小山市寒川地区で「花桶かつぎ」

晴れ着姿 幸振りまく 寒川地区で「花桶かつぎ」 小山|社会,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  小山市寒川地区の伝統行事「花桶(おけ)かつぎ」が26日夕、行われた。晴れ着姿の稚児4人が色鮮やかな手作りの造花を飾ったおけを携え、ちょうちんやみこし、屋台を引き連れて地区内を練り歩いた。  五穀豊穣(ほうじょう)や村内安全を願う祭礼で、数え年7歳の女児らがみこしの先導役を担う。一行は龍樹寺でおはらいを受けて出発。日が暮れて寒風が吹く中、地元の集落を巡り、天満宮をまつる胸形神社へ向かった。地域住民でつくる「寒川の花桶かつぎ保存会」が約20年ぶりに「天満宮祭典歌」を復活 子ども100人のパワー全開 花巻・東和、踊りや神楽披露 | 岩手日報 IWATE NIPPO  花巻市東和町の子どもたちが郷土芸能を披露する「躍動する芸能まつり」(東和町芸術文化協会主催)は26日、同町安俵の東和総合福祉センターで開かれた。小中高生約100人、計10団体が農家の踊りや神楽、太鼓などを披露し、地域住民ら約150人の観客を楽しませた。  同町谷内地区の東和小児童20人が出演した立石子供百姓踊りは、機械化前の米作りの工程で見られた苗担ぎや、足踏み脱穀機を踊りで表現。細かく切った色紙を肥料に見立て舞台上でまくなど、ユーモアもあり会場から笑いが起こった。女子児童14人による「倉沢子どもサンサ踊り」なども 抑揚独特、能楽に挑戦 松山|愛媛新聞ONLINE  伝…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の親善使節」新千歳空港へ

太宰府から春の便り 新千歳に梅親善使節 | 北海道ニュースリンク “学問の神様”から合格祈願の梅「持てる力120%発揮して」 北海道・新千歳空港(HBC) “学問の神様”から春の便り 大宰府天満宮「梅の親善使節」が北海道庁に 紅白の梅と梅干し贈る(HBC)  福岡県にある太宰府天満宮の梅の親善使節が29日、千歳市内を巡った。梅花の鉢を各所に贈り、新千歳空港では2月に奉納予定の受験生向け日本航空(JAL)特大絵馬をおはらいした。  訪れたのは神職やみこなど5人。紅白の梅4種類100鉢を携えて26日に本道入りし、道庁や札幌市役所などを表敬訪問してきた。29日には千歳市役所の山口幸太郎市長を訪ねたほか、千歳署や各駐屯地などに一足早く春の便りを届けた。特大絵馬の願い事受け付けは31日まで 心込め「福豆」袋詰め 愛宕神社 [福岡県]|【西日本新聞】  2月3日の節分を前に、福岡市西区の愛宕神社で豆まき用の「福豆」の袋詰めが進んでいる。神職やみこが計約3万袋を用意し、幸運を呼ぶ金と銀に色づけされた落花生入りの袋も用意する。  1月中旬から準備を始め、大豆や落花生を手のひらほどの袋に小分けし、金と銀の殻付き落花生を1個ずつ交ぜ入れた袋も50ずつそろえてきた。金は商売繁盛、銀は家内安全の御利益があるという。みこの田邉恵美香さん(20)は「福が来ますよう一袋一袋に心を込めて作っています」と話していた。既出。豆まきは2月3日、午前11時からの厄除星祭り神事に引き続き、午前11時半から…

続きを読む

上賀茂神社でワークショップ「ようこそ、『装束』の世界へ」

日本伝統の装束学ぶ 上賀茂神社でワークショップ 三笠宮彬子さまもご参加 - 産経ニュース 皇室:本物の日本文化、触れて 彬子さま企画の催し 上賀茂神社 /京都 - 毎日新聞  子供たちに日本の伝統文化に触れてもらおうと、世界遺産の上賀茂神社(京都市北区)で26日、三笠宮彬子さまによるワークショップ「ようこそ、『装束』の世界へ~即位の礼に向けて~」が開かれた。府内外の小中学生12人が十二単(ひとえ)をはじめ、日本の伝統的な装束を学んだ。袿姿で記念撮影 「吉兆作り」進む 和歌山・熊野速玉大社|読売テレビニュース  節分を控え、和歌山県新宮市の熊野速玉大社で縁起物の「吉兆作り」が進められている。  吉兆はその名の通り、良いことの兆しを意味する縁起物で、地元では節分に飾る習わしがある。熊野速玉大社では、巫女さんたちが柳の小枝に色とりどりのモチや小判などを手際よく取り付け、作業場はまるで花が咲いたような春めいた雰囲気に包まれている。紹介済み 節分を前に豆まきで使う「福」を呼び込む福升作りが最盛期 伊勢市・二見興玉神社(メ〜テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース  伊勢市の二見興玉神社では、節分の日に行われる豆まきで使われる升を福升として販売しています。  福升は深さ9センチで、打ち出の小づちや米俵などの縁起物や鬼、夫婦岩などが描かれています。  神社の巫女が升に今年の干支のイノシシの印を押し、豆と厄よけの札を入れていきます。こちらも既出

続きを読む

宗像大社で福豆の袋詰め

節分準備「福豆」袋詰め 宗像大社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  2月3日の節分を前に、宗像大社(宗像市)では、境内での豆まきに使う「福豆」の袋詰めを巫女みこらが行っている=写真=。  同大社は同日午前11時から節分祭の神事を行う。その後、斎館そばに設ける舞台で、約150キロの豆を用意して盛大に豆まきをする。すごい量ですね 「福豆」袋詰め始まる 福岡・愛宕神社 - 毎日新聞  2月3日の節分を前に、福岡市西区の愛宕神社(千代浩二宮司)で29日、大節分祭でまく「福豆」の袋詰めが始まった。  神職とみこが、落花生や大豆などを「皆様に福が来ますように」との願いを込めて、ビニール袋に丁寧に詰め込んだ。作業は31日まで続き、約2000袋を用意。うち金と銀に着色した豆が入った袋が約100~200袋あり、金は商売繁盛、銀は家内安全を招くとされる。「大節分祭は3日午前11時からで、神職とみこが福豆を詰めた袋や菓子などをまく」とのこと 節分前に福豆作り|NNNニュース 節分を前に、宇部市の琴崎八幡宮では、参拝者に配られる福豆作りが行われている。琴崎八幡宮では2月3日の節分大祭を前に参拝者に配ったり、豆まきに使ったりするための福豆作りがおこなわれている。まず神職が「焙烙」と呼ばれる土鍋を使ってじっくりと大豆を煎ると、巫女が大豆と五色豆をひとつひとつ丁寧に袋に詰めていいた。この福豆は、参拝者への配布用と豆まき用にそれぞれおよそ6000袋ずつ用意されると…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の親善使節」が青森・北海道へ

太宰府天満宮「梅の親善使節」が来社/青森 by 陸奥新報 太宰府から「梅の親善使節」来局|NHK 青森県のニュース  梅の名所として知られる福岡県の太宰府天満宮「梅の親善使節」が22日、陸奥新報社青森支社を訪れ、紅白一対の梅の鉢植えを贈って交流を深めた。  交流は1998年から始まり、今回が21年目。本県からは県りんご対策協議会が毎年、太宰府天満宮を訪れて青森リンゴを奉納。青森~福岡の定期便は今はないそう 梅の使節が出発|NNNニュース 梅の名所として知られる太宰府天満宮の梅の花をたずさえ、一足早い春の便りを届けようと「梅の親善使節」が26日、北海道に向けて出発しました。福岡空港では太宰府天満宮の神職とみこが、飛行機に乗り込む前に旅の安全を祈願しました。北海道に運ぶ早咲きの梅100鉢は太宰府天満宮の境内で3年かけて育てられました。北海道に春の便りを届ける「梅の親善使節」は定期便の就航をきっかけに63年前から毎年続いています。梅の花は北海道庁や千歳市内の養護施設など16か所に hibakama / 緋袴白書RT @dazaifutenmangu: 当宮梅の使節団が天満宮の梅 計100鉢を雪深い北海道にお届けするのに先立ち、福岡空港にて出発式が執り行われました。北と南の交流は本年で63回目を迎え、北海道庁など17か所を表敬訪問いたします。#太宰府 #太宰府天満宮 #天神さま #… at 01/26 21:26 神鋼カーターがお礼参り 来季が現役ラストイヤー?「しばら…

続きを読む

熱田神宮で消防訓練

「文化財消防デー」前に熱田神宮で消防訓練 初期消火や巫女の応急手当てなど 名古屋(東海テレビ) - Yahoo!ニュース  26日の「文化財防火デー」を前に、名古屋の熱田神宮で消防訓練が行われました。  消防訓練には熱田神宮の職員などおよそ80人が参加。神宮の境内にある上知麻神社から火が出たという想定で始まり、職員は初期消火を行ったあと、怪我をした巫女を運びだし応急手当てなどを行いました。国宝を含むおよそ6000点の文化財が保管されています あすは文化財防火デー宗像大社で防火訓練(RKB) あすの「文化財防火デー」を前に福岡県の宗像大社で火事から文化財を守るための防火訓練が行われました。 宗像大社の防火訓練は、きょう午前10時前に始まり、神職や巫女、それに消防や地域住民などおよそ130人が参加しました。 世界遺産にも登録された本殿付近から出火したという想定で、巫女がバケツリレーを行ったあと神職らがホースを使って消火にあたりました。本殿付近で大規模な訓練が行われるのは今回が初めて 1月26日は文化財防火デー | OAB 大分朝日放送  1月26日の文化財防火デーに合わせ、本殿が国宝に指定されている宇佐神宮で訓練がありました。訓練には宮司や巫女ら約40人が参加しました。参拝者のたばこの不始末によって本殿裏の森林から出火した想定で、消火器や林野火災用の放水器を使って初期消火の手順を確認しました。権禰宣さん「多くの方が参拝に来られるので危険が及ばないよう防火…

続きを読む

熊野速玉大社で節分の吉兆作り

華やか「吉兆」 節分前に制作大詰め/AGARA 紀伊民報 鯛や大福帳など色鮮やかな縁起物 節分の「吉兆」作り 熊野速玉大社(ABCテレビ) - Yahoo!ニュース  和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社(上野顯宮司)で、節分(2月3日)の縁起物である華やかな「吉兆」作りが大詰めを迎えている。25日から社頭で授与を始めた。  速玉大社によると、吉兆とは「良いことの兆し」という意味で、福神を迎えた木のこと。節分にこの吉兆を飾ると、幸福が訪れると信じられている。  境内で採った柳の枝を上野宮司らが切りそろえ、みこらがピンクや黄、青など色鮮やかな直径3センチほどのもち花、タイ、サイコロといった飾り物を付けて仕上げている。今年は長さ約90センチの大(3千円)を100本、約50センチの小(1800円)を900本用意 節分へ「福豆」袋詰め 浜松・中区の五社神社|静岡新聞アットエス  2月3日の節分に向け、浜松市中区の五社神社で豆まき用の「福豆」の袋詰め作業が大詰めを迎えている。24日は朝から神職や巫女(みこ)が社務所で作業に取り組んだ。  作業は今月中旬から始まった。神職らが用意した大豆約160キロを「除災招福」と書かれた小袋に約20グラムずつ詰めている。約8千袋を用意するという。節分当日は午後4時から境内で 健康願い福豆袋詰め 浜松・井伊谷宮、節分祭へ準備|静岡新聞アットエス  浜松市北区引佐町の井伊谷宮で19日、2月3日に開かれる節分祭でまく「福豆」の袋詰め…

続きを読む

亀戸天神社・湯島天満宮で鷽替神事

去年の災い ウソに : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 嫌なことは“うそ”に! 亀戸天神でうそ替神事 | TOKYO MX NEWS 嫌なことは“うそ”に! 亀戸天神でうそ替神事  鳥の鷽(うそ)の置物を買い替えることで、前年の凶事を「うそ」にして吉事に取り(鳥)替える「うそ替え神事」が24日、江東区の亀戸天神社で始まった。  同神社などによると、神事は1820年頃から行われている。木彫りの置物は高さ約5~21センチと懐中用のミニサイズの計11種類。神職らが約1年かけて制作し、約3万体を用意した。初穂料は大きさによって異なり、500~7000円 悪いことはみんな「うそ」 東京・湯島天神で招福祈願の「鷽替え神事」 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News 【1月25日 AFPBB News】「うそ」を「誠」に替え、今年の幸福を祈る「鷽(うそ)替え神事」が25日、東京・文京区の湯島天満宮(Yushima Tenmangu)で行われた。木彫りの人形「木鷽(きうそ)」を、昨年までの古いものを納める代わりに新しく買い求めようと、早朝から参拝客が長蛇の列を作った。  この神事は、「天神様」としてまつられる菅原道真のご神託によって、これまでの悪いことをうそにして、「吉」に取り替えようと始まった。福岡県太宰府市の太宰府天満宮(Dazaifu Tenmangu)では室町時代から行われていたとされる。その年最初の天神様の縁日である1月25日に、全国各地で毎年…

続きを読む

神戸・湊川神社で福豆の袋詰め

湊川神社で「福豆」袋詰め 節分の準備進む - 産経ニュース 神戸新聞NEXT|神戸|節分祭へ巫女らが福豆袋詰め 神戸・湊川神社  2月3日の節分に向けて、湊川神社(神戸市中央区)で23日、豆まき神事で使用される福豆を袋に詰める作業が始まった。巫女(みこ)や同神社婦人会の女性らが参加し、25日までの3日間で400キロ余りの豆を約2万6千袋に詰める。  この日は、香ばしい豆の香りが漂う中、巫女や神職ら約30人が煎った大豆や色鮮やかな砂糖衣を付けた五色豆などを手際よく袋に詰めていった。年女として豆まきに参加する巫女さん(23)は「参拝されたみなさんに幸福が訪れるように心を込めて詰めた」と 洛・楽・らフォト:/17 邪気払う湯のしぶき /京都 - 毎日新聞  たすき掛けの巫女(みこ)が大釜の湯に浸したササの束を勢いよく振ると、飛び散ったしぶきが冷気で湯気になり立ち上った。京都市伏見区の城南宮で20日に奉納された「湯立神楽(ゆたてかぐら)」。魔よけとなるササについた湯滴を浴びると、無病息災で過ごせるとされる。巫女はこの後、周囲で見守っていた参拝客の元に歩み寄り、両手のササを大きく振って湯滴をかけた。既出です 湯振り掛け息災願う 四万温泉|社会・話題|上毛新聞ニュース  温泉の恵みに感謝する「湯立(ゆだて)祭」が20日、群馬県中之条町の四万温泉発祥の地とされる御夢想(ごむそう)の湯前で開かれ、約300人の観光客らが神事や福まんじゅう投げなどを楽しんだ。  同温泉の旅…

続きを読む

熊野那智大社で節分の「鬼面札」作り

節分控え「鬼面札」「祝枡」製作急ピッチ、和歌山 - 産経ニュース  節分(2月3日)を控え、和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社と那智山青岸渡寺で「鬼面札(きめんふだ)」や「祝枡(いわいます)」の製作が急ピッチで進められている。  熊野那智大社が作っている鬼面札は、しめ縄の内側に赤鬼と青鬼を閉じ込めた絵を版画にした災難除けのお札。  3代前の篠原四郎・元宮司が昭和44年に作った版木を使い、神職が画仙紙(がせんし)(縦35センチ、横45センチ)に那智の滝の水ですった墨で一枚ずつ丁寧に刷り上げ、巫女(みこ)が「那智宮印」の朱印を押して仕上げている。製作は今月7日から始まり、節分までに2千枚を用意 初春のよろこび朗々と 京都・冷泉家で歌会始 : 京都新聞  平安時代からの和歌の伝統を受け継ぐ歌道宗家・冷泉家の歌会始が14日、京都市上京区の冷泉家住宅で開かれた。門人ら約70人が集い、初春のよろこびを込めた和歌を朗々と詠み上げ、新年をことほいだ。  藤原俊成、定家を遠祖とする冷泉家の恒例行事。狩衣(かりぎぬ)姿の第25代当主冷泉為人さんと袿袴(けいこ)をまとった女性6人が披講の儀式に臨んだ。今年の兼題は「早春野辺(そうしゅんののべ)」 篠山子ども狂言早春発表会:小中生10人が登場、観客200人大笑い /兵庫 - 毎日新聞  篠山市黒岡の市民センターで12日、「篠山子ども狂言 早春発表会」(ウイズささやま主催)があり、市内の小学1年生~中学2年生計10人が…

続きを読む

伏見・城南宮「湯立神楽」

沸き立つ湯散らし邪気払う 京都で「湯立神楽」 : 京都新聞  一年で寒さが最も厳しいとされる「大寒」の20日、沸き立つ湯を散らして邪気を払う「湯立(ゆたて)神楽」が京都市伏見区の城南宮で営まれた。巫女(みこ)が熱湯に浸したササの葉を振り、参拝者が飛び散る滴や湯気を浴びて無病息災を祈った。  冷たい小雨が降る中、拝殿で扇や鈴を手にした4人の巫女が神楽を舞った。煮立った大釜のふたを開け、塩や供物のコメ、酒を注ぎ清めた後、巫女が両手に握ったササの束を釜に入れ、勢いよくしぶきを周囲に振りまいた。神事が終わると「福笹」を求め長い行列が 節分控え 準備着々熊野那智大社と青岸渡寺 | 紀南新聞ONLINE 節分準備着々と 那智山で鬼面札や祝枡作り/AGARA 紀伊民報  2月3日の節分に向け、和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社と那智山青岸渡寺がそれぞれ、災難よけの「鬼面札」と、豆を入れる「祝枡(いわいます)」作りを進めている。  那智大社の鬼面札は玄関や門に張るお札で、しめ縄で赤鬼と青鬼を閉じ込めた図の版画(縦35センチ、横45センチ)。3代前の宮司が50年前に彫った版木を使っている。  作業は今月上旬から始まり、神職が画仙紙を使い、墨で一枚ずつ丁寧に刷り上げ、みこが那智宮印を押している。2千枚作る。節分当日に祈祷を受けた参拝者に授けるほか、20日から社頭でも授与(1枚500円) 福娘が踊りで華添える 伊賀・恵美須神社の「初ゑびす」 | 【伊賀タウン情報 YOU】…

続きを読む

京都・三十三間堂「大的全国大会」

三十三間堂で大的全国大会 新成人が弓道の腕前披露:朝日新聞デジタル 晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で「通し矢」 - 読んで見フォト - 産経フォト 晴れ着姿の新成人、きりりとした表情で矢を放ち 三十三間堂・通し矢 - 毎日新聞 新成人、決意新たに 各地で式典開催:写真 :日本経済新聞 京都・三十三間堂で「通し矢」 新成人が弓の腕前競う - FNN.jpプライムオンライン 新成人、三十三間堂で「通し矢」(2019年1月13日) ニュース動画 - 京都新聞 晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で通し矢  京都市東山区の三十三間堂で13日、晴れ着姿の新成人らが弓道の腕前を披露する「大的(おおまと)全国大会」が開かれた。  江戸時代に武士が本堂の軒下を射通す矢の数を競った「通し矢」にちなむ行事。全国から集まった新成人ら約1600人は境内に設けられた弓場で、60メートル先にある直径1メートルの的をめがけて次々に矢を放った。「大会に出て、家族や先生への感謝の思いがこみ上げてきた。人の苦しみや悩みを聞き、助けになるような大人になりたい」 華麗な8800個 雛のつるし飾り - 産経ニュース 雛のつるし飾り、5会場に展示 東伊豆でまつり|静岡新聞アットエス  静岡県東伊豆町の稲取温泉で20日から始まる「第22回雛(ひな)のつるし飾りまつり」が19日、報道陣に事前公開された。  女の子の健康と成長を願う江戸時代後期からの伝統行事で、ひな人形の代わりに着物の…

続きを読む

二見興玉神社で巫女さんが「福ます」づくり

節分を前に巫女さんが「福ます」づくり 三重・二見興玉神社 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  夫婦岩で有名な三重県伊勢市の二見興玉神社で、巫女さんたちが、2月の節分祭に向け、「福ます」づくりに取り組んでいます。  福ますは、白木の一升ますで、底にはおたふく、側面には赤オニなどが描かれ、今年の干支「己亥」の印を押し、豆とお札を入れ、紙で包みます。例年通り1500個が用意され、すでに1000個が予約済み 福井)「花換まつり」の福娘を募集 敦賀観光協会:朝日新聞デジタル  桜の名所、福井県敦賀市金ケ崎町の金崎宮で4月1~15日に開かれる「花換(はなかえ)まつり」の福娘を敦賀観光協会が募っている。  福娘は、神と参拝者との間を取り持つ巫女(みこ)。福娘と「花換えましょう」と声を掛けあって桜の小枝を交換すると、願いがかなうとされている。  福娘の募集は3人程度で、高校生を除く18歳以上の女性が対象。詳細は 【敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀/平成31年度敦賀花換まつり『福娘』募集!】一般社団法人 敦賀観光協会 「福あるように…」心込め節分準備 日光山輪王寺|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) 栃木)春を呼ぶ節分の準備始まる 日光山輪王寺:朝日新聞デジタル 世界遺産の日光山・輪王寺で節分の準備(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース  春を呼ぶ節分の準備が栃木県日光市山内の世界文化遺…

続きを読む

熊野・産田神社で豊栄の舞奉納

例大祭:巫女役が豊栄の舞 熊野・産田神社 /三重 - 毎日新聞  安産や五穀豊穣などに御利益があるという、産田(うぶた)神社(熊野市有馬町)の例大祭が10日あった。巫女(みこ)役の有馬小5年、溝口日向子さん(11)と浜地あずささん(11)が豊栄の舞を奉納。社務所では親子連れや妊婦らが骨付きサンマずしなどが乗った膳「奉飯」を食べ、子どもらの健やかな成長を願った。  安産成就で奉納された白石が敷かれた拝所…続きは有料 伊勢・二見「栄野神社」で湯立神事 煮えたぎる湯を全身で受け - 伊勢志摩経済新聞 熱湯を頭から‥無病息災を願う「湯立神事」 三重・伊勢市の栄野神社 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  二見興玉神社(伊勢市二見町)の飛地・境内社「栄野(えいの)神社」(同)で1月14日、例大祭と「湯立(ゆたて)神事」が行われた。 (中略)  湯立神事は、氏子らが前日から神事用に切りそろえたクマザサを50本を束ね、24束にし、直径約1メートルの大釜に、井戸からくみ上げた水を移し、まきで火を沸かし煮立てた湯を準備する。煮えたぎる湯を全身で浴びると、罪けがれがはらい清められ、1年間無病息災で過ごせるとされる。約200年前から伝わるが、文献などが災害で喪失し詳しい起源はわからない。  神事が始まると神職らが、束ねたクマザサを煮えたぎる湯の中に入れ、勢いよく左右左に振り上げ、続いてみこが「煮えたぎる 湯玉の露を自らに 受けて清めよ 身の禍事(まがごと…

続きを読む

博多・櫛田神社で節分の縁起物作り

「福おいで」節分の縁起物づくり 博多・櫛田神社:朝日新聞デジタル 「ますます福が増す」願い込め 博多・櫛田神社で節分縁起物作り - 毎日新聞 節分へ準備着々 縁起物作りピーク 福岡市・櫛田神社|【西日本新聞】 お多福面に願い込め 櫛田神社…福岡 : 動画 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 【福岡】櫛田神社で節分の準備(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース 「福」寄せる縁起物8千点 櫛田神社で節分準備が大詰め 大祭は2月2日・3日 福岡市(TNCテレビ西日本) - Yahoo!ニュース お多福面に願い込め 櫛田神社…福岡  2月3日の節分に向けた縁起物作りが福岡市博多区上川端町の櫛田神社でピークを迎えている。16日は神職やみこら7人が、お多福面付きの熊手「福寄せ」に商売繁盛のお札を付けたり、豆まき用の豆を袋に詰めたりする作業に追われた。  今年の縁起物は、大中小の「福寄せ」のほか、ますの中にお多福面がある「福桝(ます)」や節分絵馬など計6種類で約8000個。25日から境内の授与所に並ぶ。今月で退職する巫女さん(26)は「平成最後の節分になるので、参拝者の一人一人に福が訪れるようにと、自分も最後の気持ちを込めました」 神戸新聞NEXT|三木|福餅まき大にぎわい 「三木のえべっさん」本えびす  「三木のえべっさん」として親しまれる兵庫県三木市大塚2の戎神社で13日、「えびすまつり」の本えびすがあった。恒例の福餅まきでは、境内を埋め尽くした住民らが土ぼこ…

続きを読む

三浦市三崎「チャッキラコ」

少女らの舞「チャッキラコ」、小正月に豊漁祈願 神奈川・三浦 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News 東京新聞:息ぴったり 少女ら舞披露 三浦・伝統行事「チャッキラコ」:神奈川(TOKYO Web) 「チャッキラコ」の奉納 三浦市|tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA  家内安全や豊漁などを祈る伝統行事「チャッキラコ」が十五日、三浦市三崎の海南神社などであり、赤と黄色の晴れ着姿で優雅に舞う女児たちを大勢の住民や観光客らが見守った。  毎年小正月(一月十五日)に合わせ、少女が六種類の踊りを奉納する。今年は五~十二歳の二十五人が踊り手として参加、市内各地を巡った。同神社では、年配の女性の唄に合わせて一斉に扇を振るなど、息ぴったりの動きを披露し、拍手が起きた。二〇〇九年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録 Nagano Nippo Web » 田舞で豊作願う田遊神事 諏訪大社上社本宮 諏訪大社上社の田遊神事、新年祈請祭は15日、諏訪市神宮寺の本宮で大総代や氏子総代、区役員らが参列して行われた。多くの氏子も見守り、今年一年の五穀豊穣、地域の安全や無病息災を祈願した。 田遊神事は、斎庭に水田を見立てたござが敷かれ行った。神職が木製のすきやくわを使い、田起こしから種まきまで一連の農作業の所作を表し、種もみをまいた。みこ2人が、神職の歌う「田植唄」に合わせて「田舞」を踊り、豊作を願った。新年祈請祭では、魔除けのかぶら矢…

続きを読む

国学院大学「成人加冠式」

国学院大学で「加冠式」 平安時代の儀礼で新成人祝福 - シブヤ経済新聞 東京・渋谷区の国学院大学で催された神式の成人式「成…:雅びやかに成人の儀:時事ドットコム  平安時代の貴族社会の成人儀礼にのっとり新成人を祝う「成人加冠式」が1月12日、国学院大学(渋谷区東4)で行われた。  「国学院大学ならではの行事で成人を祝いたい」という学生の発案で2007年に始まり、神職の養成を目的にしている同大神道文学部主催で毎年1月に行っている同行事。今年は新成人の男子27人、女子27人の計54人の学生が、卒業生の神主たちから寄付された衣冠や狩衣(以上男子)、斎服や正服(同女子)などの装束姿で参列した。  式の中心となる「加冠之儀」では、加冠役である教職員が学生の頭部に冠や烏帽子(えぼし、以上男子)、釵子(さいし)や額当(ぬかあて、同女子)と呼ばれる装飾具を着装。成人の装束を完全に身にまとった姿となった学生たちが校内の神殿に移動し、誓詞を奏上し玉串を拝礼した。「祝賀之儀」では、ボランティアの在学生たちによる神楽舞などが披露された。参列者「大人への一歩を歩めたという気持ち。今回着た衣装は身分を与えられなければ着ることができないので、貴重な経験となった。より神職になることへの憧れが強まった」 岐阜)旧徳山村で受け継がれた元服式 本巣市の徳山神社:朝日新聞デジタル 村の伝統、大人への一歩 徳山神社で元服式 | 岐阜新聞Web  徳山ダム(岐阜県揖斐郡揖斐川町)の建設で廃村となり、ダム湖…

続きを読む

播磨国総社「宝恵駕籠行列」

初ゑびす祭り:絶えぬ笑顔、福来たる 姫路で宝恵駕籠行列 /兵庫 - 毎日新聞 神戸新聞NEXT|総合|「ほい、ほい」宙舞う笑顔の福娘 宝恵駕籠行列  兵庫県姫路市の播磨国総社で14日、商売繁盛や家内安全を願う初えびす祭が始まり、かごに福娘を乗せた「宝恵駕籠行列」が市内を練り歩いた。「ほい、ほい、宝恵駕籠ほい」という軽快な掛け声に合わせ、氏子の男性たちがかごを揺らすと、笑顔の福娘が宙を舞った。  他地域のえびす祭りは1月10日前後に始まることが多いが、同神社では14日から3日間行われている。宝恵駕籠行列は芸者がかごに乗って参拝したのが由来とされ、戦後長く途絶えていたが、1996年に復活。今年は過去最多の600人の氏子らが参加した。福娘さん(21)は「ジェットコースターみたい。いつも以上の笑顔で福を届けられたかな」と目を細めました 八日戎:福娘募集 今月17日締め切り、PRにも参加 2月、名張・蛭子神社 /三重 - 毎日新聞  名張市観光協会は2月7、8日に同市鍛冶町の蛭子(えびす)神社である八日戎(ようかえびす)で参拝客に福を授ける「福娘」3人を募集している。対象は名張市在住・在勤・在学者や同市に親族がいるなどゆかりがあり、応募時点で30歳未満で4月1日までに18歳以上となる未婚の女性。高校生も応募できる。詳しくはこちら↓ 平成31年 八日戎「福娘」募集! – 三重 なばりの観光ガイド 彦根十日ゑびす祭:餅まきに手を伸ばして 北野神社で始まる /滋賀 - 毎日新聞 …

続きを読む

富山・左義長まつりで豊栄の舞奉納

富山)豊栄の舞を奉納 富山で左義長まつり:朝日新聞デジタル  年始の恒例行事「とやま左義長まつり」が12日、富山市の中央通りであった。約1万3千人が訪れ、家から正月飾りや書き初めなどを持ってきてお祓(はら)いをし、納めた。商店街では甘酒やぜんざいも販売された。  富山商工会議所などで作る運営委員会が主催し、今年で64回目。式典には市内の神社の神主らが集まり、雅楽が奏でられる中、神事を執り行った。神主らは世の中の繁栄を願い、神楽「豊栄(とよさか)の舞」を奉納。その後に「点火の儀・大祓い」として小さなかがり火がたかれ、お札を燃やした。今年はしめ縄や熊手など約20トンが集まったとのこと 福呼ぶ特大焼きまんじゅう 伊勢崎で「上州焼き饅祭」|文化・イベント|上毛新聞ニュース 巨大焼きまんじゅうで「福分け」 伊勢崎神社 - 産経ニュース  いせさき初市に合わせた新春行事「上州焼き饅祭」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、群馬県伊勢崎市の伊勢崎神社で行われた。直径55センチの大きなまんじゅうが炭火で焼き上げられ、集まった参拝者が平成最後の「福分け」にあずかった。  伊勢崎銘仙の着物を着た年男・年女の4人が願いを込めた文字をまんじゅうに書いた後、竹串に刺した。炭火の上に載せると瞬く間に焼き目が付き、みこ役のミスひまわりの2人が大はけでみそだれを塗った=写真。2回に分けて計8個焼かれ、切り分けたまんじゅうを求める長蛇の列ができた。体力いりそう 矢に1年の平穏願う 高知…

続きを読む

姫路・播磨国総社で14日から初ゑびす祭

初ゑびす祭:福娘、笑顔をお届け 姫路・播磨国総社で14日から /兵庫 - 毎日新聞 神戸新聞NEXT|姫路|播磨国総社の福娘7人決まる 14日から初えびす 神戸新聞NEXT|姫路|「元気と福を届けたい」 姫路市職員が福娘に  商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)の「初えびす祭」(14~16日)を前に、今年の「福娘」7人が決まった。10日、姫路市役所や神戸新聞姫路支社などを表敬訪問した。 (中略)  福娘たちは金色の烏帽子に千早と呼ばれる白の衣装姿で市役所など訪問した。縁起物の「福扇」などを手渡し、鈴払いを施した後、鈴や太鼓を鳴らして「祝うて3度じゃよよいのよい」と祝い締めを行った。  14日にある「宝恵駕籠行列」で、籠に乗って御幸通りなど中心市街地を練り歩き、15、16の両日は市内の企業や商店など約260カ所を巡る。2月3日の節分祭でも奉仕する。「平成の締めくくりの新年に福娘になれてうれしい。姫路の皆さんに福と元気を届けたい」 神戸新聞NEXT|明石|明石・岩屋神社も本えびす 参拝客が長い列  商売繁盛や家内安全を願う初えびすが10日、兵庫県明石市材木町の岩屋神社でも本えびすを迎えた。仕事帰りの会社員や家族連れらが長い列をつくり、今年1年の開運招福を願って縁起物のくま手などを買い求めた。 (中略) くぐり抜けると運が開けるという高さ37センチ、幅40センチの鳥居に、子どもや大人が腹ばいになって挑戦。砂の中の「ご縁(5円)」を…

続きを読む