「小倉城大鏡餅」奉納もち米の抜穂祭

「小倉城大鏡餅」奉納、もち米、刈り取り 行橋 /福岡 - 毎日新聞  「小倉城大鏡餅」の奉納もち米の収穫を祝う抜穂祭(ぬきほさい)神事と稲刈りが28日、行橋市天生田の農業、松蔭(まつかげ)盛美さん(72)方の水田であった。  神事では、刈女(かりめ)姿の今川小5年の男女10人が鎌で稲穂を刈り取り神前に供えた。10歳の子は「大鏡餅になるのが楽しみ。お汁粉も食べてみたい」と 健やか…

続きを読む

那覇・波上宮で即位礼当日祭

きょう即位の礼 波上宮でも当日祭 | 琉球放送 天皇陛下が即位したことを国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が22日午後、皇居で行われるのに合わせて、那覇市の波上宮でも当日祭が行われました。 即位礼当日祭は、22日に皇居で行われる「即位礼正殿の儀」にあわせて、全国各地の神社で行われているものです。 県内でも22日午前10時から那覇市の波上宮で行われ、議員や一般の人々が参列しました。 …

続きを読む

明石・御厨神社で七五三の準備

神戸新聞NEXT|明石|健やかな成長へ願い込め 七五三の準備着々 明石・御厨神社  子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」のシーズン到来に合わせ、兵庫県明石市二見町東二見の御厨神社(中嶋邦弘宮司)では、巫女らが参拝者に手渡す千歳あめやお守りなどの準備を始めている。 (中略)  はかま姿で本殿に集まった巫女らは、長寿を願う千歳あめやお守り、おもちゃ、文具などを袋詰めし、男児用と…

続きを読む

河北・谷地八幡宮で雅楽演奏会

即位を祝う和の音色 河北・谷地八幡宮で雅楽演奏会|山形新聞  天皇陛下の「即位礼正殿の儀」を前に、即位奉祝を兼ねた秋の雅楽演奏会が20日、河北町の谷地八幡宮で開かれた。地元の高校生や小学生も出演し、練習を積み重ねてきた舞や演奏を披露した。  同八幡宮の栄樹(えいじゅ)雅楽会メンバーのほか、授業で雅楽を学んだ谷地高の生徒15人と、みこ舞の経験がある北谷地小の児童3人が出演した。まず児童…

続きを読む

佐賀・みやき町「西乃宮浮立」

みやき町の伝統行事「西乃宮浮立」奉納 五穀豊穣や子孫繁栄祈る【佐賀県】(佐賀ニュース サガテレビ) - Yahoo!ニュース みやき町で明治時代後期から100年以上続く「西乃宮浮立」が20日奉納され、子供たちの可愛らしい舞が披露されました。 西乃宮浮立は明治時代後期から五穀豊穣や子孫繁栄などを祈願しみやき町と上峰町の7地区が持ち回りで毎年奉納しています。20日はみやき町の住民約200…

続きを読む

祐徳稲荷神社で即位の礼奉祝祭

平和な時代、暮らし願い 祐徳稲荷神社で奉祝祭|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせ、鹿島市の祐徳稲荷神社(鍋島朝寿宮司)は22日、奉祝祭を開いた。新しい時代の平和と繁栄を願い、本殿で玉串奉てんを執り行い、巫女(みこ)たちが神楽を奉納した。祝日の境内は、多くの参拝客でにぎわった。  鍋島宮司は「新しい令和の時代が、暮らしやすく平和な時…

続きを読む

高岡・射水神社「即位の礼当日祭」

新時代祝い繁栄祈る 高岡・射水神社で神宝初公開 剣の舞も奉納 - 富山県のニュース | 北國新聞社 「梓御弓」飾り即位祝う 高岡・射水神社で当日祭|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 御神宝「梓御弓」初公開 射水神社 きょう即位の礼当日祭:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  県内各地の神社で22日、天皇陛下が即位を宣言される「即位礼正殿の儀」を迎えたことを祝う当日祭が行…

続きを読む

春日大社「即位礼当日祭」

奈良)天皇の即位の礼、春日大社で神事 神楽舞って祝う:朝日新聞デジタル 即位礼当日祭 皇室安泰を祈念 /奈良 - 毎日新聞  天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿(せいでん)の儀」に合わせ、奈良市の春日大社で22日、天皇が即位したことを春日の神に報告する「即位礼当日祭」があった。代替わりをことほぐ神楽2曲を巫女(みこ)が舞い、皇室の安泰や国の平安を祈った。  約50人の崇敬者らが参列す…

続きを読む

宮城・塩釜神社で即位礼当日祭

巫女が「悠久の舞」披露 宮城・塩釜神社で即位礼当日祭 - 産経ニュース  宮城県塩釜市の塩釜神社で22日、天皇陛下のご即位を祝う「即位礼当日祭」が行われた。  社殿で行われたこの行事では、参列者が笛の演奏に合わせて国歌を2度斉唱。宮司が本殿の扉を開き、祝詞を奏上した。国家の繁栄と天皇家の弥栄(いやさか)を祈って巫女(みこ)による「悠久の舞」が披露された後、参列者が玉串を奉納した。「令…

続きを読む

高山で御即位を祝うパレード

天皇即位控えパレード 高山市街地(岐阜新聞Web) - Yahoo!ニュース  天皇陛下の即位に伴う22日の「即位礼正殿の儀」を前に、岐阜県高山市で20日、即位を祝う催しがあり、祝賀ムードに包まれた。  地元経済界や神社の関係者らでつくる奉祝委員会が開いた。昭和町の市民文化会館であった式典で、大会長の北村斉・高山商工会議所会頭は「より良い社会を築き、次世代の繁栄を確たるものにするよう…

続きを読む

即位礼正殿の儀

天皇陛下即位礼 - 産経ニュース 皇室:天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 1999人参列し「即位礼正殿の儀」 - 毎日新聞 【写真まとめ】「饗宴の儀」で輝く雅子さまのティアラ [令和・即位]:朝日新聞デジタル   皇后さまの十二単は「新しい方向性」 即位礼正殿の儀が終了 - FNN.jpプライムオンライン In pictures: Japan's enthronement cer…

続きを読む

白山比め神社で七五三の準備

石川県 成長願って七五三準備 白山さんで千歳飴など袋詰め|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 舞女ら七五三の準備 白山比●神社 お下がり袋詰め:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社で、七五三詣での子どもに配る千歳飴(ちとせあめ)などが入った「お下がり」の袋詰め作業が進んでいる。二十日には、白衣に緋袴(ひばかま)の装束に身を包んだ舞女…

続きを読む

愛媛県上島町・生名八幡神社の創建四百年記念祭

生名八幡神社、創建400年 稚児行列でお祝い|愛媛新聞ONLINE  愛媛県上島町の生名島にある生名八幡神社の創建400年記念祭がこのほどあり、子どもたちが華やかな稚児行列を披露した。みこしやだんじりも加わり、地域全体で大きな節目を祝った。  吉田浩喜宮司(49)によると、神社は生名島が石清水八幡宮(京都)の荘園だった頃からあったと考えられるが、詳細は不明。社殿が再建された記録が残る…

続きを読む

静岡・川根本町「徳山神楽」

川根本町「徳山神楽」 地元小中学生、華やかに舞う|静岡新聞アットエス  川根本町徳山に江戸時代から伝わる県指定無形民俗文化財「徳山神楽」がこのほど、同地区の徳山神社で奉納された。徳山古典芸能保存会や地元小中学生が計15種類の舞を順に披露し、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を願った。  独自の演目である「五躰龍の舞」では、みこ姿の少女5人が鈴を鳴らしながら華やかに舞い、五行の神が親和を深め…

続きを読む

群馬県護国神社で例大祭

群馬の護国神社で例大祭 - 産経ニュース  明治期の戊辰戦争以降の英霊4万7000余柱が祭られている群馬県護国神社(同県高崎市)で16日、令和元年度の例大祭が開かれた。  奥澤公慶宮司と神社本庁からの使者、護国神社奉賛会などにより午前10時半から執り行われ、前橋市、館林市、藤岡市などの遺族が見守る中、巫女(みこ)による「浦安の舞」が奉納された。17日には高崎市や沼田市、渋川市の遺族が…

続きを読む

防府天満宮「花神子社参式」

山口)花神子、愛らしく 防府天満宮:朝日新聞デジタル  山口県防府市の秋を華やかに彩る防府天満宮の「花神子(はなみこ)社参式」が13日、あった。JR防府駅前から天満宮までの約1・5キロにわたり、愛らしく着飾った稚児ら約500人が往時の大名行列をしのばせる時代絵巻を繰り広げた。  天満宮で11月23日に催される御神幸祭(裸坊祭)に向けて、一夜づくりの御酒(ごしゅ)を神前に供えて無事を祈…

続きを読む

鈴鹿・椿大神社秋季例大祭

鈴鹿の椿大神社 秋季例大祭 豊作に感謝し平和祈念 三重 | 伊勢新聞  【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)は11日、同神社で秋季例大祭の本宮例大祭を開き、みこの祭祀舞や神宮楽師による舞楽の奉奏などで、豊作に感謝し平和を祈念した。  祭祀舞「椿宮」は、ツバキを描いた華やかな舞装束のみこ4人が、紅白の花をつけたツバキの小枝を手に優雅に舞った。また、竜の舞い遊ぶさまを表現…

続きを読む

水戸八幡宮で七五三の準備

【茨城新聞】心込め縁起物作成 水戸八幡宮 七五三の準備進む 水戸八幡宮で七五三の準備 千歳飴袋詰め /茨城 - 毎日新聞 七五三の季節を控え、水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清敬宮司)では、子どもの成長を願う縁起物「子育て笹」と「千歳飴(ちとせあめ)」の準備が進められている。 「子育て笹(ささ)」は同宮に伝わる縁起物で、笹が早く真っすぐに伸びることから、子どもが無事成長することを祈る…

続きを読む

亀山・能褒野神社秋季大祭で「豊栄の舞」奉納

亀山 能褒野神社で秋季大祭 「豊栄の舞」奉納 三重 - 伊勢新聞 【亀山】三重県亀山市田村町の能褒野神社(辻健次宮司)は8日、同神社で秋季大祭「祭祀舞(さいしまい) 」を開き、同神社氏子総代17人と地元13地区の自治会長、関係者ら計50人が列席し、家内安全と五穀豊穣を祝った。 辻宮司の献饌の儀の後、斎宮雅楽会(明和町)による笙や横笛、太鼓、歌に合わせて、祭祀舞保存会「美鈴の会」(松…

続きを読む

島田大祭の御殿様が111年ぶりに女児に

島田大祭、今年の御殿様は女の子 少子化で111年ぶり:朝日新聞デジタル  「日本三奇祭」の一つとも呼ばれ、300年以上の歴史を持つ「島田大祭」(12~14日)で今年、大名行列の「御殿様」を、111年ぶりに女児が務める。少子化に伴い、地域に年頃の男児が少なくなり、白羽の矢が立った。女児の御殿様は史上3人目という。 (中略)  島田大祭は大井神社のご神体が大井川の洪水で流され、移転…

続きを読む