春日大社に新元号を祝う看板設置

春日大社に新元号祝う看板、奈良 皇室ゆかり、「万葉植物園」も | 共同通信 奈良・春日大社に新元号祝う看板 - サッと見ニュース - 産経フォト 新元号:「令和」発表から一夜明け 看板でお祝い 奈良・春日大社本殿前 /奈良 - 毎日新聞  皇室にゆかりが深い奈良市の春日大社で2日、新元号が「令和」に決まったことを祝う看板を本殿前に設置した。新元号の出典は現存する日本最古の歌集「万葉集」。春日大社には、万葉集に詠まれた植物を集めた「万葉植物園」がある。  「新元号『令和』の決定をお祝いします」と赤い文字で書かれ、典拠となった「梅花の宴」の序文が記された約90センチ四方の看板を、職員が午前9時ごろ、本殿前にある梅の木の下に置いた。天皇、皇后両陛下や皇太子さまが訪問されたことも 万葉集の「梅花の宴」再現 「令和」ゆかりの太宰府 [令和]:朝日新聞デジタル 太宰府で「梅花の宴」再現 - 読んで見フォト - 産経フォト 福岡・太宰府で「令和」典拠の「梅花の宴」再現 - 社会 : 日刊スポーツ  奈良・平安時代に九州の政治の中心だった大宰府政庁跡(太宰府市)。長官だった歌人の大伴旅人が自邸で開いた「梅花の宴」に合わせ、今回引用された梅の花の歌の序文がつくられた。  2日、大宰府政庁跡の一角に赤い布が敷かれ、台の上に餅や焼き大豆、干しワカメが並べられた。市民グループ「大宰府万葉会」のメンバーら12人が、文献に基づいて再現した鮮やかな衣装に身を包み、序文と数首の歌を朗唱した…

続きを読む