博多・櫛田神社「ぎなん落とし」

【動画あり】秋告げる「ぎなん落とし」 櫛田神社|【西日本新聞ニュース】 秋の訪れ「ぎなん落とし」、櫛田神社に黄金色の実り(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース  博多の秋の風物詩「ぎなん落とし」が3日、福岡市博多区上川端町の櫛田神社であった。境内のイチョウの木「夫婦銀杏(めおとぎなん)」の実を収穫し、神前に供えた。実は皮をむいて清水で洗い、自然乾燥させて来年3月の「ぎなん祭」で配る。  夫婦銀杏は高さ22メートル、幹回り6メートル。樹齢300年余りの神木で、雌雄の木が根本から寄り添うように伸びた姿から名付けられた。夫婦円満や子孫繁栄のシンボルになっている。  この日は、古式ゆかしい装束にたすき掛けした神職が、竹ざおで枝を揺すって実を落とし、3人のみこが箸で丁寧に拾い集めた。9月末の台風でかなり実を落としましたが、色づきや生育は上々 【動画あり】大嘗祭ゆかりの舞 宗像大社|【西日本新聞ニュース】  宗像大社(宗像市)秋季大祭中日の2日、辺津宮(へつみや)本殿で例祭があり、天皇陛下の皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14日、15日)にゆかりの深い「主基(すき)地方風俗舞」が奉納された。  大嘗祭は、即位した天皇が初めて執り行う「新嘗祭(にいなめさい)」を指す。昭和天皇の即位の儀式があった1928(昭和3)年、主基斎田(さいでん)が福岡市早良区脇山に定められたことから、これを後世に伝えようと宗像大社が伝承・保存し、春と秋の大祭で…

続きを読む