平安神宮「例祭」

例祭:平安神宮で巫女の舞 国民の安寧願う /京都 - 毎日新聞  都を平安京に移した桓武天皇が即位したとされる15日、平安神宮(京都市左京区)で、年中行事で最も重要な祭儀「例祭」があった。天皇のお使い(勅使(ちょくし))を迎える勅祭と位置付けられており、天皇陛下からの御幣物(ごへいもつ)(五色の布など)を神前に供えて国民の安寧を願った。写真「平安の舞を披露する巫女ら」 京都)三船祭の…

続きを読む