大神神社末社・成願稲荷神社「初午祭」

五穀豊穣祈り お供え - 「旗飴」やお神酒振る舞いも/大神神社末社、成願稲荷神社で「初午祭」|奈良新聞デジタル  桜井市三輪の大神神社末社、成願稲荷神社で4日、五穀豊穣や商売繁盛を祈る「初午(はつうま)祭」があり、地元商店の関係者ら約70人が参列した。  初午祭は和銅4(711)年旧暦2月の最初の午の日に、伏見稲荷神社(京都市)が鎮座したことに由来。成願稲荷神社では3月の最初の午の日に例祭として営まれている。雨の中 家内安全、商売繫盛を祈願 亀ヶ池で初午祭 | さがみはら中央区 | タウンニュース  上溝の亀ヶ池八幡宮(根岸信行宮司)の境内にある亀八招福稲荷神社で2月23日、「初午祭」が行われた。  商売繫盛の守り神としても知られるお稲荷様が、2月最初の午の日に鎮座したという言い伝えにちなみ、全国の稲荷神社でこの時季に斎行される初午祭。同神社では、二の午に近い日曜日にあたる23日に実施された。「豊栄の舞」を奉納 「神武天皇即位」祝う神楽 白山比●神社で紀元祭:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  建国記念の日の十一日、初代天皇とされる神武天皇の即位を祝う紀元祭が白山市三宮町の白山比●(しらやまひめ)神社で営まれた。  村山和臣宮司が拝殿で祝詞を奏上した後、菊の花を持った四人の舞女(まいひめ)が神楽「悠久の舞」を披露した。参拝者二十二人が君が代を斉唱し、玉串をささげた。紹介していなかったようなので…

続きを読む