群馬県護国神社で例大祭

群馬の護国神社で例大祭 - 産経ニュース  明治期の戊辰戦争以降の英霊4万7000余柱が祭られている群馬県護国神社(同県高崎市)で16日、令和元年度の例大祭が開かれた。  奥澤公慶宮司と神社本庁からの使者、護国神社奉賛会などにより午前10時半から執り行われ、前橋市、館林市、藤岡市などの遺族が見守る中、巫女(みこ)による「浦安の舞」が奉納された。17日には高崎市や沼田市、渋川市の遺族が参加して執り行われる。県遺族会会長「終戦から74年を迎え、過去の悲惨な戦争体験を次の世代に伝えることがわれわれの責務だ」 国学院大で月見行事「観月祭」迫る 今年で10回目、リハーサル公開 - シブヤ経済新聞  国学院大学(渋谷区東1)で10月16日、月見行事「観月祭」のリハーサルが公開された。  平安時代に貴族が行っていた「観月祭」。同大では伝統文化の継承を目的に2010(平成22)年に学生の企画で始まり、例年800人以上が観覧に訪れるという。10回目を迎える今年は、新天皇即位と改元への祝いの思いも込める。  開催日は今月19日。参加するのは学内の公募で集まった学生約140人で、舞や楽器の演奏(約80人)だけでなく、設営や着付けなど(約60人)も学生たちが行う。写真【十二単を基に作られた装束に身を包んだ女性が舞う「浦安舞」】 伝統行事「地域のおかげ」 雨の中神楽も披露 | 麻生区 | タウンニュース  王禅寺東の武州柿生 琴平神社で10月14日、秋祭りが開催された。 …

続きを読む