謝罪も(TBC東北放送) 金華山黄金山神社、収穫に感謝「新嘗祭」 “不法投棄”残念の声も... - FNN…

続きを読む

宇部で年末ジャンボ宝くじの当選祈願

山口・年末ジャンボ宝くじの販売始まる|山口朝日放送 夢が広がる年末ジャンボ宝くじの販売が始まりました。 21日は六曜で大安ということもあり各地で多くの人がくじを買い求めました。 ☆佐原記者リポート「きょうは年末ジャンボ宝くじの発売日です。こちらの祭壇にお供えされているのは縁起をかついだ『あたりめ』です」 ゆめタウン宇部店では金運の神様をまつる宇部市内の神社が祭壇を設けました。 今回、1等の賞金は前後賞と合わせて10億円。夢を求めて宝くじを買った人に巫女が当選祈願を行いました。金家来(かなやご)神社が祭壇を設置 稚児 練り歩く 富山上行寺移転150年記念法要(北日本新聞)  富山市楡原(細入)の法華宗上行寺(金子光昭住職)は11日、現在の場所に移った「中興転地」の150年を記念した法要を行い、華やかな衣装に身を包んだ檀家(だんか)の子どもたちが寺を練り歩いた。  同寺は元々楡原地区の中心部にあったが、明治元年に今の位置に場所を移した。稚児行列では、寺のたすきを掛けて太鼓をたたく総代らに続き、県内外から集まった子どもたちや保護者が僧侶らと一緒に、150年前に建てた山門から本堂へと歩いた。参加人数や年齢は不明 成長祈る「赤ちゃん手形朱印帳」 全国初、日光二荒山神社が作製|県内主要,社会,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  日光市山内の世界遺産日光二荒山神社は、子どもの無事な成長を祈る「赤ちゃん手形朱印帳」を作製した。参拝…

続きを読む

福山・吉備津神社「市立大祭」で巫女舞奉納

福山・吉備津神社「巫女舞」奉納 25日まで豊穣感謝「市立大祭」: 山陽新聞デジタル|さんデジ  福山市新市町宮内の備後一宮吉備津神社で22日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する恒例の「市立(いちだて)大祭」が4日間の日程で始まった。初日は国重要文化財の本殿で例大祭が執り行われ、地元小学生による巫女(みこ)舞などが奉納された。  氏子ら約200人が見守る中、追林貴之宮司が祝詞を奏上。地元の網引小6年の千葉百音さん、佐藤夏菜さん、中村心那さん=いずれも(12)=が巫女の姿で登場し、「浦安の舞」を優雅に舞った。参列者は一年間の感謝の気持ちを込めて玉串を奉納した。千葉さんは「見ている人の数が多く、緊張したが練習通りできてほっとした」と より酒願う 「杉玉」作り - きょう小雪|奈良新聞デジタル  きょう22日は二十四節気の一つ、小雪(しょうせつ)。暦の上では日差しが弱まり、冷え込みも厳しくなるころとされ、いよいよ冬本番を思わせる。  小雪を前に、酒の神様として知られる、桜井市三輪の大神神社では酒の醸造を見守り、おいしい酒ができることを祈る「しるしの杉玉」作りがピークを迎えている。  店先や蔵に掲げられる杉玉は同神社のご神体、三輪山の杉枝を使い、巫女(みこ)や職員が手作りする。酒造メーカーなどで構成する「酒栄講」の講員約300社を中心に配られます

続きを読む

大神神社「醸造安全祈願祭」

醸造安全祈願祭:酒造り、安全を祈願 たる酒振る舞いも 桜井・大神神社 /奈良 - 毎日新聞  桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で14日、新酒醸造の無事と酒造業界の発展を祈る「醸造安全祈願祭(酒まつり)」が営まれ、全国から約150人が参列した。  祈願祭では、巫女(みこ)4人が、神楽「うま酒みわの舞」を奉納した。拝殿前の特設テントでは、たる酒が振る舞われ、多くの参拝者らでにぎわった。初めて参拝…続きは有料 女神迎えに夜道行列 中能登でばっこ祭り - 石川県のニュース | 北國新聞社 子孫繁栄願い無言行列 中能登で「ばっこ祭り」:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  中能登町無形民俗文化財「ばっこ祭り」の神迎(しんげい)式は19日、同町能登部上の能登部神社を発着点に営まれ、清水景子宮司や氏子ら約40人が榊(さかき)に宿した男神とともに同神社を出発し、愛宕(あたご)神社(同町西馬場)の女神を迎えに夜道を歩いた。  ばっこ祭りは、能登部神社の男神が愛宕神社の女神を迎え、年に一度の逢瀬(おうせ)を楽しむ神事。榊を持った氏子らが無言で歩く習わしで、行列を見ると目がつぶれると伝わる。写真撮影はいいんでしょうか 龍光寺「お十夜」 極楽浄土願う 富岡|文化・イベント|上毛新聞ニュース  群馬県富岡市富岡の龍光寺(神宮正道住職)は境内で「お十夜」を行った。本堂で法要や稚児の舞が行われたほか、小豆入りの「お十夜粥」を参拝者に配布。境内に夜店が並び家族連れでにぎわった…

続きを読む

祐徳稲荷神社で七五三祭

「七五三」祐徳稲荷神社で子供の成長願うサガテレビ | 佐賀のニュース | 15日は「七五三」です。秋晴れのなか県内各地の神社では子供たちの健やかな成長を願う姿が見られました。このうち鹿島市の祐徳稲荷神社でも朝から家族連れが訪れ、子供の健やかな成長を願っていました。【参拝に訪れた人】「明るく元気に楽しく過ごしてもらえれば十分です」「素直で元気いっぱいな子に育って欲しいと思っています」またこの日に合わせて毎年行われている七五三祭には地元の園児らおよそ30人も訪れ、舞が奉納されるなど神事が行われました。動画で少しだけ巫女舞 1115 「七五三」祐徳稲荷神社で子供の成長願う 奉納で業界発展祈願 かまぼこの日・昆布の日:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) かまぼこ昆布味わい成長を 高岡・射水神社で奉献祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社  「かまぼこの日」と「昆布の日」の15日、高岡市の射水神社でかまぼこと昆布を神前に供える奉献祭が行われ、関係者が富山の食文化に感謝した。神事の後には、七五三参りの親子連れがかまぼこと昆布を味わい、健やかな成長を祈った。  11月15日は、かまぼこが初めて文献に登場する1115年にちなみ、全国蒲(かま)鉾(ぼこ)水産加工業協同組合連合会が「かまぼこの日」に定めている。日本昆布協会も、15日の七五三のお祝いに子どもが昆布を食べて元気に育ってほしいとの願いから「昆布の日」としている。かろうじて巫女さんの姿が 東京新聞:小中生ら練り歩…

続きを読む

松江・八重垣神社で七五三の行事「ひも落とし」

島根)山陰に伝わる「ひも落とし」 園児らの成長願って:朝日新聞デジタル  山陰で「ひも落とし」と呼ぶ七五三の行事が、松江市の八重垣神社であった。市内の育英保育園、幼稚園の今年度中に3歳になる園児24人が健やかな成長を願う祈禱(きとう)を受けた。  神社拝殿で2日、園児らの前で神職が祝詞(のりと)をあげ、みこが舞った。おごそかな雰囲気の中、泣き出してしまう子どももいた。「大きな太鼓が怖かった」 健やかに育って、七五三で参拝 山形・県護国神社|山形新聞  子どもの健康と成長を願う「七五三」。祝い日とされる15日を前に、山形市の県護国神社(宮舘厚悦宮司)に家族連れが参拝に訪れている。  七五三は幼児が健やかに育つのが困難だった時代、男児が3歳と5歳、女児が3歳と7歳になった年に神社にこれまでの無事を感謝し、さらなる健勝を祈願する行事だ。写真「男児の健やかな成長を願い、両親が神前に参拝した」 晴れ着姿 七五三参りで神社を参拝 | サンテレビニュース 子どもの健やかな成長を願う七五三参りのため、兵庫県西宮市の神社にも晴れ着姿の家族連れらが参拝に訪れています。 七五三参りは、数え年で7歳・5歳・3歳の節目に神社に参拝し、子どもの成長に感謝するとともに今後の健やかな成長を祈願するものです。 西宮神社では大安の15日、天気にも恵まれ、朝から七五三参りに訪れる家族連れの姿が目立ちました。 晴れ着などを着た子どもたちは少し緊張した面持ちで祈祷を受けたあと、千歳飴…

続きを読む

熊野那智大社で紅葉祭

モミジの舞、厳かに 熊野那智大社で紅葉祭 - 読んで見フォト - 産経フォト 熊野那智大社で紅葉祭|読売テレビニュース 和歌山県の熊野那智大社では自然の恵みに感謝を捧げる伝統行事、 紅葉祭が行なわれた。紅葉祭は、平安時代に花山法皇が、那智の滝の近くで修行を行なった際に、紅葉の美しさを詩に詠み短冊に書いて滝に流したという故事にちなんだ祭り。那智の滝の前に設けられた祭壇には紅葉の葉が飾られ、平安衣装に身を包んだ巫女らが、自然の恵みに感謝を捧げる豊栄の舞を行った。恒例の短冊流しは工事などの影響で中止に 杉玉新しく - 大神神社きょう酒まつり|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社で13日、拝殿と祈祷殿に吊(つ)り下げられた大杉玉が、新しいものに取り替えられた。きょう14日に営まれる醸造安全祈願祭(酒まつり)に合わせた作業。新しい杉玉は直径約1メートル50センチ、重さ約250キロあり、神社職員10人が丸一日かけて作り上げた。  拝殿で行われた取り替えでは、職員約10人が巨大な杉玉にワイヤーを掛け、滑車などを使って吊り上げた後、屋根に固定した。その後、巫女(みこ)が「志るしの杉玉」「三輪明神」と書かれた木札を吊り下げ、交換を終えた。既出。巫女さん(19)「おいしいお酒ができるように願いを込めて木札を吊り下げました」 富山)井波彫刻の木のおみくじが人気:朝日新聞デジタル  南砺市高瀬の高瀬神社で、井波彫刻の工房が手がける「うさぎおみくじ」が人気を集めている。同市の城端地…

続きを読む

大神神社で大杉玉の掛け替え

青々とした杉玉に掛け替え 酒まつり前に、奈良 - サッと見ニュース - 産経フォト  酒造りの神様として知られる奈良県桜井市の大神神社で13日、拝殿などに飾られた大杉玉が青々とした新しいものに掛け替えられた。全国の杜氏らが醸造の安全を祈る「酒まつり」が14日に開かれる。  新しい大杉玉は直径約1・5メートル、重さ約250キロ。竹で編んだ籠に、ご神木の杉の枝葉を放射状に差し込んで作る。職員ら10人がワイヤでつり上げ、天井に固定。みこが「志るしの杉玉」「三輪明神」と書かれた木札を結び付けた。直径約50センチと約30センチの杉玉計約250個を用意 山口)奇祭「きつねの嫁入り」華やかに 下松市花岡:朝日新聞デジタル  人々がキツネに扮して昔ながらの婚礼行列を再現する「きつねの嫁入り」が3日、山口県下松市の法静寺・花岡福徳稲荷社周辺であり、大勢の見物客でにぎわった。  豊作に感謝する「稲穂祭」の催しの一つで、1950年に始まった。江戸中期、住職が夢枕に立った白ギツネ夫婦の亡きがらを手厚く葬ったところ、ご利益を得たとの伝説にちなむ。写真は稚児行列の子供

続きを読む

横手・保呂羽山波宇志別神社の霜月神楽

秋田)横手市で五穀豊穣願う霜月神楽:朝日新聞デジタル 霜月神楽、夜徹し舞い踊る 横手・保呂羽山波宇志別神社|秋田魁新報電子版  国の重要無形民俗文化財「霜月(しもつき)神楽」が7日夜から8日朝にかけ、秋田県横手市大森町の保呂羽山波宇志別(ほろわさんはうしわけ)神社里宮神殿で行われた。大勢の参拝者が見守る中、神職とみこ計10人が夜を徹して厳かな33の神事を奉納。今年の収穫に感謝し、来年の五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。  霜月神楽は、釜で沸かした湯で舞台をはらい清めながら行う「湯立(ゆだて)神楽」で、神社にゆかりのある近隣の神職が集う「寄合(よりあい)神楽」であることも特徴。神楽の最も古い形態を残すとされている貴重な神事だ。写真「保呂羽山の神々に捧げる保呂羽山舞。託宣が唱えられ、みこの古い姿を残している」 とろとろ湯豆腐、味わって 東京で嬉野の魅力PR|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  風呂おけ片手に浴衣姿で嬉野温泉のとろとろ湯豆腐を味わって-。東京のビジネス街、品川に嬉野の温泉街を再現し、地元の名店5店舗が大鍋で湯豆腐を振る舞うイベントが開かれた。11日までの4日間、女性やカップルでにぎわい、足湯や地酒、豆腐スイーツも楽しみながら「日本三大美肌の湯」の魅力を堪能した。  佐賀県の地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環で、多くの注目イベントを仕掛けるクリエーティブチーム「タノシナル」とコラボした。「とろとろ温泉湯どうふガーデン」と銘打ち、芝生が広…

続きを読む

金刀比羅宮で紅葉祭

歴史絵巻の中へ 金刀比羅宮で紅葉祭 | 香川のニュース | 四国新聞社  琴平町の金刀比羅宮(琴陵容世宮司)で10日、恒例の神事「紅葉祭(もみじさい)」が営まれた。爽やかな秋空の下、伝統装束に身を包んだ神職や巫女(みこ)らの行列が優雅に練り歩き、参拝客を歴史絵巻の世界にいざなった。  行列はモミジの枝を飾り付けた太玉串(ふとたまぐし)を先導に、冠に小枝を挿した舞人(まいびと)や伶人(れいじん)ら約30人が参列。笛や笙(しょう)の音色が響く中、大門から本宮までをゆっくりと進んだ。祭典では巫女さんが「八少女舞(やおとめまい)」を奉納 和装文化に親しんで 15日のきものの日を前に十二単まとう 前橋|文化・イベント|上毛新聞ニュース  11月15日の「きものの日」を前に、和装文化に慣れ親しんでもらおうと、NPO法人群馬着好会(辻延子理事長)などは3日、県庁で平安装束の着装実演や着物の着付け教室を行った。約80人が参加し、華麗な着物に見入っていた。  高崎高松中の3年生3人がモデルを務め、十二単や束帯を身にまとった=写真。十二単の着付けは二人がかり 京都に一夜限りの「明治酒場」、夜のにぎわい - 産経ニュース  京都市左京区の平安神宮など岡崎公園周辺の文化施設で26日、明治時代をテーマにした食やアートのイベント「岡崎明治酒場」が開催された。明治150年を記念した催しで、明治の軍人や女学生にふんしたスタッフの姿も。京料理や酒蔵などの屋台約30軒が並び、来場者が飲み歩き…

続きを読む

高岡・射水神社で富富富の甘酒試作[2]

富山県 富富富の甘酒試作 高岡・射水神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 富富富で甘酒 高岡・射水神社で23日提供 - 富山県のニュース | 北國新聞社 神様も喜ぶ「富富富」甘酒 射水神社 23日新嘗祭で奉納:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)は二十三日の新嘗祭(にいなめさい)で、富山米の新品種「富富富」を「初穂米」とし、同神社が昨年に再興した「新嘗祭神楽歌」の歌詞に基づいて「富富富」で醸した甘酒を奉納する。(武田寛史)  歌詞には「民安かれと二月の 祈念祭しるしあり 千町の小田に打ちなびく 足穂の稲のうまし稲 御酒につくりて奉る 新嘗祭たうとしや」とある。本来は「御饌(みけ)」の部分が「御酒(みき)」と書かれており、一夜酒を醸していた可能性があるため、同神社は二〇一六年からコシヒカリで甘酒を造ってきた。  今回は新品種を使うことから、二種類の麹(こうじ)で二種類の甘酒を造って味を比較。同市の麹店の県産米の米麹でできあがった方を進納品にすることにした。味が気になります 40人が稚児行列 紀貫之しのび「大湊出港祭」 高知県南国市前浜|高知新聞  土佐日記にちなんで、高知県南国市前浜の住民らが手作りで続けている「大湊出港祭」が4日、地元の大湊公園で行われ、今年も子どもたちによる稚児行列などで紀貫之をしのんだ。  土佐日記には貫之の土佐離任時に「大湊」に寄港したとの記述があり、実行委員会(高木貞夫委員長)が毎年行っている。…

続きを読む

高岡・射水神社で富富富の甘酒試作

富富富の甘酒試作 高岡・射水神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  高岡市の射水神社(松本正昭宮司)は23日の新嘗祭(にいなめさい)で、富山米の新品種「富富富」で仕込んだ甘酒をささげる。本番へ向けて試作を進めており、9日は神職や巫女らが風味などの出来を確かめた。  新嘗祭では、一年の豊穣(ほうじょう)・豊漁に感謝し、神前に神酒や農作物などを供える。2016年に射水神社に関する新嘗祭の史料が都内で見つかり、その資料に書かれていた歌詞から昨年「新嘗祭神楽歌」を再興。甘酒は神楽歌の歌詞にある「みき(御酒)につくりてたてまつる」に基づいて作った。新嘗祭は23日午前10時から、甘酒は参拝した約100人に 射水神社が富富富の甘酒試作(11月9日) 地元児童が浦安の舞奉納 射水・加茂社(北日本新聞)  射水市戸破(小杉)の加茂社の秋季例祭が2日、同社で行われ、地元の女子児童が拝殿でたおやかに「浦安の舞」を奉納した。  児童による舞の奉納は1997年から毎年行われている。ことしは石黒莉亜菜さん(小杉小6年)と小松凛紗さん(同6年)、湯浅恵羽さん(同5年)、津幡豊実さん(歌の森小5年)が担当した。「扇のひもってどうするんだっけ?」 「クルクルッと巻いておけばいいよ」 「そっか、クルクルッとね」 紀宝町3神社で例大祭 浦安の舞の扇舞、踊り連 神輿などでにぎわう | 紀南新聞ONLINE  中村神社は午前9時に”一日神主”の神社総代と約10人の子どもとともに神社を出…

続きを読む