伊勢神宮で新人舞女が「倭舞」稽古

新人舞女ら「倭舞」稽古 伊勢神宮、楽師らに学ぶ 三重 - 伊勢新聞 練習を重ねる新採用の舞女 伊勢神宮:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) 高校を卒業したばかりの女性6人が舞女に  三重・伊勢神宮(三重テレビ放送) - Yahoo!ニュース  伊勢市の伊勢神宮で、新たに採用される舞女(まいひめ)たちが、神楽殿での奉仕に向けて舞の練習を重ねている。  四月に採用予定の舞女は、県内出身で、高校を卒業したばかりの六人。二十五日から五日間かけて研修があり、神楽の基本となる「倭舞(やまとまい)」や祭式の作法などを楽師や神職から学んできた。  最終日の二十九日は、実際の神楽で使う紅梅を挿した天冠をかぶり、緋色(ひいろ)の長ばかま、白の千早をはおった姿で倭舞を披露。手に五色絹を飾ったサカキを持ち、曲に合わせて振りを確認した。「舞女は五年間務めることができ、現在は約三十人いる」とのこと 神戸新聞NEXT|姫路|健やかな小学校生活願う初の勧学祭 姫路・播磨国総社  今春、小学校入学の子どもが健やかな毎日を過ごせるよう願う「勧学祭」が31日、兵庫県姫路市総社本町の播磨国総社で初めて開かれた。氏子5校区の親子ら約100人がおはらいを受け、新生活に希望を膨らませた。  この日は、赤や黒のランドセルを背負った子どもたちが本殿に並んで正座。西本和俊宮司は祝詞を唱えた後、一人一人の名前が書かれた名簿を掲げた。巫女は舞を披露し、鈴を振っておはらいをして回った。盛況ですね 武蔵…

続きを読む