佐賀市・松原神社で流し雛神事

流し雛に願い込め 佐賀市・松原神社で神事|まちの話題,行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE ひな人形を川に流し健やかな成長願う 春の催し「流し雛」【佐賀県佐賀市】|佐賀のニュース・天気|サガテレビ  佐賀市松原にある松原神社で3日、流し雛(びな)神事が行われた。開催中の「佐賀城下ひなまつり」に訪れた多くの観光客が、松原川をゆっくり流れる舟に向かい、女の子の健やかな成長や願いを込めて手を合わせた。  川岸では、神職の竜笛や笙(しょう)に合わせ、梅の枝を持ったみこが神前神楽「豊栄(とよさか)の舞」を踊った。その後、思い思いに願い事が書かれた和紙のひな人形約300体を乗せた2隻の舟を、みこたちが川面に浮かべた。女の子:「お勉強が上手になるように4月から1年生になります」 流しびなに願い事託して 福津市・宮地嶽神社で神事|【西日本新聞ニュース】 願い事を船に乗せ 流し雛神事 宮地嶽神社 /福岡 - 毎日新聞 ひな人形に想い乗せ 宮地嶽神社で「流し雛」 子供たちの健やかな成長願う 福岡県福津市 - FNN.jpプライムオンライン  桃の節句の3日、福岡県福津市宮司元町の宮地嶽神社で「流し雛(びな)神事」があった。参拝者が願い事を書いた木札を和紙のひな人形に託し、桃で飾られた小舟に乗せて民家村自然公苑内の禊(みそぎ)池に流した。  流し雛は、人形の体をなでて川に流し、けがれを払う行事。例年、近所の50人以上の人たちが訪れるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影…

続きを読む

和歌山・淡嶋神社「ひな流し」

和歌山・加太の淡嶋神社で「ひな流し」 全国からの5万体を供養 - 和歌山経済新聞 わかやま新報 » Blog Archive » 女性の幸せを願って 淡嶋神社で雛流し神事 娘の成長願い「ひな流し」 和歌山・淡嶋神社 - 読んで見フォト - 産経フォト 和歌山で桃の節句のひな流し 今年の願いに「新型コロナ拡大ストップ」も - 毎日新聞  桃の節句の3日、和歌山市の淡嶋神社で子どもの健康を願ってひな人形を海に流す「ひな流し」の神事が行われた。  今年は全国から約5万体の古くなったひな人形が奉納された。新型コロナウイルスの感染予防のため、ひな人形を乗せた小舟を海辺まで約500メートル担いで運ぶ「雛舟渡御(ひなぶねとぎょ)」は取りやめに。小舟は神職の先導する軽トラックに乗せられ海辺へ向かった。宮司の前田智子さん「無病息災に加え、新型コロナウイルスの拡大が止まるよう願いました」 女子の健康と成長願い「桃節句祭」 静岡・三嶋大社(静岡朝日テレビ) - Yahoo!ニュース  三嶋大社では毎年3月3日に「桃節句祭」を開催しています。桃の節句は、別名上巳の節句とも呼ばれ、女の子の健康と成長を願うものです。きょうは、よもぎや菱餅などが神前に供えられた後、普段の榊ではなく、特別に紅白の桃の枝を持った巫女が八乙女舞を奉納しました。枝が長くてちょっと大変そう

続きを読む