太宰府天満宮の巫女さんがたまプラーザ「福岡物産展」PR

グルメ充実「福岡物産展」29日から東急百たまプラーザ店(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース  福岡親善大使の関美織さん(21)と太宰府天満宮の新西杏依子さん(29)らが28日、神奈川新聞社を訪れ、東急百貨店たまプラーザ店(横浜市青葉区)で29日から始まる「福岡物産展」をPRした。2月5日まで。  福岡県内の約40店舗が出店。「梅ケ枝餅」「博多通りもん」などの名菓や、辛子めんたいこなどの定番の品に加え、海鮮丼や鶏皮串の実演販売もある。イートインでは人気店「モヒカンらーめん」の豚骨ラーメンが味わえる。29日には学業鉛筆などをのプレゼントもあったそう hibakama / 緋袴白書RT @dentoliving: 東急百貨店たまプラーザ店で明日1月29日から開催される『福岡物産展』。福岡親善大使の関美織さんと、太宰府天満宮巫女さんの新西杏依子さんがリビング田園都市のオフィスを訪問。福岡の〝うまかもん〟が一堂に会する物産展。2月5日まで開催。#福岡物産展… at 01/31 19:27 豊作願い舞奉納 棚倉で御田植祭 | 福島民報 豊作願い「御田植祭」 棚倉・八槻都々古別神社、力強い舞奉納:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  福島県棚倉町の八槻都々古別(やつきつつこわけ)神社で30日、国指定重要無形民俗文化財の御田植祭が行われた。地域住民が今年1年の豊作を願い、力強い舞を奉納した。  旧暦の1月6日に合わせ、600年以上にわたり行…

続きを読む

下妻・大宝八幡宮で節分祭の準備

【茨城新聞】下妻・大宝八幡宮 節分近し、升に福豆 下妻・大宝八幡宮 節分近し、升に福豆 | きたかんナビ 2月3日の節分を前に、下妻市大宝の大宝八幡宮(山内雄佑宮司)で、同日の節分祭に向けた準備が始まっている。 社務所では29日、巫女(みこ)たちが煎(い)った福豆や紅白福豆の小袋、絵馬を升に入れる作業に当たった。氏子総代らが豆をまく升は約150個用意される。昼の部が午後2時、大相撲の高砂親方(元大関朝潮)も参加する夜の部が同7時から はだか祭、期間限定御朱印 国府宮、4種類授与:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)  稲沢市の尾張大国霊(おおくにたま)神社(国府宮)で二月六日に行われる「国府宮はだか祭」に合わせ、国府宮は、祭り期間限定で四種類の御朱印を授与する。  儺追(なおい)期間(二月十日まで)中を通じて授与する御朱印は、祭りの開催日などを記した「標柱(しめばしら)」と厄よけのお守り「なおいぎれ」をデザインした。  五~七日は、各日限定の御朱印三種類を用意した。祭り前日は前夜祭に当たる「庁舎(ちょうや)神事」の文字を、当日は、神事が始まった七六七(神護景雲(じんごけいうん)元)年と祭りの正式名「儺追神事」の文字を揮毫(きごう)。祭り翌日は、神社の史料に描かれている夜儺追神事の絵図を添えた。御朱印は一枚各五百円。祭り当日は午前五時~午後五時、他の日は午前九時ごろ~午後四時ごろ授与 御即位を奉祝して新神楽殿建設 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社…

続きを読む

春日大社の感染対策

「マスクするしか…」 国内感染、観光地の戸惑いと対策:朝日新聞デジタル  中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に、奈良県に住むバス運転手の男性(60代)が感染していたことを受け、同県は29日午前、知事をトップとする対策会議を開いた。国内で日本人の感染が初めて確認されたことに関西の観光地では驚きが広がり、対策を強める動きも出ている。写真「マスク姿で参拝者に対応する巫女(みこ)=2020年1月29日午前、奈良市の春日大社」本文には出てこない… 三重)節分の福ます作り 1500個用意 二見興玉神社:朝日新聞デジタル  2月3日の節分を前に、三重県伊勢市の二見興玉神社で、縁起物の「福ます」作りが進んでいる。17センチ四方、深さ9センチの木製のますに巫女(みこ)が今年の干支(えと)の「庚子(かのえね)」の印を押して、丁寧に荷造りをしている。既出です View+:令和の御神馬 つぶやき発信で人気 /大阪 - 毎日新聞 「カメラ向けられるとにっこり顔してしまうねん」とツイッターで発信する御神馬「いづめ」。宮司の久次米もとみさん(右から2人目)、御巫女(みかんこ)の長女(同3人目)とともに毎日通う能勢電鉄妙見口駅では、子どもたちに囲まれ大人気ツイッターは2万人近いフォロワー(読者)を獲得

続きを読む

宗像大社で「福豆」準備

宗像大社で「福豆」準備進む 節分祭、1万袋を用意へ|【西日本新聞ニュース】  2月3日の節分祭を前に、福岡県宗像市の宗像大社で豆まきに使う「福豆」の準備が進んでいる。使用する大豆は地元産の約210キロ。みこ4人がちょこを使って小袋に入れ、当日までに約1万袋を用意する。  大豆のほか、お菓子も準備。大社の福みくじ無料券や観光協会の共通商品券など662枚の当たり券と一緒にまく。当日は午前11時から辺津宮本殿で神事、終了後本殿右側の特設舞台で豆まき 文化財を火災から守れ | 1月24日(金) | 大分のニュース | OAB 大分朝日放送  1月26日の文化財防火デーを前に、国宝の宇佐神宮で防火訓練がありました。参拝者のたばこの不始末で出火した想定で、神職や巫女たちが放水をしました。1月26日は1949年に法隆寺金堂の壁画が焼失したことから「文化財防火デー」に定められています。2019年は沖縄の首里城やパリのノートルダム大聖堂など文化財の火災があり、参加者は非常時の対応を念入りに確認しました。巫女さん大活躍 住吉大社で、松下洸平が1日消防署長に | Lmagajp 国宝建造物「住吉大社」(大阪市住吉区)で1月28日に、『文化財防火デーに伴う消防総合訓練オープニングイベント』が開催。NHK連続テレビ小説『スカーレット』で川原八郎役の松下洸平が、1日消防署長を務めた。写真「住吉大社の神楽女とおこなった消火訓練」

続きを読む

小山「寒川の花桶かつぎ」

「花桶」に願い込め 小山で伝統の祭り【動画】|地域の話題,動画,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  小山市寒川地区の伝統の祭り「花桶(はなおけ)かつぎ」が25日夜、行われた。晴れ着姿の4人の稚児が色鮮やかな造花で飾り付けした桶をかついで地区内を巡り、五穀豊穣(ほうじょう)や地域の安全を願った。稚児の一人(5)は「うれしかった。花桶はずっとやってほしい」と 雅楽の調べ伝統の舞 高校生が奉納 : ニュース : 静岡 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン 創作雅楽、息ぴったり 遠江総合高3年生、小国神社に奉納 森町|静岡新聞アットエス  静岡県立遠江総合高(森町)の3年生が23日、創作雅楽の奉納演奏を同町の小国神社で行った。選択授業で伝統音楽を学んできた11人が、これまでの集大成を神前で披露した。  生徒は4月から、翁稲荷社(静岡市駿河区)の宮司で雅楽家の牧田明子さん(74)の指導を受けながら竜笛(りゅうてき)や笙(しょう)といった楽器の扱い方や拍子、礼儀作法などを学んだ。本番は、牧田さんが雅楽のイメージに合わせて手作りしたという、そろいの赤い衣装で 土佐清水市で奉納の舞を小中生伝承 先輩に習い4人デビューへ|高知新聞  高知県土佐清水市旭町の鹿島神社で2月16日に行われる春季例大祭で、地元女子小中学生4人が「浦安の舞」の“奉納デビュー”を飾る。伝統の舞を引き継いだ先輩から指導を受け、本番に向け稽古に励んでいる。  鹿…

続きを読む

熊野速玉大社で「吉兆」作り

節分の縁起物作り最盛期 世界遺産・熊野速玉大社 - 読んで見フォト - 産経フォト 節分の縁起物作り最盛期、和歌山 世界遺産・熊野速玉大社(共同通信) - Yahoo!ニュース 節分の縁起物で色鮮やかな「吉兆」作り 熊野速玉大社 - FNN.jpプライムオンライン  和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で、柳の枝を色とりどりに装飾して2月3日の節分に飾る縁起物「吉兆」作りが、最盛期を迎えている。  吉兆は「良いことの兆し」の意味。福の神が境内の柳の木に迎えられ、節分の日に枝を家に飾ると幸福が訪れるとの信仰が古くからあるという。  みこ3人が24日、「もち花」と呼ばれるピンクや黄、白などの小さな球のほか、紙製の小判やさいころなどを柳の枝に飾り付けて仕上げた。大小2種類で計約千本を用意。大は3千円、小は1800円 JAL、太宰府天満宮「梅の親善使節」による梅鉢の輸送サポート。北海道へひと足早い春を運ぶ - トラベル Watch 太宰府天満宮の梅の花100鉢 北海道へ|NNNニュース  JAL(日本航空)は例年、福岡県にある太宰府天満宮より、北海道へ春の訪れをつげる使者「梅の親善使節」を輸送するサポートを行なっている。  この時期、太宰府天満宮の境内で咲く梅の鉢植えを、使節団が道内の各所を回り、ひと足早い春を感じてもらうための取組みとして、JALがサポートして今回で64回目を迎えた。使節団は新千歳空港に到着後、23日より26日まで滞在 福娘、笑顔の舞台裏…

続きを読む

浜松・五社神社で福豆の袋詰め

「福豆」袋詰め大忙し 浜松・中区の五社神社|静岡新聞アットエス  2月3日の節分を前に、浜松市中区の五社神社で豆まき用の「福豆」の袋詰め作業が大詰めを迎えている。  22日は神職やみこが朝から社務所で作業に取り組んだ。「除災招福」と書かれた小袋に、大豆を約20グラムずつ入れた。大豆は160キロ用意し、月末までに8千袋を準備する。節分当日は午後4時から境内で「撒豆(さんとう)式」を開きます 神戸新聞NEXT|総合|豆まき神事へ「福豆」400キロを袋詰め  2月3日の節分を前に、湊川神社(神戸市中央区多聞通3)で22日、「福豆」の袋詰め作業が始まった。邪気を払って福を呼ぶ節分祭の豆まき神事で使う。(鈴木雅之)  用意したのは、色鮮やかな砂糖をまぶした「五色豆」や、いった大豆など計約400キロ。神職やみこ、婦人会の女性たちが「福まめ」と書かれた黄色い袋に、招福を願いながら手作業で詰めていった。3日間で計2万6千袋を仕上げる予定という。節分祭は午前11時からで、豆まき神事は正午ごろから 霧島神宮の巫女長が日枝神社で交流研修 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【東京】千代田区の日枝神社(宮西修治宮司)では、鹿児島県霧島市の霧島神宮(慶光院利致宮司)の川﨑志保巫女長を社外特別研修生として受け入れ、昨年十一月一日から一カ月に及ぶ巫女研修がおこなはれた。以前に紹介しました 霧島神宮の巫女さんが赤坂・日枝神社で研修

続きを読む

伊豆稲取「雛のつるし飾りまつり」

子や孫の健やかな成長願い「つるし雛」 - フォトジャーナル - 産経フォト 雛のつるし飾り、あでやか 東伊豆・稲取で「まつり」|静岡新聞アットエス 子の成長願う「雛のつるし飾り」 静岡・東伊豆の伝統行事 - 記事詳細|Infoseekニュース  女の子の健やかな成長を願う「第23回雛(ひな)のつるし飾りまつり」(稲取温泉旅館協同組合主催)が20日、東伊豆町の稲取地区で開幕する。日本三大つるし飾りの一つで、港町に江戸時代から伝わる雛のつるし飾りを3月31日まで、5会場で展示する。2月20日から3月10日までは、同地区の素盞鳴(すさのお)神社の階段で118段のひな飾りも展示 子や孫の健やかな成長願い「つるし雛」 湯しぶき浴び無病息災を祈願 中之条 四万温泉で湯立祭|文化・イベント|上毛新聞ニュース  温泉の恵みに感謝する「湯立(ゆだて)祭」が20日、中之条町の四万温泉発祥の地とされる「御夢想(ごむそう)の湯」前で開かれた。神事のほか、温泉にちなんだ多彩な催しが行われ、訪れた観光客ら約200人を楽しませた。関東では珍しい巫女さんの湯立て 平穏無事 願い強く 塩釜神社で福升作り | 河北新報オンラインニュース 「節分の日」前に…塩釜神社 福升作りがピーク〈宮城〉 - FNN.jpプライムオンライン  塩釜市の塩釜神社で節分を前に、豆まき用の福升作りが進んでいる。  福升はモミの木製で大きさは2リットル、1リットル、1合(0.18リットル)の3種類。えとの「子(ね)」…

続きを読む

伊勢・二見興玉神社で節分祭の準備

「福升」に願い込め 節分祭の準備着々 三重・二見興玉神社 - 毎日新聞  来月3日の節分祭に向けて、夫婦(めおと)岩で知られる三重県伊勢市二見町江の二見興玉(おきたま)神社では、当日の参拝者や全国各地の信仰者らに譲り渡す「福升」の準備がたけなわ。神職や舞女は、今年の干支(えと)「庚子(かのえね)」の印を押したり、煎った大豆の「福豆」と厄よけの札を升に詰めたりする作業に追われている。節分祭当日までに1500個を用意して1個5000円で参拝者らに譲渡 「たくさん遊べる年に」 福娘6人が踊り奉納 恵美須神社で「初ゑびす」 伊賀 /三重 - 毎日新聞  伊賀市上野恵美須町の恵美須神社で20日、商売繁盛を願う「初ゑびす」の本祭があり、にぎわう境内で赤と黄色の鮮やかな着物姿の福娘が「ゑびす踊り」などを奉納した。  今年の福娘は市立上野西、上野東小と崇広、城東中の4校に通う小学4年~中学1年の6人。1月に入って神社の社務所で2種類の踊りの稽古(けいこ)を…続きは有料… 「チャッキラコ」 少女25人華やかな舞い 神奈川・三浦の民俗芸能 /東京 - 毎日新聞  神奈川県三浦市に伝わる、ユネスコ無形文化遺産登録の民俗芸能「チャッキラコ」が15日、同市三崎4の海南神社などで奉納された。着物姿の少女25人が大漁や商売繁盛を願い、踊りを披露した。  チャッキラコは、約260年前から続く同市三崎の仲崎、花暮地区に伝わる小正月の伝統行事。歌い手の節に合わせ、鮮やかな着…既出。こちらも有料

続きを読む

松山・伊予豆比古命神社「椿まつり」巫女の説明会

みこ万端、春呼ぶ手伝い 椿まつりへ中高大生研修|愛媛新聞ONLINE  31日から2月2日に開かれる椿まつりを前に、愛媛県松山市居相2丁目の伊予豆比古命神社(椿神社)で19日、みこ奉仕者の説明会が開かれた。中高大学生51人が、心構えや応対を学んで本番に備えた。  社会学習の一貫で参加する地元の南、南第二、椿の3中学校の生徒を含めた58人が、みことしてお札やお守りの受け渡しなどを担当する。椿まつりで巫女経験があるという大学4年生(22)「地元の椿まつりには、小学生の頃から参拝していた。当日は忙しいと思うが、参拝者に笑顔で接して、いい気持ちで帰ってもらいたい」 商売繁盛祈願にぎわう 50回目、からつ二十日恵比須祭|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  商売繁盛などを祈願する「第50回からつ二十日恵比須祭」が19日、唐津市南城内の唐津神社境内の二十日恵比須神社で始まった。ご利益を求め大勢の参拝客が訪れた。20日は本恵比須が行われる。  開運くじ、お札、福笹の3点セットのほか熊手、宝船、福箕などの縁起物の販売もあり、数万円する大型サイズも人気を集めていた。ぜんざいの無料振る舞いや数量限定の福袋販売も 学問の神様に合格祈願 深志神社絵馬ずらり | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス  受験シーズンが本格的に始まり、「学問の神様」として崇敬される菅原道真公(天神様)をまつる深志神社(松本市深志3)の境内の絵馬掛けには、合格祈願の絵馬が鈴なりになっている。…

続きを読む

福井・金崎宮「花換まつり」の福娘募集

福井県 金崎宮の「花換え」巫女しよう 敦賀観光協会3人程度募る|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  福井県敦賀市の金崎宮で、巫女(みこ)役の「福娘」と桜の小枝を交換し良縁祈願や心願成就を願う「花換えまつり」が4月1~15日に開かれる。福娘を敦賀観光協会が2月21日まで募集している。  明治時代に始まったと伝わる祭りで、金崎宮に花見に来た男女が「花換えましょう」と小枝を交換し、互いの思いを伝え合ったことが由来とされる。境内は約400本のソメイヨシノが咲く花見の名所で例年、県内外から約5万人が訪れる。  福娘は、祭り期間中の午前9時半から午後4時半まで、来場者と小枝を交換するほか、花換神事に参加する。高校生を除く18歳以上の女性が対象で、募集人数は3人程度。事前研修があるため未経験者でも応募可能で、従事手当の支給もある。詳しくは 【敦賀観光案内サイト 漫遊敦賀/令和2年度敦賀花換まつり『福娘』募集!】一般社団法人 敦賀観光協会 「福娘」になりませんか 2月7、8日 名張・蛭子神社 | 【伊賀タウン情報 YOU】  名張市観光協会は2月7日、8日に同市鍛冶町の蛭子神社である、商売繁盛を願う恒例の「八日戎」で、参拝客に縁起物を授ける「福娘」を募集している。【参拝者に縁起物を渡す福娘たち(2019年2月撮影)】  対象は市内在住・在勤・在学者や出身者、親戚が市内に住んでいるなどのゆかりがあり、1990年2月9日から2002年4月1日までに生まれた未婚の女性。1月2…

続きを読む

姫路・播磨国総社初ゑびす祭「宝恵駕籠行列」

値千金、福よぶ笑顔 初ゑびす祭で宝恵駕籠行列 姫路・播磨国総社 /兵庫 - 毎日新聞  商売繁盛や家内安全を願う播磨国総社(姫路市総社本町)の「初ゑびす祭」が14日、始まった。初日は市中心部で「宝恵駕籠(ほえかご)行列」があり、福娘7人や氏子らがにぎやかに商店街などを練り歩いた。祭りは16日まで。今年の行列は575人が参加 神戸新聞NEXT|三田|福を求め、朝からにぎわい 三田で十日えびす始まる  兵庫県三田市内の神社で9日、商売繁盛を祈願する「十日えびす」が始まり、宵えびすを迎えた。福島戎神社(同市福島)では、境内に吉兆や熊手といった縁起物が並び、福を求める多くの参拝客で朝からにぎわった。  同神社の十日えびすは有志の氏子16人が運営している。毎年3日間で、近隣やニュータウンの住民ら約5千人が訪れる。写真「縁起物の吉兆を受け取る参拝者」 福をどうぞ - 「えべっさん」巡行/天理で丹波市八日恵美須祭|奈良新聞デジタル  天理市丹波市町の市座神社で8日、丹波市八日恵美須祭(同奉賛会主催)が営まれ、商売繁盛や家内安全を願う人々でにぎわった。  午前10時ごろからは「えべっさん」に扮(ふん)した奉仕者を先頭に稚児を乗せた宝恵かご、福娘、ちんどん道中など約30人が太鼓や鐘を打ち鳴らしながら「商売繁盛でササもってこい」の掛け声とともに市内を巡行。福娘さんが笹で隠れてる…

続きを読む

博多・櫛田神社で節分の縁起物作り

節分間近「福」を呼び込め 博多・櫛田神社で縁起物作り|【西日本新聞ニュース】 櫛田神社で「節分大祭」を前に縁起物の準備で大忙し|ニュース|KBC九州朝日放送 節分に向け”縁起物”づくり(RKB毎日放送) - Yahoo!ニュース  節分まで2週間余りとなり、福岡市博多区の櫛田神社では節分の縁起物作りがピークを迎えている。今年の縁起物は福を引き寄せる熊手の「福寄せ」、福をすくうひしゃくの「福寿久井(すくい)」など6種類で、約8千個を用意。いずれもお多福面が飾られている。  16日は神職やみこ7人が福寄せに商売繁盛のお札を付けたり、厄よけ祈願で渡す豆を袋に詰めたりする作業に追われた。巫女さん(22)「令和最初の節分です。立春にむけて厄を落とし、たくさんの方に福が来るように願っています」 那智山で節分準備 青岸渡寺が祝枡、大社は鬼面札:紀伊民報AGARA 節分の準備が佳境 鬼面札や祝枡を仕上げ 熊野那智大社 那智山青岸渡寺 / 太平洋新聞電子版  節分(2月3日)に向け、和歌山県那智勝浦町那智山の那智山青岸渡寺と熊野那智大社では、豆まきに使う「祝枡(いわいます)」を作ったり、災難よけのお札「鬼面札」を刷ったりして準備を進めている。 (中略)  また、熊野那智大社の鬼面札は玄関や門に張るお札で、しめ縄の内に赤鬼と青鬼を閉じ込めた図の版画(縦35センチ、横45センチ)。半世紀前に、篠原四郎・元宮司が作った版木を使っている。  作業は今月上旬から始まり、神職が画…

続きを読む

諏訪大社上社で田遊神事

Nagano Nippo Web » 豊作願い「田舞」 諏訪大社上社で田遊神事 諏訪大社上社の田遊神事は15日、諏訪市の本宮の斎庭で行われた。豊作を願って神職が「田植唄」を歌い、みこが「田舞」を踊った。大総代、氏子総代、区役員らが参列し、多くの氏子が神事を見守りながら五穀豊穣や地域の安全を祈った。 田遊神事は、斎庭に水田に見立てたござを敷き、神職が四隅と中央で木製の農具を使って田起こしから種まきまでの一連の農作業を所作で繰り返した。続いて2人の巫女さんが「田舞」を踊りました 小正月彩る華麗な舞い ユネスコ登録の「チャッキラコ」 三浦(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース  国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている民俗芸能「チャッキラコ」が15日、海南神社(神奈川県三浦市三崎)などで奉納された。園児から小学6年までの少女25人が華麗に舞い、三崎港周辺の小正月を彩った。  チャッキラコは同市三崎の仲崎・花暮地区に伝わり、江戸時代中期には演じられていた。赤や黄色の晴れ着をまとい紅を引いた少女たちは成人女性の唄に合わせ、扇や「チャッキラコ」と呼ばれる竹製の道具を手に6演目を奉納。豊漁や商売繁盛などを祈り、同神社を訪れた奉納参観者約300人は盛んにカメラを向けていた。踊り手を4歳から務めてきた小学6年生(12)は「最後なので全力で取り組んだ。練習の時よりうまくでき、楽しかった」と この投稿をInstagramで見る …

続きを読む

伊勢・栄野神社「湯立神事」

湯立神事で無病息災祈る 伊勢・栄野神社:動画:中日新聞(CHUNICHI Web) 伊勢・二見興玉神社境内社「栄野神社」で湯立神事 煮立った湯のしずく全身に - 伊勢志摩経済新聞 熱湯を熊笹で参拝者に…「湯立神事」で無病息災願う 三重・伊勢市 | CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】  二見興玉神社(伊勢市二見町)の飛地・境内社「栄野(えいの)神社」(同)で1月14日、「湯立(ゆたて)神事」が行われた。  直径約1メートルの大釜に同神社の井戸からくみ上げた水を入れ、まきで火を沸かし沸騰させ準備する。神職が1束50本のクマザサを両手に1束ずつ持ち、煮えたぎる湯の中にクマザサを漬け、勢いよく左右左に振り上げ、はらい清める同祭。その湯を全身で浴びると、罪けがれがはらい清められ、1年間無病息災で過ごせると、約200年前から伝えられている。  最初に同神社の金子清郎宮司が大釜に入れたクマザサで祭殿や氏子らをはらい清めると、続いてみこが「煮えたぎる 湯玉の露を自らに 受けて清めよ 身の禍事(まがごと)を」と和歌に合わせ、クマザサを振りながら大釜の周りを2周する「湯立舞」を行った。その後も同神社の4隅をはらい清めると、神職らが入れ代わり立ち代わり合わせて24束のクマザサで、参拝者らをはらい清めた。神事が終わると、金子宮司から参列者に、神事で使ったクマザサが直接手渡されました 安全祈願し馬乗り初め 賀茂神社で競馬関係者ら:滋賀:中日新聞(CHUNICHI…

続きを読む

国学院大学で「成人加冠式」

装束姿の新成人…国学院大学で「成人加冠式」 写真20枚 国際ニュース:AFPBB News 動画:装束姿の新成人…国学院大学で「成人加冠式」 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News 【1月12日 AFP】都内の国学院大学(Kokugakuin University)のキャンパスで11日、新成人を祝う「成人加冠式」が行われ、奈良・平安時代の装束姿の学生たちが学内の神殿を参拝した。(c)AFPなぜかAFPに写真たくさん hibakama / 緋袴白書RT @aoba_gagakukai: 本日青葉雅楽会は、学内の成人加冠式にてご奉仕申し上げました。新成人の会員一同も加冠の儀を心安らかに終えられたことを嬉しく思います。また、当会から1名女子学生代表として答辞を奏上いたしました。お疲れ様でした!(新成人である中の人より) ht… at 01/12 10:25 hibakama / 緋袴白書RT @Misuzu_kagura16: 今日は成人の日ですね!新成人の皆様、おめでとうございます💐1/11に行われた成人加冠式で、みすゞ会は浦安の舞を披露しました!皆様の思い出に残る一日となっていたら嬉しいです✨ https://t.co/6sY1sHcoTM at 01/13 21:40 京都・三十三間堂で「通し矢」 新成人、弓の腕前競う(共同通信) - Yahoo!ニュース 【動画あり】三十三間堂で新春恒例の通し矢 京都 - 産経ニュース 三十三間堂通し矢 晴れ着姿の…

続きを読む

今宮戎神社「残り福」

【動画】今宮戎、十日戎の最終日「残り福」 - 産経ニュース  商売繁盛の神様「えべっさん」として知られる今宮戎(えびす)神社(大阪市浪速区)の十日戎が11日、最終日の「残り福」を迎え、境内が大勢の参拝客でにぎわった。  「商売繁盛でササ持ってこい」のおはやしが響く中、福娘50人が縁起物を参拝者のササに結び付けた。同神社は今年の十日戎の参拝客を約90万人と想定したが、天候に恵まれたため予想を超える人出になったとみられる。かなりの混雑です 「残り福」も大にぎわい 野田恵美須神社・十日戎 - 大阪日日新聞  商売繁盛を祈願する十日戎(とおかえびす)は11日、「残り福」を迎えた。「宝の市大祭」として執り行っている大阪市福島区の野田恵美須神社(佐藤広志宮司)は9日の宵戎、10日の本祭同様に福笹(ざさ)などの縁起物を求める参拝客でにぎわった。  福島区の花「野田藤」にちなんだ藤の花をあしらったかんざしを挿した福娘は参拝客に縁起物を授け、鈴でおはらいして幸福を祈念。写真《最後に「ああめでたいな」と付ける野田恵美須神社ならではの大阪締めを参拝者と一緒に行う福娘ら=11日、大阪市福島区》 「110番の日」 110番の適切な利用を呼びかけ | NHKニュース 1月10日は「110番の日」とされています。大阪・豊中市の神社では、ことしの福娘が参拝した人たちに110番の適切な利用を呼びかけました。 10日は各地で110番の適切な利用を呼びかける催しが行われ、このうち、豊中市…

続きを読む

伊勢崎「上州焼き饅祭」

重さ5キロ! 巨大焼きまんじゅうに歓声 群馬の伊勢崎神社 - 毎日新聞 特大焼きまんじゅう福分け 伊勢崎 : ニュース : 群馬 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン 願いも煙も天まで届け 伊勢崎神社で巨大焼きまんじゅう焼き上げ|文化・イベント|上毛新聞ニュース  巨大焼きまんじゅうを参拝者に振る舞う「上州焼き饅祭」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、伊勢崎市本町の伊勢崎神社で開かれた。  長さ3メートルの竹串に刺した特大サイズのまんじゅう(直径55センチ、重さ5キロ)4個は、大人6人がかりで炭火の上に運ばれた。こんがりと焼き上がると、巫女姿になった市の観光大使「ミスひまわり」の2人がみそだれを塗り、境内には焦げた甘いみその香りが立ちこめた。それぞれの饅頭には年男・年女が食紅を使って漢字一文字の願いを書き入れました 無病祈り、七草がゆ 長崎市・諏訪神社 /長崎 - 毎日新聞  1年の無病息災を祈る「人日の節句」の7日、長崎市上西山町の諏訪神社で、毎年恒例の七草がゆが参拝者らに振る舞われた。  おはらいを受けた諫早産の米10升とセリやナズナなど県産の春の七草を塩で味付けし、約1000食分を用意した。午前9時の開始を前に、大勢の参拝者らが行列を 鷽鳥木彫り求め長い列 福島の西根神社 13日まで「うそかえ祭」 | 福島民報  福島市飯坂町の西根神社境内にまつられている高畑天満宮の「うそかえ祭」は十日、同神社で始まった。十三日まで。 …

続きを読む

春日大社末社・佐良気神社「十日えびす」

奈良 春日大社で商売繁盛願う「十日えびす」 | NHKニュース 春日大社の「十日えびす」は、毎年1月10日にえびす様をまつる境内の、佐良気神社で行われています。10日の奈良市は青空が広がる穏やかな天気となり、神社には午前中から地元の人などが次々と参拝に訪れました。 訪れた人たちは無料のささの葉を受け取ったあと、小判や真っ赤なタイなどをかたどった縁起物を買い求め、金色のえぼしと白装束を身につけた福娘に、ささに結び付けてもらいました。 そして、頭の上で鈴を鳴らしてもらって福娘から福を授かると、ことし1年の商売繁盛を祈願しました。動画なし… hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 【春日の十日えびす】1/10は #春日大社 の末社、蛭子神(ひるこのかみ)をお祀りする佐良気(さらけ)神社のお祭りでした。 #えびすさん として親しまれています。吉兆笹に縁起物をつけて受けられたり、福娘の御鈴祓を受ける参拝者で賑わいました。… at 01/11 20:50 hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 福娘はサントリーホールディングス株式会社ご関係者の皆さまで、ご奉仕されました。#春日大社#十日えびす#えびすさん https://t.co/1xnT6p1pue at 01/11 20:50 hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 御鈴祓。 https://t.co/6VE2EJHOSn at&nb…

続きを読む

福井・西宮恵比須神社で福餅まき

紅白福餅で商売繁盛  福井・西宮恵比須神社 :福井写真ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市毛矢3丁目の西宮恵比須(えびす)神社で10日、新春恒例の福餅まきが行われた。県内外から300人ほどが訪れ、まかれた餅を競うようにつかみ、1年の商売繁盛や開運招福を祈った。  十日えびす祭(9~11日)の行事の一つで、1989年から続けられている。今年は奉賛会の役員や福娘ら25人が、午前中につかれた赤と白色の餅4000個をまいた。いい天気でよかったですね 長浜十日戎 開幕、豊国神社で | 滋賀県長浜市の中心にニュースをお届けする滋賀夕刊新聞社 長浜・豊国神社で十日戎 福娘ら練る:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web) 笑顔の福娘ら、宝恵かご行列 豊国神社で十日戎 長浜 /滋賀 - 毎日新聞  湖北の新春の風物詩「長浜十日戎」が9日、豊国神社で開幕した。朝から参拝客が続々と訪れ、「商売繁盛で笹もってこい」の呼び込み音頭が流れる中、商売繁盛や景気回復などを願って福笹などを買い求めていた。 (中略)  参拝客を笑顔でもてなす巫女は白衣、緋袴姿で奉仕。高澤優里さん(21)と松田優希さん(21)は「笑顔でおもてなしして、少しでも皆さんの商売繁盛をお手伝いできれば」と参拝を呼びかけていた。宝恵駕籠練行では巫女姿で歩く女性二人、かごに乗った福娘五人 福娘ら「福銭まき」 いわき・金刀比羅神社、参拝客でにぎわう:福島民友ニュース:福島民友新聞…

続きを読む