世田谷・北澤八幡神社の初詣

北澤八幡神社の初詣 おでん屋台やみこ舞いも - 下北沢経済新聞  下北沢の北澤八幡神社(世田谷区代沢3、TEL 03-3422-1370)では、2020年の初詣にも多くの参拝客が訪れる見込みだ。  北沢、代沢を氏子地区とする同神社は、都内では珍しい境内から富士山を眺めることができる神社の一つとして、2018(平成30)年「八幡さま御鎮座550年事業」の一環で、境内に点在していた富士山…

続きを読む

小矢部・埴生八幡宮で児童が浦安の舞練習

元日奉納へ浦安の舞練習 小矢部・埴生八幡宮で石動小児童|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  元日に小矢部市埴生の埴生護国八幡宮で浦安の舞を奉納する地元の女子児童が29日、同宮で仕上げの稽古に励んだ。 (中略)  児童は、みこ装束で鈴や檜扇(ひおうぎ)を手に優雅な舞を演じ、氏子の宗田孝子さんと宗田純子さんから指導を受けて所作を確認した。元日の舞は初めてとなる高島さんは「他…

続きを読む

淡路・事代主神社十日戎祭の福娘お披露目

神戸新聞NEXT|淡路|十日戎祭の「福娘」お披露目 淡路・事代主神社  「仮屋のえべっさん」と親しまれる兵庫県淡路市仮屋の事代主神社で28日、来年1月の「十日戎祭」で参拝客に福を授ける福娘がお披露目された。 (中略)  お披露目会にはこのうち4人が参加し、撮影に応じた。中野さんは「参拝客が良い1年を送れるよう、きれいな心で祈りたい」とほほ笑む。祭は1月9~11日。福娘は10日午…

続きを読む

行橋・正八幡宮で巫女の研修

初詣に備え巫女さん研修 行橋・正八幡宮、着付けや所作学ぶ|【西日本新聞ニュース】  約7万人の初詣客を見込む行橋市神田町の正八幡宮で29日、臨時の巫女(みこ)を務める女子高校・大学生の研修があり、13人が所作や注意点を学んだ。  同神社では1月6、7日ごろまでに16人が臨時の巫女を務め、お札やお守り、おみくじの窓口などで対応する。研修では着付けをはじめ、お守りを手渡すときの態度、言葉…

続きを読む

防府天満宮で巫女の研修

山口・防府天満宮で巫女研修|山口朝日放送 山口 防府天満宮で巫女研修 - テレ朝news - テレビ朝日 新年を前に防府天満宮では臨時で巫女をつとめる人たちの研修が行われました。研修を受けたのは、巫女をつとめるアルバイトの大学生や高校生など約50人です。巫女としての心構えや礼儀作法を学んだあとは清らかな巫女装束に身を包み、正月に頒布されるお守りや破魔矢などの説明を受けました。防府天満宮で…

続きを読む

新潟・白山神社で初詣の準備

白山神社 100種類用意 初詣に向け縁起物準備大詰め【新潟市中央区】 - FNN.jpプライムオンライン UX新潟テレビ21 » 初詣の準備進む 新潟市白山神社 縁起物を丁寧に並べ 巫女ら正月準備 新潟・白山神社 /新潟 - 毎日新聞 令和初めての正月を前に、新潟市の神社では初詣に向けた準備が進んでいます。毎年18万人以上の初詣客が訪れる白山神社。新年を迎えるにあたり、来年の干支である…

続きを読む

神戸・生田神社で来年一月限定の御朱印

神戸新聞NEXT|総合|限定御朱印や仮装マラソン 令和初の迎春へ着々  令和初の新しい年を盛り上げるため、兵庫県内の神社や各施設が、令和にこだわった催しの開催などを計画し、準備を進めている。  生田神社(神戸市中央区)は、来年1月限定の御朱印で新年を祝う。「神戸らしく」と、六甲山や神戸港をあしらったデザインにした。3万枚を用意。沢田政彰権禰宜(34)は「今年は天皇陛下の御大典や伊勢神…

続きを読む

直方・多賀神社で巫女の研修

巫女さん初詣に備え研修中 直方市の多賀神社|【西日本新聞ニュース】  城下町の総鎮守として栄えた歴史を持つ福岡県直方市の多賀神社で27日、多くの人出が見込まれる初詣客をおもてなしするため、臨時の巫女(みこ)を務める女性たちが心構えや立ち居振る舞いを学ぶ研修が行われた。  朱色の巫女の装束を着た高校生から社会人までの18人が参加。神殿で無事にお勤めを果たすよう祈りを込めた「奉仕始祭(ほ…

続きを読む

福山・三蔵稲荷神社で巫女研修

参拝客をお出迎え 福山市の神社で巫女研修 広島(HOME広島ホームテレビ) - Yahoo!ニュース あといくつ寝ると「令和最初の」お正月…福山の神社で巫女さんの研修(テレビ新広島) - Yahoo!ニュース 巫女の研修が行われたのは、福山市丸之内の三蔵稲荷神社です。研修には、地元の高校生や大学生ら12人が参加し、言葉遣いなどの作法や参拝者への応対を学んだほか、お守りや御札を渡す練習など…

続きを読む

那覇・沖縄県護国神社で初詣の準備

30万人の初詣客を見込み準備大忙し 那覇の護国神社 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス 神社では初詣の準備 – QAB NEWS Headline  新年の初詣に向けて、縁起物の福笹(ささ)や破魔矢の製作が26日、那覇市奥武山町の護国神社であった。巫女(みこ)16人が「平和祈念」や「家内守護」の札や、ヒョウタンを一つ一つ丁寧にくくり付けていた。  同神社は…

続きを読む

郡山・安積国造神社で破魔矢作り

新年の『幸』射止めて!破魔矢作り最盛期 郡山・安積国造神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet 子孫繁栄に五穀豊穣…福島県郡山市の神社で縁起物「破魔矢づくり」が最盛期 参道では歳の市も - FNN.jpプライムオンライン 福島県郡山市の安積国造神社では新年に向けて正月の縁起物『破魔矢』づくりが最盛期を迎えている。 災難を払うとされる「破魔矢」。 拝殿では巫女が子…

続きを読む

北海道神宮で鏡餅づくり

北海道神宮で鏡餅づくり もち米24キロを手際よく! 初詣の準備着々と - FNN.jpプライムオンライン  新年を迎える準備が大詰めとなった北海道神宮では、午前9時から鏡餅づくりが始まりました。  神職がお祓いし、炊きたてのもち米24キロが運ばれると力を込めて手際よくついていきました。  つきあがった餅は巫女たちが一つ一つ丁寧に形を整えたあと、大小17個の鏡餅となり、新年に行わ…

続きを読む

野田・櫻木神社で迎春準備

迎春準備着々と 野田・櫻木神社の御朱印 【月刊ほぼ実物大ニュース】 | 千葉日報オンライン  新年まで残りわずかとなり、野田市の櫻木神社(高梨富弥宮司)で来年のえと「ねずみ」をあしらった正月限定の御朱印頒布の準備が進んでいる。  金色の和紙に、ひらがなの「ね」でネズミのイラストを描き、それぞれ社名印、山桜の社紋印を押したもの、境内のサクラの枝を材料にした和紙に「子」の象形文字を記した…

続きを読む

東京・板橋「天祖神社歌占」

大学倶楽部・成蹊大:平野教授と共同作製の天祖神社歌占 新たな歌占追加 - 毎日新聞  成蹊大学文学部日本文学科の平野多恵教授(文学)と東京都板橋区の天祖神社が共同で同神社オリジナルの和歌みくじ「天祖神社歌占(うたうら)」を制作している。これまで天照大御神や月読命(つくよみのみこと)など16種類の歌占が制作され、多くの参拝者に親しまれている。今月、新たに「倭建命(やまとたけるのみこと)」と「…

続きを読む

安曇野・穂高神社で巫女の研修会

長野県 令和の正月、巫女も気を引き締めて 安曇野の穂高神社で研修会|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 臨時の巫女 心構え学ぶ 四柱神社、穂高神社 | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス  正月三が日で全国から9万人の初詣客を見込む安曇野市の穂高神社で22日、巫女(みこ)を務めるアルバイトの研修会があった。同市や松本市などの高校生や大学生ら23人が参加。緊張気味に、心構えやお守りの…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で臨時巫女の研修会

周南・遠石八幡宮で新春準備 令和初の三が日に備え、学生の巫女13人が研修 - 周南経済新聞 山口)巫女の着付けや作法学ぶ 遠石八幡宮で研修会:朝日新聞デジタル  周南市の遠石八幡宮(周南市遠石)で12月25日、初詣客を迎える巫女(みこ)の研修会があり、地元の女子高生らが巫女の心構えや作法などを学んだ。  正月三が日、約20万人の参拝客を見込む同神社。毎年希望者を募り、アルバイトの巫…

続きを読む

春日大社「十日えびす」福娘の研修

奈良)新年に向け福娘準備 春日大社で作法学ぶ:朝日新聞デジタル 春日大社十日えびす 福娘の準備すすむ|TVN NEWS|奈良テレビ放送  春日大社(奈良市)の末社・佐良気(さらけ)神社で来年1月10日に開かれる「十日えびす」に向け、縁起物を授ける福娘が23日、春日大社で研修を受けた。昨年に続いて福娘に選ばれたサントリーグループの社員6人が、当日の作法を学んだ。  6人は、藤岡信宏禰…

続きを読む

富山・日枝神社で臨時巫女の認証式

富山)巫女さん準備万端 日枝神社で認証式:朝日新聞デジタル 巫女さん認証式 | チューリップテレビニュース  神事の手伝いや、お守りの授与などを担当する臨時巫女(みこ)の認証式が22日、富山市山王町の日枝神社であり、高校生や大学生ら約30人が出席した。  白衣と緋色(ひいろ)のはかま姿の臨時巫女らは、緊張した面持ちで拝殿に参拝。平尾旨明(むねあき)宮司から「参拝される皆さんは色々な…

続きを読む

鹿児島・照国神社で巫女の研修会

鹿児島)アルバイト巫女さんの研修会:朝日新聞デジタル  令和最初の年越しと初詣を前に、鹿児島市の照国神社で22日、大みそかや三が日にアルバイトで巫女(みこ)を務める大学生らへの説明会があった。男女約110人が参加し、参拝客への応対を学んだ。  参加者は白い衣に女性は朱色、男性は白いはかまに着替えて臨んだ。講師役の神職が、基本的な接遇マナーに加え、熊手や破魔矢など授与品の種類や数え方な…

続きを読む

松江で子供たちが佐陀神能を披露

島根)伝統を継承へ 子どもたちが佐陀神能を披露:朝日新聞デジタル  2011年にユネスコ世界無形文化遺産に登録された松江市鹿島町の佐太神社の神事の舞「佐陀神能(さだしんのう)」。この舞の若者への継承を目的に今年、佐陀神能保存会や同町の鹿島公民館などにより立ち上げられた「子ども佐陀神能体験教室」の初めての発表会が22日、同公民館であった。小学1~5年の9人の子どもたちが日頃の練習の成果を披露…

続きを読む