我孫子・香取神社で初詣に「浦安の舞」「朝日の舞」

東京新聞:住民有志 初詣おもてなし 我孫子の香取神社:千葉(TOKYO Web)  大みそかの深夜から正月三が日にかけ、我孫子市緑一の香取神社で、近隣の住民有志が手作りイベントを開き、初詣客らをもてなす。少女たちの神楽舞奉納や、来年の干支(えと)のイノシシやブタの置物の展示即売などが予定されている。  同神社は神主が常駐しておらず、地元の「二丁目町内会」が境内を管理している。イベントは六年前、初詣客を楽しませようと、町内会員の秋元佐予さん(49)が音頭取りをして始めた。  メイン行事は女性が演じる「浦安の舞」と男性が演じる「朝日の舞」。秋元さんが知り合いに声を掛けて担い手を募り、衣装は寄付金を元手に縫い上げたり、近くの神社の神職からもらい受けたりしてそろえた。今回、浦安の舞を演じるのは四人 700キロの大鏡餅奉納 高根沢の安住神社【動画】|社会,県内主要,動画|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) 東京新聞:豊穣を700キロ大鏡餅 高根沢の神社で奉納 「うり坊」の大絵馬除幕も:栃木(TOKYO Web) 重さが700キロ!巨大鏡餅が奉納 栃木県(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース 栃木の安住神社でジャンボ鏡餅奉納(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース  高根沢町上高根沢の安住神社(荒井清勝(あらいきよかつ)宮司)は30日、年末恒例の「大鏡餅奉納式」を行い、もち米8俵分、重さ約700キロの巨大な鏡餅を拝殿前に供えた…

続きを読む

四万十・一條神社の看板猫

捨て猫のチビ、初詣客お出迎え いまや神社の看板猫:朝日新聞デジタル  新年の初詣客を看板娘の「チビ」が出迎える。「土佐の小京都」と呼ばれる高知県四万十市の一條神社で、首に「あけましておめでとう チビ」と書かれた札をつけたネコがいる。 (中略)  正月は、チビの首に「あけましておめでとう チビ」の札を付けた。今は大きくなったチビは人気者だ。チビに会いにやって来るファンもいる。巫女(みこ)の高校3年福留凜々花(りりか)さん(17)は「お客さんのひざの上でゴロゴロと甘える。とてもかわいいです」と頭をなでた。寒い冬は苦手 巫女研修会:身も心も引き締め 伊豫豆比古命神社 /愛媛 - 毎日新聞 正月前に巫女を務める学生へ説明会 - FNN.jpプライムオンライン  毎年大勢の初詣客が訪れる伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)神社(通称椿神社、松山市居相2)でお札やお守りを授ける臨時の巫女(みこ)の研修会があった。県内の大学生や高校生15人が巫女の心得などを学び、迎春の準備を整えた。紹介済みです 神戸新聞NEXT|三田|平成最後の迎春準備進む 三田市内の神社  三田天満神社(天神3)では同日までに、元日に奉納する「みこの舞」の稽古があった。中学生から20代後半の女性約20人が、太鼓と笛の音に合わせて所作を確認した。  舞は約40年前に大阪市の住吉大社から伝わり、代々引き継いでいる。1月1日午前0時と同10時から、拝殿で奉納する。兵庫教育大2年の女性(20)は「参拝者の願い…

続きを読む

田川・風治八幡宮で巫女の奉告祭

迎春準備、巫女さんも万端 田川市の風治八幡宮で奉告祭 [福岡県]|【西日本新聞】  田川市魚町の風治八幡宮(宇都宮誠宮司)で30日、正月の縁起物の準備作業が大詰めに入り、三が日にアルバイトの巫女(みこ)を務める高校生や社会人の奉仕奉告祭があった。  奉告祭は期間中の奉仕を神前に報告する神事。13人の巫女たちは拝殿でおはらいを受けた後、代表の2人が玉串を奉納した。  その後は縁起物の柳箸を箸袋に入れる作業などを行った。初めて巫女として働く高校1年生(16)は「訪れた人を笑顔で迎え、幸せな気持ちになってもらえるよう頑張りたい」 破魔矢確認や食材調達…迎春準備 | 中国新聞アルファ  年の瀬を迎えた30日、広島市内の神社は初詣の参拝者を迎える準備に追われた。商店や百貨店は正月の食材を買い求める人でにぎわい、市場は今年最後の競りで1年を締めくくった。写真「初詣を前に熊手や破魔矢に傷がないか確認する住吉神社のみこ」 新年へ縁起物の点検入念 岩国 | 中国新聞アルファ  平成最後の年の瀬を迎え、岩国市内の社寺で初詣客を迎える準備が進んでいる。写真「白崎八幡宮で破魔矢や熊手をチェックするみこ」

続きを読む

小松・安宅住吉神社で神楽舞の練習納め

みこ 神楽舞総仕上げ 安宅住吉神社:石川:中日新聞(CHUNICHI Web) 初詣に向けて「神楽舞」稽古納め|NNNニュース  小松市安宅町の安宅住吉神社で三十日、正月に奉納する神楽舞の練習納めがあり、みこが新年に向けて総仕上げをした。  みこの中村美月さん(23)と埴崎(はにざき)未緒さん(22)の二人は、十二月上旬からほぼ毎日練習に励んできた。この日は、楽太鼓と琴、笛の音に合わせて、二人が鈴と扇子を手に優雅に舞い、動作などを最終確認していた。  来年一月一~六日に、おはらいを受ける参拝者の前で舞を披露する。中村さんは「正月らしい雰囲気を出したい」、埴崎さんは「向こう一年の幸福を祈りながら練習してきた」と 鈴鹿 開運招く破魔矢や干支置物 椿大神社のみこら準備 三重 - 伊勢新聞 三重県内外から多数の初詣で客が訪れる鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で、参拝者らに授与する開運招福の破魔矢や干支(えと)張子付き破魔矢、鏑矢(かぶらや)、熊手、土鈴、干支置物など約5万点の準備が進んでいる。 大みそかの午後4時から大祓式、同11時から縁起物の授与を開始する。初穂料は1000円から1万円まで。年越し詣りの参拝者には甘酒の振る舞いなど 平成から次代へしめ縄張り替え 岐阜市の金神社 | 岐阜新聞Web  岐阜市金町の金神社で30日、しめ縄の張り替え作業があった。拝殿正面に長さ8メートルの新しい大しめ縄を取り付け、迎春準備を整えた。  大しめ縄は直径…

続きを読む

祐徳稲荷神社ですす払い

祐徳稲荷ですす払い みこ10人 初詣に備え [佐賀県]|【西日本新聞】  鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で28日、年末恒例のすす払いがあった。時折小雪が舞う寒さの中、10人のみこが、境内の山から切り出した約5メートルの竹を使い、楼門や神楽殿のほこりを落とした。  みこ見習いの鹿島高3年、鳥越麻友(まゆ)さん(18)は「初詣の人たちが気持ちよく参拝できるようにと思いを込めました」と語った。初詣客を今年並みの80万人と見込んでいます 臨時の巫女さん、初詣客の応対学ぶ 佐嘉神社で講習会 [佐賀県]|【西日本新聞】  佐賀市松原2丁目の佐嘉神社で29日、初詣客に臨時で応対する巫女(みこ)の講習会があった。高校生や大学生約80人がお守りの手渡し方や言葉遣いなどを学んだ。  正月三が日に約35万人の参拝客が見込まれる同神社では、臨時の巫女が、お守りの授与や祈願所の受け付けなどを行っている。  講習会では、白衣やはかま姿の高校生たちが本職の巫女から、お守りやお札、破魔矢、熊手の種類などを教えてもらった。3回目の巫女を務める佐賀市の高校3年生(18)「はかま姿になると身が引き締まる。気持ちを新たにして参拝客に接したい」 大吉より縁起いい「大福」、えべっさんに登場へ : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 神戸新聞NEXT|阪神|大吉より縁起良し 西宮神社に「大福」みくじ登場  「大吉」ならぬ「大福」みくじ-? 兵庫県西宮市社家町の西宮神社で1月1日から、…

続きを読む

真岡・大前恵比寿神社で元日に「笠井神楽」初奉納

元日に「笠井神楽」初奉納 真岡・創建30周年迎え大前恵比寿神社|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【真岡】来年創建30年を迎える東郷の大前恵比寿神社は、奉祝行事として来月1日に同神社で初めて神楽を奉納する。神楽は関東では珍しい「吉田流笠井神楽」。舞手を務める姉妹も同神楽発祥の地を訪れて稽古を積むなど、節目の年を迎える奉納の準備が整いつつある。気になるけど遠い… 唐澤山神社が元日、100個限定「勝守」 伝説の名城跡で「落ちない」御利益も 佐野|地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【佐野】富士町の唐澤山神社は来年1月1日、100個限定のお守り「白の勝守(かちまもり)」を頒布する。白地に金色で「勝」の文字を添えたお守りで、受験やスポーツなどの「勝負事」を控えた人に御利益がありそうだ。同日午前0時から行われる歳旦祭の後、一つ桐箱入り2千円で頒布する。近年は「攻められても“落ちない”神社」として、縁起を担ぐ受験生の参拝も増加 栃木)願いを筆に託しお札書き急ピッチ 日光東照宮:朝日新聞デジタル  栃木県日光市の世界文化遺産の日光東照宮で、神職や巫女(みこ)たちによる来年の神札のお札書き作業が急ピッチで進められている。「家内安全」「商売繁盛」。小さなものから長さ約90センチまでの4種類、計約7500体に、新しい時代への願いを乗せて朱色の文字を書いていく。見守る巫女さん

続きを読む

鳥取・宇部神社で破魔矢作り

迎春準備 着々と 宇部神社で破魔矢作り | 日本海新聞 Net Nihonkai 宇倍神社でみこが破魔矢準備 日本海新聞 「因幡国一の宮」として知られる鳥取市国府町宮下の宇倍神社(金田誠宮司)では、みこらが開運や魔よけの御利益があるとされる破魔矢の準備に追われた。  白衣と緋(ひ)ばかまを身に着けた10人が、来年の干支(えと)のイノシシを描いた絵馬や鈴を取り付け、袋詰めした。初めて巫女を務める大学生(21)は「お守りの授け方などを覚え、参拝客に失礼のないようお迎えしたい」と 神戸新聞NEXT|北播|竜と鳳凰色鮮やか 楽太鼓を新調 小野・住吉神社  平成の30年間と新しい時代の到来を記念し、兵庫県小野市垂井町の住吉神社が、神楽に使う「楽太鼓」を新調した。色鮮やかな竜と鳳凰が両面にそれぞれ描かれ、鳳凰の面には神社の社紋「五七桐」が添えられている。1月1日午前0時から開く新年最初の神事「歳旦祭」で初詣客に初披露する。中山松比古宮司(64)は「陛下のご在位30年と新しい時代の幕開けを祝うのにふさわしい豪華な太鼓ができた」と喜ぶ。(笠原次郎)歳旦祭では古代米「十種之神丹穂」を持つ巫女が神楽「豊栄舞」を奉納 「平穏な年に」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  福山市丸之内の三蔵稲荷神社で28日、初詣客に配るお神酒の瓶詰め作業が行われた。飲酒運転を防ごうと、境内で振る舞う代わりに、持ち帰り用の小瓶(100ミリ・リットル)を渡している。  700本の瓶…

続きを読む

登米・津島神社で縁起物づくり

幸せ射止めて 登米・津島神社で縁起物づくり | 河北新報オンラインニュース  登米市迫町の津島神社で、初詣用の破魔矢など縁起物の製作が最盛期を迎えている。  28日は神職やみこ姿の女性ら7人が社務所内で来年の干支(えと)である「亥(い)」を表すイノシシが描かれた絵馬を矢に結び付ける作業に追われた。破魔矢は年内に約1000本作る予定。正月三が日の参拝者を約1万人と見込んでいます 初詣の準備着々 伊佐須美神社で幸先矢作り | 県内ニュース | 福島民報 真心込めた「幸先矢」、高校生ら作業 会津美里・伊佐須美神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  会津美里町の伊佐須美神社で、初詣に向けた幸先矢(さいさきや)などの縁起物作りが二十七日まで行われた。  同神社の幸先矢は紅白の矢二本で一組となっており、例年地元の高校生が制作している。赤は災難よけ、白は幸福を招くとされ初詣客に人気となっている。三十一日は午後六時に閉門し神事の後、元日午前零時ちょうどに開門 Nagano Nippo Web » 諏訪大社授与品に 諏訪実高生デザインのたこ 諏訪大社の授与品に諏訪実業高校服飾科(諏訪市)の生徒がデザインした縁起物の昇運たこが新たに採用された。新採用にはこの他に開運扇もある。昨年から頒布している茅野市出身の画家、岩波昭彦さんが原画を担当したイノシシの扇絵馬、開運絵馬も合わせて授与している。昇運たこは2種類あり、初穂料は1000円

続きを読む

長崎・諏訪神社で臨時巫女さんの講習会

KTNテレビ長崎 臨時の巫女さん講習会 諏訪神社で臨時の巫女さん講習|NNNニュース 長崎市の諏訪神社で、28日、お正月の初詣客を迎える臨時の巫女さんの講習会が行われました。 講習会には県内の大学生などおよそ50人の女性たちが参加しました。そしてあいさつや言葉遣いから、お札やお守りの渡し方や種類などに加えて、白衣と袴の着付け方も教わりました。 専門学生は「はじめて着るので緊張しました」 大学生は「平成最後だと思ってお参りに来る人にも良い思いで帰ってもらえるようにしたい」今年も三が日で25万人の初詣客を見込んでいます 巫女さん“仕事始め” 千々石・橘神社 - 長崎新聞 | This Kiji  長崎県内の自治体や企業などの仕事納めがあった28日、雲仙市千々石町の橘神社では巫女(みこ)16人が“仕事始め”。境内の清掃やお守りの袋詰めに追われた。  橘昌樹宮司によると、橘神社は、正月三が日は毎年約8万人が参拝に訪れる。市内外の大学生などが巫女として、1月7日まで社務所業務を手伝う。巫女長で看護専門学校生(20)は「笑顔と心を込めた対応を心掛け、みなさんに気持ちのいい新年を届けたい」と 【鹿児島】新年の準備各地で着々と(KKB鹿児島放送) - Yahoo!ニュース  厳かな雰囲気のなかけさ、霧に包まれたのは霧島市の霧島神宮です。江戸時代から行われている伝統行事「煤祓祭」が行われました。  巫女などが2~3メートルの長さの笹竹を使って本殿の壁や屋根の…

続きを読む

高岡・射水神社で「破魔矢神楽」の所作稽古

富山県 「破魔矢神楽」の所作稽古 射水神社臨時みこ|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  射水神社(高岡市古城、松本正昭宮司)で臨時みこを務める女性たちは、来年の新春特別祈願で、手に破魔矢を持って舞う「破魔矢神楽」を奉納する。27日は同神社で仕上げの練習に取り組み、所作を確認した。元日から2月3日の厄除祈願大祭までの間に行うおはらいで奉納する。  関西地方に伝わる「浪速神楽」の「早神楽」を元に、同神社が独自に考案した神楽舞で、赤色の3本の矢と鈴を持つのが特徴。同神社は「新しい時代の幕開けを前に災難消除、開運招福の祈りを込めた」としている。1月1日~6日の祈願は2人で、それ以降は1人で舞う。 専門学校生(20)は「神様や参拝者に、きれいだと感じてもらえるような舞がしたい」と意気込みを お守り「一守り」新たに授与 高岡・射水神社、目標成就願い - 富山県のニュース | 北國新聞社 「一」のお守り1111個準備 射水神社「努力成就」へ企画:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)は来年、数字の一にちなんだ新しいお守り「一守(いちまもり)」を頒布する。元日は一日限定の純白のお守りを千百十一個準備している。毎月一日以外は水色、桃色の二種類を授与する。  一番、一等、一位ほか一念発起、一意専心、一点集中など「一」の付く熟語にちなんで、信念を持って目標に向かって、努力する思いを誓うお守りとして企画した。元日午前零時から、初穂料千円で受けることがで…

続きを読む

神戸・生田神社で「杉盛」作り

生田神社の伝統 杉を使った迎春準備が整う | サンテレビニュース 神戸の生田神社で正月の縁起物「杉盛」作り(朝日放送) 神戸市中央区の生田神社では、杉を使った伝統の正月飾りの「杉盛」が作られ、迎春の準備が進められました。 生田神社には、水害で境内の松の木が倒れ社殿が損壊したという言い伝えがあり、現在も境内に松の木は植えられておらず、正月飾りも杉の木を使うのが習わしです。 作業は朝8時から始まり、神職や巫女ら40人ほどで藁でくるんだ支柱におよそ2000本の杉の枝を使い、高さ2.5メートルの杉盛を作りました。来年1月15日まで楼門前に設営 神戸新聞NEXT|姫路|2千個の提灯を試験点灯 元日から「新年万澄祭」 姫路護国神社 「新年万燈祭」にそなえ試験点灯 姫路護国神社 - 毎日新聞  姫路護国神社(兵庫県姫路市本町)で27日夕、新年を迎える瞬間に約2千個の提灯をともす「新年万燈祭」の試験点灯があった。夕暮れ時の薄暗い境内をオレンジ色の淡い光が包んだ。  1978年から続く恒例行事。提灯は、同神社にまつられている播磨地域の戦没者の遺族などが毎年奉納している。神戸新聞は見出しが間違ってますね… 住吉踊:人気の縁起物、巫女ら心込め 住吉大社で迎春準備 /大阪 - 毎日新聞 商売繁盛 願い込め 住吉大社迎春準備 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で26日、迎春準備が本格化した。歳末恒例の本宮のすす払い式が行われたほか、縁起物のわ…

続きを読む

北海道神宮ですす払い

今年の汚れ一掃 : 北海道発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) <北海道>北海道神宮で1年の汚れを落とす「すす払い」(HTB北海道テレビ放送) - Yahoo!ニュース 北海道神宮ですす払い 今年のほこりを払い落とし 新年すぐそこに… 札幌市(北海道ニュースUHB) - Yahoo!ニュース  札幌市中央区の北海道神宮で26日、年末恒例のすす払いが行われた。  神事を行った後、白装束の神職と巫女が、約4メートルの竹の先に付けられたササの葉を使って本殿の天井や神門のしめ縄などにたまった1年分のほこりを払い落とした。27日に餅つき、31日に大祓や除夜祭などを行い、新年を迎える準備を整えます 幸せ一直線!破魔矢作り 郡山・安積国造神社、初詣準備5000本:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  郡山市の安積国造神社で年末恒例の破魔矢作りがピークを迎えている。神殿に集まったみこが、新年の幸せを祈りながら一本一本丁寧に仕上げるなど、初詣の参拝客を迎える準備に追われている。  破魔矢は家内安全や商売繁盛に御利益があるとされる。同神社では子宝や五穀豊穣(ほうじょう)などの思いを込めたひょうたんのほか、来年の干支(えと)の亥(い)の張り子などを取り付ける。破魔矢作りは27日まで行われ、約5000本が用意されます

続きを読む

鳴門・大麻比古神社で巫女の研修会

初詣へ巫女の所作学ぶ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 正月前に「巫女」の礼儀作法学ぶ 大麻比古神社|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞  鳴門市の大麻比古神社で26日、初詣の参拝者らを迎える巫女の研修会が開かれ、女性たちが基本の所作や仕事の内容を教わった=写真=。  参加した約40人は白衣と朱色の袴姿になり、神社の職員から礼儀作法を教わったあと、本殿で実際にかしわ手を打ったり、授与所でお守りを渡す体験をしたりした。神社は三が日の人出を26万人と見込んでおり、女性たちは大みそかから1月7日まで務める。装束姿が憧れだったという大学院3年生(25)は「お参りにきた方々がすがすがしい気持ちで新たな年を迎えられるよう、ご奉仕したい」と 年始準備 錦帯橋で門松の飾り付け&三蔵稲荷神社で巫女研修 | 広島ニュースTSS | TSSテレビ新広島 初詣に向け巫女さん研修|NNNニュース およそ400年の歴史を持つ福山市の三蔵稲荷神社には、「ミス三蔵稲荷」に選ばれた大学生など8人が参加しました。 参加者は巫女としての心構えや所作、言葉遣いなどを学んだあと、赤いはかまを身にまといました。 【研修を受けた巫女】 「巫女さんの経験は初めてで新しく学ぶことが多かったので当日ちゃんとできるように頑張りたいと思います」 「来た人がこの1年楽しく過ごせるように頑張りたいと思います」正月三が日で10万人の人出を見込んでいます 初詣に備え、みこさん研修 宇部市琴崎八幡宮…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で巫女研修会

周南・遠石八幡宮で巫女研修会 学生巫女ら、心構え・作法を習い迎春の準備 - 周南経済新聞 山口)高校生ら巫女さんに 遠石八幡宮で研修会:朝日新聞デジタル  山口県周南市の遠石八幡宮で25日、初詣客を迎える臨時の巫女(みこ)たちの研修会があり、高校生や大学生ら12人が作法や着付けを学んだ。  八幡宮では三が日だけで約20万人の参拝が見込まれ、職員の巫女だけでは対応できない。12人は26日からさっそく縁起物の袋詰めなどの作業に入るという。高校2年生(17)「気持ち良くお参りしていただけるよう、笑顔で丁寧に接したい」 大分県の護国神社で恒例の「すす払い」 新年へ準備着々 - 大分経済新聞 大分市の神社で「すす払い」|TOSニュース|TOSテレビ大分  大分市の大分県護国神社(大分市牧、TEL 097-558-3096)で12月25日、年末恒例の「すす払い」があった。神職ら7人が社殿などにたまった1年分のほこりを落とし、新年に備えた。  毎年12月25日に実施。今年は9時から御煤払祭(みすすはらいさい)を行った後、神職4人と仕女(しじょ)3人が長さ約4メートルの「斎竹(いみだけ)」を使い、本殿や拝殿、神門に積もったちりなどを払い落とした。境内では、拝殿前を飾る「大しめ縄」の製作と取り換え作業も並行して行われました 破魔矢作りピーク 宇佐神宮 [大分県]|【西日本新聞】  宇佐神宮(宇佐市南宇佐)で正月用の縁起物の破魔矢作りがピークを迎えている。平成最後の正月と…

続きを読む

住吉大社で縁起物「住吉踊」作り

住吉大社で迎春準備、神楽女が縁起物を作製 - 産経ニュース 初詣客に人気の「住吉おどり」作り始まる : ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  毎年約230万人の初詣客でにぎわう大阪市住吉区の住吉大社で、神楽女(かぐらめ)らが参拝者に授与する縁起物「住吉踊(おどり)」を作り始め、迎春準備を進めている。  「住吉踊」は、同社の神事で行われる踊りをわら細工で表現した民芸品。商売繁盛や家内安全のお守りとして初詣客が買い求めるといい、年内に3千体を用意する予定。神楽女さん(20)「参拝される方々が、けがや病気のない一年を過ごしてもらえるよう願いを込めています」 住吉大社で迎春準備、神楽女が縁起物を作製 神戸新聞NEXT|明石|装束の着方やあいさつの仕方など学ぶ 明石で巫女研修  初詣でにぎわう正月に向け、岩屋神社(兵庫県明石市材木町)で巫女を務める女性37人が24、25日、装束の着方や参拝客へのあいさつの仕方などの研修を受けた。  同神社は正月3が日と9~11日の初戎祭で計約15万人の参拝客を見込む。巫女は商売繁盛、豊漁豊作のお守りや破魔矢などの縁起物を参拝者に授ける。初めて巫女を務める短大生(19)「白衣と赤い袴を着て新鮮な気持ちになった。今までずっと参拝者だったので、来年はこれまでのお返しをして、気持ちのいい一年の始まりにしてほしい」 わかやま新報 » Blog Archive » 巫女の迎春準備も 和歌浦天満宮で絵馬付け  2019年の…

続きを読む

水沢・駒形神社で巫女の着付け稽古

立派なみこへ高校生ら稽古 奥州の駒形神社 | 岩手日報 IWATE NIPPO  奥州市水沢中上野町の駒形神社(山下明宮司)で23日、年末年始にみこを務める地元高校生らの着付け稽古が行われた。生徒らはあこがれの装束に袖を通し、新年への期待を胸に背筋を伸ばした。  同市などの高校・大学生や社会人ら約40人が参加。心構えや仕事の説明の後におはらいを受け、白衣と緋(ひ)ばかまを身に着けた。友人同士で協力してはかまのひもを結び合い、初々しい笑顔を見せた。高校2年生「毎年駒形神社に参拝しており、みこの姿にあこがれた。地域に貢献できるよう、寒さに負けず頑張りたい」 「浦安の舞」元日に披露 白鬚神社で羽咋中生2人:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  来年一月一日午前零時に、羽咋市千路町の白鬚神社である「歳旦祭」で、地区の女子中学生二人が神楽の「浦安の舞」を披露する。昨年八月に地区内の納涼祭で舞ったところ好評だったことから、初めて催す。  舞を披露するのは、羽咋中学校一年の立中詩乃さん(13)と上杉望笑(もえ)さん(13)。二十五日、千路町会館で一年四カ月ぶりの稽古に励み、「神様に奉納するという心構えで」と指導を受けた。久々とあって表情は硬かったが、曲に合わせて神楽鈴を「シャン、シャン」と鳴らし、ひもをひらひらと舞わせ、きれいな身のこなしを見せた。「去年を思い出しながら舞った。何回もできると思っていなかったので当日が楽しみ」 宮城)平成最後のすす払い、成田山仙台分院:…

続きを読む

安曇野・穂高神社で臨時巫女の研修会

年末年始、巫女で一役 穂高神社でアルバイト研修会:長野:中日新聞(CHUNICHI Web) 巫女の心構え学ぶ 穂高神社で研修 | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス 新年を前に安曇野市の穂高神社で巫女さんのアルバイトの研修会(SBC信越放送) - Yahoo!ニュース  三十一日から来年一月十四日まで巫女(みこ)を務めるアルバイトの研修会が二十四日、安曇野市穂高の穂高神社で行われた。  同市や松本市などの高校生や大学生、社会人の計二十七人のうち、二十六人が参加。白衣と緋袴(ひばかま)を着て研修を行った。最初に拝殿に参拝し、参集殿で巫女としての心構えを確認。その後、社殿や社務所で、お札やお守りを手渡す際の作法や言葉遣いを習いながら参加者同士で実践練習も行った。高校三年生(18)は「参拝に来られた方にすてきな一年を送っていただけるよう、言葉遣いや作法に気を付けて対応したい」と 年末年始へ巫女研修 松本の四柱神社 | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス  松本市大手3の四柱神社は23日、年末年始の参拝客に縁起物の授与や祈とうの案内をする臨時の巫女の研修会を開いた。松本地域の高校生や大学生16人が参拝の作法や参拝客に応対する際の独特の言い回しなど巫女の心得を学んだ。  巫女たちは白衣に緋袴の装束に着替え、やや緊張した表情で、拝殿で正式参拝した。その後、別室で奉仕する上での注意事項や縁起物の説明を受け、参拝客には「いらっしゃいませ」ではなく「ようこそお参りくださいまし…

続きを読む

鶴岡・荘内神社で臨時巫女研修

みこの研修「接客は笑顔で!」 鶴岡・荘内神社、今年は男子含む37人|山形新聞 正月前に荘内神社 女子高校生ら臨時巫女研修始まる|2018年12月25日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社  鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)で23日、正月に向けた臨時の巫女(みこ)の研修が始まり、女子高校生たちが赤いはかま姿で言葉遣いなどを学んだ。  三が日で8万人ほどの参拝客を見込む同神社では今年、高校1年生から大学2年生までの37人(うち男性3人)を臨時の巫女として採用。男性の採用は今年が初めて。来年1月1―15日まで交代で参拝客の応対を行う。  初日のこの日は高校生と大学生22人が参加し、赤いはかまの巫女装束に着替えて参拝した後、研修を行った。初めて巫女を務める高校1年生(16)「憧れの衣装を着ることができてうれしい。参拝客の皆さんが良い一年を迎えられるよう敬意を払って接したい」 巫女さん大集合🌸 - 荘内神社 巫女ブログ hibakama / 緋袴白書RT @jinjahan0817: 今日は巫女研修。始めに正式参拝をし、拍手がピタッと合いました。お正月のご奉仕頑張ります✨#荘内神社#巫女さん https://t.co/hcPgEUvNEg at 12/23 18:25 破魔矢や熊手、初詣へ準備着々 山形・県護国神社|山形新聞  県内最多の初詣客を見込む山形市薬師町2丁目の県護国神社(宮舘厚悦宮司)では、新年に向けた準備が着々と進む。みこたちは破魔矢…

続きを読む

高岡・射水神社で臨時巫女の認証式

巫女 大役 気を引き締め 高岡・射水神社で認証式:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) プライムニュース BBTチャンネル8【射水神社 巫女認証式】  高岡市古城の射水神社で二十三日、年末年始の巫女(みこ)の認証式があり、松本正昭宮司が高校生、大学生ら四十五人を巫女に委嘱した。  認証式には白衣と緋袴(ひばかま)を着けた三十四人が参列。代表して富山大三年の島田唯可さん(20)が玉串をささげ、富山高等専門学校射水キャンパス二年の内井陽奈子さん(16)が松本宮司から委嘱状を受けた。松本宮司は「寒い期間中になるが体に気を付けてご奉仕いただければ」と呼び掛けた。初めて巫女を務めるという内井さんは「訪れる人が気持ちよく参拝できるように、舞でご奉仕したい」と 願い、届いたかな?…小松で絵馬納め : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 思い込めて絵馬納め 安宅住吉神社 みこらが取り外す:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  参拝客が奉納した絵馬を取り外す「絵馬納め」が二十二日、小松市安宅町の安宅住吉神社であり、みこらが願い事の成就を祈った。  社殿横の絵馬掛け前で、中原丈仁権禰宜(たけひとごんねぎ)(64)が祓詞(はらいじ)を奏上(そうじょう)し、みこが神楽舞を奉納した。続いてみこたちが「大学合格」「祈安産」などと書かれた絵馬千八百枚を丁寧に取り外した。六月と十二月の二回、絵馬納めをし、一月十五日の左義長で計三千五百枚を焼納 破魔矢のお守り作…

続きを読む

阿蘇神社で巫女の研修会

阿蘇神社で巫女の研修会 新年の初詣に向け|熊本のニュース|RKK熊本放送 阿蘇神社では新年の初詣に向け、巫女たちの研修会が開かれました 研修会には正月三が日の間、臨時に巫女を務める大学生や高校生など18人が参加し、神職から地震で被災した社殿の復旧状況や、巫女としての心構えなどの説明を受けました。 その後、衣装合わせがあり、慣れない着付けに戸惑いながらも紅白の衣装に袖を通していました。「袴を着て巫女さんやるんだという気持ちが改めて高まりました」「今年が良い一年になりますようにと祈りを込めて接したいと思います」 鹿児島)照国神社ですす払い、すがすがしく新年へ:朝日新聞デジタル 照国神社ですす払い(MBC南日本放送) - Yahoo!ニュース  鹿児島市の照国神社で24日、年末恒例の「すす払い神事」があった。巫女(みこ)がささ竹を使って拝殿の軒下などに積もったすすを払い、新年に備えた。  朱色のはかま姿の巫女7人が長さ約3メートルのささ竹をゆっくりと動かしながら清掃し、今回が初めてのすす払い神事だという志村歩惟(あい)さん(19)は「1年のつみ、けがれをすべて落としました。新年をすがすがしく迎えていただければ」。三が日には例年と同じ約30万~33万人の初詣客を見込み、約100人のアルバイトの巫女も動員して応対 福を届ける心きりり - 春日大社・装束賜式/2018師走アングル|奈良新聞デジタル 春日大社:福娘研修 金烏帽子を頭に気持ち引き締め /奈良 - 毎日新聞…

続きを読む