兵庫県上郡町の神社で「浦安の舞」復活

神戸新聞NEXT|西播|「浦安の舞」60年ぶり復活へ 小中学生4人稽古に励む  兵庫県上郡町の奥、与井両地区にそれぞれ鎮座する八幡神社で今月中旬に行われる秋祭りで、巫女が鈴や扇を手に舞う「浦安の舞」が約60年ぶりに復活する。両神社の宮司を務める大年陵真さん(30)が令和への改元を祝して衣装や小道具を新調し、地元の女子小中学生から舞姫4人が選ばれた。本番に向けて稽古に励み「復活の舞をしっかりやり切りたい」と意気込む。 浦安の舞が披露されるのは、奥地区は宵宮の12日午後7時20分ごろと、本宮の13日午後0時50分ごろから。与井地区は宵宮の19日午後3時20分ごろと、本宮の20日午後0時50分ごろから 七五三の千歳あめ、みこがせっせと1万本の袋詰め作業 兵庫・西宮神社(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 毎年5000組が参拝 西宮神社で七五三の準備始まる | サンテレビニュース 西宮神社で早くも七五三準備!呉服店や写真館の混雑避けて多くの人が早めに参拝 | MBS 関西のニュース  11月の「七五三」を前に、兵庫県西宮市社家町の西宮神社では、千歳あめ約1万本の袋詰め作業が本格化している。  七五三の風習は江戸中期に広まったとされ、西宮神社では今年、親子連れら5千組以上のお参りを見込んでいるという。  本殿そばの脇殿などでは連日、緋袴姿のみこら7人が交代で、紅白の千歳あめとお守りを丁寧に袋に詰めている。巫女の女性(22)=西宮市=は「自分も、妹と千歳あめを分け合…

続きを読む