京都・市比賣神社「ひいなまつり」

京都で恒例の「人ひな」勢ぞろい ウイルス影響でマスク着用で観覧求める - 烏丸経済新聞  女人厄よけ祈とうで知られる市比賣(いちひめ)神社(京都市下京区河原町通五条下ル)で3月3日、「ひいなまつり」が行われた。 (中略)  同祭は人が「人ひな」となる「ひと雛(ひな)勢ぞろい」が行われ、14時からお内裏さまとおひなさまの衣紋(着付け)が公開で行われた。衣紋者(えもんじゃ)が2人がかりで束帯(そくたい)や、鮮やかな萌黄(もえぎ)や紅の装束を重ねた十二単(ひとえ)を着せていった。  御髪(おぐし)も含め約18キロの装束をまとった女性は「高貴な衣装と聞いてとてもおそれおおいです」と話した。  この後、三人官女と五人ばやしが登場。おひなさまとお内裏さまはひな人形の原型といわれる天児(あまがつ)に息を吹いて災厄をはらう「天児の儀」を行い、一年の息災を願った。五人ばやしが雅楽が演奏し、桃の花の枝を持った三人官女が「官女の舞」を披露した。写真は「天児の儀」 女性の幸せを願って 淡嶋神社で雛流し神事 - ロカル和歌山 和歌山県和歌山市加太の淡嶋神社で3日、桃の節句恒例の伝統行事「雛(ひな)流し」が行われた。納められたひな人形は小舟に積まれ、参拝者が見守る中、海岸から放たれた。 同神社の祭神・少彦名命(すくなひこなのみこと)と息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)は「おびな」「めびな」の始まりとされている。1年間で全国から同神社に奉納されたひな人形は約5万体。本殿には…

続きを読む