白山比咩神社の浪速神楽講習会修了報告祭

石川県 新人5人、舞を初披露 白山比咩神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  白山比咩神社の浪速(なにわ)神楽講習会修了報告祭は28日、白山市の同神社で営まれ、4月からの新人舞女5人が神前で「鈴扇(すずおうぎ)の舞」を初披露し、4日間にわたる研さんの成果を示した。  舞女となるのは喜多美咲さん(18)=金沢市=と加波日香梨さん(18)=野々市市=、山田陽女乃さん(18)=白山市=、中村遊乃さん(18)=同=、渡邊真帆さん(18)=能美市=の5人。講師を務めた津守神社(大阪市)の今江隆道宮司らが見守る中、扇や鈴を手に初々しい舞を繰り広げた。加波さんは「緊張した。もっと自信を持って舞えるよう練習に励みたい」と 福井)「花換えましょう」 願いを込めて 敦賀・金崎宮:朝日新聞デジタル  福井県敦賀市金ケ崎町の金崎宮で開かれている「花換(はなかえ)まつり」で2日、参拝者と福娘(巫女(みこ))との花換えが始まった。桜が咲き始めた境内で、参拝者が福娘に「花換えましょう」と声をかけ、長さ30センチほどの桜の小枝を交換していた。福娘さん(19)「福を届けるため、心を込めて花を換えています」 松山市銀天街で花まつりの稚児行列 華やかな平安衣装で練り歩く - 松山経済新聞  花まつりの稚児行列が3月31日に松山市の銀天街で行われ、30人の子どもたちが華やかな冠や衣装を身に着けて街を練り歩いた。  稚児行列の開催は昨年に続いて2回目。松山市内の約170カ寺からなる松山市仏教会…

続きを読む

桜井・玉列神社「椿まつり」

花まとい優雅に奉納 - 巫女が浦安の舞/桜井・玉列神社「椿まつり」|奈良新聞デジタル  桜井市慈恩寺の玉列神社で31日、春恒例の「椿まつり」が営まれた。髪に赤や白のツバキの花をつけた巫女(みこ)が浦安の舞を奉納し、神徳の高揚を祈念した。  同神社は大神神社の摂社で、万葉集では玉椿の名所として詠われた。  平成10年9月の台風で境内の神木が倒れるなどの被害が出た際、地元の慈恩寺自治会の住民がツバキの植栽を始め、現在は約200種500本の花が咲き誇る。毎年3月中旬から順次見ごろを迎えるという。老人会によるにゅうめんの振る舞い、婦人会による餅の販売も 18歳の新人舞女(まいひめ)たちが神楽の練習 三重・伊勢神宮 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ 18歳の新人舞女(まいひめ)たちが神楽の練習 三重・伊勢神宮  桜が見頃を迎え、賑わいを見せる伊勢神宮。  その伊勢神宮で舞っているのは、18歳の新人舞女(まいひめ)たち6人。  4月1日の正式採用を前に、神楽の練習が始まっています。  練習が始まったのはわずか4日前で、舞っているのは、1000年以上前から伝わる基本の舞、「倭舞(やまとまい)」。  動きにまだ固さはありますが、指導を受ける表情は真剣そのものです。5月1日から3日まで、新天皇即位を祝う神楽が参道の特設舞台で披露 十三参り/埼玉県(テレ玉) - Yahoo!ニュース 誕生から12年間、無事に育ったことを感謝し、さ…

続きを読む