福井・佐佳枝廼社で女性神職によるひな祭り神事

女性神職ひな祭りの舞 福井・佐佳枝廼社 桃の枝手に優雅:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  桃の節句の三日、県内の女性神職によるひな祭り神事が、福井市大手三の佐佳枝廼社(さかえのやしろ)であった。ひな人形が飾られ華やかな雰囲気の中で営まれた。  県女子神職会が、女性神職の経験になればと始めて五年目。複数の女性神職が行う神事は全国でも珍しいという。  さまざまな色の表着(うわぎ)やはかまなど「常服」と呼ばれる装束を身に着けた九人が祭員を務め、ひなあられをお供えしたり、桃の枝を手に「豊栄舞」を舞ったりと、ひな祭り仕様で神事を行った。こちらのブログとフェイスブックに写真が ひな祭り神事 雅楽奉仕 : 福井県神道青年会(ふくいけんしんとうせいねんかい) 十二単 みやびに魅了 和倉温泉 着物文化楽しむ集い:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  着物文化を楽しむ「第7回きものの集い」が二十三日、七尾市・和倉温泉のあえの風であった。平安時代の宮廷装束の盛装「十二単(ひとえ)」の衣を一枚ずつ着る「お服上げ(着装)」の所作が披露され、和服姿の参加者約二百四十人を魅了した。  東京都優秀技能者知事賞など数々の受賞歴がある国際文化理容美容専門学校渋谷校・国分寺校の荘司礼子校長(衣紋道東京道場会長)が講師。平安貴族の子どもの上着「汗衫(かざみ)」姿から、単や五衣(いつつぎぬ)、打衣、表着(うわぎ)、唐衣、裳(も)など衣を一枚ずつ重…

続きを読む