祐徳稲荷神社ですす払い

祐徳稲荷ですす払い みこ10人 初詣に備え [佐賀県]|【西日本新聞】  鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で28日、年末恒例のすす払いがあった。時折小雪が舞う寒さの中、10人のみこが、境内の山から切り出した約5メートルの竹を使い、楼門や神楽殿のほこりを落とした。  みこ見習いの鹿島高3年、鳥越麻友(まゆ)さん(18)は「初詣の人たち…

続きを読むread more

真岡・大前恵比寿神社で元日に「笠井神楽」初奉納

元日に「笠井神楽」初奉納 真岡・創建30周年迎え大前恵比寿神社|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【真岡】来年創建30年を迎える東郷の大前恵比寿神社は、奉祝行事として来月1日に同神社で初めて神楽を奉納する。神楽は関東では珍しい「吉田流笠井神楽」。舞手を務める姉妹も同神楽発祥の地を訪…

続きを読むread more

鳥取・宇部神社で破魔矢作り

迎春準備 着々と 宇部神社で破魔矢作り | 日本海新聞 Net Nihonkai 宇倍神社でみこが破魔矢準備 日本海新聞 「因幡国一の宮」として知られる鳥取市国府町宮下の宇倍神社(金田誠宮司)では、みこらが開運や魔よけの御利益があるとされる破魔矢の準備に追われた。  白衣と緋(ひ)ばかまを身に着けた10人が、来年の干支(えと)…

続きを読むread more