防府天満宮「花神子社参式」

山口)花神子、愛らしく 防府天満宮:朝日新聞デジタル  山口県防府市の秋を華やかに彩る防府天満宮の「花神子(はなみこ)社参式」が13日、あった。JR防府駅前から天満宮までの約1・5キロにわたり、愛らしく着飾った稚児ら約500人が往時の大名行列をしのばせる時代絵巻を繰り広げた。  天満宮で11月23日に催される御神幸祭(裸坊祭)に向けて、一夜づくりの御酒(ごしゅ)を神前に供えて無事を祈願する伝統行事。長持ちや馬、花かご、御所車など古式ゆかしい行列が練り歩いた。主役の小学6年生(12)は重い衣装を身にまとい、緊張した様子で「結構大変だった」 この投稿をInstagramで見る ~花神子社参式~  本日花神子社参式を斎行致しました。  御神前に御酒をお供えし、御神幸祭の無事斎行と皆様方の益々の弥栄をお祈り申し上げました。花神子社参式にご奉仕いただいた皆さま、長時間に渡るご奉仕誠にありがとうございました。 また、多くの方々にお参り戴きましたことを重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。  花神子社参式とは・・・ その年の御神幸祭【裸坊祭】(令和元年11月23日)に供奉する大行司・小行司役(道真公ご着船時に在庁官人であった藤井・清水両家の末裔)が祭りの無事斎行を祈願するため、大行司・小行司役が醸した一夜御酒を花神子をして奉献する社参の式です。   #花神子社参式 #山口県 #防府市 #防府天満宮 #天満宮 #神社 #神社巡り #…

続きを読む