世田谷・北澤八幡神社の初詣

北澤八幡神社の初詣 おでん屋台やみこ舞いも - 下北沢経済新聞  下北沢の北澤八幡神社(世田谷区代沢3、TEL 03-3422-1370)では、2020年の初詣にも多くの参拝客が訪れる見込みだ。  北沢、代沢を氏子地区とする同神社は、都内では珍しい境内から富士山を眺めることができる神社の一つとして、2018(平成30)年「八幡さま御鎮座550年事業」の一環で、境内に点在していた富士山の溶岩から「富士山遥拝所」が造られた。 (中略)  神楽殿では、元日から3日まで正午ごろからはやしを、13時~16時には、1時間ごとにみこ舞いを行う。社務所の開閉時間は、12月31日=10時~、元日=18時まで、2日・3日=9時~18時、4日・5日=9時~17時、6日以降=10時~16時 新橋烏森神社で令和元年年越大祓と大嘗祭奉祝ご朱印授与 - 新橋経済新聞  新橋・烏森神社(港区新橋2)が現在、令和元年特別ご朱印を授与している。  同神社では大嘗祭に先立ち10月1日から一枚和紙の大嘗祭奉祝特別ご朱印を参拝客に授与。ご朱印受領者には新嘗祭のお供米として献上した「献上米」も進呈している。初穂料は500円。  烏(カラス)をあしらった社紋に「烏森神社」と書かれた年越大祓(としごえのおおはらえ)ご朱印にも、令和元年の文字が入り、ご朱印受領者には「災禍消除(さいかしょうじょ)御守」と「祓の塩」を併せて授与する。12月31日まで。大みそかから元旦にかけての神事は、22時30分から年…

続きを読む

小矢部・埴生八幡宮で児童が浦安の舞練習

元日奉納へ浦安の舞練習 小矢部・埴生八幡宮で石動小児童|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  元日に小矢部市埴生の埴生護国八幡宮で浦安の舞を奉納する地元の女子児童が29日、同宮で仕上げの稽古に励んだ。 (中略)  児童は、みこ装束で鈴や檜扇(ひおうぎ)を手に優雅な舞を演じ、氏子の宗田孝子さんと宗田純子さんから指導を受けて所作を確認した。元日の舞は初めてとなる高島さんは「他のみんなと踊りがそろうように頑張りたい」と話した。元日の午前9時半、午後1時半、同2時半の計3回奉納 絵馬納め 一年に思いはせ 安宅住吉神社で1800枚:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  参拝客が奉納した絵馬を取り外す絵馬納めが二十八日、小松市安宅町の安宅住吉神社であった。  中原丈仁権禰宜(ごんねぎ)(65)が祓詞(はらいじ)を奏上(そうじょう)し、みこが式神楽で絵馬を清めた。同神社は、歌舞伎「勧進帳」の舞台「安宅の関」にちなみ、難関突破の守護神がまつられている。受験合格、病気回復、安産祈願の願いなどが書かれた絵馬約千八百枚をみこが丁寧に取り外した。六月の分と合わせた約三千五百枚を一月十五日の左義長で焼きます 良き年ねがい 南砺の高瀬神社 みこ鈴新調:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  南砺市高瀬の高瀬神社は、新年初祈祷(きとう)のみこ鈴はらいで使う鈴を新しくした。祭神の大国主命(おおくにぬしのみこと)(大黒さま)にあやかり打ち出の小づちをモチーフに井波…

続きを読む

淡路・事代主神社十日戎祭の福娘お披露目

神戸新聞NEXT|淡路|十日戎祭の「福娘」お披露目 淡路・事代主神社  「仮屋のえべっさん」と親しまれる兵庫県淡路市仮屋の事代主神社で28日、来年1月の「十日戎祭」で参拝客に福を授ける福娘がお披露目された。 (中略)  お披露目会にはこのうち4人が参加し、撮影に応じた。中野さんは「参拝客が良い1年を送れるよう、きれいな心で祈りたい」とほほ笑む。祭は1月9~11日。福娘は10日午前8時~午後5時、口上を述べてササを振り、参拝者の健康や商売繁盛などを祈る。餅まきなども 令和初の「商売繁盛」布施戎福娘が市長表敬 - 産経ニュース ミス福娘決定!2020年布施戎神社|東大阪バーチャルシティ  来年1月9~11日に大阪府東大阪市の布施戎(えびす)神社で行われる「布施戎」で商売繁盛の福ざさを参拝客らに授けるミス福娘と準ミス福娘が2日、烏帽子をかぶった巫女姿で同市役所に野田義和市長を表敬訪問した。  ミス福娘は同市出身で龍谷大4年の野口明香里さん(21)、準ミス福娘は立命館大1年の仲間由依さん(19)=奈良県生駒市出身=と近畿大3年の道林明日香さん(20)=熊本市出身。3人とも東大阪市に住んでおり、ミスと準ミス全員が「地元在住」なのは十数年ぶりという。期間中約15万人の人出を見込んでいます 佐賀大生が大阪・今宮戎神社の「福娘」の1人に 2637人の中から選ばれる - 佐賀経済新聞  大阪・今宮戎(いまみやえびす)神社(大阪府浪速区)が11月30日に発表した来年の…

続きを読む

行橋・正八幡宮で巫女の研修

初詣に備え巫女さん研修 行橋・正八幡宮、着付けや所作学ぶ|【西日本新聞ニュース】  約7万人の初詣客を見込む行橋市神田町の正八幡宮で29日、臨時の巫女(みこ)を務める女子高校・大学生の研修があり、13人が所作や注意点を学んだ。  同神社では1月6、7日ごろまでに16人が臨時の巫女を務め、お札やお守り、おみくじの窓口などで対応する。研修では着付けをはじめ、お守りを手渡すときの態度、言葉遣いなどを教わった。友人に誘われ初めて参加する高校生(17)「覚えることが多く緊張する。丁寧で間違いのない対応をしたい」 初詣準備、巫女ら笑顔 佐賀市の佐嘉神社 破魔矢やお守り並べ|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  佐賀市松原の佐嘉神社では29日、巫女(みこ)らが正月の初詣客を迎える準備に追われた。境内の授与所には破魔矢やお守りなどがきれいに並べられた。神社は三が日だけで35万人の人出が予想されている。  集まった高校生や大学生などアルバイトの巫女72人が紅白の装束に身を包み、参拝客への対応を学び、参拝の作法などを確認しだ。初めて巫女を務めるという高校3年生(18)は「巫女さんの服を着てみたかった。本番が近づき、どきどきしている。しっかり頑張ります」と笑顔 巫女さんの“仕事始め” 雲仙・橘神社(長崎新聞) - Yahoo!ニュース  官公庁や企業などの仕事納めから一夜明けた28日、長崎県雲仙市千々石町の橘神社では巫女(みこ)17人が“仕事始め”。境内の清掃やお守…

続きを読む

防府天満宮で巫女の研修

山口・防府天満宮で巫女研修|山口朝日放送 山口 防府天満宮で巫女研修 - テレ朝news - テレビ朝日 新年を前に防府天満宮では臨時で巫女をつとめる人たちの研修が行われました。研修を受けたのは、巫女をつとめるアルバイトの大学生や高校生など約50人です。巫女としての心構えや礼儀作法を学んだあとは清らかな巫女装束に身を包み、正月に頒布されるお守りや破魔矢などの説明を受けました。防府天満宮では、キャッシュレス決済を導入してから初めての正月を迎えるとあって巫女たちは真剣に説明を聞いていました。「初めてなのでちょっと不安なんですけど、参拝客の方に失礼のないように対応できればなと思います」 hibakama / 緋袴白書RT @hofutenmangu904: 正月臨時奉仕巫女の説明会を行いました。#おもてなし研修 #正月 #初詣#防府天満宮 #巫女 https://t.co/TWBukFQldz at 12/29 18:20 初詣客迎える巫女が着付け練習 福山八幡宮で研修会:山陽新聞デジタル|さんデジ  初詣客を迎える巫女(みこ)の研修会が28日、福山市北吉津町の福山八幡宮で開かれた。高校生や大学生ら約40人が礼儀作法や衣装の着付けを学んだ。  吉川泰正禰宜(ねぎ)が「参拝者の一番近くで接するのが巫女。いい年を迎えられるよう笑顔を心掛けて」とあいさつした後、神職がお守りやお札などの渡し方、言葉遣いについて説明し、全員で参拝者への声の掛け方を練習した。  白衣とはかま…

続きを読む

新潟・白山神社で初詣の準備

白山神社 100種類用意 初詣に向け縁起物準備大詰め【新潟市中央区】 - FNN.jpプライムオンライン UX新潟テレビ21 » 初詣の準備進む 新潟市白山神社 縁起物を丁寧に並べ 巫女ら正月準備 新潟・白山神社 /新潟 - 毎日新聞 令和初めての正月を前に、新潟市の神社では初詣に向けた準備が進んでいます。毎年18万人以上の初詣客が訪れる白山神社。新年を迎えるにあたり、来年の干支である「ネズミ」が描かれた縁起物などが並べられました。1年の災いや厄をはらい福を呼び込む「破魔矢」や、多くの福や幸運をかき集める「熊手」などおよそ100種類の縁起物が用意されています。26日から縁起物の販売が始まり、来月15日まで続きます 令和記念 鈴を新調 南砺・高瀬神社、打ち出の小づちモチーフ|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  南砺市高瀬(井波)の高瀬神社は、新年初祈祷(きとう)のみこ鈴はらいで使う鈴を新調した。  令和の時代を迎えた節目に加え、同神社の祭神、大国(おおくに)主命(ぬしのみこと)が来年のえとのネズミとゆかりが深いことにちなみ作った。打ち出の小づちをモチーフに、井波彫刻師の南部白雲さんの工房が手掛けた。豪華ですね 正月限定御朱印いかが 南砺の高瀬神社 令和の時代祝う|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  南砺市高瀬(井波)の高瀬神社は1~7日、初詣の参拝客に正月限定の御朱印を授与する。  新たに始まった令和の時代を祝おうと、初めて実施。御朱印は…

続きを読む

神戸・生田神社で来年一月限定の御朱印

神戸新聞NEXT|総合|限定御朱印や仮装マラソン 令和初の迎春へ着々  令和初の新しい年を盛り上げるため、兵庫県内の神社や各施設が、令和にこだわった催しの開催などを計画し、準備を進めている。  生田神社(神戸市中央区)は、来年1月限定の御朱印で新年を祝う。「神戸らしく」と、六甲山や神戸港をあしらったデザインにした。3万枚を用意。沢田政彰権禰宜(34)は「今年は天皇陛下の御大典や伊勢神宮への参拝もあり、神社が身近に感じられる年だった。もっと関心を高めるきっかけに」と話す。初穂料は500円。兵庫県稲美町では1月2日、毎年恒例の「いなみ新春万葉マラソン大会」が 神戸新聞NEXT|姫路|2千個のちょうちんで新年明るく 姫路護国神社で試験点灯  白鷺宮とも呼ばれる姫路護国神社(兵庫県姫路市本町)で27日、初詣客を迎える「新年万燈祭」の準備として、ちょうちん約2千個の試験点灯があった。元旦の午前0時に点灯され、令和初となる迎春ムードを高める。  1978年から続く風物詩で、幅40メートル、奥行き30メートルにわたり、境内を覆うようにちょうちんがつるされる。播磨や但馬地域の戦没者遺族や地元の企業が寄贈したもので、主に正月にふるさとへ戻る先祖の御魂にささげる意味があるという。点灯は10日まで。三が日は日没から午後8時、4~10日は同7時まで 住吉大社で迎春準備 授与品の仕上げ作業も - 大阪日日新聞 大阪・住吉大社で正月を迎える準備進む(ABCテレビ) - Yahoo!ニュー…

続きを読む

直方・多賀神社で巫女の研修

巫女さん初詣に備え研修中 直方市の多賀神社|【西日本新聞ニュース】  城下町の総鎮守として栄えた歴史を持つ福岡県直方市の多賀神社で27日、多くの人出が見込まれる初詣客をおもてなしするため、臨時の巫女(みこ)を務める女性たちが心構えや立ち居振る舞いを学ぶ研修が行われた。  朱色の巫女の装束を着た高校生から社会人までの18人が参加。神殿で無事にお勤めを果たすよう祈りを込めた「奉仕始祭(ほうしはじめさい)」の神事でおはらいを受けた後、青山和史宮司(53)から歩き方やおじぎの仕方、おもてなしの心構えや言葉遣いなどを教わった。大学生(18)「小さい頃から巫女さんに憧れがあった。お参りに来た方々が『この1年間頑張ろう』と思ってもらえるよう、精いっぱいおもてなしをしたい」 1年間のほこり、はらい清めて 阿蘇神社ですす払い(熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース  熊本県阿蘇市一の宮町の阿蘇神社で26日、1年間のほこりや災いをはらい清めようと、神職らが仮拝殿や斎館のすすを払った。今年奉納された絵馬も外し、新年を迎える準備をした。  小雨の中、神職らは長さ約7メートルの竹の葉を使ってほこりを落とした。今年は阿蘇中岳の噴火が続き、神社一帯も降灰がある状況。写真「絵馬を外す巫女」 すっきり清めて新年を 大分市の大分県護国神社で年末恒例「すす払い」 - 大分経済新聞  大分市の大分県護国神社(大分市牧、TEL 097-558-3096)で12月25日、年末恒例の「すす払い」があ…

続きを読む

福山・三蔵稲荷神社で巫女研修

参拝客をお出迎え 福山市の神社で巫女研修 広島(HOME広島ホームテレビ) - Yahoo!ニュース あといくつ寝ると「令和最初の」お正月…福山の神社で巫女さんの研修(テレビ新広島) - Yahoo!ニュース 巫女の研修が行われたのは、福山市丸之内の三蔵稲荷神社です。研修には、地元の高校生や大学生ら12人が参加し、言葉遣いなどの作法や参拝者への応対を学んだほか、お守りや御札を渡す練習などを交代で行いました。 三蔵稲荷神社は約400年前から続く神社で、正月の三が日にはおよそ10万人の参拝客を見込んでいます。「来られた方々が一年間笑顔で過ごせれるように、私も笑顔でがんばりりたいと思います」巫女さんの名前が難しい 心込め初詣客接待 大麻比古神社でみこ研修【令和とくしま師走点描】|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞 大麻比古神社で巫女の研修|NNNニュース 大麻比古神社 みこの研修会|NHK 徳島県のニュース  参拝者に気持ち良く新年を迎えてもらおうと、鳴門市大麻町の大麻比古神社で26日、正月にみこ役を務める女性の研修会があった。  県内の高校生や大学生ら33人が白衣と緋袴に身を包み、参拝方法やお守りの渡し方を学んだ。高校2年生(16)は「参拝者に対応してくれるみこに憧れていた。しっかり役割を務めたい」と 門松ではなく…『杉盛り』づくり 神戸・生田神社で迎春準備(関西テレビ) - Yahoo!ニュース 「杉盛」づくりで迎春準備 神戸・生田神社(ABCテレビ)…

続きを読む

那覇・沖縄県護国神社で初詣の準備

30万人の初詣客を見込み準備大忙し 那覇の護国神社 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス 神社では初詣の準備 – QAB NEWS Headline  新年の初詣に向けて、縁起物の福笹(ささ)や破魔矢の製作が26日、那覇市奥武山町の護国神社であった。巫女(みこ)16人が「平和祈念」や「家内守護」の札や、ヒョウタンを一つ一つ丁寧にくくり付けていた。  同神社は正月5日までに約30万人の初詣客を見込む。福笹は千体、破魔矢は1万体を用意する。同神社で働き始めて初めての正月を迎える巫女さん(20)「皆さまがいい1年を過ごせますように」 波上宮で正月準備進む – QAB NEWS Headline 25日、那覇市の波上宮では1年でたまったほこりなどを落としきれいな状態で新年を迎えるための神事すす払いが行われました。 年末のこの時期に行われるすす払いでは神職や巫女などが斎竹と呼ばれる長い笹などを使い1年の汚れを取り払いました。また鳥居には長さおよそ15メートル、重さおよそ130キロにもなる大きなしめ縄もかけられました。巫女さんの出番短い… 新年に備え「すす払い」 鹿児島市の照国神社 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com 正月準備着々と 鹿児島市の照国神社がすす払い(KTS鹿児島テレビ) - Yahoo!ニュース 鹿児島市の神社 新年を迎える準備すすむ|NNNニュース  鹿児島市の照国神社で25日、拝殿にたまった…

続きを読む

郡山・安積国造神社で破魔矢作り

新年の『幸』射止めて!破魔矢作り最盛期 郡山・安積国造神社:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet 子孫繁栄に五穀豊穣…福島県郡山市の神社で縁起物「破魔矢づくり」が最盛期 参道では歳の市も - FNN.jpプライムオンライン 福島県郡山市の安積国造神社では新年に向けて正月の縁起物『破魔矢』づくりが最盛期を迎えている。 災難を払うとされる「破魔矢」。 拝殿では巫女が子孫繁栄を祈る白いネズミの張子や、五穀豊穣を祈る金色のひょうたんを手際よく飾り付けていく。巫女さん「2019年は台風の影響で辛い思いをされた方もたくさんいらっしゃったと思うので、2020年は穏やかな一年になるよう皆様の幸せをお祈りして一つ一つ丁寧にお作りしております」 初詣へ縁起物作り 美里の伊佐須美神社 | 福島民報 幸願い「幸先矢」作り 会津美里・伊佐須美神社、新年の準備:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  会津美里町の伊佐須美神社で、初詣に向けた幸先矢(さいさきや)などの縁起物作りが行われている。  同神社の幸先矢は紅白の矢二本一組で、赤は災難よけ、白は幸福を招くとされている。二十六日は大沼高生ら十人ほどが家内安全、商売繁盛などの願いを込めながら作業した。三十一日は午後四時から年越しの大祓(おおはらえ)などの神事を 師走点描>令和初の正月に幸託す 破魔矢作り(石巻市・鹿島御児神社) | 石巻かほく | 河北新報オンラインニュース  石巻地方では新年に向けた…

続きを読む

北海道神宮で鏡餅づくり

北海道神宮で鏡餅づくり もち米24キロを手際よく! 初詣の準備着々と - FNN.jpプライムオンライン  新年を迎える準備が大詰めとなった北海道神宮では、午前9時から鏡餅づくりが始まりました。  神職がお祓いし、炊きたてのもち米24キロが運ばれると力を込めて手際よくついていきました。  つきあがった餅は巫女たちが一つ一つ丁寧に形を整えたあと、大小17個の鏡餅となり、新年に行われるお祭り用として本殿や武道場の神棚などに供えられます。神職さんも力仕事 新年に向け巫女たちが"すす払い" 北海道神宮 三が日で75万人の見込み - FNN.jpプライムオンライン  北海道神宮で毎年12月26日に行われている「すす払い」。  新年を迎えるにあたって、今年1年でたまったほこりを払う恒例の行事です。  26日は午前9時すぎから、神職や巫女が長さ4メートルの竹竿に笹を付けた専用のほうきで、普段は手が届かない天井の隙間などのほこりを払いました。参拝者は三が日で75万人が訪れる見込み 縁起物に福来たれ 樽前山神社 巫女が点検:北海道新聞 どうしん電子版  苫小牧市高丘の樽前山神社で、新年を前に破魔矢などの初詣の縁起物の点検が最盛期を迎えている。  同神社では魔よけの破魔矢を4千本、福を呼び込む熊手を約千本、福笹(ふくざさ)を約100本用意。点検作業は12月上旬から始まり、同神社の巫女(みこ)延べ約40人が大みそかまでほぼ毎日、文字の印刷や破損、汚れなどを確認…

続きを読む

野田・櫻木神社で迎春準備

迎春準備着々と 野田・櫻木神社の御朱印 【月刊ほぼ実物大ニュース】 | 千葉日報オンライン  新年まで残りわずかとなり、野田市の櫻木神社(高梨富弥宮司)で来年のえと「ねずみ」をあしらった正月限定の御朱印頒布の準備が進んでいる。  金色の和紙に、ひらがなの「ね」でネズミのイラストを描き、それぞれ社名印、山桜の社紋印を押したもの、境内のサクラの枝を材料にした和紙に「子」の象形文字を記したものの3種類をそろえた。  神社での準備「御朱印浄印始め」は11月初旬から始まり、2カ月かけ行う。みこの大和田緋莉さん(24)、桜井麻衣さん(29)は「御朱印を受け取られた人たちが幸せな気持ちになり、良い1年を過ごせますように」と述べ、真剣な表情で作業を進めていた。「※2019年12月24日付け新聞紙面で、櫻木神社の御朱印の写真をほぼ実物大で掲載しています。」 新年へ着々と準備 おせち教室や破魔矢作り | 大磯・二宮・中井 | タウンニュース  大磯町の六所神社では、厄除けや家内安全を願う破魔矢の準備に大忙しだ。来年の十二支のねずみの絵馬も用意。  巫女の研修も始まり、緋袴を身に着けたアルバイトの女性たちが立ち居振る舞いや言葉遣い、神社やお守りに関する知識などを学んだ。写真「破魔矢と大破魔矢に絵馬を付ける巫女=六所神社」 東京新聞:初詣に備え作法学ぶ 玉村の玉村八幡宮で巫女研修会:群馬(TOKYO Web)  令和初の初詣を前に玉村町の玉村八幡宮で、巫女(みこ)研修会が行…

続きを読む

東京・板橋「天祖神社歌占」

大学倶楽部・成蹊大:平野教授と共同作製の天祖神社歌占 新たな歌占追加 - 毎日新聞  成蹊大学文学部日本文学科の平野多恵教授(文学)と東京都板橋区の天祖神社が共同で同神社オリジナルの和歌みくじ「天祖神社歌占(うたうら)」を制作している。これまで天照大御神や月読命(つくよみのみこと)など16種類の歌占が制作され、多くの参拝者に親しまれている。今月、新たに「倭建命(やまとたけるのみこと)」と「おいぬさま」の2種類が加わる。27日には天祖神社で、新しい歌占を神様に奉納する「歌占奉納祭」が 東京新聞:縁起の宝舟 「出航準備」着々 墨田の寺社など制作:東京(TOKYO Web) 七福神めぐりの宝舟、続々完成 墨田の寺社 /東京 - 毎日新聞  正月に多くの参拝客が訪れる「隅田川七福神めぐり」を前に、福神の分身の御分体(ごぶんたい)を乗せる「宝舟」づくりが、散策ポイントとなる墨田区内の六つの寺社などで行われている。 (井上幸一)  隅田川七福神を祭っているのは、多聞(たもん)寺(毘沙門天)、白鬚(しらひげ)神社(寿老神)、向島百花園(福禄寿)、長命寺(弁財天)、弘福寺(布袋尊)、三囲(みめぐり)神社(恵比寿神、大国神)。七福神めぐりは百花園の創始者、佐原鞠塢(きくう)と文人仲間が江戸時代後期に始め、二百年以上の歴史がある。写真「新年に向けて、「隅田川七福神めぐり」で頒布する宝舟を作る巫女ら=墨田区東向島3の白髭神社で」 【茨城新聞】「福よ来い」 石岡・常陸国総社宮で願い込め 熊…

続きを読む

安曇野・穂高神社で巫女の研修会

長野県 令和の正月、巫女も気を引き締めて 安曇野の穂高神社で研修会|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 臨時の巫女 心構え学ぶ 四柱神社、穂高神社 | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス  正月三が日で全国から9万人の初詣客を見込む安曇野市の穂高神社で22日、巫女(みこ)を務めるアルバイトの研修会があった。同市や松本市などの高校生や大学生ら23人が参加。緊張気味に、心構えやお守りの渡し方などを学んだ。  参加者たちは本番さながらの白と赤のそろいの装束。2人一組で巫女役と参拝客役に分かれ、お守りやお札などの受け渡し方を練習した。熊手や宝船、絵馬など縁起物の種類や頒布料の確認もした。動画↓はあづみ野テレビネットVerより 2019年12月22日 あづみ野のできごとHOTライン FLASH NEWS ゆず湯で家族の絆感じて 射水神社、冬至祭で配る:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) ゆずで邪気払い 射水神社で冬至祭 | BBTWEB | 富山テレビ放送 ライブBBT  冬至の二十二日、高岡市古城の射水神社では冬至祭が営まれた。神前にユズとカボチャをお供えし、一年の平安を祈った。  「冬至のゆず湯」に入り、家族の絆とぬくもりを感じてほしいとの思いから、東日本大震災(二〇一一年)を機に行っている。  ユズ百二十個とカボチャ二個を神前にお供えし、松本正昭宮司が「家族の絆を確かめ、日本の復興を祈る」という旨の祝詞を奏上した。日本の復興や復活への祈りを込め、…

続きを読む

周南・遠石八幡宮で臨時巫女の研修会

周南・遠石八幡宮で新春準備 令和初の三が日に備え、学生の巫女13人が研修 - 周南経済新聞 山口)巫女の着付けや作法学ぶ 遠石八幡宮で研修会:朝日新聞デジタル  周南市の遠石八幡宮(周南市遠石)で12月25日、初詣客を迎える巫女(みこ)の研修会があり、地元の女子高生らが巫女の心構えや作法などを学んだ。  正月三が日、約20万人の参拝客を見込む同神社。毎年希望者を募り、アルバイトの巫女を雇用している。  同日は、徳山高校や下松高校、防府商工などの女子高生らの計27人のうち13人が参加。宮司の黒神直大さんが「これから体調に気を付けてもらって、遠石八幡宮の顔として笑顔で元気に初詣に来られる方をお迎えしていただきたい」とあいさつした。  巫女の橋本静香さんら2人から、白衣・緋袴の着替え方や畳み方を教わった後、同神社の歴史や施設の説明を受け、作法や立ち振る舞いなどを習い、迎春の準備を整えた。初めて参加する高校2年生「中学生の時、職業体験で巫女さんとして千歳飴の準備を手伝い、他の仕事もしてみたいと思い応募した」 初詣客を迎える臨時の巫女たちの研修会 「子」年へ準備着々 初詣の縁起物を点検 島根・稲成神社 - 毎日新聞 山陰中央新報社|縁起物に願い込め 津和野・太皷谷稲成神社  日本五大稲荷の一つとして知られる島根県津和野町後田の太皷谷稲成神社で、初詣客向けの縁起物の準備が最盛期を迎えている。22日は、9人の巫女(みこ)が熊手や破魔矢などの仕上がりを確認し、新年に備えた…

続きを読む

春日大社「十日えびす」福娘の研修

奈良)新年に向け福娘準備 春日大社で作法学ぶ:朝日新聞デジタル 春日大社十日えびす 福娘の準備すすむ|TVN NEWS|奈良テレビ放送  春日大社(奈良市)の末社・佐良気(さらけ)神社で来年1月10日に開かれる「十日えびす」に向け、縁起物を授ける福娘が23日、春日大社で研修を受けた。昨年に続いて福娘に選ばれたサントリーグループの社員6人が、当日の作法を学んだ。  6人は、藤岡信宏禰宜(ねぎ)から手渡された金烏帽子(えぼし)と白い巫女(みこ)装束の千早を身につけ、境内で参拝。授与所に移り、「福招く千両、万両つけましょう」と福言葉を唱えたり、小判やサイコロなどの縁起物を手渡す際に鈴を鳴らしたりする練習をした。福娘さん(25)「今年の十日えびすは色んな人の思いに触れられ、楽しかった。来年も自分自身明るく元気で当日を迎え、みなさんに福を授けられるようにしたいです」 hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 【福娘装束賜式】1/10の春日大社十日えびす(末社 佐良気神社の例祭)で参拝者に吉兆笹や縁起物の授与などのご奉仕をします。本日は、装束を下げ渡し、烏帽子着装をして、御札・御守の扱い方を習いました。福娘は以前に春日若宮おん祭の日使を務めたサント… at 12/25 21:34 片埜神社の新しい福娘たち【枚方フォト】 : 枚方つーしん 片埜神社の新しい福娘さんたちがひらつー事務所にやってきたのでカメラに収めさせていただきました。 (中略) 片埜神…

続きを読む

富山・日枝神社で臨時巫女の認証式

富山)巫女さん準備万端 日枝神社で認証式:朝日新聞デジタル 巫女さん認証式 | チューリップテレビニュース  神事の手伝いや、お守りの授与などを担当する臨時巫女(みこ)の認証式が22日、富山市山王町の日枝神社であり、高校生や大学生ら約30人が出席した。  白衣と緋色(ひいろ)のはかま姿の臨時巫女らは、緊張した面持ちで拝殿に参拝。平尾旨明(むねあき)宮司から「参拝される皆さんは色々な思いでおいでになる。神様と参拝客をつなぐ仲取り持ちとしてご奉仕をしていただきたい」とあいさつを受けた後、身だしなみの注意点を聞いたり、拝殿で奉納する「乙女の舞」を練習したりした。臨時巫女は約40人で、舞などの神事を手伝う「殿内奉仕」と、縁起物やお守りを授与する「頒布所奉仕」に分かれて勤めます 初詣 福呼ぶ巫女に 南砺の髙瀬神社 県内最多78人を認証 - 富山県のニュース | 北國新聞社  南砺市の越中一宮髙瀬神社で22日、初詣客を迎える奉仕巫女(みこ)の認証式が行われ、南砺、高岡、砺波、小矢部、金沢市などから集まった高校生や学生らが気を引き締めた。総勢78人で県内最多となる。  奉仕巫女の代表者が神前に玉串をささげ、藤井秀嗣宮司から認証状を受け取った。藤井宮司は主祭神の大国主命(おおくにぬしのみこと)について説明し、「神様になりかわったつもりで参拝客に笑顔で接してほしい」と述べた。31日夜から1月3日まで、縁起物やお守りの受け渡し、神職の補助などに当たります 助勤巫女46人 きりり…

続きを読む

鹿児島・照国神社で巫女の研修会

鹿児島)アルバイト巫女さんの研修会:朝日新聞デジタル  令和最初の年越しと初詣を前に、鹿児島市の照国神社で22日、大みそかや三が日にアルバイトで巫女(みこ)を務める大学生らへの説明会があった。男女約110人が参加し、参拝客への応対を学んだ。  参加者は白い衣に女性は朱色、男性は白いはかまに着替えて臨んだ。講師役の神職が、基本的な接遇マナーに加え、熊手や破魔矢など授与品の種類や数え方なども説明。「笑顔で参拝客を迎えて」と呼びかけた。短大生(19)「(参拝客に)気持ちよく新しい年を迎えていただけるよう、笑顔で接します」 初詣前、巫女の作法学ぶ 阿蘇神社で高校生ら研修会(熊本日日新聞) - goo ニュース 阿蘇神社で臨時の巫女さんたちの衣装合わせ|熊本のニュース|RKK熊本放送  熊本県阿蘇市一の宮町の阿蘇神社で22日、初詣客の応対を手伝う臨時巫女[みこ]の研修会があり、県内高校生ら20人が心構えや緋袴[ひばかま]の着付けを学んだ。  正月三が日、約10万人の参拝客を見込む同神社では、市外に住む大学生を加えた約30人が、お守りや初穂料を受け渡す。初めて参加する高校1年生「歴史が好きなので、伝統ある神社にまた来たいと思われるように務めたい」 恋木神社 筑後市「恋の神様」 正月の縁起物 ハート型のお守り作りがピークに 福岡県(TNCテレビ西日本) - Yahoo!ニュース 全国でも珍しい「良縁幸福の神様」や「恋の神様」として親しまれている、筑後市の水田天満宮の境…

続きを読む

松江で子供たちが佐陀神能を披露

島根)伝統を継承へ 子どもたちが佐陀神能を披露:朝日新聞デジタル  2011年にユネスコ世界無形文化遺産に登録された松江市鹿島町の佐太神社の神事の舞「佐陀神能(さだしんのう)」。この舞の若者への継承を目的に今年、佐陀神能保存会や同町の鹿島公民館などにより立ち上げられた「子ども佐陀神能体験教室」の初めての発表会が22日、同公民館であった。小学1~5年の9人の子どもたちが日頃の練習の成果を披露。集まった約80人の観客は温かい拍手を送った。巫女舞を披露した小学5年生(11)は「緊張したけど、2人で息を合わせてうまくできた。難しそうだけど、次は笛をやってみたい」と笑顔 奈良)春日若宮おん祭始まる:朝日新聞デジタル 奈良)おん祭のお渡り式、時代行列は雨で一部縮小:朝日新聞デジタル  春日大社(奈良市)の「春日若宮おん祭」は17日、時代行列「お渡り式」や芸能を奉納する「お旅所祭(たびしょさい)」があった。県庁前を出発した時代行列は途中で雨のため一部が縮小されたが、お旅所では神楽や舞楽が奉納された。初めてお渡り式に参加した大学4年生(22)「名古屋出身で、伝統ある奈良の祭りに参加できて光栄です。華やかな着物も着させてもらい、いい思い出になりました」 湯郷温泉街でゆず湯のサービス 甘酸っぱい香りで心身癒やして:山陽新聞デジタル|さんデジ  冬至(22日)を前に、美作市湯郷の湯郷温泉街で21日、恒例のゆず湯のサービスがあった。甘酸っぱい香りが湯煙に溶け込み、観光客らが心身を癒やした…

続きを読む