高岡関野神社で子供巫女が「令和」を祝う舞

「令和」祝い舞を披露 高岡関野神社の子どもみこ(北日本新聞)  新元号が万葉集を典拠とする「令和」に決まったことを祝い、高岡市の高岡関野神社で「子どもみこ」を務める児童10人が14日、市万葉歴史館(同市伏木一宮)で舞を披露した。  令和の引用元となった万葉集巻5の序文をイメージした奉祝舞「つきはうるわしく かぜ、やわらぎて」をお披露目した。赤色のはかまに白い衣を羽織った子どもたちは、歌にちなんで白梅とラン、松をかたどった道具を持ち、優美な舞を演じた。  同じく万葉集巻5を基にした創作神楽「梅の花」と、昭和天皇の歌に由来する祭祀(さいし)舞「浦安の舞」も披露した。小学校6年生「令和が良い時代になってほしいという気持ちを込めた」 五行の舞 優雅に奉納 小山・血方神社で春例祭|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  【小山】田間の血方(ちかた)神社で13日、春例祭が始まり、地元の女子児童らによる「五行の舞」など市無形民俗文化財の太々神楽が奉納された。14日まで。  五行の舞は、12座ある太々神楽の一つで五穀豊穣(ほうじょう)などを願う。稚児舞ともいわれ、女児10人が2組に分かれて演じる。  通常は小学2、3年生が対象だが、今年は人数をそろえるため4、5年生も参加した。日曜日に見に行きました hibakama / 緋袴白書小山・田間血方神社太々神楽、本日撮影。五行の舞/てんぐの舞/ひるこの舞/うずめの舞三年ぶりの訪問。…

続きを読む