鶴岡八幡宮で破魔矢作りが最盛期

「破魔矢」作りが最盛期 鎌倉・鶴岡八幡宮で24万5千本 | 話題 | カナロコ by 神奈川新聞 東京新聞:新年に向け「破魔矢」作り 鶴岡八幡宮:神奈川(TOKYO Web) 鎌倉・鶴岡八幡宮で破魔矢作りがピーク|tvk NEWS WALL|Channel OPEN YOKOHAMA  今年も残すところ、あと1カ月。鎌倉市雪ノ下2の鶴岡八幡宮では、新年に向けて縁起物の「破魔矢」作りが、追い込みに入っている。  破魔矢は、八幡宮の創建時に神宝として奉納された「黒漆矢(くろうるしのや)」(現・国宝)にちなむ。厄よけや家内安全の縁起物として、初詣客らに人気が高い。  破魔矢作りに当たる神職やみこらは、水鳥の羽根の付いた篠竹に和紙を巻いたり、金と銀の鈴を取り付けたりして、1本ずつ丁寧に仕上げていた。29日は作業が一般に公開 願い込め準備チュ~ 南砺の高瀬神社 破魔矢、絵馬など:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 初詣に向け縁起物づくり始まる - FNN.jpプライムオンライン あさってから「師走」 初詣の縁起物 準備始まる | チューリップテレビニュース  南砺市高瀬の越中一宮高瀬神社で二十九日、初詣客向けの縁起物の準備が始まった。おおみそかまでに約二百種類、二十万点を用意する。  破魔矢にひょうたんを取り付けたり、お札を袋に入れたり、神職とみこが粛々と作業している。人気の福運くじ付きの穂宝守りなどのほか、来年のえとにちなんでみこが愛らしいネズミを描いた…

続きを読む

太宰府天満宮で正月の縁起物準備

令和最初のお正月、縁起物作り始まる 太宰府天満宮|【西日本新聞ニュース】 赤い前掛けで幸運を呼びまチュウ 太宰府天満宮で正月縁起物準備始まる - 毎日新聞 新年彩る「開運の矢」…縁起物の準備、太宰府で始まる : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン “令和初”の正月準備 太宰府天満宮で縁起物作り 200万人以上の参拝客見込む 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 太宰府天満宮新年に向け縁起物の準備(RKB)  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で27日、令和になって初めて迎える新年の縁起物の準備が始まった。  縁起物は来年のえと「子(ね)」にちなんだ置物や鈴、開運の矢、鮮やかな色のちりめんのひもを輪にした福むすびなど8種類。置物と鈴はネズミが赤い前掛けをして正座している可愛らしいデザインで、人形師の中村弘峰(ひろみね)さん(33)=福岡市中央区=は「令和となって初の正月で、子はえとの始まりでもあるので気が引き締まります」と話した。初めて作業にあたった巫女さん(23)は「すがすがしい気持ちでお参りいただけるよう、ご多幸を祈りながら取り組んでいます」と真剣な表情 11月23日 山口の街並みを約300人の大行列が練り歩く 晩秋の風物詩「山口天神祭」(サンデー山口)  山口の晩秋を彩る「山口天神祭」が11月23日(土・祝)、古熊神社(山口市古熊1)など山口市中心街で開催される。古来よりの例祭や御神幸行列を今に伝える伝統行事で、約300人の歴史行列が街を練り歩く。…

続きを読む

福山・備後一宮吉備津神社「市立大祭」

福山で恒例の市立大祭始まる 五穀豊穣に感謝 児童は巫女舞奉納:山陽新聞デジタル|さんデジ  五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する恒例の「市立(いちだて)大祭」が22日、福山市新市町宮内の備後一宮吉備津神社で3日間の日程で始まった。初日は、国重要文化財の本殿で例大祭が執り行われ、地元小学生による巫女(みこ)舞などが奉納された。小学6年生「4人息をそろえて舞うことができた。来年も平和で楽しく過ごせるよう願いながら舞った」 ◆長和町の大門神社春宮が「新嘗祭(にいなめさい)」2019の祭典を行う!初めて地元の中学生による「神楽」「浦安の舞」を奉納!今年も収穫に感謝! | 東信ジャーナル[Blog版] 長和町大門の大門神社春宮(相馬実総代会長)は、今年も収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭典を行った。  今回、初めて地元中学生による「神楽」「浦安の舞」が奉納された。  また、神社境内に地域住民が集まり、神社内では関係者16人により神事が行われた。依田窪南部中学校2年の4人が舞姫に 大町の仁科神明宮 式年遷宮祭 華やかに幕  | 信濃毎日新聞[信毎web]  20年に一度の式年遷宮祭を開いている大町市社の仁科神明宮は17日、例大祭を開いて3日間の日程を終えた。この日は稚児行列や子どもみこし、県無形文化財の太々(だいだい)神楽の奉納などがあり、境内は参拝者や観光客でにぎわった。  例大祭は毎年9月に開いているが、今年は式年遷宮祭に合わせて実施した。稚児行列は式年遷宮祭…

続きを読む

岩沼・竹駒神社で大嘗祭奉祝祭

感謝の舞、みこが奉納 岩沼・竹駒神社で大嘗祭奉祝祭 | 河北新報オンラインニュース  宮城県岩沼市の竹駒神社で23日、天皇陛下の即位と皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」の開催を記念した「大嘗祭奉祝祭」があった。参列者は幕を開けた令和時代の平和と安寧を祈った。  神社役員や地元関係者ら約70人が参列。村田守宏宮司が祝詞を奏上し、稲穂を手にしたみこが神楽「竹駒の舞」を奉納した。神前には境内の神田「穂徳田(すいとくでん)」で収穫した新米をはじめ、県内各地から寄せられたリンゴやトマトなどを供えました 「大嘗祭」挙行祝い優雅に舞を奉納|愛媛新聞ONLINE  皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」が皇居・東御苑で営まれたのに合わせ、愛媛県松山市居相2丁目の伊予豆比古命神社(椿神社)で14日夜、奉祝祭が執り行われ、舞の奉納などで大嘗祭の挙行を祝った。【優雅な「万歳楽」の奉納で大嘗祭を祝った伊予豆比古命神社の奉祝祭】 神戸新聞NEXT|阪神|天皇陛下の即位を記念 広田神社で「奉祝祭」 西宮  天皇陛下の即位と大嘗祭の開催を記念した「御大礼奉祝祭」が16日、兵庫県西宮市大社町の広田神社で開かれた。式典や祝福の舞があり、「令和」の時代の安穏を祈った。【天皇陛下の即位を記念し披露された舞楽「萬歳楽」】

続きを読む

高岡・射水神社で初穂曳

天皇陛下の即位祝う 高岡・射水神社で初穂曳|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 天皇陛下の即位を祝って「初穂曳」 | チューリップテレビニュース  高岡市古城の射水神社で23日、県内から奉納された初穂米などを奉曳車(ほうえいしゃ)に載せて神社に引き入れる「初穂曳(はつほひき)」が初めて行われた。沿道は七五三で訪れた参拝客などでにぎわい、総勢約500人の市民らが天皇陛下の即位を祝った。 (中略)  初穂曳に続いて神楽祭もあり、舞や神楽など7演目を奉納。2人のみこが剣と鉾を持って邪気を払う「剣鉾の舞」は同神社で初めて行われ、令和時代の平安を祈った。NPO国際社会教育武道連盟「空手道千山道場」の堀田千宴子代表と門下生らによる演武では、気迫のこもった型で観衆を魅了した。地酒「勝駒」の振る舞い酒も 23日に初穂曳、奉曳車を披露 高岡・射水神社、天皇陛下即位祝う - おでかけニュース | 北國新聞社  高岡市の射水神社は23日、天皇即位を記念し、初穂米を「奉曳車(ほうえいしゃ)」に載せて神社へ引き入れる「初穂(はつほ)曳(びき)」を初めて行う。20日、奉曳車が披露された。  初穂曳は伊勢神宮の神(かん)嘗(なめ)祭(さい)を祝って毎年行われている行事と、射水神社で江戸から明治まで続いていた初穂米の「一升二合奉納の制」にならって行われる。奉曳車は菊花紋の幕、鳥居、「三種の神器」の鏡、剱、勾玉(まがたま)をかたどったものなどで装飾 伊勢山で「大嘗祭当日祭」 宮中に合わせ…

続きを読む

北野天満宮で大福梅の調製

新年の縁起物「大福梅」巫女が袋詰め作業 京都・北野天満宮 | 京都新聞 「大福梅」長寿願って包む 北野天満宮、来月13日から授与 /京都 - 毎日新聞  新年に向けた北野天満宮の縁起物「大福(おおふく)梅」を紙に包んで準備する作業が22日、京都市上京区の同天満宮で始まった。境内の紅梅殿には巫女(みこ)が集まり、神社で収穫したあと乾燥させた梅の実にシダ科植物のウラジロを添え、手際よく包んでいった。  平安時代に疫病がはやった際、元旦に「王服」と呼ばれる梅入りの茶を飲んで疫病退散を祈った行事が起源といわれ、現在では縁起のよい「大福」の字をあてている。12月13日から25日の終(しま)い天神のころまでに約3万袋を授与 きらびやかに稚児行列 一條大祭にぎわう 四万十市|高知新聞  「いちじょこさん」として親しまれる四万十市の一條神社(中村本町1丁目)の大祭は23日、鮮やかな衣装をまとった稚児行列が中心市街地を練り歩き、幡多路ににぎわいを運んだ。    一條大祭は、一條教房公を祭る社殿の建立を記念して江戸末期に始まったとされ、土佐の三大祭りの一つ。初日の22日は、京都市の下鴨神社から持ち帰った御神火(ごしんか)をともした提灯(ちょうちん)行列が行われた。24日まで、催しや露店でにぎわう。お母さんも衣装姿で 米国で評価が高まる日本映画と伝統文化 - ハリウッド直送便 - 芸能コラム : 日刊スポーツ 6日からロサンゼルスで開催されていた第5回アジア・ワールド・フィルム…

続きを読む

両陛下、伊勢神宮外宮にて「親謁の儀」

両陛下、伊勢神宮の外宮に拝礼 即位の礼や大嘗祭を報告:朝日新聞デジタル  天皇、皇后両陛下は22日、三重県伊勢市の伊勢神宮の外宮を訪れ、即位の礼や大嘗祭(だいじょうさい)を終えたことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」を執り行った。参拝に向かう参道では、皇后さまは今月10日のパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」で使ったオープンカーを使う予定だったが、雨のため、通常の車を使った。天皇陛下は幌付きの馬車で移動した。23日には伊勢神宮の内宮に御参拝 薄明かり 浮かぶ大嘗宮 「古代の世界」に引き込まれ - 産経ニュース  14日に皇居・東御苑で始まった「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心的儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」。舞台となる大嘗宮は日没後、かがり火と灯籠の薄明かりの中に、幻想的に浮かび上がった。茅(かや)を束ねたたいまつのような「脂燭(ししょく)」の炎に照らされ、白い装束を着た天皇陛下が姿を見せられると、集まった参列者は神秘的な“古代の世界”に引き込まれていった。【「大嘗宮の儀」が行われ、帳殿に向かわれる皇后さま=14日午後6時38分、皇居・東御苑(古厩正樹撮影)】 皇族のみやびな衣装の裏舞台 旧華族が守る衣紋道って?:朝日新聞デジタル  天皇陛下の代替わり行事の締めくくりとも言える「大嘗祭(だいじょうさい)」の中核行事「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」が14~15日に迫った。天皇、皇后両陛下や皇族方がまとう装束の着付けを担当するのが、旧華族の男性当主らでつくる一…

続きを読む

焼津・西宮神社えびす講

焼津・西宮神社えびす講 「おいべっさん」にぎわう|静岡新聞アットエス  おいべっさんの名前で地域に親しまれている焼津市栄町の西宮神社で19日、えびす講が始まった。県内最大規模のえびす講とされ、周辺は多くの参拝者でにぎわった。20日まで。  えびすさまに商売繁盛や大漁、漁の安全を祈願する伝統行事。神社前と焼津駅前通り商店街に100軒以上の露店が並び、夕方から夜にかけて多くの商店主や漁業関係者が詰め掛けた。夕祭の神事にはえびす宮総本社である兵庫県西宮市の西宮神社の神官も参加 帰省の孫ら花の舞 子どもの舞、2年ぶり復活 浜松・佐久間|静岡新聞アットエス  浜松市天竜区佐久間町今田集落の二ノ宮神社で9日夜から10日未明にかけて、伝統の「今田花の舞」が奉納された。少子化の影響で中止となっていた子どもの舞が、帰省した孫世代によって2年ぶりに復活した。  今田花の舞は、同集落の一ノ宮神社と二ノ宮神社で1年ごと交互に行われる湯立神楽。住民でつくる保存会によると、少なくとも250年以上の歴史がある。太鼓の音色に合わせ、湯釜の周りで夜通し約15演目を舞う。市内だけでなく静岡市、富士市などから孫世代の中学生2人、小学生5人が帰省 「曲水の宴」華やかに 万葉の森公園でまつり 浜松・浜北区|静岡新聞アットエス  浜松市は26日、万葉集の時代の文化に親しむ「第26回市浜北万葉まつり」(静岡新聞社・静岡放送後援)を浜北区の万葉の森公園で始めた。27日まで、短歌の朗唱や手まり作りなどを楽しめる。…

続きを読む

北上・伊勢神社で手水の作法を漫画に

手水の作法 漫画で紹介 伊勢神社 地元学生 佐藤さんが制作【岩手】(岩手日日新聞社) - Yahoo!ニュース  北上市村崎野の天照御祖神社(通称伊勢神社、伊勢義人宮司)の境内に、手水の作法を分かりやすくイラスト化したボードが設置されている。漫画家を目指す地元の専門学校生・佐藤七海さん(20)が手掛けた力作漫画。佐藤さんは「多くの方々の目に触れると思うと緊張はあるが、少しでも地元に貢献できたのならうれしい」と喜びを語る。高校3年生の頃から巫女の手伝いをしているそう 神社で正月の縁起物を準備(RKB) 福岡市西区の愛宕神社では、19日から、正月の縁起物として授与する破魔矢作りが進められています。 1日に300本を目標に作られている破魔矢は、無病息災の意味を持つ名物の赤いひょうたんが取り付けられています。 巫女さんたちはひとつひとつ丁寧にひょうたんを取り付けて仕上げていました。正月三が日で例年より10万人多い60万人の参拝を見込んでいます 華やかな稚児行列も 下古沢・本照寺でお会式 | 厚木・愛川・清川 | タウンニュース  厚木市下古沢にある本照寺(須藤教裕住職)で10月19日、『秋祭り(お会式)』が行われ、多くの地域住民が訪れ、楽しんだ。  お会式は、日蓮上人の命日にちなみ、感謝の気持ちを捧げるお祭り。現世の人間が生き生きと過ごしている様を日蓮上人に見せるために、賑やかなお祭りにしているという。色とりどりの傘が

続きを読む

岡山の中学生が「今様合」に挑戦中

平安時代の「今様合」に挑戦中 鏡野の中1、本紙記事きっかけに:山陽新聞デジタル|さんデジ  平安時代に貴族の間で流行した歌会遊び「今様合(いまようあわせ)」に、岡山県鏡野町立鏡野中1年の岡田花望(かの)さん(12)が挑戦している。今年1月、今様合に取り組む団体を紹介した本紙記事を読んだのがきっかけで、団体が京都市で開く教室や発表の場に夏から参加。「日本の伝統文化を身に付けたい」と張り切っている。謌舞楽会が法住寺(京都市)で開いた「今様合の会」では白拍子姿で冒頭に舞ったほか、歌人にすずりなどを運ぶ「諸役」を務めました 後白河法皇が愛した遊び、令和に 「今様合の会」法住寺で白拍子舞う|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞  平安時代後期に流行した歌謡「今様」を詠む「今様合(あわせ)の会」が13日、京都市東山区の法住寺で開かれた。歌人が詠む歌に合わせて、白拍子姿の女性たちが即興で優雅な舞を披露した。  今様は七五調を基本とした四節から成る。鎌倉時代以降に衰退したが、日本今様謌(うた)舞楽会(右京区)が現代に継承しようと戦後に復興し、国内外で公演を開いている。先月。上記記事に出てきた話題が 白拍子の舞、衣装新調 小松で15日イベント、中学生が稽古 - 石川県のニュース | 北國新聞社  平清盛の寵愛(ちょうあい)を受けたとされる白拍子(しらびょうし)・仏御前(ほとけごぜん)をしのぶイベント「座・白拍子」(本社後援)は15日、仏御前の出身地とされる小松市原町で行われる。今年…

続きを読む

大神神社「醸造安全祈願祭」

醸造の安全祈り舞 - 神事や酒振る舞い/大神神社で17日まで酒まつり|奈良新聞デジタル  新酒づくりの安全や業界の発展を願う醸造安全祈願祭(酒まつり)が14日、桜井市三輪の大神神社で酒造関係者ら100人が参列して営まれた。  拝殿で神事の後、4人の巫女(みこ)が神酒の入った瓶子(へいし)を供え、神杉の枝を手に「うま酒みわの舞」を披露した。…息ぴったり LAの映画祭で神事と舞 相次ぐ自然災害の鎮静を祈願(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース  アメリカ・ロサンゼルスの映画祭に日本の神社から宮司と巫女(みこ)が招かれ、相次ぐ自然災害が鎮まるよう神事と舞を奉納しました。  神事の奉納は、アジア世界映画祭で新海誠監督のアニメ映画「天気の子」が上映されるのに合わせて行われました。宮崎県高千穂神社の後藤俊彦宮司(73)と巫女の安在菜央さん(22)が会場に設置された祭壇の前で舞などを披露しました。ロサンゼルス周辺の山火事や日本の水害などが鎮まるよう 【動画あり】「北野くんち」舞奉納 稚児ら参道練り歩く|【西日本新聞ニュース】  久留米市北野町の北野天満宮で20日、例大祭「北野くんち」が開かれた。天満宮は菅原道真が祭神で、毎年10月第3日曜に催す例大祭の神幸行事は県無形民俗文化財に指定されている。  かねや太鼓を打ち鳴らし「ヤーハイ、イーヤーハイ」と声をかけながら舞を境内で奉納した。その後約1・6キロ先の下宮までの参道を河童の化身「風流師」、稚児な…

続きを読む

青森・廣田神社「大嘗祭奉祝祭」

天皇即位祝い巫女舞奉納/青森・廣田神社|文化|青森ニュース|Web東奥 大嘗祭奉祝祭(RAB) 青森市の廣田神社で行われた奉祝祭には氏子や神社の関係者およそ50人が参列しました。 新しく即位した天皇が一代に一度だけ行う重要な祭祀「大嘗祭」を祝い、小中学生の女の子11人による古式ゆかしい巫女舞が厳かに奉納されました。 ★巫女舞を奉納した 乗田雫杏さん 「お祝いとしてきょう舞えてとても良かったです。平和で豊かな日本になってほしいです」奉祝祭のあと境内ではおむすびが参拝客に振舞われました 大嘗祭始まる 福岡からも特産品“八女茶”を奉納 太宰府天満宮でも当日祭(TNCテレビ西日本) - Yahoo!ニュース 巫女たちが扇と鈴を手に舞っているのは、昭和天皇が詠まれた平安を願う歌に合わせて作られた神楽、「浦安の舞」です。 天皇陛下の即位に伴う祭祀「大嘗祭」が、14日から執り行われるのにあわせ「令和」ゆかりの地、太宰府市の太宰府天満宮でも大嘗祭当日祭が行われ、神職が国の繁栄などを祈りました。八女茶の中でも最高級と言われる「八女伝統本玉露」 hibakama / 緋袴白書RT @dazaifutenmangu: 本日、天皇陛下御即位後初めて行われる新嘗祭である「大嘗祭」が執り行われます。当宮においても10時より「皇紀2679年 大嘗祭当日祭」が斎行され、先月抜穂祭にて収穫されたお米や、巫女神楽「浦安の舞」が天神さまに奉納されました。#太宰府… at 11/15 20:1…

続きを読む

皇居「大饗の儀」で五節舞披露

「大饗の儀」が皇居で開催 参列者、陛下らと酒食を共に:朝日新聞デジタル  皇位継承に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」の中核行事「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」に参列した人たちと天皇、皇后両陛下が酒食を共にする「大饗(だいきょう)の儀」が16日、皇居・宮殿で開かれ、皇族方や三権の長ら289人が出席した。【大饗(だいきょう)の儀で披露された五節舞(ごせちのまい)=2019年11月16日、皇居・宮殿の豊明殿、宮内庁提供】朝日新聞にしか載ってない? 鹿児島)照国神社で大嘗祭当日祭 サツマイモなど供える:朝日新聞デジタル 照国神社で大嘗祭当日祭(KTS鹿児島テレビ) - Yahoo!ニュース  天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」に合わせて、鹿児島市照国町の照国神社で14日、「大嘗祭当日祭」が開かれ、関係団体の代表など約50人が参加した。  大嘗祭では「庭積(にわづみ)の机代物(つくえしろもの)」とよばれる各都道府県の農水産物が献納される。この日は、献納品の中から鹿児島県の特産品7品を宮司らが神前に供えた。巫女さんが五穀豊穣を願う神楽「豊栄舞」を披露 奄美でも「大嘗祭」 – 奄美新聞  「大嘗祭=だいじょうさい=」が皇居であった14日、瀬戸内町の古仁屋高千穂神社(昇清隆宮司)は社殿内で同行事を執り行った。厳かに祭事を進め、令和の時代の平和を祈った。  稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する宮中行事「新嘗祭=にいなめさい=」。新天皇が即位…

続きを読む

北杜・身曾岐神社「大嘗祭奉祝祭」

代替わりと秋の実り祝う 北杜・身曽岐神社 : ニュース : 山梨 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン  新天皇が一代に一度臨む皇位継承儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」が皇居・東御苑で行われたのに合わせ、北杜市の身曽岐神社の本殿で14日、「大嘗祭奉祝祭」が開催された。  同神社では毎年11月23日に新嘗祭(にいなめさい)が行われているが、今年は大嘗祭の奉祝祭として実施された。県内外から約100人が参列した。例年の新嘗祭の内容に加え、2人の巫女さんが神楽舞「浦安舞」を奉奏 大嘗祭祝う令和の舞 静岡浅間神社で「当日祭」|静岡新聞アットエス  静岡市葵区の静岡浅間神社(桜井豊彦宮司)で14日、天皇陛下一世一度の皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」が催されるのに併せた「大嘗祭当日祭」が執り行われた。  祭事には氏子ら103人が参列した。神社の大拝殿にタイや餅など18品目が供えられた後、桜井宮司が祝詞をあげた。みこによる舞も奉納され、参列者は玉串をささげた。17日まで、大嘗祭を祝した特別な御朱印も交付 大嘗祭を奉祝し五穀豊穣に感謝 富山・日枝神社|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  富山市山王町の日枝神社は14日、「大嘗祭(だいじょうさい)当日祭」を同神社で行い、氏子ら80人が参列した。同日から始まった大嘗祭を奉祝するとともに、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝した。  今年の豊作・豊漁に感謝し、神前にお神酒や農作物などを供えた後、平尾旨明宮司が祝詞を…

続きを読む

香取神宮で「大嘗祭当日祭」

千葉・香取神宮で「大嘗祭当日祭」 皇室の繁栄祈り220人参列 - 産経ニュース  皇位継承に伴う一世一度の重要な祭儀、大嘗祭(だいじょうさい)に合わせ、千葉県香取市の香取神宮で14日、「大嘗祭当日祭」が執り行われた。  同神宮は、祭事の際に天皇陛下の勅使が派遣される「勅祭社(ちょくさいしゃ)」の一つ。この日の当日祭では、陛下からの御幣物(ごへいもつ)(供え物)が神前に供えられ、総代や来賓など約220人の参列者が皇室の繁栄と新たな時代の平安を祈った。巫女さんによる「浦安の舞」の奉納などが行われました 北海道神宮で大嘗祭当日祭 奉祝記帳2万人超 - 産経ニュース  皇位継承に伴う一世一度の重要祭祀「大嘗祭(だいじょうさい)」に合わせ、札幌市中央区の北海道神宮で14日午前、大嘗祭当日祭が行われた。本殿では餅や野菜、果物などが供えられ、神楽が奉納された。  札幌管区気象台によると、北海道は同日夜から16日にかけて暴風雪や大雪となる恐れがある。しかし、当日祭が行われている間、境内は天候に恵まれ、大勢の参拝客や観光客が訪れた。北海道の開拓・発展の守護神である開拓三神と明治天皇を祀ります 宮司や巫女が神楽奉納 皇位継承合わせ各地で大嘗祭当日祭 | 話題 | カナロコ by 神奈川新聞  皇位継承の重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」に合わせ、全国各地の神社で14日、大嘗祭当日祭が行われた。横浜の総鎮守「伊勢山皇大神宮」(横浜市西区)でも氏子ら約200人が参列し…

続きを読む

伊勢神宮で「大嘗祭当日祭」

伊勢神宮で「大嘗祭当日祭」 天皇陛下の妹・黒田清子神宮祭主がご奉仕 - 伊勢志摩経済新聞 一代一度の大嘗祭、夕方から…伊勢神宮でも祭事 : ニュース : 令和・新時代 : ニュース : 読売新聞オンライン 伊勢神宮で大嘗祭の成功祈願 黒田清子さん祭主:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)  宮中で皇位継承に伴う祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」が執り行われる当日の11月14日、「大嘗祭当日祭」が伊勢神宮125社で執り行われている。  今では国民の祝日「勤労感謝の日」となっている11月23日、天皇陛下は、新穀を神々に供え自らもそれを食し、神々に感謝し、五穀豊穣(ほうじょう)、国家の安寧、世界の平和を祈る「新嘗祭(にいなめさい)」を毎年執り行っている。即位後初めて行う一代一度の「新嘗祭」が「大嘗祭」だ。  この日の伊勢地方は早朝から雨が降っていたが日の出時刻にはやみ、日中は青空と太陽が時折顔を出す天気。4時から「外宮(げくう)豊受大神宮(とようけだいじんぐう)」で、11時から「内宮(ないくう)皇大神宮(こうたいじんぐう)」でそれぞれ、神饌(しんせん)を奉納する「大御饌(おおみけ)」が、その後束帯に太刀を携えた勅使が宮中より発遣され、それぞれで7時からと14時から「奉幣の儀」が執り行われ、外宮・内宮でそれぞれの祭典を神宮祭主で天皇陛下の妹の黒田清子さんが奉仕した。熱田神宮でも午前10時から、大嘗祭当日奉幣祭が みこが「浦安の舞」 高岡、射水神社で大嘗祭当日祭|北…

続きを読む

熊野那智大社で紅葉祭

モミジの枝、ご神体「那智の滝」に…熊野那智大社・紅葉祭 - 産経ニュース 和歌山)自然の恵みに感謝 熊野那智大社で紅葉祭:朝日新聞デジタル 自然の恵みに感謝 熊野那智大社で紅葉祭(紀伊民報) - Yahoo!ニュース  紅葉の季節にあわせ自然の恵みに感謝する祭事「紅葉(もみじ)祭(まつり)」が14日、和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社と別宮・飛瀧神社であった。  平安時代の986年に花山法皇が那智山で千日行をしたとき、秋の陽光に映える紅葉をめでて歌を詠んだことにちなむ。神職や巫女(みこ)は烏帽子(えぼし)や髪飾りに紅葉をあしらい、那智の滝前で神事に臨んだ。巫女さん2人は紅葉の小枝を手に「豊栄舞」を奉納 雅やかな舞、観客魅了 ひめじ雅楽公演 - 産経ニュース  日本の伝統芸能「雅楽」に親しんでもらう「ひめじ雅楽公演」が、姫路市の播磨国総社・長生殿で行われ、観客は雅やかな旋律や舞を堪能した。  地元関係者で組織する実行委員会が初めて開催。日本雅楽協会のメンバーらが出演し、管絃(かんげん)「五常楽(ごしょうらく)」の「急」や「君が代」などを演奏した。神楽や舞楽も上演され、巫女が披露する優雅な「豊栄(とよさか)の舞」や、赤い面を着けた舞人が力強い動きで演じる「抜頭(ばとう)」に観客がじっくり見入り、幽玄の世界に浸っていた。装束が独特のようです 伊勢 園児ら健康と安全を祈願 二見興玉神社で七五三行事 三重 - 伊勢新聞 【伊勢】三重県伊勢市二見町江の二見興玉…

続きを読む

LAで高千穂神社が巫女舞奉納へ

LAで高千穂神社が舞 映画祭奉納へ - Miyanichi e-press  高千穂町の高千穂神社(後藤俊彦宮司)は、米国・ロサンゼルスで開催中の映画祭「アジアン・ワールド・フィルム・フェスティバル」で巫女(みこ)が舞うなど神事を奉納する。最終日となる現地時間の14日に大トリで公開される新海誠監督のアニメ映画「天気の子」の上映前に披露され、現地で続く大規模山火事の沈静化や世界平和へ祈りを込める。【写真】米国ロサンゼルスで山火事の沈静化などを願って奉納する「豊栄舞」を練習する安在菜央さん=高千穂町・高千穂神社 七五三の季節…神社に招かれた近くの保育園児らがおはらい 巫女から千歳飴も 三重・二見興玉神社 - FNN.jpプライムオンライン  二見興玉神社では毎年11月に地元の保育園児らを招いていて、午前10時半から3歳から5歳の保育園児およそ70人が、本殿でおはらいを受け玉串を奉げました。  この後、巫女が「おめでとうございます」と声をかけながら一人一人に千歳飴を手渡し園児らは笑顔を見せていました。元気いっぱい 徐福大祭を中国人の呉さんら訪問 熊野・波田須神社:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  熊野市波田須町の徐福の宮と波田須神社で5日開かれた例大祭を中国人3人が訪れた。波田須は、紀元前に中国・秦の始皇帝の命を受け、「不老不死の薬」を探しに来た徐福(じょふく)が上陸したとされる。例大祭を見学した中国人は、今も地域で親しまれている徐福に思いをはせ、今後の交…

続きを読む

熱海・今宮神社例大祭

女児8人が「豊栄の舞い」奉納 熱海市の今宮神社例大祭 | 熱海ネット新聞 熱海市の今宮神社例大祭が10月19日、20日の両日斎行され、宵宮祭と本祭で地元の女児8人が本殿前で「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納した。小嵐、栄光熱海中央保育園、緑ガ丘幼稚園の園児と第二小の児童で今年10月1日から稽古に励んできた。稚児舞育成会の藤間浩さんが泉明寺みずほ宮司ととも指導してきた。 「豊栄の舞」は、太陽に感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う舞で稚児たちは厳かな雰囲気の中、雅楽独特の琴や拍子に合わせ、もみじを手に優雅な舞いを披露。参拝者から拍手を浴びた。だいぶ前になってしまいましたが… 稚児行列 一生の記念 津幡・宣龍寺:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  津幡町の宣龍寺の稚児行列が三日、能瀬であった。参加申し込みがあった子どもたち十人が保護者に手を引かれたり、抱かれたりしながら集合場所の能瀬第二会館から同寺まで百メートルを歩いた。日蓮聖人生誕八百年法要と住職の入山式を祝っての催し 稚児行列、きらびやかに装って 若狭・浄蓮寺:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  浄土真宗の宗祖親鸞聖人の遺徳をしのぶ七百五十回御遠忌法要に合わせ、若狭町鳥浜の浄蓮寺で二十七日、鮮やかな狩衣(かりぎぬ)やはかま姿に着飾った子どもたちが練り歩く稚児行列があった。  同寺での稚児行列は、蓮如上人の五百回御遠忌法要以来、二十年ぶり。法要と併せて、同町や美浜町の十寺院が毎年持ち回…

続きを読む

大神神社で大杉玉掛け替え

酒の神まつる神社で200キロの大杉玉掛け替え 奈良・桜井 - 毎日新聞 近づく酒まつり - 大杉玉掛け替え/大神神社|奈良新聞デジタル  酒造りの守り神としても知られる奈良県桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で8日、拝殿などにつるしている二つの「大杉玉」が掛け替えられた。14日には新酒醸造の無事を祈る「醸造安全祈願祭(酒まつり)」が行われる。  大杉玉は直径約1・5メートル、重さ約200キロで、神社の職員たちが三輪山の杉で作った。職員たちが古い大杉玉をワイヤで下ろし、緑の新しい玉を固定。最後に巫女(みこ)が「志るしの杉玉」などと書かれた木札を付けて作業が完了した。巫女さん「今年もおいしい酒が造られることを祈りました」 栃木)二荒山神社中宮祠で落ち葉焚き 奥日光:朝日新聞デジタル 奥日光に冬到来 二荒山神社で落ち葉たき /栃木 - 毎日新聞  奥日光の二荒山神社中宮祠で、立冬の8日、恒例の落ち葉焚(た)きがあった。境内の紅葉が遅れ気味だったため、カエデやカラマツ、ヤシオツツジなどの落ち葉は例年より少なめだった。  落ち葉焚きは神職や巫女(みこ)が竹ぼうきでかき集めて山をつくり燃やすもの。集まったカメラマンたちは時折、風にあおられて落ち葉が舞う光景にシャッターを切っていた。初体験という巫女さん(21)は「風流で気分がいい。落ち葉の中に置いた焼き芋が楽しみです」 熱海高3年がガイド練習 来宮神社でOB指導 生徒考案ツアー向け / 伊豆新聞デジタル  熱海高ビジ…

続きを読む