高岡・射水神社で御譲位御安泰祈願祭

射水神社で御譲位御安泰祈願祭(北日本新聞)  高岡市古城の射水神社(松本正昭宮司)の「御譲位御安泰祈願祭」が19日、同神社で行われた。天皇の代替わりに関連した儀式がつつがなく執り行われ、国家の安泰が続くことを願った。  祈願祭は神社本庁(東京)の通達により全国の神社で行われ、同神社での天皇の退位に伴う実施は初めてとされる。崇敬奉賛会(穴田甚朗会長)の会員や市民ら約15人が参列した。巫女さんが梅と菊の花を手に神楽「豊栄舞」を奉納 倒木の桜 茶道具で花開く 射水神社 大雪復旧寄付の返礼品に:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  射水神社(高岡市古城)は、昨年一月の大雪で倒木した境内の桜の木を生かし、高岡古城公園大雪被害の復旧再活性化募金で多額の寄付をした人に返礼する茶道具「香合」を作る計画を進めている。試作品が十八日完成した。  参拝者から「倒れた木を活用して、公園整備に充てたらどうか」という声があり、茶会で焚(た)く香を入れておくふた付きの香合の素材にすることを立案した。最近、射水神社の話題が多いような 衣装まとい稚児行列 祥泉院のはなまつりで | 青葉区 | タウンニュース  お釈迦様の誕生日を祝う「はなまつり」が4月7日、みたけ台の祥泉院(竹田法俊住職)で催され、稚児行列が行われた=写真左。  華やかな衣装を身に着けた約30人の子どもたちが、境内にあるりんどう保育園から本堂までをゆっくりと歩いた。同寺で稚児行列が行われたのは2005年以来

続きを読む