気仙沼・松岩小学校で卒業式

思い出胸に巣立ちの春 小学校で卒業式 コロナで規模縮小 | 株式会社 三陸新報社  気仙沼市と南三陸町の小学校全19校で19日、卒業式が行われた。  新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各校とも規模縮小での実施。両市町合わせて545人の卒業生がこれまでお世話になった恩師や保護者への感謝の気持ちを胸に、中学校生活に向けて新たな一歩を踏み出した。市内最多の69人が卒業 芦屋市立小学校で規模縮小し卒業式 新型コロナ対策で在校生出席せず | サンテレビニュース 新型コロナウイルスの感染拡大を受け県内の多くの小中学校などで臨時休校が続く中、芦屋市の小学校では出席者の人数を制限するなど規模を縮小し卒業式が行われました。 芦屋市立岩園小学校では、はかまやスーツ姿にマスクをつけた6年生およそ140人が久しぶりに登校し卒業式に臨みました。 式では、在校生や来賓は出席せず保護者は2人までと制限をしたほか、時間を通常の2時間からおよそ1時間に短縮するなど感染予防の対策を講じました。小学校の卒業式も袴姿が多いですね 明科高生学びや巣立つ 新型肺炎で高校卒業式の規模縮小 | 教育・子育て | 株式会社市民タイムス  明科高校(丸山英男校長)で5日、卒業式が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で規模を縮小し、保護者も来賓もいない式となったが、教員手作りの横断幕が廊下に飾られたり、後輩たちが動画でメッセージを寄せたりと心温かな演出があり、卒業生から笑みと涙がこぼれた。華やかなはかま…

続きを読む

祐徳稲荷神社でコロナ収束鎮静祈願祭

コロナ収束を祈願 宗教の枠超えて 鹿島・祐徳稲荷 /佐賀 - 毎日新聞  日本三大稲荷の一つとされる佐賀県鹿島市の祐徳(ゆうとく)稲荷(いなり)神社本殿で29日、新型コロナウイルス感染拡大の一日も早い収束を願う鎮静祈願祭があった。県内外から寺の住職やキリスト教の神父らも駆け付け、約20人が祈りをささげた。  同神社には中国やタイなどから多くの参拝客が訪れるが、感染拡大の影響で3月の外国人観光客はほぼゼロとなり、参拝者全体の約3割減ったという。  祈願祭は異宗教で団結し、苦難を乗り越えようと同神社が企画。キリスト教関係者を含む合同祈願祭は初めてで、みこが神楽を奉納した他、神に見立てた鷹(たか)を飛ばして上空から厄を払い、疫病を天に持って行く「鷹翔(ようしょう)神事」もあった。浦安の舞でしょうか ツバキ供えて終息祈願 - 祝詞奏上、巫女ら神楽舞/玉列神社で「椿まつり」|奈良新聞デジタル  桜井市慈恩寺の大神神社の摂社、玉列(たまつら)神社で29日、神前にツバキを供え、家内安全などを祈る「椿まつり」が営まれた。  同神社は万葉集に「つらつら椿」と歌われる「玉椿」の名所。平成10年の台風で境内の林が大きな被害を受けた後、地元氏子らがツバキを中心に境内整備。現在では200種500本のツバキが咲く。…冠にも椿が 伊勢神宮で舞女ら稽古 来月に初奉仕 三重 - 伊勢新聞 三重)伊勢神宮の新人舞女もうすぐ初舞台 倭舞の稽古:朝日新聞デジタル 高校を卒業したばかりの新人舞…

続きを読む

伊勢神宮で新人舞女が神楽の練習

新人舞女さん12人が伝統の舞を猛特訓 三重・伊勢神宮 | CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】  桜が見頃を迎えつつある伊勢神宮。  その大広間で、真剣な表情で練習に取り組んでいるのは、この春、全国各地の高校を卒業した12人の舞女さんたち。  参拝者が奉納する神楽を舞います。  4月1日の正式採用を前に、3月下旬から練習が始まり、27日がその最終日。  舞っているのは基本の舞であり、1000年以上前から伝わる「倭舞(やまとまい)」です。舞のほかにも、お茶やお花、着付けに礼儀作法も 新人舞女 緊張の神楽発表 白山比●神社 松林さんと持田さん:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社は今春、新人の舞女(まいひめ)に松林菜美さん(18)=同市=と持田菫(すみれ)さん(18)=能美市=の二人を新たに迎える。二十五日には神楽の練習成果の発表会があり、四月の本番に向けて抱負を語った。  松林さんは、同神社の舞女として働く高校の先輩に憧れて入社。「きれいでかっこよくて」と目を輝かせる。持田さんは「神社の厳かな雰囲気に引かれた」とほほ笑む。三日間練習したという神楽「鈴扇の舞」を社殿で披露 富山県 春限定で「桜の御朱印」 高瀬神社 開花に合わせ企画|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ サクラの季節に合わせ春限定の御朱印 | BBTWEB | 富山テレビ放送 ライブBBT …

続きを読む

下関で神楽舞と朗読劇

「浦安の舞」優雅に/下関出身・江原さんが神楽舞と朗読劇 動画サイトで公開へ / 山口新聞 電子版  下関市出身の女優でモデル、江原千花さん(24)が主催公演する神楽舞と朗読劇「うらやす物語~ふるさとの神話」が22日、同市豊北町滝部の市立豊北歴史民俗資料館「太翔館」であった。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため無観客で実施し、公演の様子は今月中に動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開する。4人で優雅に「浦安の舞」を hibakama / 緋袴白書RT @chika_E: 本日は、神楽舞と朗読劇「うらやす物語~ふるさとの神話~」無観客上演・動画撮影を行いました。新型コロナの影響でどうなるかと心配していましたが、各所よりご協力を頂き、無事開催することができました。動画公開の続報をおたのしみに! Photo by Shinj… at 03/24 20:13 住吉大社 神種頒賜祭・祈年祭 | やさしいニュース | TVO テレビ大阪 大阪・住吉大社で国家の安泰と五穀豊穣を願う神種頒賜祭と祈年祭です。 神種頒賜祭とは、種をつかさどる神を祀った 「種貸社」がある住吉大社ならではの祭りでホウレンソウや枝豆など、様々な作物の種をお祓いします その後行われた祈年祭では、巫女の舞や三世・桐竹勘十郎さんらによる文楽が披露されました。3月17日。巫女舞は一瞬ですが… 新型コロナ終息願い祈願祭(20-03-20)(とちぎテレビ) - Yahoo!ニュース …

続きを読む

日南・鵜戸神宮で御田植祭

御田植祭「伝統守る」 日南・鵜戸神宮 - Miyanichi e-press  日南市の鵜戸神宮(黒岩昭彦宮司)は19日、旧鵜戸小前の御神田(2アール)で御田植祭を実施した。今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で児童らの参加は見送り、神社職員や地元住民約10人が手植えして五穀豊穣(ほうじょう)を願った。【写真】丁寧に苗を植えるかすりの着物姿の早乙女たち お守りや御朱印、ネットでどうぞ 羽咋・気多大社、期間限定 - ホッとニュース | 北國新聞社  気多大社(羽咋市)は20日までに、お守りや御朱印帳のインターネット販売を始めた。新型コロナウイルス感染拡大による出控えの動きが神社にも及んでいるものの、感染を心配する健康祈願や合格祈願などでお守りを求める声が多いため、ウイルス禍(か)が収まるまでの期間限定で実施した。神社側は参拝した上での購入が本来の姿としながら、批判も覚悟して「求める人が多い以上、応えるべき」と異例の販売に踏み切った。「お守りなどの販売金額は前年同月比で約1割落ち込んだ」とのこと

続きを読む

春日大社で御田植神事

春日大社で御田植神事 (奈良テレビ放送) 奈良市の春日大社で、御田植祭が営まれました。これは平安時代末期から続く  五穀豊穣を祈る神事で、田んぼに見立てた境内の「林檎の庭」で、田の主に扮した神職が鍬入れをしました。続いて、牛の面をつけた男が馬鍬を引きながら耕していきます。暴れる牛をなだめながら進めるユーモラスな神事です。 そして、春日大社の象徴である藤の花を頭にあしらった「御巫(みかんこ)」が舞を奉納し、早苗に見たてた松の枝を撒いていきました。15日。動画あり hibakama / 緋袴白書RT @KASUGASHRINE: 【#御田植神事(おたうえしんじ)】本日、林檎の庭・榎本神社前・若宮神社前の3か所で、緋縮緬の襷を肩にかけ桧笠を腰につけた #御巫 8人の #八乙女 による田舞が奉納されました。平安末期の1163年より続く、田を耕すなどの農作業を模して豊作… at 03/16 20:14 新人巫女 舞の稽古熱心に 安宅住吉神社 入社前に3人が研修:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  難関突破の守護神として知られる小松市安宅町の安宅住吉神社が今春、新人の巫女(みこ)三人を迎える。神事に欠かせない神楽に力を入れるためで、巫女は計五人になる。十六日には入社を前にした研修が神社であり、三人は「参拝者に幸せを導けるように」と神楽舞の稽古などに励んだ。(青山直樹)  三人はいずれも小松市在住の新家(あらいえ)友華さん(21)、中山真子さん(18)、村上亜瑚さ…

続きを読む

日光二荒山神社で新人八乙女の研修

新人八乙女が初々しく 祭式作法や神楽舞学ぶ 日光二荒山神社|県内主要,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) 新「八乙女」2人、神楽舞稽古励む 日光二荒山神社 /栃木 - 毎日新聞 新人巫女が研修 神楽舞の指導を受け扇や鈴を持つ手の位置や足の運び方など学ぶ 日光二荒山神社(20-03-13)(とちぎテレビ) - Yahoo!ニュース 新人みこの研修 二荒山神社|NHK 栃木県のニュース 世界遺産に登録されている日光市の二荒山神社では、この春、県内の高校を卒業した女性2人が来月からみことして奉職する予定で、みこに必要な作法などを学ぶ研修が行われています。 13日は、白衣と朱色のはかまをつけた2人が、みことしての動作の基本となる参拝の作法などを神職から学び、何度も繰り返していました。 このあと、2人は社殿での祈願を行う際にみこが舞う神楽のうち、基本的なものとされる式神楽に取り組みました。4月1日の入社式「間政(あいまさ)授与式」を経て、正式に八乙女に 来宮神社で新型コロナ沈静祈願 雨宮宮司が厳かに悪疫退散の神事 | 熱海ネット新聞 一日も早い終息を 熱海で新型コロナ鎮静祈願祭(静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、熱海市の来宮神社で3月15日、「新型コロナウイルス感染流行沈静祈願祭」が斎行された。雨宮盛克宮司が悪疫退散の祝詞を奏上したあと、みこが神楽を奉納し、事態の終息を祈願した。巫女さんが舞…

続きを読む

福井・佐佳枝廼社で女性神職によるひな祭り神事

女性神職ひな祭りの舞 福井・佐佳枝廼社 桃の枝手に優雅:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  桃の節句の三日、県内の女性神職によるひな祭り神事が、福井市大手三の佐佳枝廼社(さかえのやしろ)であった。ひな人形が飾られ華やかな雰囲気の中で営まれた。  県女子神職会が、女性神職の経験になればと始めて五年目。複数の女性神職が行う神事は全国でも珍しいという。  さまざまな色の表着(うわぎ)やはかまなど「常服」と呼ばれる装束を身に着けた九人が祭員を務め、ひなあられをお供えしたり、桃の枝を手に「豊栄舞」を舞ったりと、ひな祭り仕様で神事を行った。こちらのブログとフェイスブックに写真が ひな祭り神事 雅楽奉仕 : 福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい) 十二単 みやびに魅了 和倉温泉 着物文化楽しむ集い:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  着物文化を楽しむ「第7回きものの集い」が二十三日、七尾市・和倉温泉のあえの風であった。平安時代の宮廷装束の盛装「十二単(ひとえ)」の衣を一枚ずつ着る「お服上げ(着装)」の所作が披露され、和服姿の参加者約二百四十人を魅了した。  東京都優秀技能者知事賞など数々の受賞歴がある国際文化理容美容専門学校渋谷校・国分寺校の荘司礼子校長(衣紋道東京道場会長)が講師。平安貴族の子どもの上着「汗衫(かざみ)」姿から、単や五衣(いつつぎぬ)、打衣、表着(うわぎ)、唐衣、裳(も)など衣を一枚ずつ重…

続きを読む

京都・市比賣神社「ひいなまつり」

京都で恒例の「人ひな」勢ぞろい ウイルス影響でマスク着用で観覧求める - 烏丸経済新聞  女人厄よけ祈とうで知られる市比賣(いちひめ)神社(京都市下京区河原町通五条下ル)で3月3日、「ひいなまつり」が行われた。 (中略)  同祭は人が「人ひな」となる「ひと雛(ひな)勢ぞろい」が行われ、14時からお内裏さまとおひなさまの衣紋(着付け)が公開で行われた。衣紋者(えもんじゃ)が2人がかりで束帯(そくたい)や、鮮やかな萌黄(もえぎ)や紅の装束を重ねた十二単(ひとえ)を着せていった。  御髪(おぐし)も含め約18キロの装束をまとった女性は「高貴な衣装と聞いてとてもおそれおおいです」と話した。  この後、三人官女と五人ばやしが登場。おひなさまとお内裏さまはひな人形の原型といわれる天児(あまがつ)に息を吹いて災厄をはらう「天児の儀」を行い、一年の息災を願った。五人ばやしが雅楽が演奏し、桃の花の枝を持った三人官女が「官女の舞」を披露した。写真は「天児の儀」 女性の幸せを願って 淡嶋神社で雛流し神事 - ロカル和歌山 和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社で3日、桃の節句恒例の伝統行事「雛(ひな)流し」が行われた。納められたひな人形は小舟に積まれ、参拝者が見守る中、海岸から放たれた。 同神社の祭神・少彦名命(すくなひこなのみこと)と息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)は「おびな」「めびな」の始まりとされている。1年間で全国から同神社に奉納されたひな人形は約5万体。本殿には…

続きを読む

大神神社末社・成願稲荷神社「初午祭」

五穀豊穣祈り お供え - 「旗飴」やお神酒振る舞いも/大神神社末社、成願稲荷神社で「初午祭」|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社末社、成願稲荷神社で4日、五穀豊穣や商売繁盛を祈る「初午(はつうま)祭」があり、地元商店の関係者ら約70人が参列した。  初午祭は和銅4(711)年旧暦2月の最初の午の日に、伏見稲荷神社(京都市)が鎮座したことに由来。成願稲荷神社では3月の最初の午の日に例祭として営まれている。雨の中 家内安全、商売繫盛を祈願 亀ヶ池で初午祭 | さがみはら中央区 | タウンニュース  上溝の亀ヶ池八幡宮(根岸信行宮司)の境内にある亀八招福稲荷神社で2月23日、「初午祭」が行われた。  商売繫盛の守り神としても知られるお稲荷様が、2月最初の午の日に鎮座したという言い伝えにちなみ、全国の稲荷神社でこの時季に斎行される初午祭。同神社では、二の午に近い日曜日にあたる23日に実施された。「豊栄の舞」を奉納 「神武天皇即位」祝う神楽 白山比●神社で紀元祭:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  建国記念の日の十一日、初代天皇とされる神武天皇の即位を祝う紀元祭が白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社で営まれた。  村山和臣宮司が拝殿で祝詞を奏上した後、菊の花を持った四人の舞女(まいひめ)が神楽「悠久の舞」を披露した。参拝者二十二人が君が代を斉唱し、玉串をささげた。紹介していなかったようなので…

続きを読む

佐賀市・松原神社で流し雛神事

流し雛に願い込め 佐賀市・松原神社で神事|まちの話題,行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE ひな人形を川に流し健やかな成長願う 春の催し「流し雛」【佐賀県佐賀市】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ  佐賀市松原にある松原神社で3日、流し雛(びな)神事が行われた。開催中の「佐賀城下ひなまつり」に訪れた多くの観光客が、松原川をゆっくり流れる舟に向かい、女の子の健やかな成長や願いを込めて手を合わせた。  川岸では、神職の竜笛や笙(しょう)に合わせ、梅の枝を持ったみこが神前神楽「豊栄(とよさか)の舞」を踊った。その後、思い思いに願い事が書かれた和紙のひな人形約300体を乗せた2隻の舟を、みこたちが川面に浮かべた。女の子:「お勉強が上手になるように4月から1年生になります」 流しびなに願い事託して 福津市・宮地嶽神社で神事|【西日本新聞ニュース】 願い事を船に乗せ 流し雛神事 宮地嶽神社 /福岡 - 毎日新聞 ひな人形に想い乗せ 宮地嶽神社で「流し雛」 子供たちの健やかな成長願う 福岡県福津市 - FNN.jpプライムオンライン  桃の節句の3日、福岡県福津市宮司元町の宮地嶽神社で「流し雛(びな)神事」があった。参拝者が願い事を書いた木札を和紙のひな人形に託し、桃で飾られた小舟に乗せて民家村自然公苑内の禊(みそぎ)池に流した。  流し雛は、人形の体をなでて川に流し、けがれを払う行事。例年、近所の50人以上の人たちが訪れるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影…

続きを読む

和歌山・淡嶋神社「ひな流し」

和歌山・加太の淡嶋神社で「ひな流し」 全国からの5万体を供養 - 和歌山経済新聞 わかやま新報 » Blog Archive » 女性の幸せを願って 淡嶋神社で雛流し神事 娘の成長願い「ひな流し」 和歌山・淡嶋神社 - 読んで見フォト - 産経フォト 和歌山で桃の節句のひな流し 今年の願いに「新型コロナ拡大ストップ」も - 毎日新聞  桃の節句の3日、和歌山市の淡嶋神社で子どもの健康を願ってひな人形を海に流す「ひな流し」の神事が行われた。  今年は全国から約5万体の古くなったひな人形が奉納された。新型コロナウイルスの感染予防のため、ひな人形を乗せた小舟を海辺まで約500メートル担いで運ぶ「雛舟渡御(ひなぶねとぎょ)」は取りやめに。小舟は神職の先導する軽トラックに乗せられ海辺へ向かった。宮司の前田智子さん「無病息災に加え、新型コロナウイルスの拡大が止まるよう願いました」 女子の健康と成長願い「桃節句祭」 静岡・三嶋大社(静岡朝日テレビ) - Yahoo!ニュース  三嶋大社では毎年3月3日に「桃節句祭」を開催しています。桃の節句は、別名上巳の節句とも呼ばれ、女の子の健康と成長を願うものです。きょうは、よもぎや菱餅などが神前に供えられた後、普段の榊ではなく、特別に紅白の桃の枝を持った巫女が八乙女舞を奉納しました。枝が長くてちょっと大変そう

続きを読む

浜松・息神社「田遊祭」

田遊祭、豊作願う 住民が神楽歌唱和 浜松・西区の息神社|静岡新聞アットエス 今年の豊作祈る 浜松・息神社「田遊祭」:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)  五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う神事「田遊祭(たうたさい)」が一日、浜松市西区雄踏町の息(おき)神社で執り行われた。鎌倉、室町時代から続く芸能で、地域住民らが今年の豊作を祈った。  木の枠で田んぼを模した「田所(たどころ)」を拝殿に設け、参列者は「田を作れ、田を作れ。田をつくらんば門田を作れ」の歌いだしで始まる「田遊神楽歌」を読み上げた。代表の六人が種もみを田所にまいた後、四人の稚児が鈴を鳴らしながら田所を三周し、おめでたいという意味の「万歳楽(まんざいらく)」を全員で二十一回唱えて終えた。稚児役は6歳~10歳 優雅に平安絵巻再現 太宰府で曲水の宴 新型肺炎対策、観覧席は閉鎖 /福岡 - 毎日新聞 太宰府天満宮で優雅に「曲水の宴」|KBCニュース 平安時代の宮中行事を再現 太宰府天満宮で“曲水の宴” 今年は無観客で開催 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 太宰府天満宮で「曲水の宴」(RKB)  平安時代の宮中行事を再現する「曲水の宴」が1日、太宰府市の太宰府天満宮であった。例年多くの人たちが見守る中で催されるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で約1100人収容の観覧席は閉鎖され、参道での参宴者の行列も中止になった。残念…

続きを読む

三重県護国神社でおひなまつり

津 平安衣装で健康祈願 三重県護国神社でおひなまつり - 伊勢新聞 【津】桃の節句(3月3日)を前に健康を祈願する神事「おひなまつり」が29日、三重県津市広明町の県護国神社であった。津市近郊の2―7歳の男女児40人が平安朝の衣装でおひなさまに変身した。 今年で47回目となる同神社の人気行事。男の子はお内裏さま、女の子はおひなさまや三人官女の衣装に着替え5人ずつで神事に臨み、桃の枝やひし餅などを神前に供えた。西村聡汰権禰宜(ごんねぎ)の祝詞に続いて拝礼した。姉、兄と参加した子(4つ)は「みんなでやれてうれしかった」と笑顔 王朝装束「十二単」装着体験会 会津若松・福西本店:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  民族衣裳文化普及協会福島支部会津若松教室は29日、会津若松市の商業文化施設「福西本店」で、王朝装束「十二単(ひとえ)」の装着体験会を開き、来場者がみやびな気分を味わった。  天皇陛下の即位を記念して開催。来場者は協会の会員の手ほどきを受けながら、十二単を構成する色鮮やかな「唐衣(からぎぬ)」や「表着(うはぎ)」「打衣(うちぎぬ)」などを試着した。重さ約14キロの十二単を身に着けた女性(26)は「重さにびっくり。源氏物語のファンなので、貴重な体験ができてよかった」と

続きを読む