小松・八幡神社で社殿改築

128年、悲願の社殿改築 小松の八幡神社 20世帯、10年かけ - ホッとニュース | 北國新聞社  小松市御館町の八幡神社社殿が128年ぶりに建て替えられた。わずか20世帯の町内会にとって改築予算の確保は難題だったが、住民一丸でコツコツと積み立て、資金集めに奔走。建坪約10坪とコンパクトながらもようやく悲願が成就した。28日の秋祭りは稚児行列や巫女(みこ)舞も花を添え、住民総出で喜びを分かち合った。寄付や借り入れも含め、費用約3500万円を確保 ささら素朴な音色 平でこきりこ祭り開幕|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  こきりこ祭りは25日、南砺市上梨(平)の白山宮境内で始まり、県内外の大勢の観光客が素朴で哀愁を誘うささらの音色を楽しんだ。26日まで。  舞台競演会には、越中五箇山小谷麦屋節保存会、越中五箇山民謡保存会、越中五箇山麦屋節保存会の順に出演。最後に越中五箇山こきりこ唄保存会が登場し、「神楽舞」に続いて「こきりこ」を披露した。写真「厳かな雰囲気の神楽舞」 黄金の実りに感謝 女子中高生ら、新嘗祭へ稲刈り・多賀大社 | 京都新聞  神田に実った稲を収穫する「抜穂祭(ぬいぼさい)」が22日、滋賀県多賀町多賀の多賀大社であった。すげがさ姿の女性たちが黄金色の稲を刈り取り、秋の実りに感謝した。  境内にある神田約10アールで行った。神職が稲穂を刈り取るしぐさをする「刈初めの儀」の後、豊年講の子女から選ばれた「抜穂女(ぬいぼめ)」の女子中高生10人…

続きを読む

飯田動物園で生物供養祭

飯田動物園で生物供養祭を開く « ミナミシンシュウ.jp  飯田市立動物園(長良健次園長)は23日、園内イベント広場で生物供養祭を開いた。同市南信濃八重河内八幡神社の遠山景一宮司(66)を祭司に迎えて挙行。鳩ケ嶺八幡宮(同市八幡町)のみこ(松尾小学校6年生)が浦安の舞を行い、動物たちへの感謝と安らかな眠りを願った。今回初めて祭司や巫女を迎え、一般に公開する形で実施 神戸新聞NEXT|阪神|子どもすくすく“えびす顔” 西宮神社・稚児行列  えべっさんの総本社の西宮神社(兵庫県西宮市社家町)で22日、子どもの健やかな成長を祈願する「稚児行列」があった。はかまや水干、冠など色鮮やかな衣装を身にまとった子どもたち約250人が、保護者らと近くの商店街などを練り歩いた。初めて参加した小学校2年の女児(7)は「頭の飾りがきれい。(草履が)ちょっと歩きにくかったけど楽しかった」と笑顔 【動画あり】秋の夜照らす千灯明 福岡・太宰府天満宮|【西日本新聞ニュース】  福岡県太宰府市の太宰府天満宮(西高辻信宏宮司)で25日夜、境内の心字池(しんじいけ)に架かる太鼓橋などにろうそく約千本をともす「千灯明」があった。水上に特設された舞台では、みこたちが雅楽の調べに合わせ、ゆったりと舞う神楽「悠久の舞」などを披露した。写真が遠いですが… hibakama / 緋袴白書RT @dazaifutenmangu: 神幸式大祭最終日、11時より「例祭」が斎行されました。夜の「千灯明」では、心字池に巡らさ…

続きを読む

伊勢神宮で秋の神楽祭

伊勢神宮で「秋の神楽祭」 古の時代から伝わる雅楽の調べ神域に - 伊勢志摩経済新聞 改元を祝う「延喜楽」も11年ぶりに披露‥伊勢神宮で秋の神楽祭始まる | CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】  伊勢神宮内宮(ないくう)で9月22日~24日の3日間、「秋季神楽祭」が行われている。 (中略)  初日の22日はあいにくの雨天となり参集殿奉納舞台で行われた。舞台では、2人の舞人が鉾(ほこ)を持ち、雅楽に合わせて舞台を清めるおはらいの舞「振鉾(えんぶ)」、続いて極楽に住むという鳥が舞い遊ぶ様子を4人の舞女(ぶじょ)が表現した奈良時代から伝わる「迦陵頻(かりょうびん)」、醍醐天皇の908(延喜8)年に作られたことからその元号を取り、慶祝行事に奏される「延喜楽(えんぎらく)」、舞いを伴わない平安時代中期に作曲されたという「長慶子(ちょうげいし)」の4曲が披露された。参集殿には立見席が出るほど大勢の参拝客が詰め掛けました この投稿をInstagramで見る #伊勢神宮 #神宮 #神社 #心のふるさと #内宮 #神苑 #神楽祭 #迦陵頻 #舞楽 #雅楽 #ISEJINGU #JINGU #SOUL_of_JAPAN #Japan #Jinja #Shinto #Naiku #Kakgurasai #Karyoubin #gagaku 伊勢神宮 / ISE-JINGUさん(@isejingu.official)がシェアした…

続きを読む

伊弉諾神宮「淡路伝統芸能祭」

神戸新聞NEXT|淡路|剣の舞からフラダンスまで多彩に 淡路伝統芸能祭  兵庫県淡路島内外に伝わる文化や芸能を奉納する「淡路伝統芸能祭」が22日、淡路市の伊弉諾神宮で開かれた。21日に始まった「淡路島くにうみ神話祭」の関連行事で、7個人・団体がフラダンスや吹奏楽など多彩なパフォーマンスを披露した。  「阿州柳生神影流兵法剣術」では、参拝客が見守る中、徳島県の久武館道場で技を磨く約30人が華麗な神楽舞や力強い剣の舞を奉納。出演した女児は「ドキドキしたけどうまくできた。楽しかった」と笑顔 この投稿をInstagramで見る #剣術#武道#古武道#居合#柳生新陰流#伝統#文化#徳島#久武館#柳生神影流#習い事#巫女#浦安の舞#剣舞#神楽舞#刀剣乱舞#武道女子#快刀乱麻#刀剣女子#千早#徳島県古武道協会#YouTube#淡路#淡路伝統芸能祭#伊奘諾神宮#淡路島くにうみ神話祭#神戸新聞#美人#美少女#兵庫 NPO法人 徳島県古武道協会さん(@nposinkage1905)がシェアした投稿 - 2019年 9月月23日午後5時58分PDT 大嘗祭へ敦賀で抜穂式:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  皇位継承に伴い11月に計画された祭事「大嘗祭(だいじょうさい)」に供えられる県ブランド米「いちほまれ」の抜穂式が20日、敦賀市山泉であった。  JA敦賀美方や県、市の関係者ら約70人が参加。奉耕者の中川洋治さん(77)の田で、中川さんや編…

続きを読む

姫路で抜穂祭

神戸新聞NEXT|姫路|秋の豊作祝い「抜穂祭」 花がさ姿の女性ら収穫 姫路  秋の豊作を祝う神事「抜穂祭」が19日、兵庫県姫路市打越の「神饌田」で開かれた。花がさにかすり姿の女性たちが黄金に色づいた田んぼに入り、神事に使う稲穂を刈り取って祭壇に供えた。  市内約300の神社でつくる兵庫県神社庁姫路支部が、古来行われてきた神事にのっとって2015年に始めた。「刈女」役を務めるJA兵庫西の女性職員10人がたわわに実った稲穂を鎌で収穫 みこし渡御行列にぎやかに、横浜町で秋まつり|文化,観光・イベント|青森ニュース|Web東奥  青森県横浜町の秋まつりが18日まで八幡神社を中心に開かれている。16日は同神社例大祭のみこし渡御行列が行われ、昔ながらの装束に身を包んだ約350人がにぎやかに町内を練り歩いた。全文は会員限定… 50回目の節目、華やかに名川秋まつり|観光・イベント,文化|青森ニュース|Web東奥 「山車踊り」の一斉舞い、華やか 名川秋まつり開幕 – デーリー東北デジタル  名川秋まつり(青森県南部町観光協会など主催)が8日、同町剣吉地区で開幕した。初日は、山車の上で手踊りを披露する「山車踊り」の一斉舞いを実施。町立南部芸能伝承館前に5台が集結し、華やかな手踊りの共演が、訪れた人たちを楽しませた。祭りは10日まで。町の調査結果によると、1772年に始まり、現在も用いられる神社行列の御輿がその前年に制作

続きを読む

小豆島・阿豆枳島神社で秋の例大祭

小豆島の阿豆枳島神社で秋の例大祭 島の守り神に「巫女の舞」奉納 香川(KSB瀬戸内海放送) - Yahoo!ニュース 島の繁栄願い舞奉納 阿豆枳島神社で例大祭 小豆島(四国新聞) 小豆島の阿豆枳島神社で秋の例大祭 島の守り神に「巫女の舞」奉納 香川  小豆島の守り神を祭っている阿豆枳島(あずきじま)神社で16日、秋の例大祭が行われ、「巫女の舞」などを奉納しました。  香川県小豆島町の寒霞渓山頂にある拝殿には、島の人たち約100人が集まりました。  阿豆枳島神社の本殿は小豆島の最高峰、星ヶ城の東西の峰にあり、島の守り神を祭っています。  祝詞奏上(のりとそうじょう)の後は、4人の巫女が雅楽に合わせて「浦安の舞」を奉納しました。地元保存会のメンバーが「安田おどり」を披露 神戸新聞NEXT|総合|成長願い千歳飴の袋詰め 「七五三」前に神戸・湊川神社  子どもの健康と成長を願う「七五三」のシーズンを前に、神戸市中央区多聞通3の湊川神社で18日、参拝者に配る千歳飴の袋詰めが行われた。同神社の巫女や神職ら約30人が、約1時間半で5千袋を用意した。4月に巫女になったばかりという女性(20)は「子どもたちに『来て良かった』と思ってもらえるよう、七五三の当日もお手伝いをしたい」と 神木の「すぎ守」授与 南砺・高瀬神社の観月祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社  南砺市の越中一宮高瀬神社は15日、観月祭を営み、島年県出雲市の国重要無形文化財「大土地(おおどち)神楽」が奉…

続きを読む

福岡・東長寺で「和の博多」

伝統の稚児舞も 東長寺で「和の博多」|【西日本新聞ニュース】  和文化の魅力を発信するイベント「和の博多」が14日、開幕した。初日は福岡市博多区御供所町の東長寺でオープニングイベントがあり、本堂で博多松囃子の稚児舞を特別に披露。通常は「博多どんたく港まつり」でしか見ることのできない伝統芸能に、訪れた見物客らが見入っていた。10月31日まで 「お稚児さん参り」盛岡で 子どもの成長を願う - FNN.jpプライムオンライン 衣装きらきら、参道てくてく 盛岡八幡宮お稚児さん参り | 岩手日報 IWATE NIPPO  盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(藤原隆麿宮司)の例大祭行事「お稚児さん参り」は15日、同八幡宮周辺で行われ、華やかに着飾った子どもたちが参道を練り歩いた。  朱色や緑の衣装に身を包み、金色の冠や烏帽子(えぼし)を着けた2歳から10歳までの81人が参加。同市松尾町の盛岡劇場を出発し、八幡通りを通って同八幡宮まで歩いた。家族らと手をつなぎ晴れやかに歩く子どもたちに、沿道の市民らは声援を送った。「きらきらした衣装を着ることができて楽しかった」「見に来てくれた人たちを笑顔にできてうれしい」 上山八幡宮「稚児行列」 秋の収穫を祝う例祭 宮城県南三陸町 - FNN.jpプライムオンライン 南三陸町志津川の上山八幡宮では、9月15日、秋の収穫を祝う例祭が開かれました。 来年小学校に入学する地元の子供たち25人が神に仕える「童子」の衣装に身を包み、みこしを先頭に、参道…

続きを読む

宮崎市で抜穂祭

宮崎)早乙女らが水稲刈り取る「抜穂祭」:朝日新聞デジタル  宮崎市花ケ島町で9日、早乙女姿の女性や保育園児らが鎌で稲刈りをする「抜穂祭(ぬきほさい)」があった。40歳以下の神職でつくる県神道青年会の主催。5月に30アールの水田に植えた2種類の水稲を刈り取った。収穫した米は伊勢神宮や県内の神社などに奉納するという。  収穫された米は伊勢神宮で生まれた品種というイセヒカリと、もち米のマンゲツモチ。水田を管理してきた田主の児玉静雄さん(64)は「もち米は少しトビイロウンカ(害虫)にやられたが、イセヒカリは順調に育った。初めて作ったが収量も良さそう」と話した。早乙女を務めたJA職員(21)「田植えから刈り取りまで体験できて楽しかった。食べ物がよりおいしく感じられると思います」 厳かに実りに感謝 竹駒神社で抜穂祭 | 河北新報オンラインニュース 竹駒神社で「抜穂祭」 “秋の実り”に感謝 - FNN.jpプライムオンライン 秋の実りに感謝「抜穂祭」(TBC東北放送) - Yahoo!ニュース  宮城県岩沼市の竹駒神社で12日、境内の神田「穂徳田(すいとくでん)」から初穂を収穫する抜穂(ぬきほ)祭があり、神職らが豊かな実りに感謝した。  神社役員ら約40人が参列。約5アールの神田を清め、村田守広宮司が祝詞を奏上した後、参列者や早乙女姿のみこらが、たわわに実ったひとめぼれの稲穂を1本ずつ丁寧に引き抜いた。農業用水の恵みに感謝する「水口(みなくち)の儀」もあった。収量は例年並みの約30…

続きを読む

山形・寒河江八幡宮「観月雅楽会」

名月愛でつつ巫女姿の少女舞う 山形・寒河江「観月雅楽会」 - 産経ニュース  旧暦の8月15日にあたる13日、山形県寒河江市八幡町の寒河江八幡宮境内で、名月を愛でながら雅楽を楽しむ「観月雅楽会」が開かれた。  雅楽会では、「越殿楽(えてんらく)」や出陣の際に演奏された「陪臚(ばいろ)」が演じられた後、寒河江市立小中学校、県立荒砥高の女子児童生徒ら8人が夏休みを返上して猛特訓した成果を披露した。  巫女姿の児童生徒らは、 自然への感謝の思いから心豊かに栄えることを願う「豊栄(とよさか)の舞」、そして風土の美しい、平和な日本になることを願う「浦安の舞」の2つの舞いを演じ、権禰宜の鬼海一樹さんが「朝日舞」を演じ、寒河江八幡宮の主祭神である15代応神天皇ら8柱に奉納された。演奏は、山形県内で雅楽を愛好する祭祀楽(さいしがく)研修会が行い、最後に「長慶子」を奉納演奏して締めくくった。小学6年生(11)は「7月から9月まで毎週土、日を猛練習し、きょうはうまく舞えました」と笑顔で 佐賀)開運と長寿を願う 佐嘉神社で「菊まつり」:朝日新聞デジタル  「菊の節句」とも言われる9日の「重陽の節句」で、佐嘉神社(佐賀市松原2丁目)は開運と長寿を願う「菊まつり」を開いた。  本殿で神事があり、巫女(みこ)が太鼓や笛の音などに合わせて舞を奉納。平安時代の若返りのおまじないとされた「菊被綿(きくのきせわた)」を再現した菊の鉢も並べられた。後ろ姿… 機能的な作業着披露 福娘の踊りも 大…

続きを読む

吉野川・山崎忌部神社で麁服の織り初め式

徳島)大嘗祭に向け、麁服織り初め 吉野川の神社:朝日新聞デジタル 大嘗祭献上の麁服織り初め 徳島、10月にも完成 - サッと見ニュース - 産経フォト 大嘗祭調度品の織り初め式=10月末に完成-徳島(時事通信) - Yahoo!ニュース 大嘗祭の調度品「麁服」の織り初め式 徳島・吉野川市 | MBS 関西のニュース 「大嘗祭」での特別な織物“麁服” 織り初め式 徳島 | NHKニュース  天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14、15日)に向けた麻織物「麁服(あらたえ)」の織り初め式が10日、徳島県吉野川市山川町の山崎忌部神社であった。  材料の麻糸は、NPO法人あらたえ(西正二理事長)が美馬市内で種から育てて紡いだもの。今月2日、阿波忌部麁服調進協議会(吉野川市、木村雅彦会長)に引き渡された。  この日は神社の境内で、飯泉嘉門知事ら約100人が見守る中、巫女(みこ)姿の7人の「織り女」が、拝殿に置かれた2台の織り機に向かった。織り女の一人(22)は「皆さんの期待に応えられるよう、心を込めて織り上げたい」と 白山白川郷マラソン 安全祈願 沿道の首長らが白山比●神社で:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山市と岐阜県白川村を結ぶ白山白川郷ホワイトロードなどを走る「白山白川郷ウルトラマラソン」が八日早朝に始まるのを前に七日、白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社で、コースが通る市町の首長ら実行委メンバーが、大会の成功…

続きを読む

南砺「モテモテなんとお見合い大作戦」

南砺へお嫁に 独身女性募集 来月婚活イベント:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  南砺市の婚活支援イベント「モテモテなんとお見合い大作戦」が、十月十二、十三日の両日、市内で開かれる。独身女性を広く募集しており、五日、会場の一つで縁結びの神様をまつる高瀬神社が協力し、みこらが参加を呼び掛けた。  同イベントは二〇一二年のテレビ番組をきっかけに翌年から始め、これまでに五十七組のカップルが誕生し、六組が結婚している。男性は市内の登録者二十人が参加、女性は県外在住者も可で二十五人を募集している。集合・解散場所の金沢駅、または市内からの交通費、飲食・宿泊費は無料。初日は高瀬神社で顔合わせをした後、織物体験やイオックス・アローザで会食があり、二日目にいのくち椿館で最終フリータイムがある。締め切りは十三日 この投稿をInstagramで見る 南砺市婚活支援事業「モテモテなんとお見合い大作戦」、今年は10月12日(土)・13日(日)の2日間にわたって、1泊2日の日程で開催されます。多くの御縁がありますよう、お祈り申し上げます。 〜あなたの人生に、神社がある。越中一宮 髙瀬神社〜 ⠀ ⠀ #高瀬神社 #越中一宮 #髙瀬神社 #神社 #jinjya #巫女 #あなたの人生に神社がある #越中一宮高瀬神社 #神社好きな人と繋がりたい #shrine #日本 #富山 #南砺市 #toyama #nanto #japan #モテモテなんとお見合い大作戦 #南砺市…

続きを読む

熱田神宮で「福笹飴」作り

健やかな成長願い「福笹飴」作りが最盛期 熱田神宮 - 毎日新聞 “七五三”前に…名古屋・熱田神宮で子供の成長と健康願う『福笹飴』作り 参拝客25万人見込む(東海テレビ) - Yahoo!ニュース 七五三に向け、縁起物の福笹あめづくり最盛期 名古屋・熱田神宮(中京テレビNEWS) - Yahoo!ニュース  名古屋市熱田区の熱田神宮で、七五三の参拝者に授与する福笹飴(ふくささあめ)作りが最盛期を迎えている。  福笹飴は子どもたちの健やかな成長を願い、笹の小枝に魔よけの土鈴や絵馬、あめをくくり付ける。3日の作業では、みこや神職ら約100人が手際よく付けていった。約1万8000本用意し、1本700円で販売 幸せ導く八咫の火祭り、和歌山 世界遺産の熊野本宮大社周辺(共同通信) - Yahoo!ニュース 厳かに時代行列 田辺市本宮町で八咫の火祭り:紀伊民報AGARA  和歌山県田辺市本宮町で8月31日、夏の恒例イベント「八咫(やた)の火祭り」(実行委員会主催)があった。雨天のため、会場を旧社地・大斎原(おおゆのはら)から世界遺産熊野本宮館に変更。熊野本宮大社から同館までを、時代行列が練り、来場者を魅了した。  1999年から続く催しで、21回目。本宮大社で神事をした後、午後6時20分ごろ、八咫烏(やたがらす)をあしらった「炎の神輿(みこし)」に点火。平安衣装に身を包んだ女性や神輿を担ぐ男性、山伏姿の男性ら計約50人の時代行列が出発し、熊野本宮館を目指した。沿道では多くの来…

続きを読む

羽咋・気多大社で御贄祭

石川県 アジつるし、豊漁を願う 羽咋・気多大社で御贄祭|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ   羽咋市寺家町の気多大社で1日、豊漁と海の安全を祈る御贄(みにえ)祭が営まれ、参拝者が神前につるされた生魚に海の恵みを願った。  本殿に掲げた竹にアジ48匹がつり下げられた。三井孝秀宮司が祝詞を奏上し、巫女(みこ)が舞を奉納し、参列者が玉串をささげた。毎年5月1日と9月1日に行われます おみくじ作り、早くも始まる…初詣用に60万個 : 国内 : 読売新聞オンライン  福岡市西区の愛宕神社で、早くも来年の初詣用のおみくじ作りが始まっている。  同神社は初詣用に17種類ものおみくじを用意する。秋は七五三などの行事が忙しいため、例年、夏から準備を始めるという。  取りかかっているのは、鯛の尾の部分におみくじがついた「目出鯛みくじ」や、様々な表情の「赤だるまみくじ」など。神職や巫女たちは丁寧な手つきで、出来あがったおみくじを一つひとつ専用の箱に並べていた。紹介済みです 敦賀まつりで大正レトロ風パレード 開港120周年、2日は宵山巡行 | 催し・文化 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE  港町敦賀に秋の訪れを告げる「敦賀まつり」は9日1日開幕し、福井県敦賀市の気比神宮近くの市街地で「カーニバル大行進」が行われた。敦賀港開港120周年を記念して、港が繁栄した大正時代のレトロな衣装に身を包んだパレード隊も登場し、祭りの幕開けを祝った。袴姿ということで…

続きを読む