神奈川県二宮町・川勾神社節分祭で大学生が巫女に

大学倶楽部・産業能率大:学生3人が巫女として節分祭に参加 連携協定の神奈川県二宮町・川勾神社で - 毎日新聞  2月3日の節分にあわせ、相模国二之宮として知られる神奈川県二宮町の川勾(かわわ)神社で開かれた節分祭に、産業能率大学の学生3人がみことして参加し、参拝客へ豆まきをした。  同大は同町と2017年に連携・協力に関する協定を締結。今回は地域振興活動の一環として参画した。「初めて神殿での神事を体験し、伝統を学ぶ良い機会でした」など 茨城)「ミヤチ」の宮地選手が必勝祈願 筑波山神社 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル  鉄棒の妙技「ミヤチ」で知られ、東京五輪出場への期待が高まる体操選手の宮地秀享(ひでたか)選手(24)が29日、茨城県つくば市の筑波山神社に参拝し、必勝を祈願した。  宮地選手は、筑波大卒業生の体操選手でつくる「茗渓クラブ」に所属。現在、同大大学院の修士課程に在籍し体育学を学ぶ。数日後には修士論文の発表を控えているという。見守る巫女さん 志摩の「楠の宮(楠御前八柱神社)」例祭 ヤマトタケルの姉祭る - 伊勢志摩経済新聞  ヤマトタケルの姉に当たる第12代景行天皇の第7皇女「久須姫命(くすひめのみこと)・五百野皇女(いおののひめみこ)」を祭る「楠御前八柱神社(くすごぜんやはしらじんじゃ)」(志摩市浜島町南張)で2月26日、例祭が行われた。 (中略)  昨年7月1日に中村昌司さんが宮司…

続きを読む

高岡・射水神社で天神様飾りの展示

天神様に 感謝込め 射水神社 奉納の人形など展示:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) さまよえる天神様 小型化、地域で展示 伝承へ新たな試み:特報とやま:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 役目終えた天神様引き取ります 高岡・射水神社、来月の清祓奉納 - おでかけニュース | 北國新聞社 天神様 供養します 射水神社(高岡)  高岡市古城の射水神社は二十五日、傷んだり、飾られなくなったりして神社に奉納された天神様飾り約百三十点の展示を始めた。二十八日にお焚(た)き上げ供養をし、合わせて学問の神さまにあやかって受験生の合格祈願をする。  神社は「取り扱いに困っている」との問い合わせがあったことから、一月に奉納を受け付けたところ、約百八十点が寄せられた。そのうち飾れる状態の掛け軸百十七点、土人形八点、井波彫刻三点を飾った。掛け軸の天神様の表情はさまざまで、正面を向いているものや立ち姿のもの、版画などもある。展示は二十七日の午後五時まで View this post on Instagram "天神様" 役目を終えた天神さまに感謝を込めてお納め致します。 納められた方には「ミニ天神」をお渡ししています。 1枚目 神社に寄せられた天神さまたち 2枚目 土人形「天神さま」 3枚目 「ミニ天神」 #富山県#高岡市#古城公園#射水神社#天神様#天神#天神様掛け軸#天神様木彫り#学問の神様#合格#感謝#ありがと…

続きを読む

大神神社「天皇陛下御即位三十年奉祝奉告祭」

在位30年 奉祝奉告祭 : 地域 : 読売新聞オンライン 華麗に「浦安の舞」 - 奉祝奉告祭 皇室参拝時の写真展も/大神神社|奈良新聞デジタル  天皇陛下御即位30年奉祝奉告祭が24日、皇室ゆかりの桜井市三輪の大神神社(鈴木寛治宮司)で開かれた。一般の参拝者約80人が参列し、陛下が即位されて30年を迎えたことを祝った。  祭典では、鈴木宮司が祝詞を奏上。巫女(みこ)4人は神楽「浦安の舞」を華麗に舞った。このあと鈴木宮司の玉串拝礼に合わせ、参列者も二礼二拍手一礼した。同神社の宝物収蔵庫では、皇室が同神社を参拝された様子を振り返る写真展を開催中 五穀豊穣願い「浦安の舞」優雅に 静岡・愛宕神社|静岡新聞アットエス  静岡市葵区の愛宕神社で24日、例大祭が営まれた。地元の児童たちが浦安の舞を奉納し、町内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。  いずれも市立千代田小6年の桜井そらさん(12)と佐塚千陽さん(12)の2人が千早、緋袴(ひばかま)姿で舞子を務め、桧扇や鈴を使って優雅な舞いを披露した。桜井さんは「緊張したけどうまくできた」、佐塚さんは「貴重な経験ができた」と 子ども巫女 舞練習「頑張る」 高岡関野神社 御車山祭宵祭り向け開始:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  四月三十日に高岡市内で開催される高岡御車山祭の宵祭りに向けた小中高校生の子ども巫女(みこ)の舞の練習が二十四日、同市高岡関野神社で始まった。この日は博労、平米両小学校の三~五年生女子十一人…

続きを読む

徳島・勝浦町で「ビッグひな祭り」開幕

「ビッグひな祭り」華やか 徳島・勝浦で開幕 恐竜の町 大型模型も|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞  今年で31回目となる勝浦町の「ビッグひな祭り」が23日、同町生名の人形文化交流館で始まった。県内外から家族連れらが訪れ、華やかな雰囲気を楽しんだ。3月31日まで。  会場には、全国544世帯から寄せられた約3万体の人形がずらり。地元の子どもたちが、高さ8メートル、25段のピラミッド型ひな壇の前で、「浦安の舞」や子どもみこしを披露し、オープニングを彩った。動画で浦安の舞が少し 東京新聞:神田明神が奏でる、雅楽体験授業 お茶の水小 厳かな音色を堪能:東京(TOKYO Web)  千代田区立お茶の水小学校(神田猿楽町)で、伝統文化の雅楽を体験する特別授業があった。地元の氏神である神田明神(外神田)が協力し、6年生46人が迫力ある厳かな音色を堪能した。  6年生は音楽の授業で雅楽を学んでおり、普段から神田祭や学校行事の式典などで交流のある神田明神が、「本物に触れて興味を持ってもらいたい」と提案し、実現した。  特別授業は20日にあり、雅楽の代表的な楽曲「越殿楽(えてんらく)」などを、神職の奏者6人が伝統的な打楽器や管楽器で演奏。神社で奉納する神楽「豊栄舞(とよさかのまい)」を、みこが披露すると、児童たちは神妙な顔で鑑賞していた。「雅楽は、音の振動が体に響いてすごかった」 十二単で結婚式 福島八幡宮 園児らとパレードも [福岡県]|【西日本新聞】  八女市本…

続きを読む

勝浦「かつうらビッグひな祭り」成功祈願祭

千葉)かつうらビッグひな祭り始まる 房総に春を告げる:朝日新聞デジタル 見上げたひな壇 勝浦で祭り開幕 : 地域 : 読売新聞オンライン  房総に春を告げる、千葉県勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」が22日始まった。市芸術文化交流センター「キュステ」など市内の各所に計3万体のひな人形が飾られた。3月3日まで。  市内中心部にある遠見岬(とみさき)神社では60段の石段に、約1800体のひな人形が飾られた。午前9時15分から、成功祈願祭があり、巫女(みこ)の小林真琴さん(32)による豊栄舞(とよさかのまい)が披露された。小林さん「訪れた人が、温かく幸せな気持ちになってくれればと願って舞いました」 おひなさまに感謝 川勾神社でお焚き上げ | 大磯・二宮・中井 | タウンニュース  二宮町の川勾神社で、おひなさまのお焚き上げが2月12日に行われ、思い出がつまったひな人形を奉納した人や参拝者などが人形を見送る神事に立ち会った。  9日から12日まで開催された「雛の吊るし飾り」展に合わせて、各家庭から納められた9組のおひなさまが境内の神楽殿に並んだ。最終日、宮司によるお清めと祝詞の奏上があり、感謝の気持ちを込めてひな人形が一つずつ浄火にくべられた。拝殿にも段飾りのおひなさまと吊るしびなが飾られました 今回はスイーツ強化 富山大和で「大九州展」(北日本新聞)  福岡県を中心に九州7県の人気物産が並ぶ「大九州展」が21日、富山大和で始まり、目当ての商品を買おうと、大勢の…

続きを読む

兵庫・斑鳩寺「太子春会式」

神戸新聞NEXT|西播|にこにこ笑顔で稚児行列 太子・斑鳩寺で太子春会式  聖徳太子の命日に当たる22日、ゆかりの斑鳩寺(兵庫県太子町鵤)で「太子春会式」が始まった。没後1400年となる2022年に向け、地域を挙げた顕彰ムードが高まる中、愛らしい稚児行列をはじめ、植木市や金物市などに境内は大勢の人であふれた。23日まで。  聖徳太子をしのぶ縁日法要として毎年営まれ、8月の夏会式とともに同寺の伝統行事として知られる。  稚児行列には、幼児や小学生ら約15人が参加。雅楽の音に導かれ、男児は紫のはかま姿に烏帽子、女児は金の冠をかぶって大講堂のぬれ縁や渡り廊下を歩いた。見守る参拝客に手で応えたり、笑顔を振りまいたりする子どもの姿に、辺りは華やいだ雰囲気に包まれた。姫路市の女児(5)は「みんな仲良く暮らせるようにお願いしたよ」と 山陰中央新報社|男子顔負け 女子部員奮闘 浜田商高 郷土芸能部  島根県西部の伝統芸能・石見神楽に取り組む浜田商業高校(浜田市熱田町)の郷土芸能部で、女子部員が奮闘している。これまで部員は男子が多かったが3年生の引退で女子5人、男子4人となり、女子の出番が増加。男子顔負けの足さばきとゆったりとした所作で儀式舞などをこなし、部の伝統と舞いの継承に励んでいる。  同部は2005年4月に創部。全国高校総合文化祭(総文祭)出場のほか、県内外へのイベント出演を通じて石見神楽の知名度向上に寄与してきた。2年女子の副部長(17)「男女問わず大歓迎する。これからもみ…

続きを読む

首相官邸で「久留米つばき」贈呈

首相「官邸が華やかに」 ツバキの鉢植え贈呈で - 読んで見フォト - 産経フォト 久留米のツバキに笑顔=安倍首相(時事通信) - Yahoo!ニュース  安倍晋三首相は19日、福岡県久留米市の神社「水天宮」の権宮司、真木啓樹さんらと官邸で面会し、同市特産のツバキの鉢植えの贈呈を受けた。首相はピンク色のツバキの花を観賞しながら「官邸も大変華やかになった」と笑顔をみせた。「ツバキの中国向けの輸出も増えて、いいことばかりだ」とも述べ、政府が注力する農林水産品の輸出増もアピールした。水天宮の巫女さんらが同席 hibakama / 緋袴白書RT @kantei: 《総理の動き》本日(2月19日)安倍総理は官邸で久留米つばきの贈呈を受けました。https://t.co/yoUnW3kXJY https://t.co/hba1U1sGFn at 02/20 17:10 西大寺会陽、福男に祝儀や証書 観音院で「諸礼」: 山陽新聞デジタル|さんデジ  西大寺会陽で宝木(しんぎ)を獲得した福男に祝儀や証書が贈られる「諸礼」が19日、岡山市東区西大寺中、西大寺観音院であった。  坪井綾広住職、祝い主を務めた旭電業(同市南区西市)の松岡徹社長、山陽新聞社(同市北区柳町)の松田正己社長ら関係者約30人が出席した。  本堂で読経した後、客殿での宝木納めの儀式に移った。礼法にのっとり、みこが昆布や、干し柿などの縁起物を出席者に勧める「三宝の儀」に続き、2組の福男に祝い主から祝儀が贈られ、…

続きを読む

木津川・涌出宮「いごもり祭」

田植え所作で今年の豊作祈る 京都・木津川で「いごもり祭」 : 京都新聞  京都府木津川市山城町平尾の涌出宮(わきでのみや)で17日、一年の豊作を祈る「いごもり祭」の「饗応(あえ)の儀」や「お田植祭」が営まれた。 (中略)  お田植祭では、男児、巫女(みこ)の一人「そのいち」の女性(21)、冠を着けた「とも」の女児(6)が松の枝を苗に見立てた「松苗」を拝殿の床に植える所作をした。その後、松苗を座衆や祭を見に訪れた人に配った。訪れた人たちは女児らに「ありがとう」と声をかけ、松苗を笑顔で受け取った。神社によると、今の形になったのは室町時代ごろとのこと 餅花ささげ豊作祈願 京都・相楽神社で「餅花祭」 : 京都新聞  一年の豊作を祈願する伝統行事「餅花祭」が1日、京都府木津川市相楽の(さがなか)神社であった。竹串に刺した白い餅を花に見立てて拝殿に飾り、華やかな雰囲気の中で神事が営まれた。  同祭は神社の正月行事として、御田(おんだ)祭など一連の行事とともに府無形民俗文化財に指定されている。  氏子でつくる宮座の当番が、わらで覆ったひょうたん形の粘土に、餅を通した串を挿して餅花を作り、この日の朝に拝殿などにつるした。今年から一般奉納も受け付け、計21個が境内を彩った。祭りの後、氏子が餅を受け取り、食べて無病息災を祈りました イベント多彩、萩・椿まつり 来月21日まで(山口新聞) 約2万5千本のヤブツバキが自生する萩市椿東の笠山椿群生林で16日、「萩・椿まつり」が開…

続きを読む

福島県浪江町で「請戸の田植踊」奉納

両親の出身地で6歳も踊り奉納 福島・浪江の請戸田植え踊り - 毎日新聞 <請戸の田植踊>故郷の伝統つなぐ 福島県内外に避難の子どもら集い奉納 | 河北新報オンラインニュース 浪江の神社で「安波祭」 鮮やか衣装、優美に「請戸の田植踊」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  福島県浪江町請戸の〓野(くさの)神社で17日、豊漁や海上の安全などを祈願する「安波祭」が行われ、色鮮やかな衣装を身に着けた地元の踊り子たちが優美な「請戸の田植踊(たうえおどり)」を奉納した。  江戸時代から続く安波祭は、震災と原発事故によって一時場所を変えて実施していたが、同町の避難指示が2017(平成29)年3月末に一部地域を除き解除されたため、昨年、同神社で復活した。 【注】〓字はクサカンムリに召初めて参加した同町の女児(6)「今までで一番の踊りができた。震災で悲しんでいる人のために、来年はもっとかっこいい踊りを見せて元気にしてあげたい」 伊勢神宮で一年の五穀豊穣祈る「祈年祭」 黒田清子神宮祭主がご奉仕 - 伊勢志摩経済新聞  今年の五穀豊穣(ほうじょう)を祈る祭典「祈年祭」が2月17日、伊勢神宮外宮(げくう)と内宮(ないくう)で執り行われた。23日まで伊勢神宮125社で行われる。 (中略)  内宮「大御饌の儀」では、正宮(しょうぐう)石段下にある御贄調舎(みにえちょうしゃ)で神饌のアワビを神職が調理(包丁で切り、塩を振り味付け)する。勅使が参向する「奉幣の儀」では勅使の後…

続きを読む

姫路・広峯神社で官兵衛神社の地鎮祭

神戸新聞NEXT|姫路|官兵衛神社建立へ地鎮祭 8月の完成目指す 姫路 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人 - 毎日新聞  兵庫県姫路市広嶺山の広峯神社が建立を目指す「官兵衛神社」の地鎮祭が16日、同神社の境内であった。地鎮祭は昨年1月にも開かれたが、計画地を変更したため再び行われた。神社総代や地元の歴史を顕彰する各市民グループの代表者ら約100人が参列し、無事の完成を祈願した。「鳴弦の儀」や尺八奉納、みこ神楽を 京都に最初の春を伝える「城南宮」のしだれ梅 - 朝日新聞デジタル&TRAVEL 今年は2月18日から3月22日まで開催される「しだれ梅と椿まつり」で、梅の花を冠にさした巫女(みこ)が神楽を舞う「梅が枝神楽」が奉納されます。また、参道で販売される「椿餅」もこの期間だけの楽しみ。地元の和菓子店・松甫堂(しょうふどう)が白玉椿を模して作る道明寺餅で、桜餅のような粒つぶとした食感に、ひと足早い春の口福を感じます。平日は10時、土日・祝日は10時と15時 華やかに稚児行列 参加者募集中 3月15日締切 | 小田原 | タウンニュース  小田原市仏教会(三宅恵公会長)では、4月7日(日)に開催する「花まつり」(釈尊降誕会)の稚児行列に参加する「おちごさん」を募集している。3〜10歳の男女が対象。  当日は午前11時に小田原スポーツ会館(南町1の1の40)に集合。記念写真の撮影をした後、午後1時に行列は出発。お堀端通りや学び橋、歴史見聞館前、銅門…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の使節」が安倍首相を表敬

平成31年2月14日 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬 | 平成31年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 安倍晋三首相(中央)は14日、梅の名所で…:「梅の使節」が安倍首相を表敬:時事ドットコム 安倍晋三首相(中央)は14日、梅の名所で知られる太宰府天満宮の西高辻信良宮司ら「梅の使節」の表敬を首相官邸で受けた。紅白の梅の盆栽を贈られた首相は「いい香りだ。満開ですね」と笑顔を見せた。今年は記事が少ない… hibakama / 緋袴白書RT @dazaifutenmangu: 春の訪れを一足早く告げる梅の使節が、昨日首相官邸を表敬訪問いたしました。お届けした「思いのまま」と「一重寒紅(ひとえかんこう)」という品種の梅鉢に、安倍首相は「いい香り」と笑顔を浮かべていらっしゃいました。#太宰府 #太宰府天満宮… at 02/15 17:45 初えびす:みんなでつなぐ、地域の伝統 チビっ子福娘活躍 宇陀松山恵毘須神社 /奈良 - 毎日新聞  歴史的な町並みが残る「宇陀市松山」にある宇陀松山恵毘須(えびす)神社で11日、「初えびす」が開かれた。伝統の祭りを去年から地元の下本(しもほん)自治会や商工会青年部のメンバーらで作る実行委員会が引き継ぎ、今回が2回目。小学生らが地域に繰り出して元気を振りまいた。  子供たちは、みこ装束や法被姿などで参加。女子児童が10代~20代の福娘と一緒に「チビっ子福娘」として縁起物の吉兆を販売した。偉いですね

続きを読む

福岡空港で太宰府天満宮・梅の使節の「梅鉢の手渡し式」

ANA、太宰府天満宮「梅の使節」を東京に運んで38回目。福岡空港で「梅鉢の手渡し式」を実施 - トラベル Watch  ANA(全日本空輸)は毎年2月、福岡県の太宰府天満宮から東京へ派遣される「梅の使節」と、各地に届けられる梅鉢の輸送サポートを行なっている。2019年で38回目を迎えた。  福岡空港国内線ターミナルの搭乗ロビーでは「梅鉢の手渡し式」を実施。9時発の羽田空港行きANA244便に合わせて、12番ゲート前では太宰府天満宮の神職と巫女からANAのCA(客室乗務員)とグランドスタッフに梅鉢が託された。無事に東京到着 hibakama / 緋袴白書RT @city_koto: 【菅原道真公の伝説にちなみ“飛梅”が春を届ける!】2/13、亀戸天神社(亀戸3)に福岡県の太宰府天満宮から「梅の使節」が訪れました。現在、同神社では「梅まつり」が3/10(日)まで開催されています。境内の梅は、今月下旬頃には見ごろを迎えそうです。… at 02/14 17:49 hibakama / 緋袴白書RT @kantei: 《総理の一日》本日(2月14日)安倍総理は官邸で太宰府天満宮「梅の使節」による表敬を受けました。https://t.co/WygiTOKeSW https://t.co/4UdrJpjPfp at 02/14 17:49 室町から500年、伝統の舞に終幕 久野原の御田 和歌山 - 毎日新聞 和歌山・有田川町で伝統行事「久野原の御田」最後の奉納 室町時代か…

続きを読む

和歌山・有田川町で最後の「久野原の御田」

室町時代からの伝統に幕 和歌山・有田川の御田行事 - 産経ニュース  和歌山県有田川町久野原の岩倉神社で11日、五穀豊穣を祈る伝統舞踊「久野原の御田」(県無形民俗文化財)が行われた。地元保存会によると、室町時代から約500年続く行事とされるが、過疎や高齢化による後継者不足で今回が最後の上演となり、参加者は名残を惜しんだ。  太鼓の音や歌い手が歌う短歌に合わせ、田をおこす場面から稲刈りまでを主役のしゅうと役と婿役に加え、早乙女役の5~7歳の子供5人が演じた。次回は早乙女役の子供がそろわないなどの問題が 憲法と平和を考える 建国記念の日、各地で集い - Miyanichi e-press  「建国記念の日」の11日、県内では奉祝行事や平和の大切さを考える集会などが開かれた。  宮崎市の宮崎神宮では、神武天皇が即位したとされるこの日を記念した「紀元祭」があり、約200人が参列。厳かな雰囲気の中、みこらが舞などを奉納し、参列者は玉串をささげた。全文は携帯サイトで 御湯の神事:商売繁盛、清めの湯 参拝者でにぎわう 桜井・恵比須神社 /奈良 - 毎日新聞  桜井市三輪の恵比須(えびす)神社で7日、みこが釜の湯にササを浸して参拝者らに振りかける「御湯(みゆ)の神事」が営まれた。  商売繁盛や家内安全を願い、5~7日に開かれた「三輪の初えびす」の神事。同神社は古代の市場「海石榴市(つばいち)」の守護神を祭り、商業者らの信仰を集めてきた。全文有料記事

続きを読む

和歌山・淡嶋神社「針祭り」

加太淡嶋神社で「針祭り」、5万本供養(写真付) | WBS和歌山放送ニュース わかやま新報 » Blog Archive » 裁縫上達願い6万本供養 淡嶋神社の針祭り 和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社(前田智子宮司)で8日、古い針を供養して裁縫上達を祈る神事「針祭り」が行われた。 裁縫の技術を人に伝えたとされる同神社の祭神・少彦名命(すくなひこなのみこと)に古い針を返し、供養する祭事。ことしも全国から集まった約6万本の縫い針やミシン針が瓶に詰められ本殿に並んだ。 着物姿の参拝者らが本殿を囲む中、前田宮司が古い針をねぎらい裁縫上達を祈願する祝詞を奏上。みこが本殿に並ぶ針を箸で取り出して境内の針塚に運び、納めた。すごい量ですね 500年続いた祭事「久野原の御田」終止符 過疎進み最後の上演へ 和歌山 - 毎日新聞 久野原の御田:500年の舞、終止符 11日の上演で 過疎・高齢化にあらがえず 和歌山 - 毎日新聞  和歌山県有田川町久野原(くのはら)地区で、室町時代から約500年間続いてきたとされる伝統舞踊が今月11日の上演で終止符を打つ。過疎・高齢化による担い手不足が理由で、住民らは思いを込めて最後の練習に取り組んでいる。近畿で最も高齢化が進む和歌山県では、平成に入って以降、国や県指定の無形民俗文化財の祭りや踊り8件が既に途絶えている。  同地区の岩倉神社で2月に奉納される「久野原の御田(おんだ)」(県無形民俗文化財)。五穀豊穣(ほうじょう)を祈り、主役のしゅうと役…

続きを読む

名張・蛭子神社「八日戎」

福娘あでやかに 商売繁盛願う「八日戎」 名張・蛭子神社 | 【伊賀タウン情報 YOU】 三重)ようお参り、ようお参り 名張で「八日戎」始まる:朝日新聞デジタル 福娘と吉兆、名張に春 蛭子神社で八日戎:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  ようお参り、ようお参り――。名張に春の訪れを告げる蛭子神社(三重県名張市鍛冶町)の「八日戎(えびす)」が7日、始まった。福娘の明るい呼び声が響く境内には、縁起物の「吉兆(けっきょ)」を授かろうと人々が詰めかけ、にぎわった。  300年以上続くとされる商売繁盛や家内安全を祈願するお祭り。福笹(ふくざさ)を使う他の神社と違い、名張独特の「吉兆」は名張川で採ったネコヤナギの枝に米俵や千両箱、小判、タイなどを模した飾りを付けたもの。今年の福娘は18~23歳の3人 栃木)ミス・インターナショナルも一役 2社1寺の節分:朝日新聞デジタル  節分の日の3日、栃木県日光市山内の世界文化遺産の2社1寺では、福を呼び込む伝統行事が行われた。  日光山輪王寺では節分会追儺(ついな)式が催された。平成の修理を終えた三仏堂前の特設会場で2019ミス・インターナショナル日本代表の岡田朋峰(ともみ)さん(20)と、準ミスの文元麻由奈さん(20)が振り袖姿で参加。年男や年女といっしょに、約2千人の人々へ向けて縁起物や菓子、玩具を冬の青空高くまいた。 (中略)  日光東照宮でも五重塔前の特設舞台で節分祭が催され、神職扮する暴れ鬼を巫女(みこ)たちが鎮(…

続きを読む

神戸・湊川神社で豆まき神事

兵庫)湊川神社や生田神社で豆まき神事:朝日新聞デジタル  神戸市中央区の湊川神社では、本殿前に特設舞台が設けられ、かみしも姿の福男や金色のえぼしをかぶった福娘ら約50人が「鬼は外、福は内」の威勢のいいかけ声とともに、舞台上から2回に分けて約2万袋の豆をまいた。数千人の参拝客が集まり、手を上げて「こっち、ちょーだーい」と大声で催促する人の姿も見られた。2万袋の中にはお神酒やジュース、調味料などと引き換えられる「当たり福」も用意された。盛況です 石川県 芸妓衆が豆まき 金沢・宇多須神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  節分の3日、金沢市東山1丁目の宇多須(うたす)神社で節分祭が営まれた。ひがし茶屋街の芸妓(げいこ)衆が拝殿から豆をまき、住民や観光客ら約1500人が1年の息災を願って手を伸ばした。  雨の中、芸妓らは「福は内」の声に合わせて一斉に豆をまき、参拝客は歓声を上げてつかんだ。山野之義市長も参加した。今年は4千袋の豆が用意された。芸妓衆は扇を手に踊り「さわぎ」などを奉納 丸まげ結って厄払い 北秋田市鷹巣で合同祈願式【動画】|秋田魁新報電子版  秋田県北秋田市鷹巣地域の合同厄払い祈願式が1日、市内の神社で開かれた。式後はJR鷹ノ巣駅前の商店街でお披露目行進が行われ、数えで33歳を迎え「大厄」に当たる女性22人が留め袖に身を包み、昔ながらの丸まげ姿で練り歩いた。動画もあります

続きを読む

上田大神宮の節分で浦安の舞奉納

◆上田市の上田大神宮「節分」2019! 舞姫が拝殿と境内の特設舞台で「浦安の舞」を奉納! 長野県 上田市 | 東信ジャーナル[Blog版]  上田市中央北の上田大神宮では今井正昭宮司らが、節分追儺神事を行ったあと、舞姫が拝殿と境内の特設舞台で「浦安の舞」を奉納した。舞姫は中1~高3の四人 舞女初挑戦 20分で終了 スマホ使って気軽に確定申告:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  スマートフォンで気軽に確定申告ができることをPRしようと、白山比●(ひめ)神社(白山市三宮町)の舞女(まいひめ)二人が四日、同神社でスマホを使った電子申告を実演した。  申告はインターネットで確定申告ができる国税庁のシステム「e-Tax」を利用。今年から国税庁のホームページにスマホ専用画面が設けられた。年末調整を済ませている給与所得者で、医療費や寄付金の控除を申告する人を対象としている。事前に税務署でIDとパスワードを発行する必要がある。 ●は、くちへんに羊初めて申告をしたという舞女さん(19)は「想像よりも早く終わった。スマホ画面も見やすかった」と 威勢良く「福は内、福は内」 郡山・如宝寺で園児と年男年女:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  「節分」の3日、福島県内各地で豆まきの行事が行われ、厄払いや家内安全、商売繁盛を願う市民らでにぎわった。  郡山市の如宝寺では、きらびやかな稚児衣装に身を包んだ同市のたから幼稚園児と、かみしも姿の年男、年女が豆を…

続きを読む

広島・住吉神社で「焼嗅がし」神事

イワシの臭いで厄払い 広島・住吉神社で「焼嗅がし」(中国新聞) 広島市の神社 イワシ焼いて鬼退治(RCC中国放送) - Yahoo!ニュース  イワシ千匹の頭を焼いて鬼や厄を払う節分恒例の「焼嗅(やいか)がし」神事が3日、広島市中区の住吉神社であった。  「はよ焼け、それ焼け」の掛け声に合わせてみこがイワシの頭を焼くと、境内に臭いや煙が広がった。次々と現れる鬼に氏子たちが大うちわで煙を浴びせ、追い払った。  世相を反映し、あおり運転する悪質運転手の鬼や、パワハラとセクハラで職を失った貧乏神も登場。境内には約1500人が集まった。雨でも盛況 神戸新聞NEXT|姫路|福娘7人が豆と餅まき 姫路・播磨国総社で節分祭  「節分」の3日、兵庫県姫路市総社本町の播磨国総社で毎年恒例の「節分祭」があった。あいにくの雨にも関わらず、福を授かろうと約400人が境内に詰めかけ、宙を舞う豆や餅に必死に手を伸ばした。  かみしも姿の福男と福女ら約70人が本殿でおはらいを受けた後、巫女装束に金烏帽子の装いの福娘7人が拝殿に登場。境内で今か今かと待ちわびる参拝者に向かって餅をまいた。近いですね 神戸新聞NEXT|阪神|タカラジェンヌ、観音菩薩の衣装まとい豆まき 宝塚・中山寺  節分の3日、兵庫県宝塚市の中山寺で恒例の「星祭節分会」が開かれた。観音菩薩の衣装をまとったタカラジェンヌらが威勢よく豆をまき、参拝客約6千人が福豆をつかみ、1年の平穏を祈った。  中山寺に古くから…

続きを読む

松山・伊豫豆比古命神社「椿まつり」の巫女説明会

巫女の心構え 学ぶ : 地域 : 読売新聞オンライン  伊予路に春を呼ぶとされる伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)神社(椿神社、松山市)の「椿まつり」(11~13日)を前に2日、祭りの期間中、巫女を務める中学・高校生や、大学生対象の説明会が椿神社で開かれ、41人が作法や言葉遣いについて学んだ。  女性たちは白衣に緋袴の巫女装束をまとい、神職からおはらいを受けた後、「清楚な身だしなみ、気品ある態度で」、「お札、お守りの受け渡しは必ず両手で」など巫女の心構えについて説明を受けた。また、約100種類あるお札やお守りの初穂料を覚え、授与の練習にも取り組んだ。中学2年生(14)「小さい頃から毎年来ていた椿まつりに、巫女として参加できてうれしい。明るい応対で、参拝に来た人をもてなしたい」 舞妓さん豆まき、幸せ願う 京都・八坂神社の節分祭 - 読んで見フォト - 産経フォト 舞妓さん豆まき、幸せ願う 八坂神社で豆をまく舞妓ら 芸舞妓華やかに豆をまき 京都・八坂神社で節分祭 - 毎日新聞  京都市東山区の八坂神社で2日、節分祭が始まった。花街の舞妓らが華やかな着物姿で「福は内」と豆をまき、1年の幸せと無病息災を願った。  京都五花街の一つ、宮川町の舞妓が本殿前で舞を奉納。芸妓や年男・年女の氏子らとともに豆が入った小袋をまくと、集まった参拝者たちは福を受け取ろうと懸命に手を伸ばした。当日の3日には、祇園甲部と祇園東の舞妓らが豆まきを

続きを読む

水戸八幡宮で節分準備

節分準備大忙し 水戸八幡宮 | きたかんナビ 3日の節分を控え、県内の神社や寺院は節分祭の準備に追われている。水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清敬宮司)では、みこたちが福豆を升や袋に詰める作業に精を出した。 みこたちは手際よく、福豆とお守りを升に入れたり、袋詰めしたりするなど準備。福升は約千個、袋は約5千袋用意するという。節分追儺(ついな)式は3日午後0時半、同3時、同5時半、同8時の計4回 子ども雅楽、11人披露 法泉寺で「越天楽」など|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  有田町上本村の法泉寺(桃谷法信住職)で12日夜、子ども雅楽が披露された。地元の園児から中学3年までの11人が、笙(しょう)や篳篥(ひちりき)などの雅楽器を演奏。集まった門徒や地域住民らが聴き入った。  法信住職の曾祖父で3代前の自牽住職は、明治時代に地元で本村雅楽を創始し、周辺地域にも雅楽を広めた。その一つで、長崎県佐々町に伝わる神田雅楽の一行が2002年春、同寺を訪問し雅楽器を寄贈。これを機に子ども雅楽団が結成され、大正時代ごろには途絶えていた本村雅楽が復活、継承されることになった。中学3年生(14)は「伝統が途絶えないよう、この先も受け継いでいってほしい」と 春の例祭、神楽を奉納 静岡・御嶽神社|静岡新聞アットエス  静岡市葵区横沢の御嶽神社の春の例祭で13日、安倍川や大井川などの流域集落に伝わる郷土芸能「神楽」が奉納された。  地元の「横沢神楽保存会」(江川進会長)…

続きを読む