奥州市水沢・日高火防祭

<日高火防祭>はやし屋台 華やぎの音 岩手・奥州 | 河北新報オンラインニュース 春、雅に彩る はやし屋台 奥州・水沢 日高火防祭|Iwanichi Online 岩手日日新聞社 街に輝く一大絵巻 奥州・日高火防祭 | 岩手日報 IWATE NIPPO 絢爛豪華に日高火防祭/岩手・奥州市 | IBC NEWS 岩手県奥州市水沢に春の訪れを告げる伝統行事、日高火防祭が行われ、絢爛豪華なはやし屋台が練り歩きました。藩政時代、江戸で起きた大火をきっかけに、火災防止を祈願して始まったとされています。屋台には「お人形さん」と呼ばれる、華やかな和服に身を包んだ女の子が乗り、可愛らしい掛け声と太鼓の音を響かせていました。 前夜祭、鮮やかに 奥州で日高火防祭 | 岩手日報 IWATE NIPPO 稚児行列で幕開け 奥州 日高火防祭前夜祭|Iwanichi Online 岩手日日新聞社  奥州市水沢地域の春を彩る日高火防祭(ひぶせまつり)(同実行委など主催)の前夜祭は28日、同地域中心部の駅通りで開かれ、稚児行列や打ちばやし演奏などが祭りの機運を盛り上げた。  稚児行列は、日高ななつ星、日高さくらの木の両認定こども園と、日高ななつ星放課後児童クラブの子どもたち計約60人が参加。華やかな装束に身を包んで通りを練り歩いた。きらびやか 秋田)華麗な衣装で稚児行列 秋田市で「花まつり」:朝日新聞デジタル  釈迦の誕生を祝う「花まつり」が29日、秋田市旭北寺町の光明寺であった。園児や小…

続きを読む

兵庫県神河町・吉祥寺で晋山式

神戸新聞NEXT|姫路|華やかな稚児行列、新住職の誕生祝う 神河・吉祥寺  兵庫県神河町山田の吉祥寺で28日、18代目住職となった河村朋彦住職(52)のお披露目となる晋山式があった。式に先立って、檀家の子ら約60人が色鮮やかな着物に身を包み、稚児行列で39年ぶりの新住職の誕生を祝った。  曹洞宗の同寺は、景福寺(姫路市)の末寺として、江戸初期に建立。晋山式は山(寺)に晋(進)む式という意味で、この日は河村住職が父親の河村静彦住職(83)の跡を継いだ。新住職は神崎中学校の元社会科教師 子の幸せ願い稚児行列 湖西・本興寺:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)  湖西市鷲津の古刹(こさつ)・本興寺で二十八日、「お稚児行列」があった。国重要文化財である本堂の保存修理落成記念と法華宗陣門流の門祖日陣聖人の六百遠忌の大法要に当たっての行事。稚児装束に丸眉やおちょぼ口の紅の化粧をした子どもたち六十六人が保護者と一緒に、住職たちの後を神妙な顔で歩いた。  稚児行列は寺の祝いごとなどの際に行い、子どもの健やかな成長を願う。子どもたちは冠や烏帽子(えぼし)をかぶり、ハスの造花を持って、笛や笙(しょう)が鳴り響く中、本堂まで歩き、焼香した。娘二人が参加した同市鷲津の星川進さんは「着物を着せ続けるのは大変だったが、子どもの幸せを願う良い経験になった」と話していた。築四百年を超す本堂は、かやぶき屋根の葺き替えなどの改修が今年三月に終了 華やか衣装、70人が稚児行列 伊東仏教会「花ま…

続きを読む

高岡関野神社で子供巫女が奉祝舞の練習

こども巫女「平成最後飾る」 令和へ 万葉の舞 懸命に練習:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  高岡市内で三十日に開かれる高岡御車山祭の宵祭りに向け、地元の小中高校生による「こども巫女(みこ)舞」の最終練習が二十八日、同市末広町の高岡関野神社であった。当日は新元号「令和」に引用された万葉集梅花の歌三十二首の序文から創作した奉祝舞などを披露する。(小寺香菜子)  神社は同祭を次の世代に伝えようと、二十年ほど前から、こども巫女舞を始めた。今年は小学四年~高校二年の約二十人が舞う。最終練習で、はかま姿の巫女たちは、神職の木津祐美子さん(53)の指導の下、手や足の動きなどを確認した。奉祝舞の名は「つきはうるわしく かぜ、やわらぎて」。子供巫女は白梅、ラン、松を持ちます 「令和」の幕開け祝う - 春日大社 御代替わりで特別御朱印も/県内寺社・5月1日以降、全国の神社で「践祚改元奉告祭」|奈良新聞デジタル  天皇陛下が30日に退位され、5月1日に皇太子さまが即位される。「令和」時代の幕開けとなる同日には、県内の社寺で奉祝行事が営まれ、国の平和と人々の幸せを祈る。全国の神社では5月1日以降、「御代替り」を奉告する「践祚(せんそ)改元奉告祭」が営まれる。  皇室とのゆかりが深い奈良市春日野町の春日大社では、5月1日午前10時から毎月1、11、21日に営まれる「旬(しゅん)祭」に併せて実施。旬祭は平安時代から続く皇室の安泰と国家の繁栄を祈る神事で、神楽奉納などが行われる。一般の…

続きを読む

南砺・高瀬神社で「令和元年の御朱印」準備

「令和元年の御朱印」を準備 | BBTWEB | 富山テレビ放送 ライブBBT 5月1日の改元を前に、南砺市の神社で、新元号「令和」を記した御朱印の準備がピークを迎えています。南砺市の越中一ノ宮高瀬神社では、紙の御朱印に筆で「令和元年」と書き入れる作業が進められました。御朱印は、お参りした証として神社が参拝者に発行するもので、最近では御朱印集めのツアーが企画されるなど、若い人を中心に人気を集めています。高瀬神社では大型連休の間に改元を迎えることから、例年の2倍の参拝客を見込んでいて、26日は神職と巫女がおよそ300枚を用意していました。5月1日午前9時から配布 カテゴリ「令和改元」を新設しました。 四日市 茶業繁栄願いパレード 巫女や雅楽隊、足見田神社に新茶奉納 三重 - 伊勢新聞 【四日市】八十八夜(5月2日)を前に、すいざわ新茶まつり実行委員会(矢田宗久会長)は27日、三重県四日市市水沢町の足見田神社で同まつりを開き、新茶を奉納して茶業の繁栄を祈願した。 水沢茶農業協同組合から足見田神社まで約1・5キロを、のぼりを立てた荷台で威勢よく太鼓を演奏しながら走るトラックや、オープンカーで献茶パレードをし、同神社前から巫女(みこ)や雅楽隊らが献茶行列を先導した。 祈願祭は、神社神殿で雅楽が流れる中、横山正純宮司が祝詞をあげ、神官装束の矢田会長がおごそかに献茶。水沢小六年の女子児童十人が、巫女装束で神楽「浦安の舞」と「乙女舞」を奉納しました 稚児舞奉納へ練習 二本松…

続きを読む

河口浅間神社孫見祭で「河口の稚児の舞」奉納

山梨〉平穏な富士山願う「河口の稚児の舞」:朝日新聞デジタル 河口浅間神社:稚児の舞、荒神霊鎮め /山梨 - 毎日新聞 「河口の稚児の舞」優美な舞を披露|NNNニュース 「河口の稚児の舞」を奉納|NHK 山梨県のニュース  山梨県富士河口湖町河口の河口浅間(あさま)神社で25日、富士山が噴火しないよう祈る「河口の稚児の舞」が奉納された。国の重要無形民俗文化財で約100人が見守った。  舞ったのは河口小学校の女子児童7人。1カ月前から毎夜、1~2時間の練習を重ねた。錦の陣羽織と緋(ひ)色の愛らしい袴(はかま)姿で、横笛や太鼓に合わせて優雅に舞った。1年生「家族や友達の幸せを祈りました」「保育園の時からやりたかった。難しくなかったよ」 富山県 稚児舞、散る花が彩り 宇奈月明日の法福寺 児童4人5曲奉納|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  国指定重要無形民俗文化財「明日(あけび)の稚児舞」は21日、黒部市宇奈月町明日の法福寺(関口清浩(せいこう)住職)の観音会に合わせて奉納され、地元の児童4人が素朴で古風な舞を披露した。境内にある県指定文化財「明日の大桜」の花びらが散る中、大勢が見入った。  稚児舞は、安土桃山時代に始まったと伝わる法福寺の伝統行事。上方系の舞楽が地方に伝わり定着したもので、地元住民らでつくる明日稚児舞保存会(松倉一夫会長)が継承に努めている。小学2~6年生

続きを読む

熱海・伊豆山神社例大祭で「神女舞・実朝の舞」奉納

特設舞台で伝統の「神女・実朝の舞」厳かに 伊豆山神社例大祭・下宮祭 | 熱海ネット新聞 優雅に「神女・実朝の舞」 神事で小中学生奉納―熱海伊豆山神社 - 伊豆新聞 伊豆山神社例大祭の「神輿下り」があった神幸祭では、837階段の664段まで下った広場で下宮祭が斎行された。特設舞台で氏子の小中学生たちが伝統の「神女(しんにょ)舞」と「実朝の舞」を奉納した。大勢の市民や観光客が訪れ、家内安全や国の繁栄を祈願。その後、神社に戻り、還御祭が厳かに執り行われた。「神女舞」は伊豆山小2年の二人、「実朝の舞」の奉仕者は熱海中1年の五人 鎌倉から現代、豊穣祈る旅路 滋賀・多賀まつり:一面:中日新聞(CHUNICHI Web) 多賀まつり:時代装束で練り歩く 観客1万2000人 /滋賀 - 毎日新聞  滋賀県多賀町の多賀大社一帯で二十二日、鎌倉時代から続く古例大祭「多賀まつり」があり、公家の装束をまとった五百人の時代行列が町内を練り歩いた。五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う祭りで、みこしや四十頭の騎馬などが五百メートル以上、華やかに列を連ねた。  本殿での神事後、一行は四キロ離れた調宮(ととのみや)神社へ。町では古くから農耕に馬を使う伝統があり、午後には馬の上から指揮を執る「馬頭人(ばとうにん)」が合流し、大社から一キロ離れた「お旅所(たびしょ)」までを往復した。右写真「よろいを着け、白馬に乗って多賀大社の参道を歩く女性」

続きを読む

博多どんたく「稚児舞」の稽古大詰め

博多どんたく 「舞姫」希望者多く、異例の1年交代に 博多松囃子・稚児舞 [福岡県]|【西日本新聞】  「博多どんたく港まつり」(5月3、4日)を目前に控え、祭りの源流「博多松囃子(まつばやし)」で一番の華やかさを誇る「稚児舞」の稽古が大詰めを迎えている。主役は、古式ゆかしく優雅に踊る4人の「舞姫」たち。同じ女の子が2年続けて務める習わしだったが、今年は希望者多数のため、異例の1年交代になった。その分、「悔いのない舞を」と例年以上に稽古への熱がこもる。「祭りや地域活動への貢献度の高い人物の子女が優先されるが、今年は希望者が8人もいた上、いずれも地域のお歴々の娘や孫ばかり」 「母ちゃん神楽」誕生 “女人禁制”超え、地域や家族ぐるみの継承に注目 豊前・三毛門神楽|【西日本新聞】  国指定重要無形民俗文化財の「豊前神楽」を受け継ぐ団体の一つ「三毛門(みけかど)神楽講」(福岡県豊前市)から指導を受け、30代の母親らが舞い手を務める「母ちゃん神楽」が誕生した。伝統芸能の神楽は「女人禁制」が一般的で、成人女性だけで舞い手を担うのは異例。27日の地元の祭りで初めて神楽を奉納する。「30代の母親3人に、指導役として女子神楽の高校3年生が加わった」とのこと 三船祭:清少納言役に小林里佳さん 嵐山 /京都 - 毎日新聞  京都・嵯峨嵐山の渡月橋周辺で5月19日に行われる「京都嵐山 三船祭(みふねまつり)」(保存会主催)の5代目清少納言役に、京都市西京区のピアノ奏者、小林里佳(りか)さん(4…

続きを読む

平安神宮「例祭」

例祭:平安神宮で巫女の舞 国民の安寧願う /京都 - 毎日新聞  都を平安京に移した桓武天皇が即位したとされる15日、平安神宮(京都市左京区)で、年中行事で最も重要な祭儀「例祭」があった。天皇のお使い(勅使(ちょくし))を迎える勅祭と位置付けられており、天皇陛下からの御幣物(ごへいもつ)(五色の布など)を神前に供えて国民の安寧を願った。写真「平安の舞を披露する巫女ら」 京都)三船祭のヒロイン・清少納言役に小林里佳さん:朝日新聞デジタル 清少納言役にピアノ奏者 三船祭のヒロイン衣装合わせ : 京都新聞 三船祭の清少納言役決まる(時事通信) - Yahoo!ニュース  京都市右京区の車折(くるまざき)神社の祭神で平安時代の貴族・清原頼業(きよはらのよりなり)にちなみ、同区の嵐山で平安貴族の船遊びを再現する「京都嵐山 三船祭(みふねまつり)」のヒロイン・清少納言役に19日、西京区のピアノ奏者小林里佳さん(41)が決まった。同神社でお披露目と、十二単(じゅうにひとえ)をまとう衣装合わせがあった。  小林さんは近衛家伝来の古文書などを保存する公益財団法人「陽明文庫」の名和修(なわおさむ)・文庫長の長女。二児の母で、長男は昨年の祇園祭で長刀鉾(なぎなたぼこ)の稚児を務めた。清少納言役は小林さんで5代目 万葉乙女ら 家持を顕彰 高岡・大伴神社 赤米や万葉集の歌ささぐ:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  大伴家持(七一八~七八五年)を顕彰する献花祭が二十一日、高岡…

続きを読む

松江・熊野大社「御田植神事」

島根)豊作祈り 中学生が踊りを披露 松江の熊野大社:朝日新聞デジタル  松江市八雲町の熊野大社で13日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「御田植(みたうえ)神事」があった。境内で八雲中学校の女子生徒11人が田植え歌と踊りを披露した。参拝者からはさかんな拍手が送られた。  かすりの着物にすげ笠をかぶった女子生徒たちは、手に稲の苗に見立てた松葉を持って一列に並んだ。太鼓や笛の音に合わせて、「秋の稔(みの)りを植えて待つ」などと歌いながら、田植えの動きをしながら踊った。中学1年生(12)は「帯もきつくて、腰も痛かったけど、練習よりもうまくできて楽しかった」と笑顔 御田植祭|お知らせ|淡路島テレビジョン(ATV) 4月15日、下内膳にある栢森住吉神社で伝統行事「御田植祭」が行われました。 はじめに、町内会長や宮総代の他、 この祭りの主役・早乙女衣装の女の子達らが参列して、拝殿で神事が行われました。 続いて境内で、早乙女役の女の子達が、 桜の枝を稲の苗に見立てて豊作と無病息災を願う「お田植踊り」を披露しました。 この日は、加茂小学校に通う、下内膳地区に住む7歳を迎えた1年生8人が、 早乙女衣装を着て舞を披露しました。宮司が叩く太鼓に合わせ、そろりそろりと拝殿前を3往復 健やか成長、願いのせ 用瀬の流しびな | 日本海新聞 Net Nihonkai 用瀬の流しびな 江戸時代からの伝統行事 日本海新聞  江戸時代から続く伝統行事「用瀬の流しびな」(実行委員会…

続きを読む

平戸市春日集落でお田植え祭

早乙女姿で厳かに 平戸・お田植え祭 | 長崎新聞 平戸市春日集落でお田植え祭 小中学生早乙女姿に [長崎県]|【西日本新聞】  世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に含まれる平戸市の春日集落で19日、県神道青年会による「献穀田お田植え祭」があった。  お田植え祭は26回目。天皇即位30年、安満岳開山1300年(昨年)、春日集落の世界遺産登録を三重に祝おうと、春日集落の棚田を献穀田に選んだ。  晴天下のまぶしい水張田(みはりだ)を前に平戸神楽が舞われ、地元の小中学生4人が早乙女姿で登場。進行役の掛け声に合わせて苗を植えた。中学1年生(12)は「少し緊張した。おいしいお米が取れたらうれしい」と笑顔で 稚児が健康祈願 白浜の日神社例大祭:紀伊民報AGARA  和歌山県白浜町十九渕の日神社(吉田隆宮司)は19日、例大祭を営んだ。きらびやかな装束を身に着けた稚児が奉幣神事に参加し、健康を祈願した。  来年度小学校に入学する子どもが御幣を奉納する行事。富田、西富田、北富田、南白浜小学校に入学する計33人が参加した。  子どもたちは少し緊張した面持ちで神事に臨んだ。入学する小学校ごとのグループで本殿前に進み、代表の稚児が「お参りに来ました」などと元気にあいさつ。神職に促されながら、御幣を左右に振って祈願した。5歳の子「恥ずかしかった。でも、きれいな服を着られてうれしかった」 弥彦神社で大々神楽 汗ばむ陽気のなかで全13曲奉奏(ケンオー・ドットコ…

続きを読む

赤間神宮で天皇陛下御即位三十年を祝う祭事

赤間神宮で天皇陛下ご即位30年祝う祭事 - 産経ニュース  山口県下関市の赤間神宮で19日、天皇陛下のご即位30年と、天皇、皇后両陛下ご結婚60年を祝う祭事があった。同神宮は御代替わりを控えて、約20年ぶりに社殿や水天門を塗り替えている。  水野大直宮司(53)が祝詞をささげ、神職が舞楽を奉納し、皇室の繁栄を祈った。参列した関係者ら約50人が玉串をささげ、万歳三唱をして祝った。写真【皇室の繁栄を祈り、舞楽を奉納する巫女】 例大祭に500人参列 戦没者の冥福祈る 石川護国神社:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  金沢市石引の石川護国神社で十九日、春季例大祭が開かれた。約五百人の参列者がこれからも平和が続くようにと祈りをささげた。  白装束を身に着けた高井良直宮司や県内の神社の宮司らが「鎮魂の奉唱詞」をささげた。その後、舞女四人が「浦安の舞」を奉納した。高井宮司は「慰霊の祭典はこれからも続けていく。元気でいることが一番の供養になる。元気でいてください」とあいさつした。写真は悠久の舞のように見えますが… 陛下の御譲位 無事に 射水神社で御安泰祈願祭:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)は十九日、天皇陛下の御譲位御安泰(ごじょういごあんたい)祈願祭を斎行した。巫女(みこ)がお神楽「豊栄舞(とよさかまい)」を奉納し、崇敬奉賛会員や一般市民十五人が皇室の弥栄(いやさか)と国家安泰を祈願した。祈願祭は神社本庁(東京都渋谷区)の通…

続きを読む

高岡・射水神社で御譲位御安泰祈願祭

射水神社で御譲位御安泰祈願祭(北日本新聞)  高岡市古城の射水神社(松本正昭宮司)の「御譲位御安泰祈願祭」が19日、同神社で行われた。天皇の代替わりに関連した儀式がつつがなく執り行われ、国家の安泰が続くことを願った。  祈願祭は神社本庁(東京)の通達により全国の神社で行われ、同神社での天皇の退位に伴う実施は初めてとされる。崇敬奉賛会(穴田甚朗会長)の会員や市民ら約15人が参列した。巫女さんが梅と菊の花を手に神楽「豊栄舞」を奉納 倒木の桜 茶道具で花開く 射水神社 大雪復旧寄付の返礼品に:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)は、昨年一月の大雪で倒木した境内の桜の木を生かし、高岡古城公園大雪被害の復旧再活性化募金で多額の寄付をした人に返礼する茶道具「香合」を作る計画を進めている。試作品が十八日完成した。  参拝者から「倒れた木を活用して、公園整備に充てたらどうか」という声があり、茶会で焚(た)く香を入れておくふた付きの香合の素材にすることを立案した。最近、射水神社の話題が多いような 衣装まとい稚児行列 祥泉院のはなまつりで | 青葉区 | タウンニュース  お釈迦様の誕生日を祝う「はなまつり」が4月7日、みたけ台の祥泉院(竹田法俊住職)で催され、稚児行列が行われた=写真左。  華やかな衣装を身に着けた約30人の子どもたちが、境内にあるりんどう保育園から本堂までをゆっくりと歩いた。同寺で稚児行列が行われたのは2005年以来

続きを読む

菰野・廣幡神社で女児が舞を披露

菰野町 女児ら舞を披露 廣幡神社で春まつり 三重 - 伊勢新聞 【三重郡】三重県菰野町菰野の廣幡神社(横山重明宮司)の春まつりが14日、同神社で開かれた。本殿で神事が厳かに執り行われ、午後から境内であった催しでは、小学生の女児が舞を披露した。 同神社楽人(がくにん)が演奏する雅楽の音色に合わせて4人が「胡蝶」を、別の2人が「納曽利(なそり)」を舞った。このほかにも菰野高校書道部員による書道パフォーマンスやバンド演奏もあり、地元のスポーツクラブに通う子どもたちは、元気いっぱいにエアロ体操を披露した。小学生が納曽利を舞うのは珍しいのでは みこらが新芽摘む 熊野本宮大社で新茶祭:紀伊民報AGARA 新茶を神殿に…お茶作りの発展祈る「新茶祭」 和歌山県・熊野本宮大社 - FNN.jpプライムオンライン  和歌山県田辺市本宮町特産の「音無(おとなし)茶」の茶摘みシーズンを前に、地元の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で16日、音無茶の品質向上や産業の発展を願う「新茶祭」が営まれた。みこらが柔らかい新芽を摘み取り、神前に供えた。  音無茶は平安時代、京都から殿上人が持ってきた茶の実を植えたのが始まりとされる。  この日は大社の茶畑(広さ約10アール)で、赤いたすき姿のみこや大社敬神婦人会役員ら6人が新芽を摘み取った後、本殿前に移動し、関係者で神事をした。巫女さんが舞を奉納 花に感謝、稚児ら愛らしく行列 京都の中心部練り歩く : 京都新聞  大作のいけばなを搭載した…

続きを読む

和歌山県九度山町・丹生官省符神社「花盛祭」

花盛祭:春到来、優雅な所作で舞い祝う 九度山・丹生官省符神社 /和歌山 - 毎日新聞  弘法大師空海が創建したと伝わる世界遺産・丹生官省符(にうかんしょうぶ)神社(九度山町慈尊院)で14日、春の到来を祝う恒例の「花盛(はなもり)祭」があった。  本殿前での「本社祭」に続き、戦没者を祭る境内の社前で「招魂社祭」が行われ、宮崎志郎宮司と参加者らが一般の神事で用いるサカキに代え、花を付けた会員限定有料記事 平和祈って優雅に踊る 足羽山招魂社 「浦安の舞」奉納:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市出身の戦没者を追悼する春季例大祭が十四日、福井市山奥町の足羽山招魂社であった。「お天王さん神楽子供教室」(同市)の児童四人が舞を奉納した。  例大祭は、市の自治会連合会長らでつくる「足羽山招魂社奉賛会」が開いている。二十年ほど前から子どもたちが神楽を舞っている。小学五・六年生の四人 春の舞、華やか奉納 猿面の児童大役 島田東光寺・日吉神社|静岡新聞アットエス  県無形民俗文化財の「東光寺猿舞」が13日、島田市東光寺の日吉神社で奉納された。六合小5年の亀山ほのかさん(10)と同小2年の桜井隼人君(8)が猿の面をかぶって神秘的な舞を披露した。  天候に恵まれ、3年ぶりに境内の舞台で行われた。猿舞は「双々(もろもろ)の舞」「扇の舞」「本舞」の3部構成。2人は神楽鈴や幣束を手に、向かい合ったり、しゃがんだりして独特な舞を繰り広げた。大勢…

続きを読む

高岡関野神社で子供巫女が「令和」を祝う舞

「令和」祝い舞を披露 高岡関野神社の子どもみこ(北日本新聞)  新元号が万葉集を典拠とする「令和」に決まったことを祝い、高岡市の高岡関野神社で「子どもみこ」を務める児童10人が14日、市万葉歴史館(同市伏木一宮)で舞を披露した。  令和の引用元となった万葉集巻5の序文をイメージした奉祝舞「つきはうるわしく かぜ、やわらぎて」をお披露目した。赤色のはかまに白い衣を羽織った子どもたちは、歌にちなんで白梅とラン、松をかたどった道具を持ち、優美な舞を演じた。  同じく万葉集巻5を基にした創作神楽「梅の花」と、昭和天皇の歌に由来する祭祀(さいし)舞「浦安の舞」も披露した。小学校6年生「令和が良い時代になってほしいという気持ちを込めた」 五行の舞 優雅に奉納 小山・血方神社で春例祭|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【小山】田間の血方(ちかた)神社で13日、春例祭が始まり、地元の女子児童らによる「五行の舞」など市無形民俗文化財の太々神楽が奉納された。14日まで。  五行の舞は、12座ある太々神楽の一つで五穀豊穣(ほうじょう)などを願う。稚児舞ともいわれ、女児10人が2組に分かれて演じる。  通常は小学2、3年生が対象だが、今年は人数をそろえるため4、5年生も参加した。日曜日に見に行きました hibakama / 緋袴白書小山・田間血方神社太々神楽、本日撮影。五行の舞/てんぐの舞/ひるこの舞/うずめの舞三年ぶりの訪問。…

続きを読む

山鹿温泉祭で巫女の舞奉納

山鹿温泉祭|熊本のニュース|RKK熊本放送 湯の恵みに感謝する山鹿温泉祭が13日開かれています。 山鹿の春の伝統行事となっている「山鹿温泉祭」ではさくら湯の広場で古式ゆかしい巫女の舞が披露されました。 この祭りは一度、途絶えたかけた湯が再び湧き出し温泉が復活したことに由来したものです。 巫女姿の女性たちが見物客たちに温泉に浸した笹の葉の雫を振りかけ無病息災を祈願しました。湯寿(ゆことぶき)の舞 豊栄舞 奉祝の思い込め 射水神社 新人巫女が練習:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市)は新天皇即位の五月一日に斎行する「践祚(せんそ)(天皇の位の継承)改元奉告祭」で、新人巫女(みこ)二人が神前に「豊栄舞(とよさかまい)」を奉納する。二人は本番に向け、舞の稽古を始めている。  豊栄舞は神社本庁が制定した祭祀(さいし)舞。紅白の帛(はく)(絹)を付けたサカキの枝を持って舞うのが一般的だが、同神社では、舞の名前に天皇陛下の御印(おしるし)「栄」の一文字があることから皇室にゆかりが深い菊花と、新元号「令和(れいわ)」の典拠とされる万葉集梅花の歌三十二首の序にちなんで、梅花の二種類の造花を手に持って舞う。新人巫女さん(20)「お祝いの気持ちを込め、二人で息を合わせて奉納できるように頑張ります」「先輩のようにきれいに舞いたい」 帰還願いどぶろく奉納 8年半ぶり神社で大祭 福島・浪江 | 河北新報オンラインニュース  福島県浪江町苅宿の標葉(…

続きを読む

塩山・恵林寺で信玄公の命日に巫女の舞奉納

中学生「みこの舞」 武田信玄の命日、菩提寺で - 毎日新聞 「信玄公の命日」24将騎馬行列が繰り出す|NNNニュース  武田信玄の命日とされる12日、信玄の菩提(ぼだい)寺である山梨県甲州市塩山小屋敷の恵林寺で「信玄公忌」があった。近くの松里中の生徒11人がみこ姿で参拝した後、舞を披露した。  恵林寺は1330年に建てられ、1564年に信玄が菩提寺と定めた。「信玄公忌」は毎年開かれている祭典で、生徒たちの「みこの舞」は、甲州市が誕生してから10年以上行われている恒例行事。中学2年生(13)は「少しだけ緊張したけれど、踊りがみんなとそろっていて良かった」とほっとした様子 花まつり恒例稚児行列 4月8日はお釈迦様の誕生日 - FNN.jpプライムオンライン 4月8日は、お釈迦(しゃか)様の誕生日とされていて、青葉区の龍宝寺では毎年、花まつりで祝っている。 2019年は、3歳から7歳の子どもたち22人が、恒例の稚児行列に参加し、きらびやかな衣装をまとって境内を練り歩いた。 参加した子どもは、「緊張したけど楽しかったです」、「(何かお願いごとしたの?)みんなが丈夫になれるようにって」などと話した。母親は、「健やかに丈夫に育ってほしいなと思います」と お釈迦さまの生誕を祝う=リベルダーデで今年も花祭り – ブラジル知るならニッケイ新聞WEB  お釈迦さまの生誕を祝う「第53回花祭り」が1日からリベルダーデ日本広場で行なわれ、最終日の6日、しめやかに法要が営ま…

続きを読む

白山比咩神社で両陛下御結婚六十年の奉祝祭

両陛下結婚60年を祝福 白山 - 石川県のニュース | 北國新聞社  天皇、皇后両陛下が結婚60年を迎えられた10日、白山市の白山比咩神社で奉祝祭が営まれ、氏子総代らが両陛下の節目の日を祝った。  村山和臣宮司が祝詞を奏上し、舞女(まいひめ)2人が神楽「浦安の舞」を奉納した。参列者は君が代を奉唱 花まつり 稚児60人が行列 慶珊寺から長昌寺まで | 金沢区・磯子区 | タウンニュース  釈迦の誕生を祝う「花まつり大会」が4月6日に富岡で開かれた。これは金沢区佛教会と同区釈尊奉讃会の主催で毎年開催されており、今回で73回目。釈迦仏に祝いの甘茶をかけ、子どもの心身の健やかな成長を願う。60人の「お稚児さん」が参加 おそろいの衣装でお稚児さんが練り歩き 健やかな成長祈る稚児健康祈願祭 静岡・三嶋大社 | ニュース | テレビ静岡 三島の春の風物詩・三嶋大社の稚児行列。 3日は天候にも恵まれ、3歳から7歳の男女お稚児さんたちがおそろいの衣装に身を包んで境内を練り歩きました。 また、本殿では健やかな成長を祈ったあと舞を奉納しました。5日にも行われました

続きを読む

福島県玉川村・南須釜の念仏踊り

色鮮やかに先祖供養 玉川・南須釜の念仏踊り | 福島民報 花がさ少女らが伝統の舞「南須釜の念仏踊り」 玉川村・東福寺:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  玉川村の伝統行事「南須釜の念仏踊り」は3日、同村南須釜の東福寺で行われ、色鮮やかな着物姿の少女たちが優雅な舞を奉納した。  江戸時代から受け継がれている民俗芸能で、県重要無形文化財。毎年4月3日と8月14日に披露されている。花がさをかぶった少女12人が扇子や綾竹を手に12曲の踊りを繰り広げた。毎年四月三日と八月十四日に東福寺で披露 稚児行列愛らしく 大田原、威徳院で新本堂落慶法要|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【大田原】湯津上の威徳院極楽寺(青龍寺弘範(しょうりゅうじこうはん)住職)でこのほど、約150年ぶりとなる新本堂の建立を記念した落慶法要が営まれ、古式ゆかしい装束に身を包んだ子どもたちの稚児行列が華やかに行われた。  行列には、0歳から小学6年生までの稚児約40人を含む総勢約160人が参加。同寺院に続く道路約150メートルをゆっくりと練り歩いた。小学6年生(11)「初めての経験だけど、楽しかった」 新1年生の成長願い稚児行列 南足柄|tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA ことし小学校へ入学した新1年生の健やかな成長を願う恒例行事「稚児行列」が、南足柄市の大乗山最乗寺で行われました。 稚児行…

続きを読む

大神神社で「うま酒みわの舞」奉納

春告げる優美な舞 - 大神神社で「うま酒みわの舞」|奈良新聞デジタル  春の大神祭(おおみわさい)が営まれている桜井市三輪の大神神社の拝殿で9日、巫女(みこ)による神楽「うま酒みわの舞」が奉納された。  氏子や崇敬者ら約1200人が参列した。  同祭はかつて「卯日(うのひ)神事」と呼ばれ、4月上卯の日に行われていたが、新暦になり明治6年4月9日が上卯の日だったため以降、例祭日に定められた。同日午後からは時代装束を身にまとった氏子ら約250人が、馬に乗った神職、神輿とともに、桜が咲き誇る三輪の里を巡りました 桜と競演、舞や和楽器など伝統芸能披露 京都・八坂神社 | 京都新聞  日本古来の芸能の魅力を伝える「春の伝統芸能大会」が7日、京都市東山区の八坂神社であった。桜の開花がピークを迎えた境内で、今様や詩吟、琵琶などの優雅な響きを観光客らが堪能した。  京都の日本舞踊や箏曲などの演じ手たちでつくる「日本伝統芸能団」の主催。伝統芸能を次代に継承するため約70年前から年3回、同神社で開いている。今様の演目「平安の都」「桜まつり」で幕を開け、約4時間にわたって舞や和楽器演奏が披露 花まつりで稚児行列 園児80人と龍谷高吹奏楽部|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 稚児行列で園児らお釈迦様誕生祝う|佐賀のニュース・天気|サガテレビ 4月8日は、お釈迦様の誕生日とされています。佐賀市では、誕生を祝う稚児行列があり、稚児装束に身を包んだ園児たちが市内の…

続きを読む