水戸八幡宮で七五三の準備

【茨城新聞】心込め縁起物作成 水戸八幡宮 七五三の準備進む 水戸八幡宮で七五三の準備 千歳飴袋詰め /茨城 - 毎日新聞 七五三の季節を控え、水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清敬宮司)では、子どもの成長を願う縁起物「子育て笹」と「千歳飴(ちとせあめ)」の準備が進められている。 「子育て笹(ささ)」は同宮に伝わる縁起物で、笹が早く真っすぐに伸びることから、子どもが無事成長することを祈る意味が込められている。 社務所には、みこらが心を込めて五色絹、金鈴、短冊などを結び付けた笹の小枝が次々と積み上げられた。紅白の「千歳飴」の袋詰め作業とともに10月末まで行われ、各1500個を用意 温泉の恵みに感謝 那須温泉神社で例大祭始まる|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  温泉の恵みに感謝する栃木県那須町湯本の那須温泉(ゆぜん)神社の例大祭が8日夜、同所周辺で始まった。9日まで。  午後6時すぎ、人見昇三(ひとみしょうぞう)宮司や地元の温泉関係者など約100人が神社を出発。10分ほど練り歩き、鹿の湯分湯場に到着すると、みこに扮(ふん)した町内在住の中高生2人が、末永く湧き出るよう願いを込め源泉からおけに湯をくんだ。別のみこ4人は「浦安の舞」を厳かに披露。くまれた湯は、神社にささげられた。巫女役を務め、湯をくんだ中学3年生「湯本がもっとよいまちになるよう気持ちを込めて臨んだ」 「愛着がわいた」京阪・阪急 3駅名を変更:朝日新聞デ…

続きを読む